名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

五味太郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

五味太郎のプロフィール

五味太郎、ごみ・たろう。日本の絵本作家。東京都出身。桑沢デザイン研究所ID科卒業。工業デザイナー、エディトリアルデザイナーを経て絵本創作を開始。『みち』で絵本作家デビュー。多くの絵本を執筆。『たべたの だあれ』でサンケイ児童出版文化賞、『仔牛の春』でボローニャ国際絵本原画展賞、『ときどきの少年』で路傍の石文学賞を受賞。

五味太郎の名言 一覧

絵本って、「哲学」だと思うんだ。哲学といっても難解な用語を使うやつじゃなくて、市井の人間が生活の中で考えること。そんな「町の哲学」はいつだってとびきり面白いんだよ。


一度出してしまった本は僕のものであって僕のものではない。だからときどき自分の本を自分でも読んで「これ、面白いなあ」って思うこともあるんだよね(笑)。


僕は周りの大人に恵まれていたこともあって、ガキの頃からあれこれ考えていて、それが作品になっているんだろうな。


言葉はどんどん乱れていったほうがいいと僕は考えている。乱れたところから、また次の言葉が生まれてくるから。言葉はすなわち思考だから、新しい言葉が生まれるっていうのは新しい思考が出てくるってこと。思考や精神のキャパシティこそが、文化度だと思うんだよなあ。


子供にとって、「いい大人」と巡り合えるかどうかは、とても大事なことだよね。まあ、身近にいないこともあるかもしれないけど、そのときは探せばいい。何も生きている人じゃなくったっていいんじゃないかな。遠くの国のスターだって、過去の偉人だって、魅力的な大人はたくさんいる。


370冊も描いてきたなかには、ありがたいことに長い間、たくさんの人に読んでもらえている本もある。『きんぎょがにげた』とか『まどからおくりもの』とか『たべたのだあれ』とかね。でも自分で「これっていいなあ」と思った作品がまったく売れないこともある。不思議なもんだなぁ。


五味太郎の経歴・略歴

五味太郎、ごみ・たろう。日本の絵本作家。東京都出身。桑沢デザイン研究所ID科卒業。工業デザイナー、エディトリアルデザイナーを経て絵本創作を開始。『みち』で絵本作家デビュー。多くの絵本を執筆。『たべたの だあれ』でサンケイ児童出版文化賞、『仔牛の春』でボローニャ国際絵本原画展賞、『ときどきの少年』で路傍の石文学賞を受賞。

他の記事も読んでみる

ケリー・マクゴニガル

つまずきに直面したときに、一つ有効なのは改めて人生の意義に思いをいたすこと。目の前の小さなほころびに囚われ、長期的な目標や意義を忘れてしまうことが意欲の減退につながるわけです。


庄野直之

「変えるべきこと」「変えてはいけないこと」をしっかり把握しながら時代の変化に適合することが大切。


今泉嘉久

オフィス家具は差別化しにくい商品です。どのように差別化を図ればいいのか。我々は「モノで差別化できないならば、サービスで差別化を実現しよう」と考えました。


杉田裕介

創業者が口癖のように、年商1千億と言っていたので、まずはそれを目標にしたい。そうなると、今の業態だけではなく、新たな業態を作りあげる必要がある。


野村克也

問題は不調に見舞われた時、多くの選手が「技術」ばかりに目が向くことだ。「フオームが悪いのでは?」と悩み過ぎ、コーチや記者にまで意見を求め始める。そして迷い、むしろフォームが崩れ、また自信喪失という悪循環に陥るんだ。


田中仁(経営者)

経営者の役割は社員に対して明確な方向性を示すこと。つまり、社員の戸惑いをなくすこと。


稲盛和夫

企業経営はヘリコプターと同じ。努力をして一生懸命にプロペラを回して宙に浮いていねばならない。


佐々木かをり

子供のころ、夏休みに1日のスケジュールを紙に書いたご経験はありますか。朝6時に起きて、それからラジオ体操に行って、7時から朝ごはんとか。基本的にはそれと同じことなのに、大人になるとなぜか行き当たりばったりで仕事をするようになります。それで上手くいく人もいますが、多くの人は「時間が足りない」と慌てだします。


児玉教仁

テーブルかカウンターかを選べるなら、おすすめはカウンター。対面すると緊張しますが、隣なら相手の目を見ずに済むのでお互いに気楽に話せます。かの吉田茂も、外国高官の接待には銀座の天ぷら屋を使ったといいます。おそらく吉田茂もカウンターのリラックス効果を知っていたのでしょう。


三谷宏幸

買う側は、まず相手や会社が信用できるかを判断するんです。相手が信用できないと買わないし、会社を信用できないと買わない。


中井政嗣

ある時期、何人かの不良少年を受け入れてきました。彼らを指導するのは、確かに骨の折れる仕事です。普通の社員と比べたら手間暇かかります。たとえば、元非行少年の場合は、定時に出勤するという習慣がなかなか身につきません。そこで、一時間遅刻する子なら「30分までは認めよう」とするのです。そういう配慮はしましたが、基本的に特別扱いはしていません。


辺見芳弘

僕はまず部下に仕事を任せます。その代わり「もしうまくいかなかったら、原因を考えて次に生かすように」と伝えました。任されることや失敗からの学びによるポジティブなストレスを感じて、成長してもらいたいからです。