五味一男の名言

五味一男のプロフィール

五味一男、ごみ・かずお。日本のTVプロデューサー。日本テレビ上席執行役員。長野県出身。早稲田大学を中退し日本大学藝術学部放送学科に移り卒業。CMディレクターとして活躍したのち、日本テレビに入社。『クイズ世界はSHOW by ショーバイ!!』『マジカル頭脳パワー!!』『投稿!特ホウ王国』『速報!歌の大辞テン』『エンタの神様』などのヒット番組を生んだ。

五味一男の名言 一覧

いつも番組を企画するときは、初心に戻って、とにかく相手を説得できるだけの材料を集める。俺に任せてくださいよ。いいものをつくりますからなどと言っても、人は動かないですよ。


他局で放送しているものを含め、すべてのクイズ番組について、構成から視聴率まで、あらゆるデータを集めて分析したんです。なぜこの番組は当たっていて、こちらは当たっていないのか、そうやって理論付けしたうえで、自社のクイズ番組を作る場合の長所や短所も示しました。そして上司に日本テレビで新しいクイズ番組を始めるならこうすべきと縷々(るる)と説明しました。
【覚書き|入社翌年に「クイズ世界はSHOW by ショーバイ」の企画を通したときのことを振り返っての発言】


どんなに君が、今度は頑張ろうと思ったとしても、投げ出したという烙印を押されてしまう。それは日本テレビ内でも、他のテレビ局に転職しても同じこと。だからいまここで頑張っておかないと駄目だよ。


テレビ局も株式会社であり、経済原理に基づいて活動しているのだから売上を数字として残していかなければなりません。


仕事での失敗といっても、それはその人の能力の問題ではなく、適性の問題であることが多いんです。当たり前ですが、偏差値が高ければどんなことにも秀でているというわけではありません。


悪い情報が僕の耳に届かずに苦労したという経験はないですね。何かありそうなときは、「ぶっちゃけ、どうなの?」といった感じで話をします。失敗したからといって、その人の人格を全否定するわけでもありません。その仕事に向いているかどうかの話ですから、気にしないで話してみれば?一緒に話し合おうよということです。


何でもいいからとにかく頑張れと言っても、当然のことながら部下はついてきません。相手は人間です。私はまず、部下本人にとって、その仕事に取り組むメリットは何か、どうしたら本人のやる気を引き出せるのかと考えます。そのスタッフは出世欲や名誉欲が強い人なのか、あるいは報酬が高ければいいのか、それとも、ただその仕事が楽しいかどうかなのか。それは千差万別です。


五味一男の経歴・略歴

五味一男、ごみ・かずお。日本のTVプロデューサー。日本テレビ上席執行役員。長野県出身。早稲田大学を中退し日本大学藝術学部放送学科に移り卒業。CMディレクターとして活躍したのち、日本テレビに入社。『クイズ世界はSHOW by ショーバイ!!』『マジカル頭脳パワー!!』『投稿!特ホウ王国』『速報!歌の大辞テン』『エンタの神様』などのヒット番組を生んだ。

他の記事も読んでみる

入山章栄

撤退の道が確保されているのは重要です。世界各国の倒産法を比較すると、会社を潰しやすい倒産法を持つ国のほうが起業しやすいという研究があります。これは個人のキャリアも同じ。失敗しても次のビジネスに移れたり、前の会社に戻れたりするほうが飛び出しやすい。


宮根誠司

「できるか、できないか」の挑戦が好きで。過去には三線(さんしん)のライブをしたり、フルマラソンで5時間切らなかったら坊主と約束して、坊主頭になったり……。最近思うのは、僕、イニシャルが「SM」なんですよ。だから、自分の中にSとMが共存しているのかなって。いまだとライブに向けて、睡眠時間を削りながらギターの練習しているんですけどね。客観視すればやらなくてもいいことなんです。でも、「こんなことできへんやん」と泣きながらやる自分と、「しっかりやれ」って、追い込む自分がいる。どっちも好きで、その葛藤の快感の中を泳いでいるようなところがあります。それで迷惑しているスタッフもいっぱいいると思うんですけど。


