名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

二宮清純の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

二宮清純のプロフィール

二宮清純、にのみや・せいじゅん。日本のスポーツジャーナリスト。愛媛県出身。日本大学商学部在学中からスポーツ紙などに記事を寄稿。卒業後、スポーツ紙記者などを務めたのち独立。日本経済新聞、スポーツニッポン新聞、サンデー毎日、週刊現代、文藝春秋、週刊大衆、ビッグコミックオリジナル、漫画ゴラク、小説宝石、フィナンシャルジャパン、経済界、Numberなどの多数の雑誌でコラムを担当した。

二宮清純の名言 一覧

これだけは誰にも負けない。そう言い切れる技術を持つ選手は、そう簡単には淘汰されることはない。


スランプは進化するチャンス。順調なら試すこともなかった戦術や技術に挑戦する機会を得られるわけですから。


不調は次のステップに進む転換期。結果が出ない自分を嘆くのではなく、それまでの自分のやり方から脱皮するとき。


監督の仕事は、判断も大事ですが決断はもっと大事。勝てる監督はここぞというときに、迷いなく決断できる。


自分で判断し、自分で行動し、自分で責任をとる。それがプロの掟なのである。上司の顔色をうかがう前に自らの目の光を確認すべきだ。死んだイワシのような目をしている男に仕事のできる者はいない。


心地よいと感じている自分に気づいたら、すぐにもっと緊張感のある距離に移動しなければなりません。楽な場所というのはもう終わっているということです。


数多く失敗することが大切です。失敗を恐れちゃいけませんが、甘く見てもらっても困ります。リスクをとれる範囲を少しずつ広げていくことが大切です。


固定観念と先入観を疑うことが重要です。私の仕事の場合、人に話を聞く際、下調べが大切なのは言うまでもありません。でも、取材相手に会う前には、それらの情報はすべて忘れて、頭の中を真っ白にしておくのです。取材相手がこんな人だというイメージを事前につくってしまうと、違っていたとき修正が利かないから危険なのです。


昔の方が仕事に対して豪快にバットを振っていました。いまは経験値が上がったから三振が少なくなりました。これがいいことなのか悪いことなのか……きっと悲観すべきことなんでしょうね。


私の真似をしても成功するとは限らないでしょう。生前、仰木彬さん(オリックス監督)は私に、「山に登るルートはたくさんあるのだから、自分の成功体験を押し付けてはいけない」と教えてくれました。彼のもとで野茂やイチローが育ったのも、まさに仰木さんが彼らの個性を、勇気をもって認めたからです。最適のルートは自分で見つけるよりほかにありません。


試合と同様、人間も会ってみないと、本当のところはわかりません。だから準備はあくまで準備、重要なのは現場での瞬発力や処理能力であり、何が起こるかわからないから楽しいんだと感じる感性です。


無駄を積み重ねることでしか、プロとしての眼力は磨かれないのもまた事実なのです。
【覚書き|試合が行われている場所に必ず行くようにしているという氏の発言に対し、「予想通りの展開になったら行っても無駄になるのでは?」と問われての発言】


私は自分の仕事を養蜂業だと思っています。試合が行われている場所、選手がいるところに自分が飛んでいかなければ、何もみえないし始まりません。たとえ、今日の試合はエースと二線級の先発だから観なくても結果はわかると思っても、足を運ぶのです。そうすれば必ず何かしら、「えっ」と思うことに出くわします。


仕事を楽しむために必要なのは、ジャンルは何であれ、自分に課すべきプロとしてのたしなみを持つことじゃないでしょうか。


アスリート全般に広げていえば、彼らが何をもって楽しいと感じるかは、それこそ百人百様です。世界記録に近づくことが人もいれば、お金や名誉、栄光を手に入れることが楽しいという人もいる。苦しい練習に耐えること自体が快感だという人だっているでしょう。要するに価値観の問題です。


取材で相手に近づきすぎればインサイダーに近い情報は取れても、逆に見えなくなるものがあります。かといって遠く離れた安全地帯にいたら、見えるものが限られてしまいます。じゃあどの位置にいればいいのかといったら、正解はありません。しいて言えば、打たれるかもしれないけれど、こちらのパンチも届くギリギリのところ、それが私の距離感です。


人間って、うまくいったことを検証したり、分析することって少ないんですよ。「やった!」「よかった!」で終わる人がほとんど。スランプとは、いままでのやり方ではもう通用しない。何かを変えろという合図。


上司は何を望み、何を求めているか。それを探るのも部下の仕事のひとつである。どんなにきれい事を言っても、使ってもらわなくては何もできない。そうであれば上司の考え方を前もって予習しておくのに越したことはない。そのくらいのしたたかさと賢さがないと生き馬の目を抜く世界で生き残ることはできない。


