五十嵐健の名言

五十嵐健のプロフィール

五十嵐健、いがらし・たけし。日本のビジネストレーナー。東京出身。成蹊大学卒業後、商社に入社。その後、世界青年の船日本人代表、アタッカーズ・ビジネススクール責任者などを経て独立しサードプレイスを設立。プレゼンテーション、リーダーシップなどについて教えている。

五十嵐健の名言 一覧

プレゼンでは言葉と動きが一致していなければなりません。熱弁をふるいながらよそ見をしていたら、信用されるわけがありません。立ち居振る舞いが重要です。


プレゼンにおいて、真剣さを相手に伝えるには、自分の気持ちをきちんと言葉にすることは大前提として、そのほかに2つのことが必要です。「相手にいい印象を持ってもらい、聞く姿勢になってもらうこと」「言葉に嘘がないと信じてもらうこと」です。


プレゼンを苦手にする人が多いのは、フィードバックを十分にもらえていないからです。自分がどの程度できているのか、できていないのかがわからないから不安になっているのです。まずは自分のプレゼンでの立ち居振る舞いがいかに「できていない」かを自覚すること。そこから始めてみましょう。


立ち居振る舞いを少し改めただけで、同じ内容であっても、プレゼンの手ごたえは明らかに変わります。


私がプレゼンの研修を行うときは、まず受講生に短いプレゼンをやってもらい、連続写真で撮影します。動画ではなく、静止画を見せるところがポイントです。動画だと流れの中で見逃してしまう動きが、静止画だとはっきりとわかるからです。写真を見せ、皆の前で自分の「できていない点」を確認したうえで、2回目のプレゼンをしてもらうと、ガラリと立ち居振る舞いがよくなります。


ジェスチャーや立ち居振る舞いは、プレゼンにおいて「本気」を相手に伝えるための技術です。


五十嵐健の経歴・略歴

五十嵐健、いがらし・たけし。日本のビジネストレーナー。東京出身。成蹊大学卒業後、商社に入社。その後、世界青年の船日本人代表、アタッカーズ・ビジネススクール責任者などを経て独立しサードプレイスを設立。プレゼンテーション、リーダーシップなどについて教えている。

他の記事も読んでみる

エラン・カッツ

どんな勉強も乗馬と同じで、最初は乗っては落ちるの繰り返しですが、「できそうだ」と自信がつくところまでいけば、後は学習のスピードが加速度的についてきます。メンタル面の壁を崩して自信をつけるところまでが、学習の過程で最も難しいところです。


田原総一朗

大切なのは、自分の感性に素直になること。視野を広げるとかにこだわらず、心のままにものを見ればいい。


喜多村円

「米国でもつと売れ」なんて投資家からよく言われますが、アフターサービス体制をつくる方が先なんだと言い続けてきました。もちろん急いでやっていますよ。でも、TOTOの商品を扱ったことのない代理店がいっぱいあるわけです。商品教育も十分にやらないといけない。十分な顧客対応の体制が作れない限りは新しい地域に打って出ないという方針は、投資家に何と言われようが変えません。


三木雄信

議事録で最も重要なのは、タスクリストです。「タスク」「アウトプット」「納期」「責任者」を明示します。一つのタスクについて必ず一人の責任者を記しましょう。


越智直正

良い商品を求めて、百貨店や専門店に足しげく通った時期がありました。どこそこに良い商品があると聞けば、飛んでいくのです。そして当時はガラスケースに収められていた商品を、店員さんにひとつひとつ出してもらい、実際に手にとり五感を総動員してその感触を確かめました。その商品の持つ風合いや繊維の復元力を確かめるには、体で覚えるのが一番です。


金井誠太

企画段階では、新型車にどんな技術を入れるかという「設計構想」を作ります。その策定にかかる前に、「競合車をしっかり調べたか」を確認するようにしたんです。ここは私はかなり頑張って、いろいろ無理をして入れてもらいました。もちろん、競合車を調べるのは当たり前のことですが、「そこで手を抜くな、3か月はベンチマークに没頭せよ」と。そのくらい競合車を勉強せずに、設計構想を作るなんて思い上がりだ。そんな思いが昔からずっとあったのです。モノを作る人間は唯我独尊になりがちで、量産に入る直前になって、よそのクルマにかなわない箇所に気がついて慌てる、なんてことも起こるのですよ。そうすると、売れないクルマを頑張って作ることになりかねない。


村田昭治

人は平均的であることに徹するのが一番楽であり、容易な生き方である。しかし、その壁を乗り越えてこそ、他の人とは異なった、より自分らしい専門的な領域を研ぎすますことが可能になる。


坂本春之

よく、緊張を解くために「肩の力を抜け」と言いますよね。緊張しているから身体がこわばるのではなく、身体がこわばるから緊張するということ。


井上明美

大切な場面で恥をかかないためだけでなく、真意を伝え、相手の真意を理解するためにも、正しい日本語を使えることが必要。


齋藤勇(齊藤勇)

話し手は会話を続けるかどうかを、聞き手の相づちで判断している。話し手があなたの癖に対してマイナス感情を持っていたとしても、相づちを使ってプラスに変えることは可能。相づちは効果絶大です。


羽鳥慎一

入社1、2年は何をやっても上手くいきませんでした。でも、心のどこかでチャンスが来ると信じていました。


吹越満

僕みたいないい加減なヤツが20年近く続けられたのは、信頼できるスタッフに恵まれたから。「やるよ」と言うと集まってくれるんです。その段階では僕自身「なにをやろうか」と見えていない状態。それでも信じてじっと待っていてくれる。うれしいですよね。僕が一番自分のことを信用していないのに。


小宮山栄

出張で旅客機に乗った社員が、ビン(座席上の荷物棚)の内側についている平面鏡に気づいた。その鏡は傷だらけで、ビンの奥のほうを見ることもできなかった。当社のFFミラーであれば、特殊プラスチック製なので傷つきにくいし、広角に見ることができる。航空機にうってつけだと考えた。
【覚書き|この後、同社の鏡がボーイングをはじめ多くの航空機メーカーで採用された】


川村隆

現在、日立は金融機関を除くと世界で売上高は38位、利益だと110位台で全然うれしくはない。利益で50位が当面の目標です。売上は日本の雇用拡大とい意味では非常に大事だが、いくら規模が大きくても簡単に倒産する。グローバルで競争力を持った企業になるためには、利益をちゃんと出して次への投資や研究開発ができることが一番大事だ。


押井守

僕は映画製作のシステムそのものに、大負けをしない仕掛けを組み込んだ。それは「他人と仕事をする」ということだ。他人という客観性を映画制作の現場に持ち込めば、独りよがりな作品に突っ走ることを彼らが防いでくれる。それに僕は優秀なやつとしか組まないから、僕がひとりで何もかも考えるよりずっと映画の質は高くなるのだ。


ページの先頭へ