名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

五十嵐一弘の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

五十嵐一弘のプロフィール

五十嵐一弘、いがらし・かずひろ。日本の経営者。「日本車両製造」社長。静岡県出身。東北大学工学部卒業後、日本国有鉄道(のちのJR)に入社。JR東海総合技術本部技術企画部担当部長、安全対策部次長、技術開発部長、取締役常務総合技術本部長などを経て日本車両製造社長に就任。

五十嵐一弘の名言 一覧

強調したいのは、自分の会社、自分の仕事をもっと好きになってほしいという点。私の経験も踏まえ、それぞれが自分の場所で誇らしく働く会社にしたい。


今でこそ世界に誇る新幹線ですが、車両、線路、駅務などの地道な総合力で成り立っているのです。


思い出深いのは民営化後、初の新幹線として1990年代前半に投入された「300系」です。当時の高速化技術の粋を集めた車両ですが、様々な初期故障が続出しました。メンテナンスの立場としては悩まされましたが、一つひとつ事実を把握、分析、改良を重ねた結果、安定運行できるようになりました。


新型車両は開発・設計部門だけで作ることはできません。既存車両の状態や出来不出来を知り抜いたメンテナンス担当が、改善点を的確に指摘できるかどうかが重要。


五十嵐一弘の経歴・略歴

五十嵐一弘、いがらし・かずひろ。日本の経営者。「日本車両製造」社長。静岡県出身。東北大学工学部卒業後、日本国有鉄道(のちのJR)に入社。JR東海総合技術本部技術企画部担当部長、安全対策部次長、技術開発部長、取締役常務総合技術本部長などを経て日本車両製造社長に就任。

他の記事も読んでみる

山田昭男

バブル経済が崩壊したあと、多くの製造業ではパート従業員や派遣社員を採用するようになった。おそらくその影響だろうが、昔では考えられなかったようなリコールが多発している。リコールといえば格好よく聞こえるが、要は「不良品」のことだ。パートや派遣は15万円しかもらっておらず、ボーナスも少なく、いつ解雇されるか分からず、退職金ももらえない。つまり、将来の保証も何もない。そのためやる気がなく、サボりがちで、技術を覚えない従業員が増えた。極論だが、たぶんそのせいで不良品の発生率が高まってしまったんだろう。


上野和典

人は自分のペースで話すのが何より心地よいのです。そうして、自分の話したいことをひとつ残らず話し切ればとてもスッキリします。それを許してくれる相手には、「この人は話しやすい人だ」と自動的に好印象を抱くわけです。


加護野忠男

弱点があるのにもかかわらず、選択と集中のメリットが説かれることが多いのは、選択と集中が大きな戦略的メリットを持っているからである。兵力の集中は戦いの基本である。集中の第二の効果は退路を断つという心理的効果である。退路がないゆえに、皆の頑張りが引き出せる。


横田響子

男性はムダな作業だと思っていても、そういう仕事なのだと言い聞かせて、残業してでも処理しようとします。しかし、早く帰らなくてはいけない女性は、「そもそも必要か?」と考える。男性も女性目線を身につけたほうが、国の働き方改革も進むのではないでしょうか。


冨田和成

近年、時代の変化のスピードが以前に比べてとても速い。それによって、新しい価値観が次々に生まれてきています。その一つが中古市場。中古市場の拡大で、なるべく高く売れるものを買って、なるべく高く売るという新しい価値観が生まれた。「メルカリ」などフリマ市場の活況も、中古市場の拡大を後押ししています。自分の持っているものを貸して稼ぐというシェアリングビジネスもその一つ。部分的に所有しながら細かく稼いで利回りを得る仕組みは、様々な分野で見られる新しい価値観です。


小笹芳央

我々は労働生産性の向上に相関関係のあるファクターを発見しました。それは何かというと企業と従業員のエンゲージメント(相思相愛)度合いが高い企業は生産性が高く、度合いの低い企業は生産性が低いということです。


本庄八郎

どの国でも、海外へ出ていく時は肚を括らなければいけない。投資したカネがなくなってもいい、というぐらいの覚悟が必要。


成瀬まゆみ

部下の価値観を知るには、「最近、どんなことにお金や時間を使っているの?」などと聞いてみるのもいいでしょう。部下の価値観に純粋な好奇心を向けることがポイントです。


ジョセフ・アディソン

正義ほど偉大にして神聖な美徳はない。


江夏豊

要は仕事に対する情熱、やる気や。要は勝つことや。勝とうとする意識、意欲が15年間わしを支えてきた。結局、男の精神の糧なんてものは、その男が何に対して美を見出すかの問題やと思う。わしは野球人としてのわしの美学を常に勝つことに置いてきた。


渡邉美樹

運送会社のセールスドライバー時代、ホント、「これでもか」というまで徹底的に鍛えられました。正直言って、「24歳の4月1日に社長になる」と夢に日付けを入れていなかったら、とても耐えられなかったと思います。逆に言うと、そうやって地獄の日々を1日、また1日と耐えていくことで、夢への思いが強くなっていったとも言えるんです。「オレの夢は、この程度で負けてしまうのか? いや、違う。そんな安っぽいもんじゃない。よし、もっと頑張ろう」って。


家本賢太郎

社員の力を発揮できる場を見つけてあげることが会社の一番の責任です。それが最もモチベーションアップの効果があると思います。