名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

五味太郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

五味太郎のプロフィール

五味太郎、ごみ・たろう。日本の絵本作家。東京都出身。桑沢デザイン研究所ID科卒業。工業デザイナー、エディトリアルデザイナーを経て絵本創作を開始。『みち』で絵本作家デビュー。多くの絵本を執筆。『たべたの だあれ』でサンケイ児童出版文化賞、『仔牛の春』でボローニャ国際絵本原画展賞、『ときどきの少年』で路傍の石文学賞を受賞。

五味太郎の名言 一覧

絵本って、「哲学」だと思うんだ。哲学といっても難解な用語を使うやつじゃなくて、市井の人間が生活の中で考えること。そんな「町の哲学」はいつだってとびきり面白いんだよ。


一度出してしまった本は僕のものであって僕のものではない。だからときどき自分の本を自分でも読んで「これ、面白いなあ」って思うこともあるんだよね(笑)。


僕は周りの大人に恵まれていたこともあって、ガキの頃からあれこれ考えていて、それが作品になっているんだろうな。


言葉はどんどん乱れていったほうがいいと僕は考えている。乱れたところから、また次の言葉が生まれてくるから。言葉はすなわち思考だから、新しい言葉が生まれるっていうのは新しい思考が出てくるってこと。思考や精神のキャパシティこそが、文化度だと思うんだよなあ。


子供にとって、「いい大人」と巡り合えるかどうかは、とても大事なことだよね。まあ、身近にいないこともあるかもしれないけど、そのときは探せばいい。何も生きている人じゃなくったっていいんじゃないかな。遠くの国のスターだって、過去の偉人だって、魅力的な大人はたくさんいる。


370冊も描いてきたなかには、ありがたいことに長い間、たくさんの人に読んでもらえている本もある。『きんぎょがにげた』とか『まどからおくりもの』とか『たべたのだあれ』とかね。でも自分で「これっていいなあ」と思った作品がまったく売れないこともある。不思議なもんだなぁ。


五味太郎の経歴・略歴

五味太郎、ごみ・たろう。日本の絵本作家。東京都出身。桑沢デザイン研究所ID科卒業。工業デザイナー、エディトリアルデザイナーを経て絵本創作を開始。『みち』で絵本作家デビュー。多くの絵本を執筆。『たべたの だあれ』でサンケイ児童出版文化賞、『仔牛の春』でボローニャ国際絵本原画展賞、『ときどきの少年』で路傍の石文学賞を受賞。

他の記事も読んでみる

板尾創路

大阪から東京に来たのは30歳になってから。仕事を選べる立場じゃないから、身体を張るキツい仕事も進んで引き受けた。そのうち板尾にはこんなことやらせたら面白いと、周りのスタッフが気づいてきてくれたんですね。それがいまの役者の仕事につながっていて。お笑い界での成功像を明確に持たずに、何でもやって来たのが、逆に良かったんやと思います。


川名潤

できあがったものがイメージと違ったとしても、描き直してもらうことはまずないですね。締め切りの問題もありますけど、最初のイメージとは違う絵を使ってなんとかしようとするうちに、最終的に良いデザインになることって意外と多いんですよ。


ロバート・キヨサキ

ファイナンシャル教育を身に付けた賢い投資家は、不動産価格のように「コントロールできないもの」よりも、固定金利や利回りといった「コントロールできるもの」に集中する。だから、長期の超低金利を固定で利用し、価格の一時的な調整局面に一喜一憂したりしない。


魔裟斗

「勝ち続けるしかない」という状況は続きました。僕自身、K-1を背負っているつもりでしたから。ただ、辛かったですね。毎日のように「いつやめようか」って。それでも、「死合」で勝ったときの達成感というのは、何物にも替え難いというか……。また、何度でも味わいたくなるんですよ。強いて言うなら、登山家と同じ気持ちかな。エベレストに登っていると、途中で死を覚悟することもあるでしょう。その時は苦しくて、「もう二度と登らない」と思っても、チャンスがあるとまた登る。なぜか? 苦しみが大きければ大きいほど、達成感は格別だからです。


テリー伊藤

自分を追い込むこと。眠れないぐらい大きなモノを抱えることがすごく大切。仕事のパワーが出てくる。


ロバート・キヨサキ

「それを買うお金はない」と言ってしまうと、私たちの頭脳は電源がオフになり眠ってしまう。「どうすれば買うことが出来るだろう」と問うと、頭脳にスイッチが入り働き始める。


澤田秀雄

経営は人がすべて。人材が育つかどうかで、会社の行く末が決まります。


菊入みゆき

手がける仕事すべてに意義を見出そうとしないというのも解決策です。意義が感じられない仕事はやる気がしないというのでは、行き詰まってしまうこともあるでしょうから。


美輪明宏

人並みに働いている人というのは、やはり人並みの生活なのです。そして、人並み以上、頭ひとつ出している人は、ほかの人たちの2倍3倍も働いているのです。頭脳労働も肉体労働も両方。つまり、出し惜しみをしないのです。苦労の出し惜しみをしない人は、それだけで恵まれています。


椎木里佳

父が独立したとき私は2歳だったから、当時のことは何も覚えてないんです。ただ、父は家の倉庫で一人寂しくパソコンに向かっているのに、とても楽しそうだった。その姿を見てきたので、社長業はおもしろいと自然に考えていたところはあったと思います。


田久保善彦

そもそも自分は何をしたいのか、自分に残されている時間をどう使い、何を成し得たいのか。そして自分は最終的にどのように社会貢献をしたいのか、という志なくしてマーケティング、財務、会計などの知識を身につけても、使い方を誤る可能性がある。


天野豊美

システム開発は往々にして遅れます。なぜなら、担当者が隠すからです。しかし、当社の場合はフォローし合う。お客様の元に出向いて開発が遅れそうなら担当者を増やすと。ですから、当社には赤字プロジェクトがほとんどありません。これが当社の最大の強みと言えるかもしれませんね。