名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

五十嵐健の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

五十嵐健のプロフィール

五十嵐健、いがらし・たけし。日本のビジネストレーナー。東京出身。成蹊大学卒業後、商社に入社。その後、世界青年の船日本人代表、アタッカーズ・ビジネススクール責任者などを経て独立しサードプレイスを設立。プレゼンテーション、リーダーシップなどについて教えている。

五十嵐健の名言 一覧

プレゼンでは言葉と動きが一致していなければなりません。熱弁をふるいながらよそ見をしていたら、信用されるわけがありません。立ち居振る舞いが重要です。


プレゼンにおいて、真剣さを相手に伝えるには、自分の気持ちをきちんと言葉にすることは大前提として、そのほかに2つのことが必要です。「相手にいい印象を持ってもらい、聞く姿勢になってもらうこと」「言葉に嘘がないと信じてもらうこと」です。


プレゼンを苦手にする人が多いのは、フィードバックを十分にもらえていないからです。自分がどの程度できているのか、できていないのかがわからないから不安になっているのです。まずは自分のプレゼンでの立ち居振る舞いがいかに「できていない」かを自覚すること。そこから始めてみましょう。


立ち居振る舞いを少し改めただけで、同じ内容であっても、プレゼンの手ごたえは明らかに変わります。


私がプレゼンの研修を行うときは、まず受講生に短いプレゼンをやってもらい、連続写真で撮影します。動画ではなく、静止画を見せるところがポイントです。動画だと流れの中で見逃してしまう動きが、静止画だとはっきりとわかるからです。写真を見せ、皆の前で自分の「できていない点」を確認したうえで、2回目のプレゼンをしてもらうと、ガラリと立ち居振る舞いがよくなります。


ジェスチャーや立ち居振る舞いは、プレゼンにおいて「本気」を相手に伝えるための技術です。


五十嵐健の経歴・略歴

五十嵐健、いがらし・たけし。日本のビジネストレーナー。東京出身。成蹊大学卒業後、商社に入社。その後、世界青年の船日本人代表、アタッカーズ・ビジネススクール責任者などを経て独立しサードプレイスを設立。プレゼンテーション、リーダーシップなどについて教えている。

他の記事も読んでみる

佐々木かをり

精神的な面からいえば、「幸せになりたい度」が強い人ほど、時間管理が上手な気がします。私が手帳に行動計画を記入するのも、予定をギュウギュウに詰め込んで忙しくしたいからではなく、自分をハッピーにしてあげたいからなんです。


橋下徹

「変わる必要はない」「変わるつもりはない」と、いまの体制のままでいいという人はまだごまんといます。これを変えようと思ったら、相当気合が入ったメンバーが集まらないといけません。


高橋忠仁

理念を具体化する努力も忘れてはなりません。当社ではそれを顧客への技術支援という形で実践しています。我々は、顧客に対して、システムに基づいた提案や技術の提案などを無償で行っていたのです。共生という観点から、顧客への開発支援を惜しまない姿勢が貫けたからこそ実現できたのだといえます。


藤原和博

何か頼み事をしても、人は簡単に動きません。「他のことを差し置いてでも、それをやりたい」。そう思わせないと、人は動かないといっても過言ではありません。何かを頼む時には、相手から進んで手を挙げたくなるよう、話を進めることが不可欠。


宮内大介

世界で活躍するには、何よりも自分の価値観をしっかり持つ必要がある。経験に裏打ちされた感性が優れているかどうか、ということ。


柳井正

最近は金儲けの手段として事業をやる人が多すぎます。それでは一定のところまででお終いだし、自分が死んだら終わりです。


平山郁夫

いまのスポーツ選手は体格がいいのに昔ほど強くないのは、野放しにせずはじめから手とり足とり理屈で形を覚えさせるからでしょう。理屈には限界があって、その能力でしか力が出せないんです。絵でもそうです。知識で描くと個性的な主張がなくなります。


鈴木修

最大の問題は、人材の不足です。私たちの会社は、わき目も振らず、前を向いて走り続けてきた会社です。やはり、もっと早く人材を育てておくべきでした。たとえば、大卒の技術者といっても、一人前になるには12年から15年かかります。売上高1兆円のときに次の飛躍に備えた規模の採用をしておけば、いまは彼らが中核になっていたはずです。しかし、あのときは会社がこんなに大きくなるとはイメージしていなかった。経営者としての未熟さを反省するばかりです。


森下裕道

打ち解けやすい人とは、言い換えれば「感じのいい人」ともいえます。その感じのよさのもとは、「笑顔」「挨拶」「清潔感」「さわやかな受け答え」という4要素に大別できると私は考えています。いずれも簡単にできるように思えるかもしれませんが、これができる人は意外に少ないのです。


柴田昌治(コンサルタント)

典型的なのは、係長・課長クラスの斬新な発案を、部長クラスがやってもしょうがないと封じるケースです。常に現場にいる若手と、現場感覚をなくしてしまった管理者層の意識のズレが、議論のズレに発展するわけですが、違う考え方をお互い許容できないというところに反目の芽がある。


城山三郎

一日に一つでも、爽快だ、愉快だと思えることがあれば、自ら慰めることができるのではないか。これは私の造語なのだが、「一日一快」でよし、としなければ。


秋元久雄

新人を一人前にするには教育コストがかかる。社員として抱えれば固定費がかさむ。でも職人はうちの生命線だからね。ほかみたいにコスト下げるために切ってしまうと生き残れないよね。口で言うのは簡単だけれど、創業当初は2年目のやつが新人を何人も面倒みたりしてね。社員全員が必死だったよ。