名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

五十嵐茂樹の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

五十嵐茂樹のプロフィール

五十嵐茂樹、いがらし・しげき。日本の経営者、事業再生家。福井県出身。大学卒業後、ロイヤルに入社。ロイヤル店長・エリアマネジャー・営業部長・教育部長、ジャパンフードシステズ社長、コロワイド東日本社長、ダブリューピィージャパン社長、レインズインタナショナル社長、カッパ・クリエイト社長などを務めた。

五十嵐茂樹の名言 一覧

最後に重要になるのはヒトの問題です。我々はピープルビジネスですから最後は、人間力でいかに他店に差をつけていくのかが課題になります。


一つひとつの業態には寿命がある。時代のニーズに合わなくなり劣化、言うなれば出口業態となる危険性を常にはらんでいる。


商品や店作りは真似できても、人間力は真似できない。


サービス産業でエクセレントカンパニーと言われるマリオットやディズニーランドが成功している共通点は、一人ひとりの人間力が圧倒的に高いことです。難しい部分ですがここが戦いになるので、会社内の体制を含め、従業員のモチベーションが高まる施策をさらに徹底していく所存です。


成長を当面は維持できる業態もあれば、今後は縮小が避けられない業態もあります。そのブランドポートフォリオを見直しながら、資産を入れ替えていくことが、多業態戦略では可能となるのです。


リーマンショック以降、客単価の高い「北海道」は厳しい状況にありましたが、客単価を下げず我慢してきました。客単価の高い店は、それなりに店舗費も掛かります。これらの店を強引に低価格店に置き換えたチェーンは、現状は厳しいと想定されます。逆に弊社としては、単価の高い他店が減少したことで、その受け皿となり高いメリットを享受できました。


コロワイドの強みは多業態戦略です。低・中・高価格3層のブランドで、客単価2千~5千円でお客さまの店舗の使い分けに対応できているのです。


五十嵐茂樹の経歴・略歴

五十嵐茂樹、いがらし・しげき。日本の経営者、事業再生家。福井県出身。大学卒業後、ロイヤルに入社。ロイヤル店長・エリアマネジャー・営業部長・教育部長、ジャパンフードシステズ社長、コロワイド東日本社長、ダブリューピィージャパン社長、レインズインタナショナル社長、カッパ・クリエイト社長などを務めた。

他の記事も読んでみる

大室正志

いざというときのために、「逃げる」というオプションを持ちましょう。背負うものがあっても、逃げるのです。逃げてばかりでは成長できませんが、「最悪、逃げればいいか」と思えることが大事。今いるところにいたらつぶれると思ったら、休むなり転職なりを考えてほしいと思います。


佐々木典士

モノを極限まで手放したことで、僕は行動力がつき、自由な空間と時間、そして心の余裕まで手に入れることができました。モノを減らすことで、生き方をもっと自分らしく高める――それがミニマリストの整理術。


植松富司

私は昔からコンサルタントを信用していません。彼らの言うとおりにしたら、大変な損失を被っていたことがいくつもあるからです。


佐伯信行

当社には、「成功か大成功しかない」という言葉があります。諦めない限りは成功するんですよ。


林野宏

幸運だったのは、自分の思うようにやることができたことです。多くの会社ではヒエラルキーがあり、上の人がやったことを変えるのはむずかしい。でもクレディセゾンは一度つぶれた会社のため、反対する人がいなかった。ですから躊躇なくタブーを破ることができた。


藤野祐美

「わが社の女性陣が、ここまでできるとは思わなかった」実はこれは、女性研修ではよく耳にするフレーズです。せっかくの能力もそれを発揮する機会がなければ、埋もれてしまったままなのです。研修を通して、本来開くべき花が開いたのです。上司や同僚男性が彼女らに仕事についての意見を求め、意思決定の場への参加を要請するようになりました。


冨田和成

スタートする前の段階で「ゴール」「道のり」「手段」をはっきりさせておけば、途中で壁にぶち当たっても慌てることなく前に進むことができる。


堀威夫

言い訳は厳禁。言い逃れをしようとすればするほど、発言の整合性が取れなくなったり、突っ込まれたときに根拠を持って切り返せなかったりして、負のスパイラルに陥る。潔さを持って、即対応する。ここまで業界で生き残ってきた、僕のリスクマネジメントはこれに尽きます。


深沢真太郎

「数字で考える」ことは、ビジネスマンにとって重要なスキル。そのメリットは、考える行為の結論を具体的に伝えられること。


水谷健彦

イマイチだと感じたら、迷わずボツにすることが大切。


青木擴憲

当社もファッションでスタートしましたが、企業としての継続性を考えた時にファッションだけでは今後どうなるのか分からない。そこで、結婚式場をつくったり、カラオケや複合カフェのようなエンターテイメント分野に進出したり、いまは3つの分野で事業を展開しています。3つの業態を持っていれば、どこがどういう状況になっても補え、継続性が維持できるというポートフォリオ経営です。


窪田良

安定は努力してこそ手に入る。私はよく「動的な安定」と呼んでいますが、自転車のように動き続けるから安定して進むことができる。