名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

五味一男の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

五味一男のプロフィール

五味一男、ごみ・かずお。日本のTVプロデューサー。日本テレビ上席執行役員。長野県出身。早稲田大学を中退し日本大学藝術学部放送学科に移り卒業。CMディレクターとして活躍したのち、日本テレビに入社。『クイズ世界はSHOW by ショーバイ!!』『マジカル頭脳パワー!!』『投稿!特ホウ王国』『速報!歌の大辞テン』『エンタの神様』などのヒット番組を生んだ。

五味一男の名言 一覧

いつも番組を企画するときは、初心に戻って、とにかく相手を説得できるだけの材料を集める。俺に任せてくださいよ。いいものをつくりますからなどと言っても、人は動かないですよ。


他局で放送しているものを含め、すべてのクイズ番組について、構成から視聴率まで、あらゆるデータを集めて分析したんです。なぜこの番組は当たっていて、こちらは当たっていないのか、そうやって理論付けしたうえで、自社のクイズ番組を作る場合の長所や短所も示しました。そして上司に日本テレビで新しいクイズ番組を始めるならこうすべきと縷々(るる)と説明しました。
【覚書き|入社翌年に「クイズ世界はSHOW by ショーバイ」の企画を通したときのことを振り返っての発言】


どんなに君が、今度は頑張ろうと思ったとしても、投げ出したという烙印を押されてしまう。それは日本テレビ内でも、他のテレビ局に転職しても同じこと。だからいまここで頑張っておかないと駄目だよ。


テレビ局も株式会社であり、経済原理に基づいて活動しているのだから売上を数字として残していかなければなりません。


仕事での失敗といっても、それはその人の能力の問題ではなく、適性の問題であることが多いんです。当たり前ですが、偏差値が高ければどんなことにも秀でているというわけではありません。


悪い情報が僕の耳に届かずに苦労したという経験はないですね。何かありそうなときは、「ぶっちゃけ、どうなの?」といった感じで話をします。失敗したからといって、その人の人格を全否定するわけでもありません。その仕事に向いているかどうかの話ですから、気にしないで話してみれば?一緒に話し合おうよということです。


何でもいいからとにかく頑張れと言っても、当然のことながら部下はついてきません。相手は人間です。私はまず、部下本人にとって、その仕事に取り組むメリットは何か、どうしたら本人のやる気を引き出せるのかと考えます。そのスタッフは出世欲や名誉欲が強い人なのか、あるいは報酬が高ければいいのか、それとも、ただその仕事が楽しいかどうかなのか。それは千差万別です。


五味一男の経歴・略歴

五味一男、ごみ・かずお。日本のTVプロデューサー。日本テレビ上席執行役員。長野県出身。早稲田大学を中退し日本大学藝術学部放送学科に移り卒業。CMディレクターとして活躍したのち、日本テレビに入社。『クイズ世界はSHOW by ショーバイ!!』『マジカル頭脳パワー!!』『投稿!特ホウ王国』『速報!歌の大辞テン』『エンタの神様』などのヒット番組を生んだ。

他の記事も読んでみる

西多昌規

憤りや不満を慢性化させないために、月に一度、腹が立つことを紙に書き出してみるのもお勧めです。書くという行為によって自分が何に対して憤りを感じているかが明確になり、漠然とした不安が解消されます。


似鳥昭雄

やった結果、ダメだったら捨てていけばいい。たとえ失敗しても、何事も一度トライして学んでいけばいい。


北尾吉孝

苦境に立たされても動じず、むしろそれを好機ととらえられるようになったら、そのときはもう何が起ころうとビクビクすることばない。


佐藤康行

根本原因までさかのぼれば、先の戦争にその原因があると私は考えています。日本は第二次世界大戦で誰も望まない戦争に突入した。望まない戦争に人を送り出すには、命令で従わせるしかない。戦後、そうして人を動かしてきた人たちが、同じやり方で会社組織を運営してきた。そんな時代はとっくに終わっているのに、まだその意識が抜けないのが、コミュニケーション不全の遠因だと思います。


堀之内九一郎

失敗の原因がはっきりしたからには、その「逆」をやればいいだけの話。「逆」をやるようになった私は、やることなすことというほどに成功を得られるようになった。


福田俊夫

一日に使えるエネルギーの量には限りがあります。重要な要件にエネルギーを集中させ、燃費よく仕事が進むようエネルギー調整を図るのが私の時間管理を行う目的です。


中村直樹

業界に長くいると、お客様の視点と自分たちの視点がどうしても乖離してきます。バーニーズに出向した当初、とくにそれを感じました。バイヤー会議で、お客様の好みの話がほとんど出てこない。売り場の声が反映されず、「これカッコいいよね?」と自分たちの好みで、お客様が求めていない商品を揃えがちになっている……。これはまずいと思い、会議ではつねに「お客様は本当にコレを求めているのか?」と投げかけてきました。


新宅祐太郎

大量生産される汎用品で利益を出し続けるには、毎年、新たな価値をつけ続ける以外にありません。


佐藤勝人

うちでは「写真文化の創造」を活動のテーマに掲げているが、これから写真文化を広めていこうと思ったときに、こちらがプロカメラマン気取りの態度で接したら、一部の人が喜ぶだけになる。そうではなくて、文化は底辺に向けて広げていくべきものだから、敷居が高くならないように、いかにご近所さんが買い物ついでに寄れるような形で、写真を楽しめるようにするにはどうしたらいいかを常に考えてきた。我々も私服になり、こういう格好をして応対しているから、お客さんも普通に「やあ!」と言って店に入ってきてくれるのだ。


川村益之

うまくいかなかったときこそ、「この状況をどうやってひっくり返そうか」と考える面白さが味わえるもの。私は現場で営業をしていた頃から、「取られたらすぐに取り返す」がモットーでした。他社に契約を取られても、必ずその理由をお客様に聞きに行き、次は契約が取れるよう戦略を練りました。


松下幸之助

何か重要なプロジェクトを任せる時、熱心に仕事をする人と賢い人、どちらに任せるか。答えは熱心な人だ。


出口治明

最も大事なのが熱意。「これができないなら、僕は辞めます」くらいの熱意で語れば、反対している人もたいてい「そこまで言うなら一回やらせてみようか」という気になる。