名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

二木渉の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

二木渉のプロフィール

二木渉、ふたぎ・わたる。日本の経営者。「ベルトラ」社長。イワナガ、パックプラスなどを経てアラン(のちのベルトラ)に入社。開発部長などを経て社長に就任。

二木渉の名言 一覧

アクティビティー分野は、手間がかかる割に単価が低いので利幅が少ない。ツアー催行会社は膨大にあり、人間関係が決め手になります。このため大手でも参入障壁は高いので、当社とは競合であると同時に、パートナーでもあります。


競合が増えることは、当社がやっているアクティビティー事業への理解が増すので大歓迎。さらに商品ラインアップを増やし、それぞれのツアーを深掘りすることで、これまでなかった商品を創造していきます。


二木渉の経歴・略歴

二木渉、ふたぎ・わたる。日本の経営者。「ベルトラ」社長。イワナガ、パックプラスなどを経てアラン(のちのベルトラ)に入社。開発部長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

安井豊明

我々は、顧客からの委託に応えるマーケティングのプロ集団です。付加価値の高いサービスを提供することで、ご期待を上回るような成果を追い求めてきました。そのような意味で、「成果追求型の営業支援アウトソーサー」というコンセプトを掲げています。


錣山矩幸(元関脇・寺尾)

指導においては、稽古場にいる一人一人に目を配り、気づいた点を指摘します。


松田秀和(経営者)

東南アジアの言語と日本語を結ぶ仕組みが無かった。誰もやらないなら自分がやろうと考えて事業を興した。


角野卓造

私にしてみれば、俳優というのは非常にネガティブな存在。自分がいくら演じたいと思っても、周りから声が掛からなければ演じる機会をもらえないのですから。やっと役をもらえても、自分のやりたい役柄でなかったり、ギャラが安かったります。しかし、それで腐っていたら次はありません。


藤田寛之

海外でゴルフを取り巻く環境に触れてみると、日本だけが立ち止まっているという感覚になります。プロとして技術を極めるなら、国内の環境に甘んじているのではなく、選手は安定の枠を超えていくべき。外で得る刺激は成長の糧になりますからね。


星野佳路

顧客の声を常に聞いている現場スタッフだからこそ発想できることも多い。現場スタッフが課題を持ちながら接客すると、顧客との接点から刺激やヒントをもらうことができる。


豊島俊弘

2つの壁を超えることがポイントだと思っているんです。それは「国の壁」と「心の壁」。企業が国の壁を越えて世界のマーケットを取りにいくのであれば、企業は心の壁を越えなければならない。それは経営に対する考え方であったり、海外の人たちの雇用の仕方とか、様々な仕組みを変えていかなくてはならないわけです。


山口多賀司(経営者)

「分相応」という言葉がありますが、経営者は自分自身を知らなければならない。創業の理念や原点を忘れず、誠意を持って地道に取り組むべきだ。


坂信弥

ふたつの条件を出した。月給は一銭もいただかない。それから役員は全部辞表を出すことのふたつである。
【覚書き|大商証券の経営再建を引き受けるにあたって出した条件】


松井忠三

下指導の目的は、「自分の頭で考えて仕事をしてもらうこと」に尽きる。


中島圭一(経営者)

タイで工作機械の生産を始めるため、現地に駐在しました。ゼロから会社を立ち上げ、工場を建てるのが私の仕事です。最初に20代の若いタイ人スタッフを1人雇いましたが、彼はシチズン時計という社名も、工作機械がどんなものかも知りませんでした。不安もありましたが、幸いにも彼は正直で熱心でした。会社のこと、工作機械産業のこと、2人で毎日話し込みました。気がつけば、考えや目標を分かち合えていました。彼はいま、タイの現場をまとめてくれています。現地での4年間で学んだのは、顔を合わせて話すことの重要性でした。


石坂典子

父(創業者)は本当に即断即決の人で、物事を決めるのがとても早い。さらに、決めたことを実行できるというスピード感もあり、それが当社の強みだと思いましたし、中小企業の強みなんだと思うんですよ。役所や大手企業では決裁が遅いといった問題があるように、組織が大きくなると問題になることが、中小企業では社長の一言で雰囲気を変えられるわけですからね。そう思うと、社長次第で会社は変わるということを父の背中を見て学びましたね。ですから、会社に入って父親を見た最初の印象は、ある意味ですごいなというものでした。