二宮清純の名言

二宮清純のプロフィール

二宮清純、にのみや・せいじゅん。日本のスポーツジャーナリスト。愛媛県出身。日本大学商学部在学中からスポーツ紙などに記事を寄稿。卒業後、スポーツ紙記者などを務めたのち独立。日本経済新聞、スポーツニッポン新聞、サンデー毎日、週刊現代、文藝春秋、週刊大衆、ビッグコミックオリジナル、漫画ゴラク、小説宝石、フィナンシャルジャパン、経済界、Numberなどの多数の雑誌でコラムを担当した。

二宮清純の名言 一覧

これだけは誰にも負けない。そう言い切れる技術を持つ選手は、そう簡単には淘汰されることはない。


スランプは進化するチャンス。順調なら試すこともなかった戦術や技術に挑戦する機会を得られるわけですから。


不調は次のステップに進む転換期。結果が出ない自分を嘆くのではなく、それまでの自分のやり方から脱皮するとき。


監督の仕事は、判断も大事ですが決断はもっと大事。勝てる監督はここぞというときに、迷いなく決断できる。


心地よいと感じている自分に気づいたら、すぐにもっと緊張感のある距離に移動しなければなりません。楽な場所というのはもう終わっているということです。


数多く失敗することが大切です。失敗を恐れちゃいけませんが、甘く見てもらっても困ります。リスクをとれる範囲を少しずつ広げていくことが大切です。


固定観念と先入観を疑うことが重要です。私の仕事の場合、人に話を聞く際、下調べが大切なのは言うまでもありません。でも、取材相手に会う前には、それらの情報はすべて忘れて、頭の中を真っ白にしておくのです。取材相手がこんな人だというイメージを事前につくってしまうと、違っていたとき修正が利かないから危険なのです。


昔の方が仕事に対して豪快にバットを振っていました。いまは経験値が上がったから三振が少なくなりました。これがいいことなのか悪いことなのか……きっと悲観すべきことなんでしょうね。


私の真似をしても成功するとは限らないでしょう。生前、仰木彬さん(オリックス監督)は私に、「山に登るルートはたくさんあるのだから、自分の成功体験を押し付けてはいけない」と教えてくれました。彼のもとで野茂やイチローが育ったのも、まさに仰木さんが彼らの個性を、勇気をもって認めたからです。最適のルートは自分で見つけるよりほかにありません。


試合と同様、人間も会ってみないと、本当のところはわかりません。だから準備はあくまで準備、重要なのは現場での瞬発力や処理能力であり、何が起こるかわからないから楽しいんだと感じる感性です。


無駄を積み重ねることでしか、プロとしての眼力は磨かれないのもまた事実なのです。
【覚書き|試合が行われている場所に必ず行くようにしているという氏の発言に対し、「予想通りの展開になったら行っても無駄になるのでは?」と問われての発言】


私は自分の仕事を養蜂業だと思っています。試合が行われている場所、選手がいるところに自分が飛んでいかなければ、何もみえないし始まりません。たとえ、今日の試合はエースと二線級の先発だから観なくても結果はわかると思っても、足を運ぶのです。そうすれば必ず何かしら、「えっ」と思うことに出くわします。


仕事を楽しむために必要なのは、ジャンルは何であれ、自分に課すべきプロとしてのたしなみを持つことじゃないでしょうか。


アスリート全般に広げていえば、彼らが何をもって楽しいと感じるかは、それこそ百人百様です。世界記録に近づくことが人もいれば、お金や名誉、栄光を手に入れることが楽しいという人もいる。苦しい練習に耐えること自体が快感だという人だっているでしょう。要するに価値観の問題です。


取材で相手に近づきすぎればインサイダーに近い情報は取れても、逆に見えなくなるものがあります。かといって遠く離れた安全地帯にいたら、見えるものが限られてしまいます。じゃあどの位置にいればいいのかといったら、正解はありません。しいて言えば、打たれるかもしれないけれど、こちらのパンチも届くギリギリのところ、それが私の距離感です。


人間って、うまくいったことを検証したり、分析することって少ないんですよ。「やった!」「よかった!」で終わる人がほとんど。スランプとは、いままでのやり方ではもう通用しない。何かを変えろという合図。


上司は何を望み、何を求めているか。それを探るのも部下の仕事のひとつである。どんなにきれい事を言っても、使ってもらわなくては何もできない。そうであれば上司の考え方を前もって予習しておくのに越したことはない。そのくらいのしたたかさと賢さがないと生き馬の目を抜く世界で生き残ることはできない。


二宮清純の経歴・略歴

二宮清純、にのみや・せいじゅん。日本のスポーツジャーナリスト。愛媛県出身。日本大学商学部在学中からスポーツ紙などに記事を寄稿。卒業後、スポーツ紙記者などを務めたのち独立。日本経済新聞、スポーツニッポン新聞、サンデー毎日、週刊現代、文藝春秋、週刊大衆、ビッグコミックオリジナル、漫画ゴラク、小説宝石、フィナンシャルジャパン、経済界、Numberなどの多数の雑誌でコラムを担当した。

