五十嵐光喜の名言

五十嵐光喜のプロフィール

五十嵐光喜、いがらし・こうき。日本の経営者。「Dropbox Japan(ドロップボックス・ジャパン)」社長。早稲田大学教育学部卒業後、東芝、Sybase、NetIQ、日本マイクロソフト業務執行役員コンシューマー&パートナーグループコミュニケーションパートナー営業統括本部統括部長、アップルジャパン法人営業本部長などを経てDropbox Japan社長に就任。

五十嵐光喜の名言 一覧

まずはどんな使い方ができるのか、我々が現場へ行き、お客様と一緒になって使い方を見つけたり、議論を進める活動に注力しています。


頑張り続けると心身ともにつらくなるので、休日は強制的に思考をストップさせています。また、風邪を引いたり、具合が悪いと思考もマイナスになりがちです。自分をいじめても何の解決策にもならないので、マイナス思考に陥らないよう、体調管理を心掛けています。


オンオフのメリハリをつけて、ワークライフバランスを整えています。平日は仕事に集中し、休日はゴルフや山登り、ジョギングなどデジタルから離れてアナログな生活を送っています。


働き方改革は仕事の中身を見ることが大切。たとえば、ファイルのダウンロードや送信中の待ち時間など、無駄と思う部分を削っていくことで、仕事の生産性は大きく向上するはず。


最も気を付けているのは、食事の量のコントロールです。間食はせず、ジュースも飲まない代わりに、朝昼晩しっかり食べています。暇だなと思うと食べてしまうので、忙しくしていることが一番のダイエット法です。また、休日も何もしないと逆に疲れてしまうので、何かしら活動しています。そう考えると、日々、忙しくしていることも健康法の1つかもしれません。


五十嵐光喜の経歴・略歴

五十嵐光喜、いがらし・こうき。日本の経営者。「Dropbox Japan(ドロップボックス・ジャパン)」社長。早稲田大学教育学部卒業後、東芝、Sybase、NetIQ、日本マイクロソフト業務執行役員コンシューマー&パートナーグループコミュニケーションパートナー営業統括本部統括部長、アップルジャパン法人営業本部長などを経てDropbox Japan社長に就任。

他の記事も読んでみる

吉田たかよし

集中しようと思うだけで、誰でも5分程度は集中することが可能です。ところが時間が経つと、思ったことを忘れてしまう。それでボーっとしたり、他のことを考えてしまったりするのです。それを防ぐためには、携帯電話のアラームを5分ごとに鳴るようにセットするという方法もあります。周囲の迷惑にならないよう、マナーモードにしておくといいでしょう。そのアラームが鳴るたびに、「集中するぞ」と気持ちを切り替えるわけです。単純ですが、有効な訓練になります。こうしたトレーニングを積むことで、自分の集中力をコントロールできるようになり、いずれはアラームの助けがなくても、集中力が維持できるようになるはずです。


伊藤由美

本性はちょっとした所作であらわになってしまいますから、うわべの姿だけでは通用しません。結局、常日頃から品性と品格を磨くことが大事。


角田秋生

私どもが大事にしているのは、学年を越すという概念です。最初は自分が分かるところから始めます。子供によっては、自分の学年より下の内容から始めるかもしれない。しかし、一歩一歩進めていくうちに、気がついたら自分の学年に追いつく。ここではまだ足りないんです。ここを追い越す。すると、初めての領域に入っていきます。そして、新しいことが目の前に来たときに、取り組もうという意志や挑戦意欲を持っている子供になるのです。


廣田尚子

幼少時代、友人や家族に何をプレゼントするか、どんなラッピングだったら喜んでもらえるか、などを考えることが好きでした。いま思えば、子供ながらにおもてなしを楽しんでいたんでしょうね。人を喜ばせるという意味では、デザインはプレゼントと同じです。昔から人が喜んでくれることをやりたかったんです。


青木仁志

「読む」ことは「書く」「話す」、そして「聞く」という力につながります。この4つのコミュニケーションスキルが高ければ高いほど、人の上に立つことができなすし、豊かな40代が迎えられます。


岩井俊憲

人間は自分の行動を自分で決められる。それがアドラー心理学でいう「自己決定性」です。人の目を気にするというのも同じ。気にする、気にしないを決めるのは自分次第。あなたがどんな行動を選択をするかで、変われるのです。


辰巳渚

仕事に限らず、何かを整理する場面では、必ず「捨てるかどうか」が問われます。けれども、「要るか要らないか」の判断は、これまでの人生で築き上げた価値観などが反映されるので正解がない。だから、皆さん迷うわけです。もちろん、捨てる手法の本を書いている私だって迷います。それだけ難しいのです。


加藤諦三

痛みという生理的現象でさえ、心の持ち方に大きく左右されます。同じ傷を負っても、同じように痛いのではありません。ハーバード大学の麻酔科のビーチャー教授は、治療が必要なほどの激痛の頻度を、第二次大戦で負傷した兵士と一般人の対応群とで比較しました。兵士は広範囲にわたって負傷していましたが、モルヒネを用いた治療を求めたのは32%だけでした。それに対し、一般人のほうでは83%でした。驚くべきことに、戦争での負傷者は、比較的、痛みから解放されていたのです。さらに注目に値するのは、負傷した兵士たちは楽観的で、陽気でさえあったということです。兵士は戦場から野戦病院に運び込まれています。絶望的に不安な地域から比較的安全な地域に運び込まれているわけです。彼らは、「災難は終わった」と考えていたのです。


水野操

これまでは、「優れたアイデアや技能はあるが、資金がなくて商品化やサービス化ができない」という中小企業やベンチャーは非常に多かった。ところが今は、3Dプリンターのように低価格でもの作りができる技術が次々と登場している。誰もが最新のテクノロジーに手が届くようになったことで、新規参入が進んだり、既存のメーカーとベンチャーが協業したりと、今までになかったビジネスを生み出すチャンスも増えるはず。


桑田真澄

目標を達成できたから偉いわけでもなく、達成できなかったからダメでもない。目標を立ててそこへ向かっていくというのは人生の喜び。


筒井康隆

昔、『最後の喫煙者』っていう、喫煙者が迫害される小説を書いたけど、だんだん現実が小説に近づいてきたね。僕はたとえタバコが1箱1万円になっても吸い続けますよ。最近、取材を受ける時は自宅にしてもらってるんです。外じゃ落ち着いてタバコが吸えないからね。マナーの悪い喫煙者も多いから仕方ないとは思うけれど、息苦しい世の中になってきましたね。


野路國夫(野路国夫)

経営は逃げずに、そして、ぶれないことが大事。


渡辺雅隆

読者の「知りたい」にこたえることが、私たちの新聞社としての責務です。そのためには質の高い記事をつくり続けなければいけない。社員には、「萎縮している場合ではありません」と声をかけ続けました。


ロベルト・シンヤシキ

良きライバル関係からは、良き友情が生まれます。友情は特別な性格を持った人間関係です。たとえば恋愛では多くの場合、パートナーに完璧さを求めがちですが、友情においては、相手の欠点を知っても、変わらずに好きだということがよくあります。相手の勝利を純粋に祝福し合える関係です。友情とは、「不完全さに対する寛大さの勝利」だと言えるでしょう。


役所広司

若いときは、「ちょっと違う」と撮影を止められて、悩んだこともありました。監督と演技プランのズレがあったり、共演者と上手く噛み合わなかったこともあります。そんなとき、譲れない部分があれば、徹底的に話し合いました。


ページの先頭へ