名言DB

9429 人 / 110879 名言

五十嵐和也(コンサルタント)の名言

twitter Facebook はてブ

五十嵐和也(コンサルタント)のプロフィール

五十嵐和也、いがらし・かずや。日本のコンサルタント、先生ビジネスプロデューサー。「エクスウィルパートナーズ」社長、「志師塾」塾長。兵庫県出身。神戸大学卒業、一橋大学商学研究科でMBAを取得。日本電気(NEC)を経てエクスウィルパートナーズを設立。

五十嵐和也(コンサルタント)の名言 一覧

「あなたでなければならない」となって、初めて単価も上げることが可能となる。誰でもできる業務なら、安いほうに頼むのは当然です。


士業の能力を分解すると、「受注力×満足獲得力」となると思います。資格を取り満足獲得力が高い人はとても多いのですが、それだけで顧客が獲得できると考えている人もまた、非常に多い。


コンセプト作りが不可欠です。ある弁理士は下請けの中小企業で働いた時期に特許を持たないはかりに元請けからいいように搾取された経験を生かし、中小企業の気持ちの分かる「中小企業専門」のコンセプトを確立。SNSで発信し共感した顧客を集めることに成功しています。参考にしてみてください。


開業した直後の事業者は狙い目ですが、なぜ士業を利用したほうがいいのかという「理由」が分からなければその事業者は獲得できません。すでに士業を利用している事業者の場合は、なぜあなたを利用すべきなのかという「理由」が明確でなければ、乗り換えることはないでしょう。ここをしっかり伝えることが肝要です。


気持ちが続かないのは、目的意識が希薄だから。選ばれる「理由」を明確にすることは、あなたの士業ビジネスの目的づくりにほかなりません。選ばれる理由づくりはどのようにすればいいか。「やりたいこと」「できること」「稼げること」を組み合わせるのです。自分の経験や能力を棚卸しして、「誰に」「何を」「どのように」提供し、どんな「結果」をもたらすのかを整理しておくコンセプトづくりが不可欠。


五十嵐和也(コンサルタント)の経歴・略歴

五十嵐和也、いがらし・かずや。日本のコンサルタント、先生ビジネスプロデューサー。「エクスウィルパートナーズ」社長、「志師塾」塾長。兵庫県出身。神戸大学卒業、一橋大学商学研究科でMBAを取得。日本電気(NEC)を経てエクスウィルパートナーズを設立。

他の記事も読んでみる

平本清

ピラミッド型の組織は、内部にクローズされた情報を何でもオープンにしていくことですごい合理化ができます。


梅森浩一

かつては自分の時間を犠牲にして仕事に取り組み姿勢も、評価の対象になっていました。いまならそんなパフォーマンスの悪い社員は、真っ先にクビ切りの対象です。8割の仕上がりでOKが出るのに、どうして10とか12まで完成度を引き上げる必要があるのか、私にはわかりません。


高城幸司

仕事のことなら躊躇なく話せる人も、自分のこととなると慎重になる人もいます。まず頭の中で言葉にするタイプの人です。しゃべり出しが遅い部下の場合、上司からしゃべってはいけません。部下が話し出すまで待つ。主役はあくまで部下です。


野村克也

「仲がいいか悪いか」で人選するような組織に属す者は、能力よりも処世術を磨くようになる。仕事ができる人間より、おべっかがうまい人間が重用されるようになるからな。それでは、勝負の世界で勝てるチームができるはずはない。


村西とおる

這いつくばっての人生にも意味がある。


和田眞治(和田真治)

確かにリスクはある。だが失敗のリスクがあるからこそやるべきだし、組んでみなければ新しいことには挑戦できない。


鄧小平

改革・開放には大きな肝っ玉が必要だ。正しいと思ったら大胆に試してみよ。


湯浅政明

好きという気持ちを、バカにされそうだから言えないとか、好きって言っても断られそうだから言えないとか考えた結果、言わずに呑み込んでしまうことって多いですよね。「言ったほうが、絶対面白くなるよ」って、背中を押すような作品にしたかったんです。


佐々木則夫(経営者)

打ち合わせや会議は1日20件前後です。1件にかかる時間は長くても30分で、5分で終わる場合も少なくありません。どうして即断即決ができるのかというと、自分の中に公式のようなものができているからでしょう。マネジメントというのは工学に通じるものがあり、答えがだいたい決まっています。あとは「X+Y=Z」というように組み合わせてスキームをつくり、そのスキームにおさまるのか、おさまらないのか、おさまらない場合はどのファクターが違うのか、と考えていくのです。


齋藤孝(教育学者)

日本の文豪といえば、真っ先に思い浮かぶのが夏目漱石だろう。だが漱石は、創作の世界に没入していたわけではない。自宅には連日のように来客があり、若い弟子たちも集まっていた。人一倍世間と向き合い続けた作家だったと言えるだろう。ただし、本人は人づき合いが好きではなかった。むしろ人嫌いで偏屈でかんしゃく持ち。それでも多くの人に慕われたのは、「社会の役に立とう」「日本文学の担い手を育てよう」と覚悟を決め、誰に対しても一生懸命に接したからだろう。