五十嵐大介の名言

五十嵐大介のプロフィール

五十嵐大介、いがらし・だいすけ。日本の漫画家。埼玉県出身。多摩美術大学美術学部絵画学科卒業後、本格的に漫画を描きはじめ、アフタヌーン四季大賞を受賞しデビュー。漫画雑誌『月刊アフタヌーン』で『はなしっぱなし』で連載を開始。その後、『魔女』で文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞、『海獣の子供』で日本漫画家協会賞優秀賞を受賞。

五十嵐大介の名言 一覧

自分だけがわかる感じじゃなくて、自分が面白いと思っていることを、他の人にも面白いと、ちゃんと伝えられるように描けるかどうか。


感想を送ってくださる方がいて、自分が描きたかったことが伝わっているとすごく嬉しい。


自分は自分の出来ることしかできないんですけど、それが漫画の幅のひとつになってくれていれば少しは貢献できるのかなっていうのはありますね。


自分の漫画みたいな漫画だと、女の子が可愛くなきゃ誰にも読んでもらえないだろうという危機感から(女の子は)一生懸命描いています。
【覚え書き|可愛い女の子を描きますねと言われてのコメント】


批判のための批判や否定的な意見に関しては見ないようにしています。僕は心が弱いので批判をバネにできないで、引きずられちゃうんです。考えすぎて身動きとれない状態に戻りたくないんですね。気持ちが前向きじゃないと足が止まってしまいます。だから、気持ちが暗くなるだけの意見を読んでも仕方がないだろうと思っています。少なくともいまは勢いにまかせて描くのがいいと思っているんです。


はじめての連載の頃というのは、心も頭も固かったですね。自分の漫画はこうであるべきだと決めつけすぎていて、それもはじめは描くための動機になったのですが、次第にそれによって自縄自縛のような状況に陥りました。


最初の一コマが決まるまではダラダラと過ごしてしまうけれど、それさえ決まればワーッと描いて、月刊連載の締め切り直前には徹夜するという。ペースですね。漠然と考えていた案が集約されるのは、だいたいは外をブラブラしたり畑で草むしりをしたりというときですが、コマ割りに関しては白い紙を前にして「よし、やるぞ」とならなければ決まりません。


都会で漫画を描いていた頃には、つい、いわゆる有名人ばかりをすごいと思ってしまいがちだったけれども、すごい人生というのはいくらでもあるのだなと感じましたね。よく考えてみたら当たり前のことだけれども、それまでは深いところでは実感できていなかった。かつてこだわっていたさまざまなことも「小さいものだったんだ」と捉え直せるようになりました。


大好きな漫画を描くと、もちろん発散にもなるけれども、同時にうまくいかない経験も蓄積されるものです。それではじめて連載を持った当時の僕は、自分の目標にしている水準に至っていないという不満も、編集に意見が通らないという鬱屈もためてしまった。当時は仕事のほかに人間関係もなかったから、余計に視野がせまくなって編集者を恨んだりして……。振り返れば、本当にせまい価値観の中で生きていたんだなぁと思います。


僕が大学生のとき(90年代)、漫画って表現の「トップランナー」感がすごく出ていた。その感じをどんどん更新していかないと、そうじゃなくなっていっちゃうという怖さがある。


雰囲気みたいな「空気感」みたいなのが出ればいいと思っているので、きっちりちゃんと正確に描こうとは思ってない。そういうことにとらわれないで、いろんな発想が出てこないかなと考えながらやっています。


五十嵐大介の経歴・略歴

五十嵐大介、いがらし・だいすけ。日本の漫画家。埼玉県出身。多摩美術大学美術学部絵画学科卒業後、本格的に漫画を描きはじめ、アフタヌーン四季大賞を受賞しデビュー。漫画雑誌『月刊アフタヌーン』で『はなしっぱなし』で連載を開始。その後、『魔女』で文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞、『海獣の子供』で日本漫画家協会賞優秀賞を受賞。

他の記事も読んでみる

倉本聰

ガッツ石松さんを見ろ。北の国からに出演した時、セリフが棒読みでどうしようかなと思ったよ。だけど、本人はすごく一生懸命に取り組んだ。すると、いつしかぶっきらぼうな、棒読みだったセリフに味が出てきたんだよ。あまりにもまっすぐにコツコツ積み上げていくと、その不器用が武器になるんだなぁ。だから、おまえも「俺は不器用だから」と諦めたらダメだよ。


