名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

五十嵐一弘の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

五十嵐一弘のプロフィール

五十嵐一弘、いがらし・かずひろ。日本の経営者。「日本車両製造」社長。静岡県出身。東北大学工学部卒業後、日本国有鉄道(のちのJR)に入社。JR東海総合技術本部技術企画部担当部長、安全対策部次長、技術開発部長、取締役常務総合技術本部長などを経て日本車両製造社長に就任。

五十嵐一弘の名言 一覧

強調したいのは、自分の会社、自分の仕事をもっと好きになってほしいという点。私の経験も踏まえ、それぞれが自分の場所で誇らしく働く会社にしたい。


今でこそ世界に誇る新幹線ですが、車両、線路、駅務などの地道な総合力で成り立っているのです。


思い出深いのは民営化後、初の新幹線として1990年代前半に投入された「300系」です。当時の高速化技術の粋を集めた車両ですが、様々な初期故障が続出しました。メンテナンスの立場としては悩まされましたが、一つひとつ事実を把握、分析、改良を重ねた結果、安定運行できるようになりました。


新型車両は開発・設計部門だけで作ることはできません。既存車両の状態や出来不出来を知り抜いたメンテナンス担当が、改善点を的確に指摘できるかどうかが重要。


五十嵐一弘の経歴・略歴

五十嵐一弘、いがらし・かずひろ。日本の経営者。「日本車両製造」社長。静岡県出身。東北大学工学部卒業後、日本国有鉄道(のちのJR)に入社。JR東海総合技術本部技術企画部担当部長、安全対策部次長、技術開発部長、取締役常務総合技術本部長などを経て日本車両製造社長に就任。

他の記事も読んでみる

吉山勇樹

社員には自分たちの行動管理手帳の内容を「全員メール」で送ってもらいます。私は毎朝出社すると、必ずそれらを確認します。そうすることは社員にとって大きなメリットがあります。上司である私から仕事を「ムチャ振り」されなくなるからです。目いっぱい仕事が詰まっているのがわかっていたら「今日は新しい仕事を振るのをやめておこう」という気持ちになります。それで社員は自分のペースを乱されることなくスムーズにタスクをこなしていけるようになるのです。


桜井喜造

事業の多角化には慎重に取り組みたい。堅実経営が我が社の信条。時流に乗り遅れるとの見方もあるかもしれないが、世間の耳目を集めることを打ち上げても、短期間で終わってしまったらなんの意味もない。


アラン(哲学者)

頭を下げることや、ニコニコすることは、腹立ち・疑い・悲しみを不可能にするという長所がある。だからこそ社交や訪問、儀式や祝祭がいつでも喜ばれるのである。それは幸福を真似る機会である。そしてこの種の喜劇は、我々を確実に悲劇から解放するものだ。これは、つまらぬことではない。


長島徹

経営はほぼすべてトップダウンで決めてきましたが、30代を中心に「自分たちがやることは自分たちで決めたい」という声が上がってきたので、週1日は自分たちでやりたい活動に使っていいというチームをつくり、特別予算も付けました。トップダウンとボトムアップが上手くバランスすればいいと思っています。


宮嶋宏幸

販売技術でマニュアル化できるのは商品知識くらいでしょう。その商品知識にしても、多くを伝えればそれだけ信頼されるかといったら、そんなことはありません。むしろ、短時間でお客様の信頼を勝ち取るには、できるだけしゃべらず、お客様にしゃべっていただくことを心がけるべきです。


石坂典子

ブランド品がない私たちが何をもって会社のブランドを作っていくか。業界で話題になり、業界の人たちが見学に来てくれる。そうなると、社員の意識も変わります。今まで誰にも見られない環境で働いていて、1日中ゴミの選別をしていた社員が常に誰かに見られて声をかけられたり、評価されるようになる。そうすると、働き方が変わります。もっと頑張ろうと思いますし、もっといいところを見せようという意識が芽生えて、結果として社員のモチベーションは上がります。そして今では「石坂で働いている社員は明るい」と言われるようになりました。


養老孟司

古典はただ読むだけなのに、必死に考えないと、なかなか先に進めない。つまり、古典は読み進めるだけでも頭を使うので、「考えることが苦にならない脳」を作ることができます。


内藤誼人

実際には自分に自信は持ちきれていないけれど、上に立つ立場として、何か言わなければいけない。そんな場合に、過剰に否定的に相手を従わせようとしてしまう。自分のほうが上だ、相手にケチをつけたいという心理は、弱さの表れといえます。


西成活裕

ビジネスシーンのトラブルから世界的な問題まで、解決する時に思考体力が必ず要求されます。そしてこれは、数学の問題を解くことで鍛えられるのです。ビジネスパーソンの皆さんが数学に自信がないのなら、今から学び直して得られるものは大きいと断言します。


岩城賢

あえて成績トップの社員が勉強会でノウハウを公開するのは、仲間の成功も祈っているから。それぞれが生命保険の仕事に人生を懸けているのです。そのプライドが社内の勉強会を続ける原動力になっています。


兼本尚昌

もし提出した企画に自信があるなら、転職をする、もしくは起業するという選択肢も検討すべきです。


石渡美奈

その場の思い付きではなく、普段からその人のことを思い描きながら集めた話題の方が、心の通う会話になると思います。