五十嵐幹の名言

五十嵐幹のプロフィール

五十嵐幹、いがらし・みき。日本の経営者。マーケティング・リサーチ会社「クロス・マーケティング」社長。東京出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、ベンチャーキャピタル「日本アジア投資」に入社。ベンチャーキャピタリストとして活動したのち、「ロンドベルテクノロジー」を経てクロス・マーケティングを設立。

五十嵐幹の名言 一覧

1つのゴールを目指して頑張ると、一体感が生まれる。


創業期はなるべく社員と一緒に仕事をするよう心がけました。一緒に仕事をすることにより、自分の考えていることや働き方が伝わっていくからです。


ベンチャーキャピタルにいたときに、約1000人の経営者と会いました。一番印象に残った経営者は誰かと聞かれますが、実はまだ結論が出ていません。なぜなら、やはり成功の法則は人それぞれだと感じたからです。自分の強みを活かしながら、着実に進んでいく方が成功していると思います。


五十嵐幹の経歴・略歴

五十嵐幹、いがらし・みき。日本の経営者。マーケティング・リサーチ会社「クロス・マーケティング」社長。東京出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、ベンチャーキャピタル「日本アジア投資」に入社。ベンチャーキャピタリストとして活動したのち、「ロンドベルテクノロジー」を経てクロス・マーケティングを設立。

他の記事も読んでみる

川野幸夫

当社は90年代前半、業績が減速した時期がある。いま原因を振り返ってみると、ゆでガエルになっていたんだなと思う。80年代は競争はきつくなく、さほど品揃えの個性を打ち出さなくても、何となく業績を上げられた。しかしその間に想像以上に消費者の好みは高度化し、商品を選ぶ目は肥えていたのに、対応できていなかった。94年頃、やっと気がついて、「我々は何屋になるのか」を明確にした。当社が「ライフスタイル商品」と呼んでいる生鮮品と総菜の品揃えの魅力で来店してもらう食品スーパーを目指したのだ。その後、業績は堅調ではあるが、だからこそ「ゆでガエルになっていないか」と常に自分たちに問いかけている。


小堺一機

もちろん、ある種の向上心は必要だと思いますけど、「頑張っているのに、こんなはずじゃない」「正当に評価されていない」というのは自惚れだと思うんですよ。そのうち嫉妬に変わって、「あいつが評価されて、なんで俺は?」と周囲に漏らし始めたら、危ない。自惚れや向上心をエネルギーにしていくのはいいけど、囚われちゃったらそれ以上前に進めなくなります。もしあなた自身が悩んでいるなら肩の力を抜いて、向き合い方を変えてみて欲しい。


市村清

敗戦という厳しい現実の前にこそ、私たちは愛情を持って団結してゆかねばならないと思う。店の名を三愛としたのも、「人を愛し、国を愛し、勤めを愛する」という人道的なスローガンを示しているのです。ぜひ協力を願いたい。
【覚書き|戦後焼けてしまった銀座に、のちにアパレルメーカーとなる小売店「三愛」を立ち上げた当時銀行に協力要請をした発言。三愛精神は氏の経営哲学でもある】


トマス・エジソン

もし両親が、子供の心の中に「情熱」を残してあげることができたら、それは貴重な財産になるに違いない。


竹田恒泰

日の丸を背負ってする仕事の究極の例が、戦後満州からシベリアに抑留された日本人の強制労働でしょう。私が見たのは、旧ソ連のウズベキスタンにいまも残るナヴォイ劇場です。作業に従事した500人の日本人のうち、60人が事故で亡くなるという苛酷な環境の中で、彼らはいっさい手を抜かずに仕事をしました。強制労働であるにもかかわらずです。1966年に大地震が起きたとき、唯一倒壊せずに残ったのがこのナヴォイ劇場だったと言われています。


ニーチェ

仕事が自分を強くする。


遠藤友則

ACミランに行った当初、雑用しか回ってきませんでした。そのとき私を支えたのは「日本人として恥ずかしくない仕事を」という言葉。海外に出ると嫌でも日本代表として見られる。すぐ腐るようなみっともない姿は見せられないと。雑用でも目の前の仕事を誰より高いレベルでこなそうとやり抜いた。結果、3年目でトップチームのトレーナーになれました。


篠原あかね

接待で注意していただきたいのは、ムリに面白いネタを披露して笑わせる必要はないということです。大事なのは、相手に心地よい時間を過ごしてもらうこと。できるだけ相手に話してもらうように仕向け、しゃべるのは相手と自分で7:3くらいの割合がちょうどよいでしょう。


孫正義

僕は戦略としては、自らがそういうプレーヤー(ソフト開発事業者)になるというよりは、インフラを押さえたいと。利は薄いかもしれないけれども、そのほうが浅く、広く、長くやっていける。しかも、圧倒的地位になれば、業界の成長にほぼ正比例して伸びていける。こういうことを思ったわけです。だから戦略を社名にまでコミットして、”ソフト何とかテクノロジー”とかじゃなくて「ソフトバンク」とつけたんです。途中で気持ちが揺れないように。


鎌田恭幸

いい投資とは学びや気づきによって価値観や働き方が変わり、人格を磨くもの。


西田文郎

人間は、自分の将来について「肯定的な錯覚をしている人」「否定的な錯覚をしている人」のふたつに分かれます。長年にわたって、経営者やビジネスマンの能力開発に携わってきた経験からいうと、一代で上場企業をつくったような成功者は、ほぼ例外なく肯定的な錯覚をしています。常識考えて無理だと思うようなことも、「俺ならできる」と思い込んで本当に実現してしまいます。また、失敗も失敗と思わないのです。


植木義晴

パイロット時代、海外でのステイの際に、自分の部屋で睡眠をとってもいいのですが、時差の関係で夜中に目が覚めてしまうこともあり、よく機長の部屋に集まりました。ベテラン機長は、たいがい雑談のプロでした。いまでも彼らが話してくれた経験談が役立っています。いわば耳学問ですが、そういう場で教えてもらったことは一生忘れません。


大島武(学者)

どんな人でも周囲の評価や承認を常に求めているもの。それが「おだて」になっても、褒めてもらいたいと思っている人を褒めるのは大いにアリです。


前田新造

販売第一線の人間は、売り場のどこに導線があるのか、什器のゴールデンラインにどう陳列すればいいのか、POPの作り方から売り場の体制に至るまで、優れたノウハウやヒントを持っています。それらを学びとる機会は、本社スタッフにとっては「応援」ではなく「学習」です。実際に見て、触れて、体で学んだことは、必ず次の企画の肥やしになります。私自身もよく店頭に足を運んでいます。


高橋がなり

僕は嫌な上司になりきれないので、社員には申し訳ないと思っています。上司は理不尽にならないといけないんです。そうすると部下たちは、結果を出さなければならないということを体で知って、プロに育っていけるからです。何につけて理由をちゃんと聞いてあげると、部下はどんどん甘えるようになる。これを僕は弱者の連鎖反応と呼んでいます。かといって、理不尽だけでは駄目で、嫌われながらも慕われる上司にならなくてはいけない。「このオヤジ、理不尽だけど、才能が圧倒的に違うわ」と。


ページの先頭へ