名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

五十嵐大介の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

五十嵐大介のプロフィール

五十嵐大介、いがらし・だいすけ。日本の漫画家。埼玉県出身。多摩美術大学美術学部絵画学科卒業後、本格的に漫画を描きはじめ、アフタヌーン四季大賞を受賞しデビュー。漫画雑誌『月刊アフタヌーン』で『はなしっぱなし』で連載を開始。その後、『魔女』で文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞、『海獣の子供』で日本漫画家協会賞優秀賞を受賞。

五十嵐大介の名言 一覧

感想を送ってくださる方がいて、自分が描きたかったことが伝わっているとすごく嬉しい。


自分だけがわかる感じじゃなくて、自分が面白いと思っていることを、他の人にも面白いと、ちゃんと伝えられるように描けるかどうか。


自分は自分の出来ることしかできないんですけど、それが漫画の幅のひとつになってくれていれば少しは貢献できるのかなっていうのはありますね。


自分の漫画みたいな漫画だと、女の子が可愛くなきゃ誰にも読んでもらえないだろうという危機感から(女の子は)一生懸命描いています。
【覚え書き|可愛い女の子を描きますねと言われてのコメント】


批判のための批判や否定的な意見に関しては見ないようにしています。僕は心が弱いので批判をバネにできないで、引きずられちゃうんです。考えすぎて身動きとれない状態に戻りたくないんですね。気持ちが前向きじゃないと足が止まってしまいます。だから、気持ちが暗くなるだけの意見を読んでも仕方がないだろうと思っています。少なくともいまは勢いにまかせて描くのがいいと思っているんです。


はじめての連載の頃というのは、心も頭も固かったですね。自分の漫画はこうであるべきだと決めつけすぎていて、それもはじめは描くための動機になったのですが、次第にそれによって自縄自縛のような状況に陥りました。


最初の一コマが決まるまではダラダラと過ごしてしまうけれど、それさえ決まればワーッと描いて、月刊連載の締め切り直前には徹夜するという。ペースですね。漠然と考えていた案が集約されるのは、だいたいは外をブラブラしたり畑で草むしりをしたりというときですが、コマ割りに関しては白い紙を前にして「よし、やるぞ」とならなければ決まりません。


都会で漫画を描いていた頃には、つい、いわゆる有名人ばかりをすごいと思ってしまいがちだったけれども、すごい人生というのはいくらでもあるのだなと感じましたね。よく考えてみたら当たり前のことだけれども、それまでは深いところでは実感できていなかった。かつてこだわっていたさまざまなことも「小さいものだったんだ」と捉え直せるようになりました。


大好きな漫画を描くと、もちろん発散にもなるけれども、同時にうまくいかない経験も蓄積されるものです。それではじめて連載を持った当時の僕は、自分の目標にしている水準に至っていないという不満も、編集に意見が通らないという鬱屈もためてしまった。当時は仕事のほかに人間関係もなかったから、余計に視野がせまくなって編集者を恨んだりして……。振り返れば、本当にせまい価値観の中で生きていたんだなぁと思います。


僕が大学生のとき(90年代)、漫画って表現の「トップランナー」感がすごく出ていた。その感じをどんどん更新していかないと、そうじゃなくなっていっちゃうという怖さがある。


雰囲気みたいな「空気感」みたいなのが出ればいいと思っているので、きっちりちゃんと正確に描こうとは思ってない。そういうことにとらわれないで、いろんな発想が出てこないかなと考えながらやっています。


五十嵐大介の経歴・略歴

五十嵐大介、いがらし・だいすけ。日本の漫画家。埼玉県出身。多摩美術大学美術学部絵画学科卒業後、本格的に漫画を描きはじめ、アフタヌーン四季大賞を受賞しデビュー。漫画雑誌『月刊アフタヌーン』で『はなしっぱなし』で連載を開始。その後、『魔女』で文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞、『海獣の子供』で日本漫画家協会賞優秀賞を受賞。

他の記事も読んでみる

大嶋啓介

いつも大声を出して朝礼をやっているので、「てっぺん」には元気のいい活発なメンバーばかり集まってくると皆さん思われるらしいんです。だけど実際には、自分に自信がなくて話すのもすごく苦手、というような子たちが多いんですよ。それが、毎日やっているうちに変わっていくんです。


清水喜彦

自分で営業をやったことがある人はきっとわかりますが、お客様は最初から自分が求めていることを言ってくれるわけではありません。場合によっては、何が欲しいのかご自身でもわかっていないかもしれません。最初から「コンピューターで打ち込んでください」では教えてくれるはずがありません。そのことを各支店に行った時には全員に話しています。


外村仁

もちろんお金はとても重要な要素です。給料やストックオプションが優秀な人材を採用するうえで欠かせないのはいまも変わっていません。しかし、それだけでは違いを出すのが難しくなってきたのです。仮に給料を10%上げたとしても、エンジニアにとっては恐らく1%ほどの違いにしか、見えないと思います。それだけ売り手市場であるということです。であるなら、お金以外の面で、「この会社にいてよかった」「この会社は俺を大事にしてくれる」「同じ条件だったらここで働きたい」と感じてもらえる環境を用意しなければ、優秀な人材は残りません。


南原竜樹

今でも、基本的に金には関心がない。儲かろうと思って事業を始めたこともない。すべて楽しいから、面白そうだからやってきたまでです。


川島永嗣

僕はゴールキーパーなので、チームがピンチになったときが、自分の仕事をすべきとき。ピンチを自分の力で跳ね返して初めて、チームを助け、勝利に貢献できる。


松井忠三

私の感覚では、大きな挫折を経験することなく、大事に育てられてエリートコースを上がってきた経営者はすぐにダメになってしまう。逆境でも腐らずに結果を出してきた経験が、物事の本質を見抜く力になると信じている。


平井伯昌

他国のコーチとの会話も、貴重な情報交換の場。海外のコーチは私によく話しかけてくれます。相手は技術や練習方法などを質問してきますし、私も外国人選手の練習を見ながら、その意味を質問したりします。相手が教えてくれるのは、私が情報を提供しているからです。


イェンス・ブテナント

当社のような第三者認証機関が関わることによって、不幸な事故が起きる可能性を減らすことができるでしょう。私たちの使命は、安全・品質基準への適合性を審査することによって製品の事故をなくし、安全で暮らしやすい社会づくりに貢献することです。


美崎栄一郎

予想よりも時間がかかったときのことを考え、あえて予定を入れない日も作り、余裕を設けることも大事です。


山久瀬洋二

英語はツールに過ぎず、それをどう使うかをきちんと押さえておけばビジネス会話は成り立ちます。必要になってくるのは、業種特有の専門用語を覚えることくらいでしょう。


鈴木雅哉(経営者)

間接資材の国内市場規模は5兆円とも言われていますから、シェアは1%程度にすぎません。競合があまり手掛けていないブルーオーシャンを、切り開いている感覚ですね。


橘フクシマ咲江

柔らかな表現を重視しがちな日本人のチームが、ハッキリ物を言う外国籍人材に戸惑いを覚える、といったケースはよく見られます。こうした衝突は避けるべきものではありません。その物言いが起爆剤になり、それまでなかったアイデアが出てくることがあるからです。