名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

五島昇の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

五島昇のプロフィール

五島昇、ごとうのぼる、東急社長・会長、在任中に東急ホテル・東急エージェンシー・東急百貨店・東急ハンズなどグループ主要企業を立ち上げる。日本商工会議所会頭。五島慶太(運輸通信大臣)を父に持つ

五島昇の名言 一覧

自分一人で決断するのがトップというものだ。


窮地にある人ほど救ってあげなければならない。


金儲けは易しいが、経営とは違う。世のためになって利益を上げるのが経営。だから経営は難しい。


事業とは、最後は浮沈をかけた勝負である。
【覚書き:父、五島慶太の生き様から学んだ経営哲学について語った言葉】


企業は愛されるだけでは駄目だ。尊敬される怖さを持て。


これからの事業格差というのは、資金とか収益だけでなく情報量のギャップが必ず大きな問題になってくる。明日の中小企業を考える上で、情報化は最優先のポイント。


五島昇の経歴・略歴

五島昇、ごとうのぼる、東急社長・会長、在任中に東急ホテル・東急エージェンシー・東急百貨店・東急ハンズなどグループ主要企業を立ち上げる。日本商工会議所会頭。五島慶太(運輸通信大臣)を父に持つ

他の記事も読んでみる

ロバート・キヨサキ

私の場合、リーダーシップとは、従業員としょっちゅうやりとりをすることだ。それによって、彼らがさらに高いレベルに到達できるようにし、未来はますます明るくなると彼らを励まし続ける。従業員がいっしょにやっていきたいと思えるような未来像を描くことができれば、コミュニケーションのレベルを上げようという従業員の意欲をかきたてることができる。それが、売り上げアップにつながる。


津谷正明

組織の効率化は「それぞれの役割をはっきりさせる」ことに尽きます。会社では私はCEOを演じる役者で、脚本家でもあります。しかし、脚本に書かれていないことはしない。もちろんできることもありますが、それをやってしまうと肝心のCEOの役が疎かになってしまうからです。一人一人が自分の役に専念し余計なことはしない。これが組織を効率化する基本です。


ジェームズ・ダイソン

メーカーにとって製品回収は悪夢です。でも問題を発見したら何も隠さずにすぐに対応することが大事です。お客様のことを考え、心配している姿勢を見せれば理解していただけると思っています。


津田秀樹

頑張りすぎないことが大事です。嫌なことを頑張ろうとすると、実は余計に嫌な気持ちが増幅されてしまいます。嫌なことに対しては、ゆるゆるとやるのがいいのです。


海野つなみ

ツンデレの男性がデレるのを心待ちにしていたのに、最終回で数年後に飛んでいて、すでにくっついている。これまでそういう作品に、「そこを見たいのになんで飛ばすんですかー!」と言ってたんです(笑)。なので、自分はじっくり描きたいと。


仲代達矢

効率化の時代だからこそ、それを超えるものを作らなくちゃいけない。それが、80を過ぎた老いぼれ役者の役目でもある。そう思っているんです。


平野友朗

メールをコミュニケーションツールとして使うということは、会話する時と同様に礼儀と相手への配慮や心遣いが必要になるということ。ビジネスメールであっても、単に情報を伝えるだけではなく、「心が伝わる」書き方が求められるのです。


片岡鶴太郎

これまで「これをやろう」と思って、途中で投げ出したことはないですね。だって自分の喜び、「魂の歓喜」を味わうためにやってることですから。やるなら、納得がいくまでやらないと、もったいないじゃないですか。


溝畑宏

観光庁長官に就任したのは、リーマン・ショック後の2010年。観光は、それぞれの地域に今あるものをブランディングして価値を高め、国内外に広報することによって、ヒト・モノ・カネを集めるものですから、財政出動がいらない経済政策だと言われています。国も自治体も財政か逼迫している中、観光こそがリーマン・ショック後の日本経済成長のエンジンだと考えて、観光政策に取り組んでいました。


小林一光

私が考える理想の営業とは、お客様が求めているものを私が引き出して解決すること。そのためには、常に相手の立場に立って考えることが大切。


原田泳幸

午後6時以降残業禁止導入は、反発もありました。毎月100時間も残業してようやくこなしていた量を、6時までに終わらせられるはずがないというわけです。しかし、アップルコンピュータ・ジャパン時代に残業ゼロを実現していた私には、それが可能だということや、そのために徹底的にムダを排除し、スピードを上げ、密度を濃くすれば、延々と残業をしていたときよりむしろ、仕事の質は上がるということもわかっていました。社員がサービス残業でいいといっても残業を認めません。こっちは仕事の質とスピードを要求しているのですから。


中嶋常幸

40代で前に進む力が少し弱まったときに「僕にとってゴルフって何だろう」と考えた。なかなか勝てないし、随分もがいた。そんな中で一つ思ったのは、できない自分を受け入れようということ。「お前はよくやっている」とね。それで自分を好きになれたし、あらためて「ゴルフが天職だ」と感じられた。自己受容の能力が高いと、自然にポジティブで意欲的になれる。