名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

五十嵐健の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

五十嵐健のプロフィール

五十嵐健、いがらし・たけし。日本のビジネストレーナー。東京出身。成蹊大学卒業後、商社に入社。その後、世界青年の船日本人代表、アタッカーズ・ビジネススクール責任者などを経て独立しサードプレイスを設立。プレゼンテーション、リーダーシップなどについて教えている。

五十嵐健の名言 一覧

プレゼンでは言葉と動きが一致していなければなりません。熱弁をふるいながらよそ見をしていたら、信用されるわけがありません。立ち居振る舞いが重要です。


プレゼンにおいて、真剣さを相手に伝えるには、自分の気持ちをきちんと言葉にすることは大前提として、そのほかに2つのことが必要です。「相手にいい印象を持ってもらい、聞く姿勢になってもらうこと」「言葉に嘘がないと信じてもらうこと」です。


プレゼンを苦手にする人が多いのは、フィードバックを十分にもらえていないからです。自分がどの程度できているのか、できていないのかがわからないから不安になっているのです。まずは自分のプレゼンでの立ち居振る舞いがいかに「できていない」かを自覚すること。そこから始めてみましょう。


立ち居振る舞いを少し改めただけで、同じ内容であっても、プレゼンの手ごたえは明らかに変わります。


私がプレゼンの研修を行うときは、まず受講生に短いプレゼンをやってもらい、連続写真で撮影します。動画ではなく、静止画を見せるところがポイントです。動画だと流れの中で見逃してしまう動きが、静止画だとはっきりとわかるからです。写真を見せ、皆の前で自分の「できていない点」を確認したうえで、2回目のプレゼンをしてもらうと、ガラリと立ち居振る舞いがよくなります。


ジェスチャーや立ち居振る舞いは、プレゼンにおいて「本気」を相手に伝えるための技術です。


五十嵐健の経歴・略歴

五十嵐健、いがらし・たけし。日本のビジネストレーナー。東京出身。成蹊大学卒業後、商社に入社。その後、世界青年の船日本人代表、アタッカーズ・ビジネススクール責任者などを経て独立しサードプレイスを設立。プレゼンテーション、リーダーシップなどについて教えている。

他の記事も読んでみる

長谷川博己

仕事などで悪いことが続いたとき心が折れてしまうのは、好きな気持ちが足りないのではないでしょうか。好きなものであれば、どこかに必ず喜びは見つけられます。


高橋俊介

因果関係のひとつひとつは証明できないような形ではあるが、ほかの人たちのためになる行動をとっている人は、困ったときや必要なとき、それらの人たちから何らかのサポートを受けていることが社会心理学の世界でも証明されている。


渡辺訓章(経営者)

2022年に当社は100周年の節目の年を迎えます。そこに向けて、大正11年に設立された時の趣旨や、「なぜ、丸の内という場所で飲食店を営むのか」、といったことを皆であらためて考え、社会に貢献できるような企業にしていきたい。


塚本隆史

時代の変革をきちんとキャッチし、従来から多少の揺らぎがあっても持続するものと、本当に変わっていくものとを見分けなければいけません。ノイズとシグナルを見分ける力が必要です。ノイズとは、いろんな事象が起きても実は本質的はあまり変わらない雑音のことで、シグナルとは、本当に大きなトレンドが変わっていく兆しのことです。


石黒浩

ある意味、ロボットや技術は、人間を理解するための道具でもあるわけです。人間は歴史上、新しい技術が生まれると、必ずロボットっぽいものをつくってきました。たとえば、スイスで時計の技術が発明された時、これで人間に似たものをつくろうとして、「オートマタ(機械人形)」がつくられました。


田中里沙

広告や広報は、人の良いところを見いだして世の中に広く知ってもらうことです。いわば、社会や人を応援していく立場。


辻野晃一郎

インターネットの世界では比較的低コストで新しいサービスを作っていけますが、思いついたらすぐに始めないと、他の誰かが始めてしまいます。「やるリスク」より「やらないリスク」の方が大きいのです。


谷原誠

無口な人や話し下手な人でも、その人が食いついてくる話題は必ずある。様々な話題を振って当たりをつけていくことも大事。


松岡修造

最初は、日記に自分のマイナスの感情もドンドン書いていけばいい。その結果、こういう状況になると、自分はこんな行動をとるのかと見えてくる。その傾向がわかれば、自分の心にどう対策をとればいいのかも判断できる。


日野原重明

国民の意識を変えるためには、上からお説教をするのではなく、実際に行動を起こして国民に見せることが大切。


ムーギー・キム(金武貴)

メディアの報道は往々にして、既得権益側を守るためのものが多い。これを知ることがメディアリテラシーの基本だ。官僚にしても有力議員にしても、ブラックジャーナリストから大手マスメディアまで懇意にしている記者がいるので、散々あることないことを流して既得権益への挑戦者をつぶしにかかる。逆に、官僚の言うことを聞き、おとなしくしている大臣は、政策通として祭り上げられ、すっかりからめ捕られてしまうのだ。


家次恒

パソコンが出てきてタイプライターがなくなったように、全く違うものが出てきて自分たちの技術が不要になってしまう。だからこそ、強迫観念みたいに研究開発をしないといけないのです。当たるかは分からないけれど、それがもう、僕らが一番にやってきたことです。