名言DB

9413 人 / 110706 名言

二村ヒトシの名言

twitter Facebook はてブ

二村ヒトシのプロフィール

二村ヒトシ、にむら・ひとし。日本のAV監督、AV男優。慶應義塾大学文学部中退。大学在学中に劇団「パノラマ歓喜団」を主宰。演劇活動を続けながらAVの道に入り監督として活躍した。著書に『すべてはモテるためである 「キモチワルイ」が「口説ける男」になる秘訣』『恋とセックスで幸せになる秘密』ほか。

二村ヒトシの名言 一覧

僕はAVをつくるビジネスを手掛けてますが、仕事の主役は常に女性。キャストの女性の機嫌が悪いと商品がつくれなくなってしまいます。何とか思いどおりに女の子に動いてもらうために、現場ではまず女の子が最優先。「この社会のルールは男が決めたものだ。女はそれに従わなきゃいけない」から始めるスタッフがいると何も進まないんです。男だから支配できると思っている感じ、支配するものだという常識が一番女性を警戒させるんです。まずは女性に負けてみてください。


女性に警戒されてしまう男性への一番の処方箋は「一回負けてみる」ということです。女性の理屈は自分とは違う。そもそも自分にはわからないんなら、あっさり白旗を揚げちゃうぐらいのことをしたほうが、相手との距離も縮まるんです。負けたってどうということはありません。男と男の闘いは負けたらマウンティングされておしまいですが、相手が女性の場合は、負けることで相手も気がすんで、かえってうまくいくことが多い。


二村ヒトシの経歴・略歴

二村ヒトシ、にむら・ひとし。日本のAV監督、AV男優。慶應義塾大学文学部中退。大学在学中に劇団「パノラマ歓喜団」を主宰。演劇活動を続けながらAVの道に入り監督として活躍した。著書に『すべてはモテるためである 「キモチワルイ」が「口説ける男」になる秘訣』『恋とセックスで幸せになる秘密』ほか。

他の記事も読んでみる

篠原欣子

人に関わる仕事なので大変ではありますが、裏をかえせばそれだけにやりがいがありますね。


齋藤孝(教育学者)

新書を買ったら、すぐに近くのカフェに入り、1冊20~30分程度で、大まかな内容を把握しましょう。知識欲が熱いうちに読むことで、頭に入りやすくなるのです。短時間で内容をつかむコツは、本の中から重要そうな部分を見つけ出し、2割だけ抜き出して読むこと。案外、それだけでも必要な情報は得られるものです。その上で、本の内容を要約しましょう。すると「どんな本?」と聞かれても概要を説明できるようになります。さらにその内容に関するアンテナが立つので、新聞などを読んだときに、関連情報が目に飛び込んでくるようになります。すると、どんどん知識が増えていき、知識が深まっていくのです。


大竹一樹

周りからは「なんでライブやるの?」ってよく言われます。面白いのが当たり前で、面白くなければ「つまらなくなった」って言われるでしょうから、確かにリスクが大きいんですよね。でも俺らは、ネタがやりたくてお笑い芸人になったんで。むしろ、周りの芸人たちに「なんでやらないの?」って聞きたいくらい。


ティム・コラー

投資のリターンだけでなく、運用コスト(信託報酬や手数料などの諸経費)にも目を配ることが、運用難の状況においては一段と重要。


原田まりる

自分がこの会社にいても何の意味もないのではないかと鬱々と考える人もいるでしょう。積極的ニヒリストは「社長であっても、死んでみればこの会社にいたことの意味はないのも同然だ。ならばこの会社で自分のやりたいことを実現すればいいのだ」と前向きに捉えます。


益本康男

賢い奴は現場に行って検討しますって言うでしょ。これも頭にきちゃう。現場に行ったら検討なんかせず行動すれば、すぐに結果が分かる。設備を動かして、失敗すれば元に戻せばいいんだから。


岩城修

私は常々、従業員に対して「お客様に喜んでいただいて、そのおすそ分けが会社の利益だよ」と話しています。安く売ればお客様が喜んでいただけるわけではありません。


末田真

海外進出で大切なのは「志」です。採用するとき「2年以内にモンゴルでトップの会社になろう」「モンゴルから世界に発信しよう」と呼びかけて人を集めました。明確なビジョンを同じ仲間として共有し、気概を持って仕事に望めば国は違えど熱意に応え、協力者も集まってくれます。海外進出だからといって、現地の人の幸せを願う視点を疎かにしてはいけません。


山中あき子(山中燁子)

フォークランドは軍事衝突という形で最終的な決着が付きましたから、日本にはあり得ない選択肢ですが、領土を守ることがどういうことか、というヒントはある気がしますね。国の姿勢がきちんと相手に伝わる努力をして、国際社会にも訴えるということです。


柴田久

現状に対する危機感を、経営陣を含めて認識することが大切。今のままではいけない。もっと新しい取り組みをしていかなければならないし、これまで以上のスピード感が必要。


吉冨隆安

独立を目指す皆さんには、競馬場での勝負をお勧めしたいですね。競馬場では、多くの人が予想を誤って損をします。そして、手痛い失敗の中から自分なりの必勝法を編み出そうと知恵を絞るのです。この時、こだわりを捨て、専門紙の予想など「他者の意見」を取捨選択することは、経営者に求められる大事な資質です。


坂本光司

私は、会社には「5人」を幸せにする責任があると考えています。かつ、そこには明確な優先順位があります。優先順位の第1位は、「社員とその家族」。そして2番目が「外注先や下請け企業」。3番目が「顧客」、4番目が「地域社会」、最後が「株主」です。こう言うと、「顧客が第一ではないのか?」と疑問に思う方もいるでしょう。そう、顧客は1番ではありません。顧客を大切にするのは社員の役目。管理職や社長の役目は、社員とその家族を幸せにすることです。私は全国を回って多数の優良企業を取材していますが、こうした企業の社長は、常に社員第一です。


枡野俊明

最初は、苦手意識が拭えず、顔がこわばってしまうかもしれません。でも、いつも穏やかな顔でいたわりの言葉をかけていれば、相手は攻撃的になりません。「調子はいかがですか?」などと、一言こちらから話しかけてみるだけでいいのです。自分も穏やかに過ごせます。


鈴木喬(経営者)

独裁はいけないかもしれないけれど、独断専行の部分がないと経営はうまく回らない。怖れられるぐらいでないと、改革なんてできない。


山田義仁

雲行きが怪しくなったら有無を言わさず撤退する。そんな断固たる全社共通のものさしがあって初めて、企業は失敗を恐れず挑戦できる。