名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

二子山親方(初代)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

二子山親方(初代)のプロフィール

花田勝治、はなだ・かつじ。初代若乃花、初代二子山親方。青森県出身。巡業の相撲大会に飛び入りで参加し、本職力士を複数破ったことをきっかけに二所ノ関部屋に入門。第45代横綱として活躍した。日本相撲協会理事を務めた。

二子山親方(初代)の名言 一覧

相撲道は辛抱して自分で切り開いていくもの、誰も手とり足とり教えてくれはしない。15尺の土俵。あの中にはなんでも落ちている。女房、金、ダイヤモンド、全てがある。全人生がある。


二子山親方(初代)の経歴・略歴

花田勝治、はなだ・かつじ。初代若乃花、初代二子山親方。青森県出身。巡業の相撲大会に飛び入りで参加し、本職力士を複数破ったことをきっかけに二所ノ関部屋に入門。第45代横綱として活躍した。日本相撲協会理事を務めた。

他の記事も読んでみる

南場智子

あらゆる局面で努力が必要と考えています。球団の収入源はいろいろありますが、ファンの期待に応えられるゲームをするということが最も大切です。精いっぱい補強を行い、良いゲームをして、もともとファンだった人にカムバックしてもらったり、横浜を盛り上げるためにイベントを催したり、観客席に趣向を凝らしたり、様々なチケットを出したりといったことを総合的にやってきました。他の球場を見させていただくと、例えば家族ぐるみで見に来れたり、大勢でバーベキューをしながら見られるような趣向を凝らした席があったり。そういう例を参考に、新しいこともやっていきたいですね。


メンタリストDaiGo

権威効果に関しては、白衣や制服を着ているだけで信用度が上がるという実験結果が出ています。人は相手の見た目と権威を結びつけ、信用してしまう。詐欺師はこの心の動きを逆手に取って、きちんとした身なりをしているもの。見た目がしっかりした人ほど疑うべきです。


池田弘(経営者)

会議も市場調査も全く意味がない。みんなで話し合ったり、データを分析したりして商売がうまくいくか分かるならこんな楽な話はない。


宗雪雅幸

終身雇用とか年功序列とか、これは日本型というよりも戦後日本型と言った方がより正確かと思います。これまで通りで許される時代ではないのは確かです。役員会についてはスピードとか効率とかいったアメリカ的な考え方を取り入れていくことが必要です。戦略的な役員会にするためには、とにかく人数を少なくする必要がありました。そうしないとまともな議論さえできないのです。


鈴木篤(経営者)

私はこれまでいろいろな仕事を経験させてもらいました。これらの経験すべてが私にとっては大きな財産になりました。


坂田道信

そもそも「儲けよう」という考えが自己中心的であり、私は間違っていると思います。商売とは「相手を喜ばせること」であり、多くの人々を豊かに幸せにしていくことで、その「お布施」として結果的に儲かるようになるのです。


大前研一

チームの無駄な時間を省くには、その仕事のリーダーが、あらかじめ全員にでき上がりの具体的なイメージを伝えておくことだ。そうすれば、まるで的外れのものがあがってきて、また一からやり直しといった無駄は避けられる。逆に、何のイメージもないまま「とにかく考えてこい」というような指示では、スタッフは暗中模索で何案も考えなければならない。しかも、膨大な作業をしたにも関わらず、そのほとんどが無駄になるのだから、これじゃ全体のスピードも上がらないし、スタッフのテンションだって落ちてしまう。


米長邦雄

これまで勝利してきた得意な手が、どうにも通用しなくなる。要するに時代遅れになっているわけです。どんどん出てくる若手の棋士はピストルの弾丸のようなものです。そこで自分のやり方に固執する、かつての勝者の末路は哀れです。頭でわかっていても行動できない。自分の思い込みや心理状況を冷静に分析することが必要です。


梅澤高明

最初に明確なアウトプットイメージ、すなわち仮説を持って作業を設計しないと、極めて効率が悪いことになる。


猫ひろし

コーチをつけるようになってから、タイムは飛躍的に伸びました。それまで、ただ闇雲に走っていたのが、科学的なトレーニングや走った後のケアやマッサージのやり方まで教わりましたから。


大久保幸夫

20代でつくるべき自分、というのは、「仕事の基礎力」と言い換えていいかもしれません。よく「これからは専門性の時代だ。とにかくプロフェッショナルをめざせ」などという意見を聞きますが、それはあくまで基礎力が身についてからの話。若いうちはとにかく仕事の量をこなし、自分の限界を知ること。これは20代でしかできないことです。


宮内義彦

21世紀は知識集約社会であり、新しいものをつくっていくことでしか生きられない。そのためには、日本人も外国人も含めて、さまざまな才能や経験を持った人に来てもらう必要があります。