名言DB

9412 人 / 110637 名言

五十嵐茂樹の名言

twitter Facebook はてブ

五十嵐茂樹のプロフィール

五十嵐茂樹、いがらし・しげき。日本の経営者、事業再生家。福井県出身。大学卒業後、ロイヤルに入社。ロイヤル店長・エリアマネジャー・営業部長・教育部長、ジャパンフードシステズ社長、コロワイド東日本社長、ダブリューピィージャパン社長、レインズインタナショナル社長、カッパ・クリエイト社長などを務めた。

五十嵐茂樹の名言 一覧

最後に重要になるのはヒトの問題です。我々はピープルビジネスですから最後は、人間力でいかに他店に差をつけていくのかが課題になります。


一つひとつの業態には寿命がある。時代のニーズに合わなくなり劣化、言うなれば出口業態となる危険性を常にはらんでいる。


商品や店作りは真似できても、人間力は真似できない。


サービス産業でエクセレントカンパニーと言われるマリオットやディズニーランドが成功している共通点は、一人ひとりの人間力が圧倒的に高いことです。難しい部分ですがここが戦いになるので、会社内の体制を含め、従業員のモチベーションが高まる施策をさらに徹底していく所存です。


成長を当面は維持できる業態もあれば、今後は縮小が避けられない業態もあります。そのブランドポートフォリオを見直しながら、資産を入れ替えていくことが、多業態戦略では可能となるのです。


リーマンショック以降、客単価の高い「北海道」は厳しい状況にありましたが、客単価を下げず我慢してきました。客単価の高い店は、それなりに店舗費も掛かります。これらの店を強引に低価格店に置き換えたチェーンは、現状は厳しいと想定されます。逆に弊社としては、単価の高い他店が減少したことで、その受け皿となり高いメリットを享受できました。


コロワイドの強みは多業態戦略です。低・中・高価格3層のブランドで、客単価2千~5千円でお客さまの店舗の使い分けに対応できているのです。


五十嵐茂樹の経歴・略歴

五十嵐茂樹、いがらし・しげき。日本の経営者、事業再生家。福井県出身。大学卒業後、ロイヤルに入社。ロイヤル店長・エリアマネジャー・営業部長・教育部長、ジャパンフードシステズ社長、コロワイド東日本社長、ダブリューピィージャパン社長、レインズインタナショナル社長、カッパ・クリエイト社長などを務めた。

他の記事も読んでみる

中原淳

耳が痛いことを言って嫌われるのは管理職の役割です。そんな覚悟を持ってフィードバックに臨めば、短期的にはつらい思いをしても、長期的には必ず部下から感謝される日が来るはずです。


津谷正明

いかに質を向上させるかを最優先に考えています。製品がコモディティー化したら工場のレベルを上げ、難易度の高いタイヤを作るようにしています。


山下徹

私は、NTTデータを夢と感動が共有できる会社にしたいと考えています。夢とは、お客様の仕事のやり方や社会の仕組みを変える提案を行うことです。そして、プロジェクトマネジメントによってそれが実現するとき感動が生まれます。人類を月に立たせたアポロ計画が偉大なお手本です。


丸山栄樹

現場の感覚がわからないと、コンサルが頭で論理的に組み立てても現実はうまくいかない。


栗本渉

特にパーソナルヒストリーを聞いてあげるとよい。その人はこれまで何に頑張ってきたのか? どのような転機があったのか? 人間は、自分の人生を形成した主要な物語を聞いてほしいもの。それを親身に聞くことで相手の中に信頼感が生まれる。


宮内義彦

日本型経営が作り上げた「人材を大切にする」という風土は世界に誇るべきものです。ただ、その思想は素晴らしいのに、結果が伴っていません。「計数面では欧米企業に劣るけれど、日本的経営は素晴らしい」と叫んだところで、引かれ者の小唄にすぎません。いいところを残しながら、欧米企業に負けているところを近づける。人を大切にしながら、欧米企業並みに効率を高めていく。それができて初めて、いい経営をしていると世界に胸を張って言えるのではないでしょうか。


高島宏平(髙島宏平)

私の社長としての仕事は、評価指標を考え、決めることだと言ってもいいでしょう。経営全体の指標は主に5つあります。「売上」「限界利益(売上高-変動費)」「新規顧客数」「やみつき率(一定頻度で購入する顧客の割合)」そして「特定セグメントのサヨナラ率(顧客が離れてしまった率)」です。経営幹部が集まり、週に一度確認しています。


内藤忍

どの程度までリスクを背負えるかは各人の事情によって違いますから、資産デザインに万人共通の正解はありません。自分に適した資産デザインを探すことができれば、投資の成功に大きく近付きます。


ジャクリーン・ケネディ

ご自身でいなきゃダメ! そんなことをしたら、本当の自分を偽り、本当に言いたい事を他人のお面をかぶって言うことになってしまうわ。そんなことより、ご自分にとってもっと大事なことに専念なさい。


平井伯昌

まずは相手の気持ちになって、どういう言い方をされたら理解しやすいか、受け入れやすいかをシミュレーションすることが大切です。それには選手の性格や考え方をよく知っておかなければなりません。


宇佐美典也

ブログでセルフブランディングを始めると、やっと仕事が転がり始めました。今やっている太陽光の仕事も、ブログの記事がきっかけで依頼がきたものなんですよ。


岡野雅行(岡野工業)

才能を持った若い連中もいるとは思うんだけど、絶対的に足りてないものがある。「欲望」だよ。「もっといい仕事をして、もっとカネをもらいたい」。俺たちの世代はそれがすべてのエネルギー源だったけど、今の若い奴らは、生まれたときから豊かだから。それに諦めがいいというか、自分の手と頭を使って考えないで、ちょっと調べて難しそうだと思ったら、やってみもしないで「できません」だもん。そんなことしてたら、途上国にあっという間に抜かれて、日本は終わるな。


山田進太郎

メルカリでは、しっかり社員がバリュー(使命を実現するための行動規範)に従って行動するような仕組みも取り入れています。その一つが、新卒・中途入社の採用基準です。たとえば、あるエンジニアを採用しようとした場合「過去にどんな挑戦をしてきたか」を聞くようにしています。挑戦の結果が成功か失敗かは問題ではありません。「Go Bold」というバリューに沿っているかどうかがポイントです。もしそこが不足しているのであれば、たとえ高度な専門スキルを持つ「Be Professional」な人材であっても、採用しないかもしれません。人事評価も同様。社員をマネジャーに登用する際も、バリューに基づいて推薦する仕組みになっています。基本的には企業活動のすべての要素がバリューにひも付いているわけです。


大竹文雄

以前の経済学では、人間を単純に合理的に考える存在とみなすところから出発していた。しかし実際は、多くの人が必ずしも狭い意味の合理性では説明できない行動をとり続けている。


田中健一(経営者)

うまくいっていない仕事では、改善のために何かをしても、成果はなかなか出ません。味方の数も、花形部署のように多くない。でも、そこであっさりめげてはいけません。「10回のうち1回うまくいけばラッキーだ」くらいの気持ちで取り組まなければならない。忍耐力も必要です。