名言DB

9419 人 / 110788 名言

五味太郎の名言

twitter Facebook はてブ

五味太郎のプロフィール

五味太郎、ごみ・たろう。日本の絵本作家。東京都出身。桑沢デザイン研究所ID科卒業。工業デザイナー、エディトリアルデザイナーを経て絵本創作を開始。『みち』で絵本作家デビュー。多くの絵本を執筆。『たべたの だあれ』でサンケイ児童出版文化賞、『仔牛の春』でボローニャ国際絵本原画展賞、『ときどきの少年』で路傍の石文学賞を受賞。

五味太郎の名言 一覧

絵本って、「哲学」だと思うんだ。哲学といっても難解な用語を使うやつじゃなくて、市井の人間が生活の中で考えること。そんな「町の哲学」はいつだってとびきり面白いんだよ。


一度出してしまった本は僕のものであって僕のものではない。だからときどき自分の本を自分でも読んで「これ、面白いなあ」って思うこともあるんだよね(笑)。


僕は周りの大人に恵まれていたこともあって、ガキの頃からあれこれ考えていて、それが作品になっているんだろうな。


言葉はどんどん乱れていったほうがいいと僕は考えている。乱れたところから、また次の言葉が生まれてくるから。言葉はすなわち思考だから、新しい言葉が生まれるっていうのは新しい思考が出てくるってこと。思考や精神のキャパシティこそが、文化度だと思うんだよなあ。


子供にとって、「いい大人」と巡り合えるかどうかは、とても大事なことだよね。まあ、身近にいないこともあるかもしれないけど、そのときは探せばいい。何も生きている人じゃなくったっていいんじゃないかな。遠くの国のスターだって、過去の偉人だって、魅力的な大人はたくさんいる。


370冊も描いてきたなかには、ありがたいことに長い間、たくさんの人に読んでもらえている本もある。『きんぎょがにげた』とか『まどからおくりもの』とか『たべたのだあれ』とかね。でも自分で「これっていいなあ」と思った作品がまったく売れないこともある。不思議なもんだなぁ。


五味太郎の経歴・略歴

五味太郎、ごみ・たろう。日本の絵本作家。東京都出身。桑沢デザイン研究所ID科卒業。工業デザイナー、エディトリアルデザイナーを経て絵本創作を開始。『みち』で絵本作家デビュー。多くの絵本を執筆。『たべたの だあれ』でサンケイ児童出版文化賞、『仔牛の春』でボローニャ国際絵本原画展賞、『ときどきの少年』で路傍の石文学賞を受賞。

他の記事も読んでみる

茂木友三郎

自由主義経済の下では好況と不況があるのは当然のことです。好況だからといって浮かれていれば、必ず不況がやってくる。ですから、不況がやってきても、周囲の空気に振り回されてあまりビックリしすぎないこと。こういう心構えが肝心だと思います。


谷家衛

結局、事業の成功は「誰がやるか」にかかっています。その次に「どの場所に身を置くか」ということ。これまで100社近い企業に投資しましたが、ビジネスモデルにかけたケースはすべて失敗しました。


鵜澤静

「ゴーイングコンサーン(継続企業の前提)」という前提に立つ以上、あまり一喜一憂せずに、やるべきことを普通にやっていくことが大切なのではないか。


吉越浩一郎

通常の仕事なら、6~7割くらいいけると思うなら、やってみることです。巧遅であるよりは、拙速であった方がずっといい。間違えたと思ったら、途中で修正して、精度を高めていけばいいんです。


田島貴男

レナード・コーエンという人がいて、彼は82歳で亡くなったんだけど、その前月に新しいアルバムを出したんです。亡くなる直前まで曲を作っていた。憧れますね。デヴィッド・ボウイもそう。ボウイは自分が死んでいくことをアルバムにした。すごいです。


中山茂

基本的には、最近のマーケットはスペキュレーション(投機)の要素が極めて大きい。それは、短期ばかりでなく、中期的にも相場は基礎的な需給とは違った方向に動き得るということになる。しかし、所詮、スペキュレーションの玉は苦しんだら吐き出さざるを得ない玉。したがって、長い相場を見るときには基礎的需給を何よりも重視する。


ウォーレ・ショインカ

何とかなるだろうと思うのではなく、あらがい続けることで変革の可能性を見いだそうとするのが楽観主義。


朝田照男

私は相手と直接顔を合わせて対話をすることがなによりも大事だと考えています。仕事上、常に接しているのは執行役員である部門長や部長ですが、彼らとの意思疎通に電子メールを使うことはほとんどありません。用事があれば本人や秘書に直接電話をかけ、社長室へ来てもらってフェイス・トゥ・フェイスで話をします。


石川泰彦

せっかく入社したのにすぐやめてしまうのは、当社にとっても応募する人にとっても残念なことです。離職率が低下すれば、採用コストの低下、現場の業務の安定、チームのモチベーションの向上など、生産性とサービス品質の向上への効果は絶大。


大西洋

三越日本橋本店はロイヤリティの高いお客様がいらっしゃるが、売上は前年割れで、お客様の満足度が落ちている。まずは、この方たちへのおもてなし、ライフスタイルへのかかわり方を見直す。仮説をたくさん持ってトライアルし、その後に再開発を進めたい。