二村ヒトシの名言

二村ヒトシのプロフィール

二村ヒトシ、にむら・ひとし。日本のAV監督、AV男優。慶應義塾大学文学部中退。大学在学中に劇団「パノラマ歓喜団」を主宰。演劇活動を続けながらAVの道に入り監督として活躍した。著書に『すべてはモテるためである 「キモチワルイ」が「口説ける男」になる秘訣』『恋とセックスで幸せになる秘密』ほか。

二村ヒトシの名言 一覧

僕はAVをつくるビジネスを手掛けてますが、仕事の主役は常に女性。キャストの女性の機嫌が悪いと商品がつくれなくなってしまいます。何とか思いどおりに女の子に動いてもらうために、現場ではまず女の子が最優先。「この社会のルールは男が決めたものだ。女はそれに従わなきゃいけない」から始めるスタッフがいると何も進まないんです。男だから支配できると思っている感じ、支配するものだという常識が一番女性を警戒させるんです。まずは女性に負けてみてください。


女性に警戒されてしまう男性への一番の処方箋は「一回負けてみる」ということです。女性の理屈は自分とは違う。そもそも自分にはわからないんなら、あっさり白旗を揚げちゃうぐらいのことをしたほうが、相手との距離も縮まるんです。負けたってどうということはありません。男と男の闘いは負けたらマウンティングされておしまいですが、相手が女性の場合は、負けることで相手も気がすんで、かえってうまくいくことが多い。


二村ヒトシの経歴・略歴

二村ヒトシ、にむら・ひとし。日本のAV監督、AV男優。慶應義塾大学文学部中退。大学在学中に劇団「パノラマ歓喜団」を主宰。演劇活動を続けながらAVの道に入り監督として活躍した。著書に『すべてはモテるためである 「キモチワルイ」が「口説ける男」になる秘訣』『恋とセックスで幸せになる秘密』ほか。

他の記事も読んでみる

宇野収

天に向かって誠実ならば、人がどう思おうと自分の信念に従えばよいと佐藤一斎は言う。しかし、他人や組織に受け入れてもらえなければ、実業の世界では理想も信念も実現できない。天に向けた理想、信念、誠実を裏付けにしながらサラリーマンは大いに自分を人に示す必要がある。


ジェイ・エイブラハム

人が何かを変えたいと思う理由はなんだろうか。そのもとになっているのは、苦痛、不安、それとも喜びだろうか。人の脳は、喜びを求める100倍も苦痛を避ける傾向がある。ということは苦痛の方がウリになるといえる。セキュリティや法律業務、保険などの提供者は不安が顧客の動機づけになっていることに気付くべきだ。


島田晴雄

学生をビジネスの現場に送り込むこともしています。企業から学ぶ、学問から学ぶ、プロジェクトから学ぶということができる。まさにアクティブラーニングと言えます。この学部の卒業生の就職率は99.3%と全国の大学の中でトップの数字です。


和田完二

人生を楽しいものにするには、1日のうちで私たちが一番長く過ごす職場を明るく楽しいものにしなければならない。互いに仲良く譲り合い、結び合っていくようにしなければならない。


小池淳義

市場が求める最終ゴールに向けて、時代は新しいビジネスモデルを必ず要求してくる。


猪瀬直樹

ハナから買う気のないお客さんに対して、セールストークを連発して相手の心を動かそうとしている営業マンがいますが、あれは典型的なダメな例。デキる営業マンは、その間に見込みのあるお客さんにアプローチして、より多くの契約を取っています。


坂本孝

中古業界は新品業界の活性化無くして成り立ちません。新刊書店が一般消費者に本を売っていただけるおかげで我々中古ビジネスが成り立っています。


匠英一

男性には「100ギガバイトの大容量」といったスペックを並べてロジカルに説得し、女性には「楽しい、ラク」といった感情に訴えるのが有効。通販番組を注意深く見ていると、男女どちら向けの商品かによって表現を使い分けているのがわかるはずです。


加藤進(住友商事)

電力事業関連のプロジェクトなど、大規模なインフラビジネスは商社単体で行えるものではない。危機のサプライヤーや建設会社、ファイナンサー、事業をオペレートする電力会社など、様々な企業と連携しプロジェクトをまとめあげていく。あらゆるパートナー企業を巻き込んでいく力が必要となるのだ。それが会社や組織の枠を超え、ビジネスをまとめる、真の総合力と言えるだろう。


佐藤益弘

時間単価という発想を持つといいでしょう。例えば、「マイホーム購入と一生賃貸とどちらが得か?」という質問をよく受けます。仮に3000万円で購入したマイホームに30年間住むとしましょう。30年後に1000万円で売却できるとすると、一年当たりの単価は約67万円になります。ごく単純な例ですが、年間の家賃がこれよりも高ければ、マイホームを購入したほうが得といえます。


内藤誼人

褒めるのも叱るのも対象の部下と二人だけのときにすべきです。みんなの前で褒めると、ほかの人は嫉妬や恨みを持つ。これを心理学用語で「暗黙の罰」といいますが、一人を褒めることは、暗にほかはダメと叱責しているのと同じですから。


柳沢幸雄

鈍感な人、楽天的な人は留学に向いている。そうでないと、加点主義社会や言葉の壁に立ち向かえない。


トム・ピーターズ

大企業のありようを見ていて残念に思うのは、スタートの時点ではちっぽけだった企業を大企業たらしめた原動力、つまり革新性を失っていることだ。


和田裕美

相手の立場になりきることで、気持ちがわかるようになる。「この人は何が欲しいのだろう」「どうすればもっと喜んでもらえるだろう」と考えられるようになる。相手の気持ちがわかれば、相手に喜ばれる振る舞いもできる。そして、相手もそれを周りの誰かにお返ししようとする。こうして「思いやりの気づき」が循環して、いい関係が生まれていく。


ケリー・グリーソン

仕事をしながら整理をする。仕事の手順の一環として整理をすれば、最初から最後まで、同時進行できる。良い習慣を身につけよう。整理を何も考えずに行う習慣にしてしまえば、成功への道につながる楽なステップであることがわかるだろう。


ページの先頭へ