他の記事も読んでみる

賀来龍三郎

人のためになることであって、なおかつ自分のためになることをやっていかなければ、企業は成立しない。自らの繁栄を求めながら、真の社会的責任を果たす企業を目指せ。【覚書き:利他と利己のバランスをうまく取りながら、なおかつ社会に貢献する企業活動をせよという趣旨の発言】


岩田松雄

スターバックスに入ったとき、レジで注文を受けた後、パートナー(店員)がバーカウンターでお客さまに商品を手渡す時が、この仕事の火花の散る(付加価値が発生する)瞬間であるはずです。偶然にも、スターバックスのコミットメントに、「Moments of Connection(顧客とつながる瞬間を大切にする)」があります。全社員の意識をその火花の散る瞬間(Moments of Connection)に向けなければならないと感じました。それが「経営者の一番大事な仕事」と言っても過言ではないのです。


吉田たかよし

私自身、細切れ時間をインプットにあてています。覚えるべき内容を自分の携帯電話のアドレスにメールで送信しておき、それを読みながら電車で移動したり、手帳に医学書や専門書の縮小コピーを貼っておいて、30秒でも空き時間ができたらサッと取り出して暗記をしたりしています。こうした習慣で、まとまった時間が取れなくてもかなりの知識を身につけることができるのです。


豊田圭一

私は25歳で会社を辞め、独立して以降、才能とセンスで生きていけるという自信は見事に覆されました。そして、幾度も壁にぶち当たり、もがくことになりました。しかし、乗り越えた壁が増えるにつれ、経験は深まり、広がっていきました。


オカダ・カズチカ

プロレスって、みんながみんな、ハッピーエンドでは帰れないと思うんですよ。例えば、オカダ対内藤(哲也)の試合で僕が勝つと、内藤ファンは「次、見とけよ」と思う。それが延々に終わらないんです。新日本プロレスは今年45周年ですけど、45年間、終わらないドラマをやっている。何かしらずっと続いていて、一度観たら止められないんじゃないかと思いますね。


工藤公康

自分が何をするべきか。それに気づき、自分を伸ばす方法を見つけ出した若手は目の色を変えます。叱責や体罰なんて受けなくても、自分で根性を出して最大限の努力をします。もっと自分を伸ばしたい、と思わせること。その時に、その方法・選択肢を与えることができれば、伸びていく。


むらかみかずこ

誤字や言葉遣いの誤りも愛嬌のうち。最初のうちは小さなことにこだわらず、とにかく手紙を書きましょう。そのうち慣れて、すらすら書けるようになります。


楽しんご

思い立ったらすぐ行動します。明日まで待つとか大嫌いなんですよ。そうしないとチャンスが逃げちゃうと思って。


坂本孝

私たちの会社は当初、客単価2500円の串焼き屋を10店舗ほど経営していたのですが、結局は同業他社と同じことをやっているに過ぎなかった。同じことをやっているうちは、大手の居酒屋チェーンには勝てないんです。だったら、大手にはできないことをやってやろうと考えた。つまり、他には誰もやっていない、ビジネスの「すき間」を探したんです。


羽生善治

私は自分なりの価値基準を決めて、情報を取捨選択します。情報の質を見極めるときには、自分が信認した基準をほかに持つことをお勧めします。たとえば「この人が言っているので間違いない」といった具合です。


夏野剛

何かを判断するときは、5分で結論を出す。これは徹底しています。人間の脳は、世界最高速のコンピュータなんですから、その能力を活かすには、5分間集中して考えた方が間違いなくいい。


堀紘一(コンサルタント)

人は交友関係が広ければ、目の前の相手の性格や考え方についても、より広い視点から客観的にみることができる。しかし交友関係が狭いと、目の前の人が自分の交友関係の範疇を超えた人物であると、そこで対応できなくなってしまう。だからこそ、人の数だけ多様な価値観が存在することを、交友関係をとおして実感してほしい。


渡辺健介

仮説思考のメリットは、問題解決のスピードを上げることです。例えば、原因を特定する際、すべての要素を検証していては時間がいくらあっても足りない。経験や知識を生かして「ここに問題がありそう」と、自分なりの答え(仮説)を持つことで、より効率的かつ高い精度で問題が解決できます。


岩切章太郎

無事故への祈り、それは私どもの永遠の祈りであり努力目標である。いつ果たせるかわからないけれども、永遠の祈願として絶えざる努力を続けていきたいと思う。


村田昭治

人間は普通、他人を見る眼はきびしく自分に対しては甘い。だから折に触れて歯に衣着せぬ指摘や忠告をしてくれる先輩・友人をもつことは、特に経営者、リーダーには必要。良きアドバイザーは人生の大きな宝となる。


ページの先頭へ