名言DB

9419 人 / 110788 名言

五十嵐久也の名言

twitter Facebook はてブ

五十嵐久也のプロフィール

五十嵐久也、いがらし・ひさや。日本の経営者。「三井住友建設」社長、「芝浦工業大学」理事長。芝浦工業大学工学部建築学科卒業後、鹿島建設に入社。取締役、常務、顧問、三井住友建設社長、取締役相談役、芝浦工業大学理事長などを務めた。

五十嵐久也の名言 一覧

いかに優れた技術者でも、人との付き合い方ができないと、役に立たない。


改革は一つやれば、他のことも動いていく。逆に、一つできないと何もできない。


企業も学校も、ガバナンスによって方向性や形が決まる。その組織を形づくるのがガバナンス。


幅広い分野に興味、関心を持って好奇心を持ち続けられるようなことが大事。


中小企業の技術がなければ、大企業も力を発揮できない。


地道かもしれませんが、基礎的なものでも、発展が期待できそうな技術、これから芽が出てくるような事業に、産学官で取り組むことが大事。


本校が考えているのは、就職率ではなく、就職力です。どこでもいいから内定が取れればいいというならば、就職率で良いのですが、やはり「自分が行きたい会社に就職する」ことが大事です。自分が進みたい道、本校で学んだことを生かしていける企業に就職していけるようにしなければなりません。そのためのキャリアサポートなどには力を入れています。


昨年、本学の機械工学科准教授の山西陽子さんが「針なし注射器」の開発に成功しました。彼女がコツコツ進めていた研究が認められた形です。研究というのは地道なものです。大学としては、そうした研究者をサポートし、環境を整えることが大事だと考えています。


大学も経営です。企業は利益を上げなければ成り立ちませんが、学校はそうではないという人もいます。しかし私は、学校経営も財務がしっかりしていなければ成り立たないと考えています。優秀な先生や、研究施設など、学生の教育にとって必要なものを揃えるためにも大事なことです。


五十嵐久也の経歴・略歴

五十嵐久也、いがらし・ひさや。日本の経営者。「三井住友建設」社長、「芝浦工業大学」理事長。芝浦工業大学工学部建築学科卒業後、鹿島建設に入社。取締役、常務、顧問、三井住友建設社長、取締役相談役、芝浦工業大学理事長などを務めた。

他の記事も読んでみる

田中健二(経営者)

日本の価値観で考えないようにしてほしい。あくまでも異文化コミュニケーションだという認識が必要。


朝倉孝景(朝倉敏景)

身分が良いからといって、衣裳も上等のものを着ける者は、国内の派手な風習にうごかされて、人目につく場所へそんな身なりでは出にくいと考え、仮病を使って最初の年は出仕せず、またその翌年も出仕しなくなって、後には朝倉家へ真心をもって仕える者も少なくなるから、皆粗衣に甘んずることができるようにしなくてはならない。


小笹芳央

現象の表層だけを見て判断を下してはいけない。まずは「待てよ」と立ち止まって、考えてみることが必要。


後藤忠治

いかに選手がその練習方法に納得して練習をするか。そういった気持ちになるような説得力のある指導をできるかどうか。そこに指導者の資質が求められる。


河瀬和幸

伝統文化の世界では「守破離」と言い、きちんと基本の型をしっかり練習することからスタートします。まずは話し上手で魅力的な人を見つけ、「心の師匠」にしましょう。対象は身の回りの人でも、芸人さんなどの著名人でも構いません。ただし忘れてはならないのが、自分が好きになれるという点。好きな人なら「もっと観察してやろう、もっとそっくりにまねよう」という熱意が湧き、その分、上達も早くなるのです。


藤森義明

GEでは、自分の可能性を引き出したいという気持ちがなくなった瞬間、後ろからヒュッと追い越されていく、ある種の競争原理が働いていることがあります。だから、誰も気を緩めない集団が出来上がっています。緩んだら会社を去るしかありません。


土橋章宏

これからの時代、グローバル化が一段と進み、人生の選択肢も広がるでしょう。その時に備え、日本の因習にとらわれず、まずは自分を磨くことが大切。


ビリー・ビーン(球団経営者)

慣習でもおかしいと思うことは改める必要がある。


山本真司

重要なのに苦手な仕事というは、克服しようと力を注ぐのですが、成果は上がりにくく時間のムダでもあります。だからこの種の仕事の手を抜くと、時間の捻出効果が大きい。苦手な仕事なら完璧を目指さず取り組んでいいと思います。あえて苦手を克服しようとチャレンジするなら、ほかの得意な仕事で成果を上げたうえでやるべき。


高橋俊介

どんなに努力しても、それが時代の流れに沿ったものでなければ、世の中に受け入れられず、キャリア満足度の向上にはつながっていかないでしょう。逆に、「時代の半歩先」に向けての努力であれば、キャリア満足度向上につながる可能性が大いにあります。