名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

五十嵐良雄(医師)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

五十嵐良雄(医師)のプロフィール

五十嵐良雄、いがらし・よしお。日本の医師(精神科、心療内科)、医学博士。「メディカルケア虎ノ門」院長。東京都出身。北海道大学医学部卒業。埼玉医科大学精神科学教室助手、ミラノ大学・ユトレヒト大学留学、秩父中央病院理事長・院長などを経てメディカルケア虎ノ門を開設。

五十嵐良雄(医師)の名言 一覧

発達障害の場合は基本的に薬はなく、あったとしてもADHD(注意欠如・多動性障害)用に2種だけ。そもそも発達障害は病気ではないので、「治す」ものではない。自らの特性を理解して得意な部分は伸ばし、苦手な分野は工夫して補えるよう練習していくしか方法はない。


五十嵐良雄(医師)の経歴・略歴

五十嵐良雄、いがらし・よしお。日本の医師(精神科、心療内科)、医学博士。「メディカルケア虎ノ門」院長。東京都出身。北海道大学医学部卒業。埼玉医科大学精神科学教室助手、ミラノ大学・ユトレヒト大学留学、秩父中央病院理事長・院長などを経てメディカルケア虎ノ門を開設。

他の記事も読んでみる

田部文一郎

長い人生の中では「これで駄目かな」と思うことが何度かある。しかし、ヤケクソになってはいけない。何度突き放され、苦境に陥ろうとも、実力で這い上がるぞという気力、精神力が必要である。そういう努力する自分の姿は、誰かが教えてくれているものだ。捨てる神あれば拾う神あり。私はこう思って人生を生きてきた。


マーク・ガーゾン

私たちの意識には、いくつもの壁があります。ビジネスの世界で考えると、バージョン1.0では自分のキャリアや収入にいいことだけを考える。そうした「自己の壁」を超えた2.0では、部署やチームのことを考える。リーダーとしての意識の芽生えですね。それが、3.0では会社単位で考えるようになる。多くの企業のCEOの意識は、3.0で止まっています。会社の壁を超え、さらに国の壁も超えた利益を考える意識を、次代のリーダーとなる若いビジネスパーソンの皆さんに持ってほしい。そう強く願っています。


田村潤

現場主義を貫き、「どうしたらお客様に喜んでもらえるのか」を一人ひとりが考えて行動するようになってくると、仕事に熱が入り、地域ともだんだん密着できるようになってきた。すると、「キリンビール」を指名してくれる人が増えてきた。これが業績回復の足がかかりになった。


瀧本哲史

肥満は「伝染」します。ハーバード大学医学部のニコラス・クリスタキス教授は、1万2067人を対象に32年間におよぶ体重の遷移を、その人の配偶者、兄弟、親戚、友人関係などの社会関係とともに詳細に分析しています。調査の結果、「肥満の友人がいると、肥満になる確率は57%上がる」ということが明らかになりました。しかもこの傾向は、特に親しい友人が肥満である場合に加速する傾向が強い。肥満の友人が多いと、別に肥満でも問題ない、むしろ肥満でなければいけない、と思うようになる。これが「同調圧力」です。東京大学の合格者が多い「名門校」が生まれる構造も同じです。名門校に入ってきた生徒の学力はたしかに高いのですが、合格実績はそれだけでは説明がつきません。灘や開成、麻布といった名門校では「東大に行くことが当たり前」であるがゆえに、多くの生徒か東大に行くのだと考えられます。


熊谷正寿

実は、私は一度も幹部研修をしたことがありません。企業理念「スピリットベンチャー宣言」を読めば、それで研修終了なのです。あそこには、私の価値基準、判断・行動の基準が全て盛り込まれていますからね。企業は人の集合体ですので、「自社ではこれが正しい」という価値基準を全員に徹底しなければなりません。それを成し遂げたのが、弊社最大の強みです。5000人規模の会社が、いきなり私たちと同じことを真似しようとしても不可能でしょう。


浜矩子

エコノミストとして経験を積むことによって、ちょっと斜に構えてものを見るというか、メインストリーム(主流)の中の発想では考えなくなっていきました。だって名探偵というのは多くの人が「こうだ」ということには簡単に乗らないじゃないですか。みんなと全然ちがう角度から見ることで、真犯人を見つけるんで……。経済の世界でも「まさか」は結構、起きるので(笑)、人のいうことは簡単に信じないというか、新聞記事も政治家の言葉も、「まず疑ってみる」というように。


山田昌弘

昔は家長であるだけで一番上席に座ったものですが、家族サービスをしないで仕事だけに邁進したせいで、すでに家に居場所のない人もたくさんいます。いまや家庭で承認されるにもお金以外の努力が必要なのです。


石原明

国際人というのは自国の歴史を語れなければなりません。国際社会で活躍するには常にアイデンティティーが問われます。愛国心をもって自分の国を語れることが、アイデンティティーにつながるのではないでしょうか。


松本大

経営者によっては、一人で沈思黙考する時間をもつ人もいるが、私の場合、一人で考え込む時間はまずない。人と話すほうが考えがまとまるし、新しい考えも出てくるというタイプだ。


石坂泰三

自分は決して英雄だとは思わない。もし英雄だとすれば、君たちが英雄にしてくれたんだ。


池谷裕二

ストレスというと、条件反射的に「悪いもの」「排除すべきもの」と思ってしまう人がほとんどです。しかし、ストレスがまったくない状態では、人は学習できないし、成長もあり得ません。過剰なストレスは好ましくありませんが、日常的に生じるストレスならば、それと向き合うことが生きるエネルギー源になるのです。


古川裕倫

上司と強く衝突してしまうようなイザというときのために、日々廊下とんびになって(社内の廊下をうろうろして)人脈を築いておく必要があります。フェース・トゥ・フェースでコミュニケーションすると信頼関係も厚くなります。いい意味で油を売って社内ネットワークをつくるのとつくらないのとでは、イザというときの協力体制が全く異なります。