畑喜美夫

子供たちが社会に出たとき、サッカーで学んだことを生かして、ひとつひとつの仕事をきっちりできる人間に成長してほしいのです。プロになるような選手は一握りで、サッカー以外の世界に進む生徒がほとんどです。彼らの人間形成の土台づくりを大切にしたいんです。


井上雄一

どうしても眠れないときは寝床を離れてリラックスし、本当に眠くなってから寝床へ行くようにしてください。眠れないと思い込むと、よけいに不安が高じて眠れなくなります。


村瀬治男

デジタルカメラ時代になると、以前は別々だったカメラと事務機が簡単につながります。それぞれの事業部も互いに相手の仕事に関心を持ち、意見を言い合えるくらいのクロスオーバーが必要です。「仕事ののりしろを持て」。私はそう言って、いい意味で互いに干渉しあうよう推奨しました。誰もが、テリトリーを縦横に少し広げて関心を持つ。その「のりしろ」を貼り合わせれば、両方の面をカバーする仕事ができる。「自分はのりしろを持っているか」と常に意識すれば、仕事の仕方も変わってくるはずです。


宇佐美進典

売上げも伸び、上手く行っている時ほど、自分の課題に気付かないことがある。


島田精一

挫折は自分自身を強くするための起爆剤であると、無実の罪で半年以上メキシコの拘置所に入れられた経験から思いました。


稲盛和夫

買収や合併とは、全く違う文化の違う企業が一緒になることであり、企業間の結婚のようなものである。したがって、最大限相手のことを思いやる必要がある。


坂本孝

なぜ私が40代に失敗を勧めるかというと、40歳からは失敗よりも成功する可能性のほうが高くなるからです。それまでに積み重ねた失敗のなかには、成功の秘訣が詰まっています。だから40歳からが仕事は面白い。


岡野雅行(岡野工業)

俺は若いころ遊びが好きで、また戦争で学校にちゃんと行けなかった。履歴書を書いたって誰も雇ってくれない。いつも絶体絶命。それがよかった。目の前の仕事しかないんだから、やる気がないなんて言っていられなかったんだ。それに、学問を知らないという劣等感がある。これがいまでも、大学や大学院で勉強した奴に負けるもんかという自負心のもとになっているんだ。


澤上篤人

世界の市場でファンドマネージャーが10人いたら、10年後に生き残っているのは1人か2人です。15年たったら、1人生き残っていたら良いほうです。淘汰されたファンドマネージャーたちを観察していると、1つの真理が見えてきました。それは「運用をする人間は贅沢をすると駄目になる」ということです。どんなに優秀な投資家も、贅沢を覚えると脱落します。そうなる前に引退するか、贅沢をしない、あるいは引退してから贅沢をするしかありません。


藤岡頼光

アメリカ人なんてベンチャーのやつがなんぼ働くか。すごい働いているよ。めちゃめちゃ頭のいい奴が、めちゃめちゃ頭のいいやつらと闘っている。


関下昌代

サラリーマンにとって一番大事な資質は、「この人には仕事を頼みやすい」と思われることです。これに学歴は関係ありません。むしろ、学歴に頼る人ほど、自分と他人の仕事をわけたり、単純作業を敬遠するなど、非協力的な態度で組織では孤立する危険性があります。


中田宏

目の前の任された仕事を必死でこなし、期待以上の成果を出す。それを繰り返してきただけです。


籾井勝人

政治の世界でも企業でも、我々日本人に必要なことは「自主性」を持つということではないでしょうか。個人個人が自分の持ち場をわきまえて、自分たちの役割をこなしていけば、必ず企業は良くなると思う。


ページの先頭へ