五十嵐美那子の名言

五十嵐美那子のプロフィール

五十嵐美那子、いがらし・みなこ。日本の編集者、校正者。「図書出版生活思想社」代表。日本エディタースクール修了。出版社編集、フリーの編集・校正者などを経て図書出版生活思想社を設立。

五十嵐美那子の名言 一覧

どんな文章にも誤字脱字は「必ずある」と思って、確認を怠らないことも大切。油断せず、ミスがある前提で必ず読み返そう。


文章を書いている間や書き終えた直後は「内容」に集中しているため、「文字」の間違いに気づきにくい。時間を置くことで、冷静な頭で確認できるようになる。


誤字脱字は、些細なケアレスミスと考える人が少なくありませんが、これは大きな誤解。1つの誤字で信用が失墜する恐れがあることを肝に銘じるのが何よりも重要。内容次第では会社や取引先に損害を与える恐れすらある。


五十嵐美那子の経歴・略歴

五十嵐美那子、いがらし・みなこ。日本の編集者、校正者。「図書出版生活思想社」代表。日本エディタースクール修了。出版社編集、フリーの編集・校正者などを経て図書出版生活思想社を設立。

他の記事も読んでみる

奥島孝康

勇者とは、勝っておごらず、謙虚さを忘れない人。
勇者とは、負けてくじけず、誇りをもって未来へ立ち向かう人。


佐々木毅

私が学長に選ばれた当時、古い組織のままだった東大には「昔のルール」が山のようにありました。そこで、大学の意思決定機関である評議会に私に対する「信任投票」をするよう提案しました。リーダーシップ発揮のため一定の権限を獲得するにはそれしかないと考えたからです。「ノー」と言われるならそれも仕方がないからと。結果的に、評議会では投票に至らず、事実上の一任を取り付けることができました。そこからは一気呵成に作業を進めていきました。


矢部輝夫

安全管理の世界に「二流三流の戦略でいいから、一流の実行力を持とう」という言葉があります。ノウハウも大事だけれど、それをやり遂げることのほうがもっと大事なのです。


芦田昭充

一番いけないのは、新しいビジネスアイデアが持ち上がったとき、頭の中だけで考えて、これはリスクがあるからできませんとか、前例がないからできませんという人です。100%安全が保障されている中で仕事をしていこうという人材には魅力を感じません。


出原洋三

経営トップを選ぶ際は、社外の専門家に頼んで日本板硝子グループのグローバルな経営幹部を評価してもらいました。客観性を持たせるためです。私を含めた幹部を評価してもらい、それを参考にしたうえでの決断でした。


北島義俊

目に見えない努力を積み重ねていかないと、我々の事業は成り立たない。


梅原勝彦

なぜ我々が短納期を実現できるのか。お客様というのは、無理なことを言ってくるものです。何とか助けてくれと。でも、それを「無茶です。できません」と断ったら他社と変わりませんから、受け入れ体制をつくっておかないといけない。そのために、人と設備を「やや過剰」にしておくのです。


槇原稔(槙原稔)

さまざまな角度や尺度から、会社全体の状況を判断し、つねに先を見て改革に取り組むべきです。三年先、五年先を展望し、組織をどう変えていくか、あるいは人事制度をどう変えていくか、どういう新規分野を切り開いていくか、責任体制をどう敷いていくかなどを議論していくときに来ていると思います。そのために、海外の多様な経営手法を学ぶのも一つの方法でしょう。ただし、海外の手法をそのまま取り入れるのではなく、日本の風土や習慣とどう噛み合わせていくかを考えることが大切です。


坂本孝

真似には相当な技術がいります。例えば、ある店の美味い蕎麦と同じものを、別の店のそば職人が作ろうとしてもなかなかできない。フランチャイズもそう。加盟店に「本部の優秀店舗がやっていることを真似ろ」と言っても、優秀な加盟店なら一生懸命真似ようと努力し続けるが、そうでない店は勝手なやり方をした揚げ句、ほかに行っちゃうんです。


村上太一

本来の自分を偽ってまで、外づらを良くする必要はありません。あくまでも、「もともと自分が持っているものを場面ごとにどう使い分けるか」を考えるべきではないでしょうか。


佐久間昇二(佐久間曻二)

人については、ひとりもクビを切らずに再建できるという確信が私にはあった。ソフト事業は特に人が財産。それを失いたくなかった。


渡辺良機

業界全体は若干前年割れの状況だが、当社は前期も前年を上回る売り上げ、利益を上げることができた。これはお客様に我々の言い値で買っていただいているから。


畑彰之介

グーグルについて、まったく脅威には感じてはいない。グーグルのような巨大プラットフォームの最大の価値は、ユーザーが欲する情報を、的確なサイトにつないで提供することではないか。それがもし「グーグルの作るコンテンツですべて足りる」と言い始めたら、グーグルの価値が失われかねない。それを彼らもわかっているはずで、僕らは一番専門性の高いサイトであり続ける努力をするのみだ。


内藤晴夫

奇人変人の時代は終わりました。いまは外部の力を上手に引き出す感性がまず大事です。自分たちだけの力は限られていますから。そして、強みをさらに強くしようと努力する人。それから、人好きな人です。開発はチームでやることが多いので、チームワークとかチームビルディングといったことが苦にならない人でないと務まりません。


佐々木かをり

時間管理ができないのは、その仕事にかかる時間がわかっていないこと、そして、自分の持っている時間の量が見えていないことが原因だと思います。今日やることはこれとこれ、ということはわかっていても、それぞれに何時間・何分かかるかがわからない。だから、できないことを自分に期待し、できないままいつの間にか一日が終わってしまった、ということになるのです。


ページの先頭へ