名言DB

9419 人 / 110788 名言

二木謙三の名言

twitter Facebook はてブ

二木謙三のプロフィール

二木謙三、ふたき・けんぞう。日本の医師。秋田県出身。東京帝国大学医学部卒業後、東京市立駒込病院に勤務。ドイツ留学を挟み、駒込病院副院長、東京帝国大学講師、東京帝国大学助教授・教授。駒込病院院長を務めた。そのほか日本伝染病学会(のちの日本感染症学会)長などを務めた。著書に『腹式呼吸』『コレラ予防注射講話』『完全営養と玄米食』 『健康の第一義:呼吸健康法』ほか。

二木謙三の名言 一覧

食うこと少なくして、噛むことを多くせよ。
乗ること少なくして、歩くことを多くせよ。
着ること少なくして、浴びることを多くせよ。
悶ゆること少なくして、働くことを多くせよ。
怠けること少なくして、学ぶことを多くせよ。
語ること少なくして、聞くことを多くせよ。
怒ること少なくして、笑うこと多くせよ。
言うこと少なくして、行うこと多くせよ。
取ること少なくして、与えること多くせよ。
責めること少なくして、褒めること多くせよ。


二木謙三の経歴・略歴

二木謙三、ふたき・けんぞう。日本の医師。秋田県出身。東京帝国大学医学部卒業後、東京市立駒込病院に勤務。ドイツ留学を挟み、駒込病院副院長、東京帝国大学講師、東京帝国大学助教授・教授。駒込病院院長を務めた。そのほか日本伝染病学会(のちの日本感染症学会)長などを務めた。著書に『腹式呼吸』『コレラ予防注射講話』『完全営養と玄米食』 『健康の第一義:呼吸健康法』ほか。

他の記事も読んでみる

内山理名

一番大切にしている時間は、迷うことなくバスタイムです。朝、出かける前、帰宅直後、寝る前と1日4回入ることも珍しくないですし、夜、友達と遊んでいても、2軒目に行く前に「ちょっと待ってて。1回帰ってお風呂に入ってから戻ってくる」なんてことをしちゃう。これを理解してくれる友達が、本当にありがたいです(笑)。どうしてこんなに好きなのか、私も不思議なんですけどね。お風呂に入ると、リラックスもできるし、集中力も高まるんです。台本を読むのも、湯船につかりながら。ぬるめのお湯に、酒風呂用の入浴剤を入れると、汗がにじみ出るけど、のぼせることがなくて、最高に集中できるんです。


辻本憲三

当初は知り合いの方にお願いしてワインづくりを始めたのですが、そこそこのワインでは面白くない。せっかくやるなら世界最高のワインをつくりたいと思うようになりました。やはり、ワインもゲームと同じで、どちらも生きるために不欠なものではないんですね。しかし、だからこそ、私は一番いいものをつくらないと誰からも見向きもされないと考え、世界一のワインづくりを目指すことにしたのです。


近藤宣之

海外の展示会や研修に参加させ、視野を広げてもらうため、毎年延べ人数では常勤社員数とほぼ同じ人数の社員を出張させます。その中には出張の必要がない事務員もいます。全員に成長のきっかけを得てもらいたいのです。


児玉教仁

何だか自分のストーリーでみんな感嘆してた、自分のショーだった、というのが一番気持ちいい。そういう状況をつくり出せれば、「○○さんは話しやすい」と思ってもらえます。


福沢諭吉

いま、国が富強であるのを幸いと、貧しく弱い国へ無理難題を持ち掛けるというのは、いわゆる力士が腕力で病人の腕をへし折るのと同じで、国の権義(権利と義務)から言っても許してはならない暴挙です。


立花徹

複雑化するソフトウエア開発をよりシンプルに効率化することこそが、ベクターの使命です。開発の効率化によって生まれた時間を、お客様にとって、より重要な仕事(競争領域)に振り向けていただくことが重要になります。複雑な開発をシンプルに、それがベクターの役割だと考えています。


菅野智之

プレッシャーを感じて当然。それを感じなくなったら、プロとして終わりだと思っています。僕にとってはプレッシャーがモチベーションなんです。緊張感がない状態では、力を発揮できないと考えています。


徳岡邦夫

いまあるものを自分から壊して変えていくことによってこそ、大切なものを受け継いでいくことも可能になるのだと思うのです。


陰山英男

活字嫌いの子については、よく私も親御さんから相談されることがあります。その場合、本をそっと目のつくところに置いておき、しばらく放っておくこと。子供というのは、暇があれば手近にあるものを読むものです。それが30分とか1時間読んでみると面白さに浸れるようになるのです。このアドバイスを受け入れて実践してくださったご家庭で、数年後に、やっと読むようになりましたと報告がありました。


小林喜光

自ら情報を取りに行き、常に自分の頭で考えることが欠かせない。世間のムードに流されず、主体性を持つ「地頭」がいい異能の者がリーダーになる時代が来ます。