名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

五十嵐茂樹の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

五十嵐茂樹のプロフィール

五十嵐茂樹、いがらし・しげき。日本の経営者、事業再生家。福井県出身。大学卒業後、ロイヤルに入社。ロイヤル店長・エリアマネジャー・営業部長・教育部長、ジャパンフードシステズ社長、コロワイド東日本社長、ダブリューピィージャパン社長、レインズインタナショナル社長、カッパ・クリエイト社長などを務めた。

五十嵐茂樹の名言 一覧

最後に重要になるのはヒトの問題です。我々はピープルビジネスですから最後は、人間力でいかに他店に差をつけていくのかが課題になります。


一つひとつの業態には寿命がある。時代のニーズに合わなくなり劣化、言うなれば出口業態となる危険性を常にはらんでいる。


商品や店作りは真似できても、人間力は真似できない。


サービス産業でエクセレントカンパニーと言われるマリオットやディズニーランドが成功している共通点は、一人ひとりの人間力が圧倒的に高いことです。難しい部分ですがここが戦いになるので、会社内の体制を含め、従業員のモチベーションが高まる施策をさらに徹底していく所存です。


成長を当面は維持できる業態もあれば、今後は縮小が避けられない業態もあります。そのブランドポートフォリオを見直しながら、資産を入れ替えていくことが、多業態戦略では可能となるのです。


リーマンショック以降、客単価の高い「北海道」は厳しい状況にありましたが、客単価を下げず我慢してきました。客単価の高い店は、それなりに店舗費も掛かります。これらの店を強引に低価格店に置き換えたチェーンは、現状は厳しいと想定されます。逆に弊社としては、単価の高い他店が減少したことで、その受け皿となり高いメリットを享受できました。


コロワイドの強みは多業態戦略です。低・中・高価格3層のブランドで、客単価2千~5千円でお客さまの店舗の使い分けに対応できているのです。


五十嵐茂樹の経歴・略歴

五十嵐茂樹、いがらし・しげき。日本の経営者、事業再生家。福井県出身。大学卒業後、ロイヤルに入社。ロイヤル店長・エリアマネジャー・営業部長・教育部長、ジャパンフードシステズ社長、コロワイド東日本社長、ダブリューピィージャパン社長、レインズインタナショナル社長、カッパ・クリエイト社長などを務めた。

他の記事も読んでみる

孫正義

目標は明確に口に出した方が良い。周りにコミットする事で自分を追い込んで行けるから。


白石美緒

趣味が無いとどうしても人脈も医者だけの狭い世界になってしまいますよね。でも、(趣味を通じて)医者の世界では出会うことがなかったであろう人たちに出会えたというのは、私の人生を豊かにしてくれたと思っています。


渡文明

人との出会いから学ぶこともあれば、経験を通じて学びを得ることも少なくありません。1970年代、肝炎で入院した経験は私に多くのことを教えてくれました。石油危機が起こり、私は仕事に忙殺されました。全国各地の病院や各種施設へ、石油製品の供給が途絶しないよう手配する業務の中心にいたからです。眠れない日々と積み重なる疲労、過労死の一歩手前でした。足かけ3ヵ月の入院生活を送るうち、私はやがて達観するようになりました。「これからは自分が正しいと思ったことは遠慮なく言おう。行動しよう」と決意しました。


上野和典

放置しておくと、みんな去年の続き、安全パイの仕事しかやらなくなる。経営者から見れば、守りばかりやられても困る。


田中美香

一口に地方といいますが、人口が増えているところもあれば、シングル物件のニーズが都心並みに高いところもある。たとえば北海道は持ち家率が全国平均に比べて低く、札幌市やその周辺には常に高い賃貸ニーズがあります。政令指定都市や県庁所在地といった場所が中心ですが、こうした都市で確実なニーズがある場所を見つけることができれば、地方での不動産投資は十分成功できるのです。


サラ・カサノバ

ホスピタリティーに関しては、事細かにオペレーションを指示するマニュアルのような「ルールブック」は作れないが、「トレーニングガイド」であれば作ることができる。人材育成への投資を続け、トレーニングを強化する。


関家一馬

一人ひとりが自分で考え、自分で決めて結果に向き合う。まだ完成形とは言えませんが、普通の組織に比べたら、そういうことができる環境になってきたのではないでしょうか。人が育つ土壌はかなりできたと思います。


久保利英明

是非、若い人には高い志を持ってもらいたい。そのためには、誰かに流されたり、空気を読んだり、風に吹かれたりするのではなく、自分はこういう人生を歩みたい、ということを早く見つけることが大事です。


島津義久

罰を薄くして賞を厚くせよ。


八木洋介

社長の日常は決断の連続だ。必ずしも時間的猶予が十分にあるわけではない。その中で、誰からも命じられず、誰とも相談できないまま、最適の意思決定をしなければならない。


松橋良紀

沈黙を使いこなすことも効果的。相手が「うーん……」となって沈黙が生まれても、間を埋めずに待つことで、より相手の口が開きやすくなります。見当違いのことを言わないためには、その話題について相手の意見をじっくり聞いてから話し出すことも重要。要は後出しじゃんけんですね。


田中和彦

会社の業績や将来性にかかわらず、その場で全力を尽くした人だけが、本物のバイタリティや強さを身につけられる。困難に直面しても逃げずに頑張った事実は、どこへ行っても高く評価されます。