本田有明

上司がちょっとしたことで会話を増やすよう努力することは、組織をメンテナンスし、パフォーマンスを引き上げるうえでとても有効です。


清水喜彦

自分で営業をやったことがある人はきっとわかりますが、お客様は最初から自分が求めていることを言ってくれるわけではありません。場合によっては、何が欲しいのかご自身でもわかっていないかもしれません。最初から「コンピューターで打ち込んでください」では教えてくれるはずがありません。そのことを各支店に行った時には全員に話しています。


森川亮

大企業では肩書や権限が大事で、それがないとなかなか人は動かない。裏を返せば、肩書や権限さえあれば、その人がたとえ無能でも、部下は表面的には従うわけです。しかしベンチャー企業では、人は肩書きや権限では動かず、マインドで動く。そして成果重視です。


島田裕巳

グローバル化が進んだ今は、互いの宗教的なしきたりの違いがより鮮明に意識されるようになっています。だからこそ、その違いを尊重し、問題を起こさないように住み分けるという考えが一般的になっています。グローバル化とは、世界の誰もが同じ基準やしきたりに則って行動することではない、ということです。


小山昇

私が社長に就いた当初、武蔵野はやる気のない社員だらけでした。真面目に仕事に取り組まず、いかにサボるかを考えてばかり。環境整備は彼らがきちんと仕事をして、私がチェックするための仕組みとして始めました。ただの掃除は社員が自発的に動くのを待つボランティアだけど、環境整備は仕事の一環として給料を払い、イヤでも社員に強制させるものです。


古木大咲

資金集めと言う点では上場のメリットはあまりありません。最大の狙いは優秀な人材の確保と成長のための信用力の強化でした。「オンライン上でできる不動産経営」を掲げる当社のビジネスモデルに重要なシステムエンジニアの確保において、大きな効果があると思います。上場以降は業界トップクラスのエンジニアが雇用できるようになりました。


服部真二

セイコーの創業者、服部金太郎が日ごろ口にしていたのが「急ぐな、休むな、一歩前進」という言葉です。急ぐなというのは焦らずじっくりと、休むなというのは着実に進めということだと理解しています。一歩前進というのは、つねにお客さま目線で着実に一歩ずつ前進しようということ。


米山公啓

脳は年齢に関係なく、変化していきます。だから年を取っても一番強いのは、生涯現役という自覚を持つ人たちです。


遠藤功

小さな予算しかもらえない仕事でも私は手を抜かなかった。時には、予算をはるかに超える数のコンサルタントを投入して、自分たちの仕事ぶりや能力をアピールした。そのうちそれまでに行った小さな仕事が評価され、大きな仕事に結びついた。


鈴木亜久里

方向性を決めるときは、スタッフの声にも耳を傾けます。これはすごく大事なこと。人の意見をいったんすべて取りこんで、ポイントを突いたコメントとそうでないコメントを選り分けたうえで、参考にできる意見を判断材料にしながら決断を下します。これができないと、現実とかけ離れた判断をしてしまうことになりますから。


マザー・テレサ

神にお仕えするためには、ごくありきたりな仕事を、できるだけ楽しく喜んで実行することです。


内藤忍

一人でやる仕事は、とくにスケジュールに書き込みませんが、原稿のプロットをつくったり、チェックするのは週末か朝晩の通勤時間中のバスや電車の中と決めています。通勤時間は45分と限られているので、降りるまでにこれをやってしまおうと決めると、細切れの時間でも、ものすごく集中できて効率がアップするんです。


迫俊亮

社長があちこちのお店に行って、現場の声を聞き、経営に生かしていく、というような動きだけでは会社は変わらない。これほど広いエリアに数百の店舗を持ち、1000人近い人が働いている会社を変えようと思うならば、そのための組織を作り上げなければいけない。経営アクションを着実に達成していけるチームを。


高倉豊

データを収集し、マーケティングに生かそうとしている企業は少なくない。しかし、私はデータベースマーケティングに懐疑的だ。データを元に論理的に考えていくことで可能になる施策もあるが、ロジカルに導き出した答えは、遅かれ早かれライバルもたどり着く。


ページの先頭へ