名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

五代友厚の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

五代友厚のプロフィール

五代友厚、ごだい・ともあつ、元薩摩藩士の実業家、藩の外交・財政に関わり、のちに五大財閥を設立、関西商工業の発展に寄与し関西経済界の中心的人物となる。いまでも敬意を表され大阪証券取引所・大阪商工会議所の前に彼の銅像がある

五代友厚の名言 一覧

【覚書き|以下の手紙は大隈重信の弱点を五代友厚が戒めたもの。五代氏と大隈氏は親友の間柄だった。】

  1. たとえ間違っていたとしても相手の愚説愚論を最後まで聞きなさい
  2. 自分より地位の低いものが自分と同じ意見ならその人の意見として採用しなさい
  3. 怒気怒声を発するのを控えなさい
  4. 事務上の決断は部下の話が煮詰まってからしなさい
  5. 自分が嫌っている人にも勉めて交際を広なさい

地位か名誉か金か、いや、大切なのは目的だ。


五代友厚の経歴・略歴

五代友厚、ごだい・ともあつ、元薩摩藩士の実業家、藩の外交・財政に関わり、のちに五大財閥を設立、関西商工業の発展に寄与し関西経済界の中心的人物となる。いまでも敬意を表され大阪証券取引所・大阪商工会議所の前に彼の銅像がある

他の記事も読んでみる

林修

高いものにお金を遣え、なんてバブル期の発想だと思う人もいるかもしれません。ただ、僕は人生には、損得を考えないで、お金を遣わないといけない場面がある気がします。実際、その気構えが、次の収入やチャンスにつながっていくかもしれません。


坂木司

デビュー作が『青空の卵』だし、たぶん、羽ばたこうとしている人が好きなんですね。飛べるか飛べないかはともかく、羽ばたこうとあがいている感じがいい。飛ぼうと思って飛べましたという話は正しいし、飛ぼうとしたけれど飛べなかったという話も正しいし、たくさんある。でも、たいがいひねくれ者なので(笑)、それよりは、飛ぼうと思い続けて――という人の話のほうが、勇気が出る感じで好きなんです。


栗原洋

当社には「ギャツビー」「ルシード」という息の長いブランドがあります。絶えずブランドの鮮度を保ちつつ、新しいことに挑戦してきた成果です。伝統は、ひとつの理念に基づき時代の変化を上手くとらえれば、成長の役割を果たします。でも油断をすれば、発展の足かせになるのです。


山田淳

雑誌やフリーペーパーの発行には、お金を出してくれるスポンサーの存在が欠かせません。でも、編集者はスポンサーの顔色をうかがうようになりがちです。スポンサーに不利益になる情報は掲載できませんから。でも当社の場合、スポンサーさんから見れば、重要なクライアントでもあるわけです。広告料以上の額の商品を、レンタル事業で使うために当社は購入していますから。五分五分の関係を築けているので、読者のことを第一に考えた誌面が作れます。


倉田真由美

マスコミが「夢を諦めるな」というメッセージを流しすぎるのも、問題だと思う。それにマスコミは、たとえばプロ野球選手のような希少価値の職業だけを夢ととらえて、銀行員になるのは夢がないといったメッセージを流したりする。でも、そんなことは決してない。


ムーター・ケント

顧客、従業員、取引先、社会、そして政府当局のどこか一つでも不満を抱えていては、株主も幸せにはなれない。


國分文也(国分文也)

めげずに、諦めずにくり返せばいい。いつかは芽が出ると思って前向きにやっていくことが大事。


竹田陽一

利益に対する目標の定め方は何通りもあります。資金をそれほど多く使えない中小企業の場合、従業員一人当たりの純利益で見るのが一番わかりやすい。そして、利益目標としては、業界平均の何倍にするというのがいいでしょう。もう一つの目安は、会社が支払っている総人件費に対する純利益の割合です。このデータは従業員の立場からはとてもわかりやすいのでいい指標になります。


浅田真央

運命ってだいたい決まっているんじゃないですかね。自分が努力すれば、その先はもう決まっているんじゃないですか。そんな気がします。


スティーブ・ジョブズ

デスクトップ・コンピューターの業界は死んだ。イノベーションなど存在しないも同然だ。技術革新とほぼ無縁のマイクロソフト社が支配している。も う終わった。アップル社は敗者だ。デスクトップ市場は暗黒時代に突入しており、あと10年はこの時代が続くだろう。少なくとも、1990年代の終わりまで 続くのは確かだ。


関根眞一

基本的に、意見の合わない相手と話をうまくまとめる方法はないのです。とはいっても、意見の合わない相手と話し合わなければならない場面もありますよね。その場合は、間に人を挟むのがひとつの方法です。第三者の意見を聞くことで、相手が自分の非に気がつくこともあるはずですから。


永守重信

私の言うことが180度変わったので、「では、過去の永守さんのやり方は間違っていたということですか」と聞いてくる人がいますが、間違っているはずがありません。極めて正しくやってきたからこそ、1兆円企業になれたのです。1兆円企業になり、10兆円企業を目指すからこその大改革なのです。

【覚え書き|長時間労働から残業ゼロに舵を切ったことについて】