名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

五十嵐大介の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

五十嵐大介のプロフィール

五十嵐大介、いがらし・だいすけ。日本の漫画家。埼玉県出身。多摩美術大学美術学部絵画学科卒業後、本格的に漫画を描きはじめ、アフタヌーン四季大賞を受賞しデビュー。漫画雑誌『月刊アフタヌーン』で『はなしっぱなし』で連載を開始。その後、『魔女』で文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞、『海獣の子供』で日本漫画家協会賞優秀賞を受賞。

五十嵐大介の名言 一覧

感想を送ってくださる方がいて、自分が描きたかったことが伝わっているとすごく嬉しい。


自分だけがわかる感じじゃなくて、自分が面白いと思っていることを、他の人にも面白いと、ちゃんと伝えられるように描けるかどうか。


自分は自分の出来ることしかできないんですけど、それが漫画の幅のひとつになってくれていれば少しは貢献できるのかなっていうのはありますね。


自分の漫画みたいな漫画だと、女の子が可愛くなきゃ誰にも読んでもらえないだろうという危機感から(女の子は)一生懸命描いています。
【覚え書き|可愛い女の子を描きますねと言われてのコメント】


批判のための批判や否定的な意見に関しては見ないようにしています。僕は心が弱いので批判をバネにできないで、引きずられちゃうんです。考えすぎて身動きとれない状態に戻りたくないんですね。気持ちが前向きじゃないと足が止まってしまいます。だから、気持ちが暗くなるだけの意見を読んでも仕方がないだろうと思っています。少なくともいまは勢いにまかせて描くのがいいと思っているんです。


はじめての連載の頃というのは、心も頭も固かったですね。自分の漫画はこうであるべきだと決めつけすぎていて、それもはじめは描くための動機になったのですが、次第にそれによって自縄自縛のような状況に陥りました。


最初の一コマが決まるまではダラダラと過ごしてしまうけれど、それさえ決まればワーッと描いて、月刊連載の締め切り直前には徹夜するという。ペースですね。漠然と考えていた案が集約されるのは、だいたいは外をブラブラしたり畑で草むしりをしたりというときですが、コマ割りに関しては白い紙を前にして「よし、やるぞ」とならなければ決まりません。


都会で漫画を描いていた頃には、つい、いわゆる有名人ばかりをすごいと思ってしまいがちだったけれども、すごい人生というのはいくらでもあるのだなと感じましたね。よく考えてみたら当たり前のことだけれども、それまでは深いところでは実感できていなかった。かつてこだわっていたさまざまなことも「小さいものだったんだ」と捉え直せるようになりました。


大好きな漫画を描くと、もちろん発散にもなるけれども、同時にうまくいかない経験も蓄積されるものです。それではじめて連載を持った当時の僕は、自分の目標にしている水準に至っていないという不満も、編集に意見が通らないという鬱屈もためてしまった。当時は仕事のほかに人間関係もなかったから、余計に視野がせまくなって編集者を恨んだりして……。振り返れば、本当にせまい価値観の中で生きていたんだなぁと思います。


僕が大学生のとき(90年代)、漫画って表現の「トップランナー」感がすごく出ていた。その感じをどんどん更新していかないと、そうじゃなくなっていっちゃうという怖さがある。


雰囲気みたいな「空気感」みたいなのが出ればいいと思っているので、きっちりちゃんと正確に描こうとは思ってない。そういうことにとらわれないで、いろんな発想が出てこないかなと考えながらやっています。


五十嵐大介の経歴・略歴

五十嵐大介、いがらし・だいすけ。日本の漫画家。埼玉県出身。多摩美術大学美術学部絵画学科卒業後、本格的に漫画を描きはじめ、アフタヌーン四季大賞を受賞しデビュー。漫画雑誌『月刊アフタヌーン』で『はなしっぱなし』で連載を開始。その後、『魔女』で文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞、『海獣の子供』で日本漫画家協会賞優秀賞を受賞。

