名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

二村俊一郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

二村俊一郎のプロフィール

二村俊一郎、ふたむら・しゅんいちろう。日本の経営者。テック・グローバル社長。東京出身。成城大学経済学部卒業後、IBMの営業マンとして活躍。その後、外資系企業数社で日本法人社長を務める。

二村俊一郎の名言 一覧

忙しく働きつつ、「リタイアしたらあれもしよう、これもしよう」と楽しみにしているのが一番いい。


(一時引退生活を送っていた)軽井沢では、朝早くからゴルフに出かけて、帰ってからはパソコンをのぞいたり庭いじりをしたり、夜になると地元の仲間と居酒屋でお酒を飲むという生活でした。4社ほど社外重役を頼まれていましたが、あとは好きなことをやっていればいい楽しい暮らしでした。でも、飽きるんですよね。
【覚書き|引退したものの2年後にインド系ITベンチャーの社長として現役復帰した理由についての言葉】


欧米人は、会社や職場を狩猟・放牧の場所であり稼いだら去るところと考えているのに対し、日本人は定住の場所と考えているのかもしれません。


アメリカ人は引退したあと投資家になって資産運用をしている人が多い。フランス人やイタリア人は、若いころから「早く年金生活に入って、田舎で農家でもやりたいよ」といっていて。実際に引退したら田舎でのんびり暮らしています。これは民族性の違いというほかないでしょう。


二村俊一郎の経歴・略歴

二村俊一郎、ふたむら・しゅんいちろう。日本の経営者。テック・グローバル社長。東京出身。成城大学経済学部卒業後、IBMの営業マンとして活躍。その後、外資系企業数社で日本法人社長を務める。

他の記事も読んでみる

佐々木常夫

今は大変でも、きっと未来はなんとかなる。そう思っていると、その場を切り抜けるアイデアが湧いてくる。


槍田松瑩

事業会社というのは利益を上げなければなりません。利益はとても大切なものです。でも、法に触れるか、触れないかの多少グレーな仕事をしてまで利益を上げてほしいということでは全くなく、きちっとした価値を創造して得たものでなければなりません。そういう当たり前のことをシンプルですが「良い仕事」という言葉で表しています。


奥村政雄

今日、定年制についていろいろ議論されているが、いま世間で問われているのは、また活発に仕事ができるのにこういう年代で定年にするのは若すぎはしないか、という議論なのだから、私のいう積極的に働ける年齢のうちに自らの意志で自由活動の道を開こうという意味の定年制とは自ずから意味が違う。


徳重徹

事業に必要な資源は大きく3つ。「ビジョン」と「人」と「資金」です。本気でわくわくする「ビジョン」があるから優秀な人材が集まり、そこに可能性を感じたベンチャーキャピタルが資本を入れる。シリコンバレーでは、儲かりそうな事業でも、ビジョンに「CHANGE THE WORLD」が感じられないと、出資は見送られます。3つの資源の中で一番大切なもの、それはやはり事業にかける経営者の志の高さと明確なビジョンでしょうね。


福井正憲

様々な会社からビジネスの誘いがやってきます。そのときの判断基準は、会社を存続させるということ。それは死守しなければなりません。


高橋明男

既成概念にとらわれない斬新かつ豊かな発想でチャレンジをしていただきたい。それが出来るのは若者の特権。


畑村洋太郎

部下道の奥義というべきものが、よく周囲を観察し、考えることである。


成毛康雄

四日市工場には01年から停止したままのエレベーターがあります。DRAM製造から撤退した悔しさを忘れないようにするためです。工場に韓国やドイツの旗が立つかもしれないという危機感から、四日市は必死になって頑張ってきました。国内にこだわり続けるのは、その時の思いがあるからかもしれません。


齋藤孝(教育学者)

ファシリテーターは要するに進行役だが、単なる司会者ではなく、時間内に結論を導き出す技術責任者と考えてほしい。


南壮一郎

海外では、日本の考え方を相手に理解してもらう必要があるが、それには、自分も相手の文化を理解する姿勢を見せなくてはならない。


松本秀男(ほめる達人)

褒めるという行為は「言葉をラッピングし、きれいにリボンをかけて相手にプレゼントする」ようなもの。上司から褒めてもらったら、お返し(褒め返し)をするのが当然。


岡村隆史

仕事で気をつけていること? 噛むから早口になったらあかん。ゆっくり大きな声で。若手みたいなことを心がけてますね。