二宮清純の経歴・略歴

二宮清純、にのみや・せいじゅん。日本のスポーツジャーナリスト。愛媛県出身。日本大学商学部在学中からスポーツ紙などに記事を寄稿。卒業後、スポーツ紙記者などを務めたのち独立。日本経済新聞、スポーツニッポン新聞、サンデー毎日、週刊現代、文藝春秋、週刊大衆、ビッグコミックオリジナル、漫画ゴラク、小説宝石、フィナンシャルジャパン、経済界、Numberなどの多数の雑誌でコラムを担当した。

他の記事も読んでみる

室井摩耶子

ある音がある音へ行きたがっている。作曲家は休符1つに、これだけの感情を詰め込んでいる。音楽は詩であり小説であり、戯曲でもある。そういうことがわかると音楽が本当に面白くなる。譜面を開くたび発見が続くのです。最近はハイドンに夢中。子供たちの練習曲だなんていう人もいますが、もうすごいんだから。


曽山哲人

決断経験を重ねるにあたっては、やはり決断の量をたくさんこなすことが第一だと思います。決断と内省を何度も繰り返すうちに、決断の質も次第に上がってきて、難度が高い状況でも的確な決断を下したり、より大きな決断ができるようになるからです。ですから、人材を早く育てたければ、こうした決断経験を少しでも早く積ませるべきなのです。


松岡修造

テレビで伝えるときは、ありきたりの解説ではなく、僕にしか伝えられない言葉で伝える努力をしています。


藤森義明

あるときジャック・ウェルチが、マネジャーの評価基準についてこんなことを話していました。「マネジャーのAさんは、彼自身の実力は大したことがないが、周りに彼よりも優秀な部下をたくさん集めて、仕事をしている。彼こそ優れたリーダーだ。この会社のすべてのリーダーは彼のようになってほしい」と。これを聞いて、私は、確かにそうだなと思いました。人間誰でも、お山の大将でいたい気持ちがあると思うんです。だから自分より能力の高い人を周りに置きたがらない。上から目線で批判して、安穏としているわけです。しかし、こんなチームが挙げられる成果など、たかが知れています。


片田珠美

重要なのは頭ごなしの発言を控えること。相手が自分の話を聞いてくれていれば、最後に厳しいことを言われても、受け入れることができます。でも、話に耳を傾けてもらえず、いきなり「そんな言い訳は聞くに堪えない」「根本的に意味ないんじゃないですか」と頭ごなしに突き放されると、人格さえも否定された感じを受けてしまう。これが一番いけません。


小池百合子

他社や異業種の人との付き合いを増やしてみると、普段の仕事の中で当たり前だと思っていることが、別の会社や業界では面白い発見になるかもしれません。そうした気づきは、自分の可能性を再発見する機会となります。新しい環境に自分を晒すことが、自らの「きらり」を磨くことになるでしょう。


鈴木喬(経営者)

「脱臭炭」は、社員や取引先がみんな反対したのを押し切って、世に送り出したら大ヒットしました。むしろ、みんなが反対したときほど、商品化には熱が入ります。成功したら、「あの人にはかなわん」と全員、私にひれ伏すでしょう。それが楽しみですね。


望月靖志

日本の家電業界やエレクトロニクス業界が凋落してしまったのは、デジタルが主流の時代になり、似たような製品を誰もが作れるようになってしまったことが大きな要因としてあげられるでしょう。価格ではアジア勢に勝てない以上、より付加価値の高いものづくりを目指していかなければならないのは明らかです。


安川第五郎

いいものをつくるなら多少値段が高いのは当たり前だ。安かろう悪かろうよりは、良いものを少し高い値で売るのが我々製造業の商売常識である。さらに経験を積めばそれだけコストが下がり、製品もよくなるはずだ。


松坂晃太郎

父が社長だった時代、トップダウンで社員を引っ張っていたせいか、指示待ちの風土ができあがっていました。私はそれを変えたくて、能力よりも、やる気や人柄のよさなど、人間力の高い人物を抜擢して仕事を任せることにしたのです。当然、社内には摩擦が生じました。私が抜擢したのは、役員としては若手で実績がない人物だったからです。猛反発を食らいました。それでも、人間性重視の抜擢を続けました。


星野佳路

組織の構造やルールがフラットなだけではありません。社員全員が同じ立場に立って、対等に議論できる環境を大切にしています。年齢差や、役職による権限の違いはあっても、人間対人間として本音で話し合い、何でも言いたいことを言い合える――そういう文化が定着して初めて、本当の意味でフラットな組織だといえるのではないでしょうか。


日野原重明

老人には生き生きと生きる権利と、自分たちにできることをやる使命があります。周りから、何かをしてもらうだけでなく、自ら行動するのです。社会もそうした老人たちを温かい心で包み、交わりの中に迎え入れなくてはなりません。