他の記事も読んでみる

鈴木馬左也

わしは住友で外国貿易ができるような人材をひとりも養成していなかった。いま急にこの道の先輩三井物産の真似をしても失敗するのがオチだから許さないのだ。
【覚書き|第一次大戦中の爆発的な好景気に住友だけ商事部門をつくらない理由について語った言葉。大戦が終了し大不況が訪れたが、多くの商事会社が倒産するも住友はダメージを受けなかった】


伊佐山元

知恵やセンスがあっても、レイヤー(役職の階層)が多すぎて潰されてしまいます。たとえば現場の課長から余計なことをするなといわれたり、予算がないからと押さえつけられてしまう。いま私たちがやろうとしているのは、そのレイヤーを取り除いて、駆け込み寺になってあげることです。


坂本孝

人間にとって一番大事なのは「正直さ」。これが失敗から得た最大の教訓です。一度でもウソをつくと、そのうち「商売のため」「営業成績のため」と理由をつけて、どんどんウソをつくクセがつきます。バレていないつもりでも、他人にはすぐわかります。そして、信用を失います。そのことを私は、自分の体験からも、人の失敗談からも学びました。


浜口隆則

自由を「何でもOKなフリーダムな世界」とイメージする人は、独立の心構えがまだできていません。すべてを自分で決められるということは、逆に言えば、何の指示も方向性も与えてもらえないということでもあります。ある程度の制約があるほうが仕事を進めやすいというタイプの人もいますし、何より、経営者の自由には責任がともなうので、そこをしっかり考えておくべきです。


茂木健一郎

ビジネスマンにとって必要な資質とはなんでしょう。受験時代までは記憶力が重視されてきました。多くの知識を詰め込み、必要に応じて引き出していく能力です。しかし、いまの時代、単なる情報ならコンピュータで検索収集できます。問題は、いかにして、その集めた情報をアウトプットしていけるか。どれだけそこに新たな付加価値を付け加えられるか。創造性がかつてないほど必要とされる時代になってきました。


杉山大二郎

失敗は確かに痛手ですが、そこからの学びは成長への一番の近道です。


坂根正弘

何かを犠牲にしてでも、競争相手が5年は追いつけないような特色を織り込めと開発に言ったのです。原価を10%下げそのコストの余裕を商品価値アップに使うようにとも言いました。環境、安全、IT、それからコスト。4つのキーワードを挙げて、そのなかで何か特色を持った商品を作るようチャレンジさせる。そして出来上がったものがダントツ商品なのです。


兼元謙任

やり続けることに意味がある。だから、自分で駄目だと見切りをつけない方がいい。真剣に取り組まず、やるべきことをやらなくて結果が駄目なら後悔しか残らない。


杉山健二

上司は部下を成長させることが仕事なのですから、とりわけ行動力が求められるのは言うまでもありません。


立石豊

各種部活やペーロン(ボート競技)大会、年末の大忘年会などいろいろありますが、中でも一大イベントが毎年の海外社員旅行。もちろん社員の負担はゼロで、お小遣いすら支給します。原則全員参加で「参加しないとクビ」と言っているくらいです。今年はベトナムのダナンに行ったのですが、社員全員をチームに分けてプライベートビーチで大運動会を行ないました。こうしたイベントは、自分の部署以外の人と人間関係を作る絶好の機会です。社内での人間関係か広がれば、困ったときに他部署の人に聞いたり、手伝ってもらったりすることも可能になる。これもまた、仕事の効率化につながるのです。


松下幸之助

ほかの企業は諦めて撤退しましたが、松下はやめなかった。諦めた者と諦めなかった者との差が出ているだけ。


田宮俊作

アメリカのプラモデルメーカーがなぜだめになったかというと、創業者が会社を売ってしまうからなんですね。新しい社長は新しい開発については知識があまりありませんから、アメリカのプラモデルメーカーは面白い製品ができないんです。私の場合、父親もそうでしたが、儲けは後からついてくるという考え方なんです。