名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

五十嵐幹の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

五十嵐幹のプロフィール

五十嵐幹、いがらし・みき。日本の経営者。マーケティング・リサーチ会社「クロス・マーケティング」社長。東京出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、ベンチャーキャピタル「日本アジア投資」に入社。ベンチャーキャピタリストとして活動したのち、「ロンドベルテクノロジー」を経てクロス・マーケティングを設立。

五十嵐幹の名言 一覧

1つのゴールを目指して頑張ると、一体感が生まれる。


創業期はなるべく社員と一緒に仕事をするよう心がけました。一緒に仕事をすることにより、自分の考えていることや働き方が伝わっていくからです。


ベンチャーキャピタルにいたときに、約1000人の経営者と会いました。一番印象に残った経営者は誰かと聞かれますが、実はまだ結論が出ていません。なぜなら、やはり成功の法則は人それぞれだと感じたからです。自分の強みを活かしながら、着実に進んでいく方が成功していると思います。


五十嵐幹の経歴・略歴

五十嵐幹、いがらし・みき。日本の経営者。マーケティング・リサーチ会社「クロス・マーケティング」社長。東京出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、ベンチャーキャピタル「日本アジア投資」に入社。ベンチャーキャピタリストとして活動したのち、「ロンドベルテクノロジー」を経てクロス・マーケティングを設立。

他の記事も読んでみる

新浪剛史

主力事業であっても、無駄な資金は使いません。しかし、成長のためにきちんとリターンがあるなら投資は惜しみません。


林成之

常に全力投球すること。自己管理が求められる環境で、妥協せずにやり遂げ、結果を出せるのは、普段から損得抜きに全力投球する習慣を身につけているから。損得を気にした途端、失敗したくないという自己保存の本能が生まれ、脳が持つ力を最高に発揮できなくなります。


土井英司

経営者は一般的に、他者の具体的な経験を抽象化して自分の仕事に応用する能力、いわゆるアナロジー(類推)思考に長けています。だからこそ、ビジネス書や自伝・評伝を読んで他者の思考や行動のプロセスをたどる意味があります。


岸田周三

レストランはチームプレーなので、個々の力を伸ばすことが全体のレベルアップにつながる。


児玉光雄

人間には、自分をかき立ててくれる大きな要素として「成長欲求」がある。「仕事を通して自分が成長し続けているという手応えを感じ取りたい」と思う気持ちのこと。この成長欲求が異常に強いのが、トップクラスのアスリート。つまり、トップに上り詰めるには、これこそが不可欠の要素なのだ。


石見浩一

当社の人材育成の特色は自主的な研修制度でしょう。たとえば「TCIビジネススクール」という制度があって、会計や語学をはじめ、汎用的なビジネススキルを学びたいという社員が休日などを利用して自由にキャリア開発を図れるようになっています。社内外からスペシャリストを講師に招き、すでに50科目を超えるコースができています。


矢野博丈

努力は大切だけど、決して努力が万能ではないということも知っておかなければいけない。いくら努力してもダメなときはダメ。努力ですべてが解決すると思うのはおこがましいこと。


マイケル・ポーター

CSR活動を宣伝と考えている限り、様々な取り組みに手を出して結果を出せないままに終わってしまいます。何をすれば本当に変化を生み出すことができるのか、そのことを考えなければなりません。


湯浅和夫

いまは「つくったものを売る」時代ではなく、「売れているものをつくる」時代なのだという認識をトップ以下、全社で共有することが重要です。


峯島忠昭

不動産投資のポイントは、「具体的な目標設定」「勉強して学んだ不動産投資手法」「優良物件を見つけたらすぐに買い入れするスピード」です。そのポイントをふまえたうえで必要になってくるコミュニケーション能力も大事。結局は人と人とのつき合いですから。


島津義秀

己にさえ負けなければ、人は間違った方向にはいかない。


中村貞裕

ブームで終わらず、スタイルとして定着しそうなものを探すことが一番望ましい。