名言DB

9419 人 / 110788 名言

五十嵐茂樹の名言

twitter Facebook はてブ

五十嵐茂樹のプロフィール

五十嵐茂樹、いがらし・しげき。日本の経営者、事業再生家。福井県出身。大学卒業後、ロイヤルに入社。ロイヤル店長・エリアマネジャー・営業部長・教育部長、ジャパンフードシステズ社長、コロワイド東日本社長、ダブリューピィージャパン社長、レインズインタナショナル社長、カッパ・クリエイト社長などを務めた。

五十嵐茂樹の名言 一覧

最後に重要になるのはヒトの問題です。我々はピープルビジネスですから最後は、人間力でいかに他店に差をつけていくのかが課題になります。


一つひとつの業態には寿命がある。時代のニーズに合わなくなり劣化、言うなれば出口業態となる危険性を常にはらんでいる。


商品や店作りは真似できても、人間力は真似できない。


サービス産業でエクセレントカンパニーと言われるマリオットやディズニーランドが成功している共通点は、一人ひとりの人間力が圧倒的に高いことです。難しい部分ですがここが戦いになるので、会社内の体制を含め、従業員のモチベーションが高まる施策をさらに徹底していく所存です。


成長を当面は維持できる業態もあれば、今後は縮小が避けられない業態もあります。そのブランドポートフォリオを見直しながら、資産を入れ替えていくことが、多業態戦略では可能となるのです。


リーマンショック以降、客単価の高い「北海道」は厳しい状況にありましたが、客単価を下げず我慢してきました。客単価の高い店は、それなりに店舗費も掛かります。これらの店を強引に低価格店に置き換えたチェーンは、現状は厳しいと想定されます。逆に弊社としては、単価の高い他店が減少したことで、その受け皿となり高いメリットを享受できました。


コロワイドの強みは多業態戦略です。低・中・高価格3層のブランドで、客単価2千~5千円でお客さまの店舗の使い分けに対応できているのです。


五十嵐茂樹の経歴・略歴

五十嵐茂樹、いがらし・しげき。日本の経営者、事業再生家。福井県出身。大学卒業後、ロイヤルに入社。ロイヤル店長・エリアマネジャー・営業部長・教育部長、ジャパンフードシステズ社長、コロワイド東日本社長、ダブリューピィージャパン社長、レインズインタナショナル社長、カッパ・クリエイト社長などを務めた。

他の記事も読んでみる

後藤忠治

本来、企業が果たすべき役割は、そもそもうつ病を発症しない職場環境の整備にあります。治療する手立てはあっても、完治するには時間がかかります。ですから企業は、うつ病を事前に予防するような職場環境を実現するために、いち早く手を打っておく必要があるのです。うつ病防止は会社にとっても本人にとっても幸せなことですから、企業は戦略的に資金を投じて従業員の健康管理を積極的に行う必要があります。


及川光博

10代から20代にかけて思い描いていた自分になれている。ただ、実現したときには次の新しいヴィジョンが生まれているから、現実のいまの自分にはいつまでたっても満足できないんですけど。


清水祐孝

生きることの大切さを人々に伝えていくのも、この仕事をしている我々の使命。


平田進也

「ほどこす」を常に意識しています。これは「程々を超える」ということ。お客様の予想を遙かに上回る、「参った」と言わせるほどのサービスをしないとダメ。


三枝匡

事業とは思い入れのある人が引っ張っていくものであり、集団で団子になって引っ張っていくものではありません。一人の企業家の限りない情熱において事業は成長していくのです。


ジョン・コッター

リーダーとして成長し続ける方法のひとつは、常にいろいろなことにアンテナを張り、観察し、自分より何かを知っている人を見つけ、質問し続けることです。


山本直美(チャイルド・ファミリーコンサルタント)

意欲不足の社員に対して重要なことは、中・長期的な目標なり、プランを与えること。意欲の薄い人というのは、子どもと同様「目の前の時間」を生きる傾向があり、目の前にある仕事をただひたすらこなしているだけ、ということがよくあります。けれども、1年後にどうなりたいか、3年後、5年後にどうなりたいかという目標があれば、「今、この仕事を頑張る意味」を実感し、それが意欲を生む。


猪瀬直樹

不況でみんなのテンションが下がっているいまは、むしろチャンス。みんなが「給料分でいいか」という、そこそこの仕事で満足しているときに、「そこまでやるか!」と給料以上の働きをすれば、必ず評価されます。実際、トップ営業マンやヒットメーカーといわれる人たちは、給料を度外視して「そこまでやるか!」と驚くほどの努力をしています。


玉塚元一

戦略はあるし実行する武器もある。大切なのは実行するスピードであり、より精度を高めることである。


井上英明

花の仕入れ伝票にしても、ただチューリップとかバラといった品目を覚えればいいや、というのでは成長しません。バラのなんという品種かまで覚えようとする人は、それだけ学んでいくでしょう。さらに、店長になるという目標を持っている人は、いずれ仕入れもしなくてはいけませんから、相場や産地も注意してみるかもしれません。同じ伝票を前にしても、スイッチがどの程度入っているかで、学ぶことは違ってきます。そのスイッチの数は、将来のビジョンや、こうなりたいという思いの強さに合わせて変わってくると思います。