二木謙三の名言

二木謙三のプロフィール

二木謙三、ふたき・けんぞう。日本の医師。秋田県出身。東京帝国大学医学部卒業後、東京市立駒込病院に勤務。ドイツ留学を挟み、駒込病院副院長、東京帝国大学講師、東京帝国大学助教授・教授。駒込病院院長を務めた。そのほか日本伝染病学会(のちの日本感染症学会)長などを務めた。著書に『腹式呼吸』『コレラ予防注射講話』『完全営養と玄米食』 『健康の第一義:呼吸健康法』ほか。

二木謙三の名言 一覧

食うこと少なくして、噛むことを多くせよ。
乗ること少なくして、歩くことを多くせよ。
着ること少なくして、浴びることを多くせよ。
悶ゆること少なくして、働くことを多くせよ。
怠けること少なくして、学ぶことを多くせよ。
語ること少なくして、聞くことを多くせよ。
怒ること少なくして、笑うこと多くせよ。
言うこと少なくして、行うこと多くせよ。
取ること少なくして、与えること多くせよ。
責めること少なくして、褒めること多くせよ。


二木謙三の経歴・略歴

二木謙三、ふたき・けんぞう。日本の医師。秋田県出身。東京帝国大学医学部卒業後、東京市立駒込病院に勤務。ドイツ留学を挟み、駒込病院副院長、東京帝国大学講師、東京帝国大学助教授・教授。駒込病院院長を務めた。そのほか日本伝染病学会(のちの日本感染症学会)長などを務めた。著書に『腹式呼吸』『コレラ予防注射講話』『完全営養と玄米食』 『健康の第一義:呼吸健康法』ほか。

他の記事も読んでみる

喜多村円

当社の商品を買ってもらったからには、絶対に損はさせたくない。お客さんに「TOTOを選んでよかったね」と言ってもらえる最高品質の商品を作り続ける必要がある。


齋藤孝(教育学者)

コミュニケーションは「能力」と言うより「技」。「能力」と言うと持って生まれたものが大きいイメージがありますが、「技」は学習して練習することで誰でも身につけることが可能。コミュニケーションも技であり、体系的、理論的に学べば誰でも身につけることができる。じつは私も学生時代はコミュニケーションがお世辞にも上手だとは言えない学生でした。友達も少なく孤高を気取っていましたが、これではいけないと。社会人になって意識的に訓練し、自分自身コミュニケーション力を高めてきたという経験があります。


牛島信

私は、コーポレートガバナンスの究極の目的は「企業の持続的発展」だと思っています。なぜかと言うと、「それが国民のためになるから」です。企業が持続的に発展しなければ、国民は豊かになれない。上場株式会社システムというのは、いわば人類の行き着いた最高の知恵だと思っているんですが、それをどのようにすればうまくいくのかということに関心があります。


高橋みどり

私はもともと、ファッション業界で仕事をしようとは思っていませんでした。おしゃれは好きではありましたが、特別に好きというわけではなく、普通に好き、というくらいのレベル。そんな私が、それこそファッションを外に訴えかける仕事を手探りで進めていかなくてはならないのですから、とにかく、あらゆることに仕事のヒントを求めました。


飯沼一元

単なる金儲けではなく、ロマンとビジョンを持って経営を手掛けるということが大切。


阿部祐二

今では英語でインタビューができるようになりましたが、日本にいながら英語力を向上させることができたのは、どんなに時間がないときでも、毎日5分、10分、英語に触れていたから。


ドナルド・トランプ

死なないかぎり、できることはまだたくさんある。自分の可能性や物事に秘められた本来の価値を実現しよう。一日を自分にとって、そして他の人々にとっても素晴らしいものにしよう。


森澤篤

営業マンで、自分の担当分野以外の知識も持っているが、なぜか仕事とまったく関係のないフランスの歴史やオーディオ技術にもやたらと詳しいような「変な人」がよくいる。こういう、まったく違う複数の分野に造詣の深い人は、普通なら思い付かないもの同士を結びつけることが比較的容易にできる。


平岡常男

私は当初、当社に古い歴史があることは、若い世代にマイナスイメージでとらえられるのではないかと思っていました。しかし、それは単なる思い込みで、若い社員たちは、当社が長い歴史を持つ会社であることを、誇りに思ってくれている感があります。そうした社員の意識や社風がどのように醸成されたのか、これはなかなかひと言で言い表せません。あえて言うなら、企業のアイデンティティなのかもしれませんね。


佐藤優

外務省にいて良かったのは、先輩にいきなり高級店に連れていかれて、自分の好きなものを選んで注文しろと。フランス料理から寿司店まで、外国の要人やら政治家とつき合うのに、臆することがないように、よく抜き打ち検査みたいにやられました。


尾賀真城

最初から大きな成績を収めようと考えるよりは、凡事徹底、きちんと1つずつ積み重ねていくことが大事。足腰が強いことが大事。


石井宏宗

技術的なイノベーションこそ、停滞する日本経済を再生させる主たる源泉。


今村久美

設立当初は、何をやるにも手探りの状態でした。スタッフの数も少なく、全員で話し合いを繰り返しながら、カタリバというNPOが何をすべきかを考え、共有していくことができました。


アンリ・ドゥ・キャストゥル

結果を出すためにに必要なことは「共通の夢と価値を持つ」そして、「とにかく一生懸命頑張る」ことではないでしょうか。


洪自誠(菜根譚)

徳は事業の基(もとい)なり。


ページの先頭へ