名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

五十嵐久也の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

五十嵐久也のプロフィール

五十嵐久也、いがらし・ひさや。日本の経営者。「三井住友建設」社長、「芝浦工業大学」理事長。芝浦工業大学工学部建築学科卒業後、鹿島建設に入社。取締役、常務、顧問、三井住友建設社長、取締役相談役、芝浦工業大学理事長などを務めた。

五十嵐久也の名言 一覧

いかに優れた技術者でも、人との付き合い方ができないと、役に立たない。


改革は一つやれば、他のことも動いていく。逆に、一つできないと何もできない。


企業も学校も、ガバナンスによって方向性や形が決まる。その組織を形づくるのがガバナンス。


幅広い分野に興味、関心を持って好奇心を持ち続けられるようなことが大事。


中小企業の技術がなければ、大企業も力を発揮できない。


地道かもしれませんが、基礎的なものでも、発展が期待できそうな技術、これから芽が出てくるような事業に、産学官で取り組むことが大事。


本校が考えているのは、就職率ではなく、就職力です。どこでもいいから内定が取れればいいというならば、就職率で良いのですが、やはり「自分が行きたい会社に就職する」ことが大事です。自分が進みたい道、本校で学んだことを生かしていける企業に就職していけるようにしなければなりません。そのためのキャリアサポートなどには力を入れています。


昨年、本学の機械工学科准教授の山西陽子さんが「針なし注射器」の開発に成功しました。彼女がコツコツ進めていた研究が認められた形です。研究というのは地道なものです。大学としては、そうした研究者をサポートし、環境を整えることが大事だと考えています。


大学も経営です。企業は利益を上げなければ成り立ちませんが、学校はそうではないという人もいます。しかし私は、学校経営も財務がしっかりしていなければ成り立たないと考えています。優秀な先生や、研究施設など、学生の教育にとって必要なものを揃えるためにも大事なことです。


五十嵐久也の経歴・略歴

五十嵐久也、いがらし・ひさや。日本の経営者。「三井住友建設」社長、「芝浦工業大学」理事長。芝浦工業大学工学部建築学科卒業後、鹿島建設に入社。取締役、常務、顧問、三井住友建設社長、取締役相談役、芝浦工業大学理事長などを務めた。

他の記事も読んでみる

ケリー・マクゴニガル

成功の階段を上っていくためには、リスクを取ること、居心地のいい領域から抜け出すこと、失敗に前向きであることが不可欠。


布施孝之

これからのビール業界は、少子高齢化や嗜好の多様化で「大量消費」から「量から質」への転換が進行していく。また、飲むシーンも多様化していくことが想定される。当社がこれまで蓄積した知見を駆使して多様なニーズにお応えする「ワクワクした」商品提案を行っていく。


小山佳延

例えば、山登り、カメラ、社交ダンスというように、個人の趣味や嗜好など明確な旅の目的を提示した「テーマ旅行」を多品種そろえていることは、当社の強みです。テーマ旅行は今後の成長戦略の中心になっていくでしょう。


谷口祥子

相手をきちんと見続けていると、それまで気づかなかった長所も見えやすくなります。苦手な相手でさえ、観察を重ねれば褒めるポイントが見つけ出せるものです。相手への悪感情はいったん脇に置いて、公平に相手の言動を注視しましょう。イヤミだと思っていたファッションにその人なりのこだわりがあることに気づいたり、文句の多さは「妥協のなさ」だと発見できたりすると、それまでの悪感情も好転する可能性大です。すると、自然に褒め言葉が出てきて、ギクシャクしていた関係も好転するでしょう。


高橋克徳

派遣社員に会議に参加してもらうべきか、この仕事は頼んでよいのか、と迷う上司も多い。派遣社員の側も「契約以外のことはいっさいしたくない人」から「できる範囲で協力したい人」まで、それぞれです。そんなときは、ちょっとした飲み会に誘う、雑談をしてみる。仲間として受け入れる姿勢があることを態度で示しましょう。すると「これも手伝いましょうか?」と、相手も自分の姿勢を明確にしてくれるでしょう。


山本真司

話し下手を克服するなら、まずやるべきことは準備です。最初からアドリブの達人を目指してはいけません。準備をして本番に臨むことを繰り返していけば、自然とアドリブも利くようになります。


蛭子能収

すごい作品を作ろうなんていっさい思っていません(笑)。ただ、締切りは必ず守ります。指示されたことだけはきっちりやるという仕事のやり方は、会社勤めのときから変わっていません。


佐々木蔵之介(俳優)

不可能なミッションは与えられない。果たさなければならないミッションだからこそ与えられた。


井上和幸(ヘッドハンター)

客観的に見ても、非主流部門には人材の厚みがないのが普通ですから、本流から移った実力派にはむしろ腕の振るいどころです。たとえば、まだ手を着けていない改善ポイントや未開拓の市場が見つかりやすい。何をやるにしても、伸びしろが大きいのです。バリバリ働くべきです。


テリー伊藤

シケた顔してるからダメなんだよ。「よっしゃ! これからガンガンいったるぞ!」って言ってると、本当にガンガンいけるようになるんだよ。


井上和幸(経営者)

労働環境の改善も社長の仕事です。作業員向けに昨年からリストバンド型の生体センサーを導入しました。睡眠や活動量から体調を把握でき、健康管理や安全性向上につなげる狙いです。新しい技術を積極的に取り入れ、若い人が仕事に就きたいと思う会社を目指します。


長島徹

従業員を大切にする、雇用を維持し、増やすというのは経営者として非常に大事なことです。しかし、状況によって雇用を減らさなければならないときが出てきてしまう。本当はそんな状況に陥る前に、手を打って、雇用を維持する必要があるのです。それこそ経営者の役割で、既存路線にあぐらをかいている経営者と、次の時代を見すえて動いている経営者には如実に差が出ます。