名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

二子山親方(初代)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

二子山親方(初代)のプロフィール

花田勝治、はなだ・かつじ。初代若乃花、初代二子山親方。青森県出身。巡業の相撲大会に飛び入りで参加し、本職力士を複数破ったことをきっかけに二所ノ関部屋に入門。第45代横綱として活躍した。日本相撲協会理事を務めた。

二子山親方(初代)の名言 一覧

相撲道は辛抱して自分で切り開いていくもの、誰も手とり足とり教えてくれはしない。15尺の土俵。あの中にはなんでも落ちている。女房、金、ダイヤモンド、全てがある。全人生がある。


二子山親方(初代)の経歴・略歴

花田勝治、はなだ・かつじ。初代若乃花、初代二子山親方。青森県出身。巡業の相撲大会に飛び入りで参加し、本職力士を複数破ったことをきっかけに二所ノ関部屋に入門。第45代横綱として活躍した。日本相撲協会理事を務めた。

他の記事も読んでみる

渡辺康幸

組織を強くするためには、全員で厳しい試練に打ち勝つことが必要です。


佐々木常夫

それぞれの部署で仕事をしていくうえで、一定の知識は必要でしょう。でも、業務の中で知識が求められるのは、ほんの1割か2割程度のもの。それよりも圧倒的に求められるのは「人間性」です。仕事はコミュニケーションと信頼関係の連続で成り立っています。それは、営業だろうと、総務だろうと、経理だろうと同じです。経理の知識がいくらあっても、コミュニケーション能力に欠けていて、他人から信頼されないようでは、仕事になりません。


昆政彦

我々経営陣の仕事は、イノベーションを早く生めとか、この技術を早くものにしろとか、細かい指示をすることではない。エンジニアやマーケティング担当者が交わり合えるような場を設定してあげることが主な職務。


鎌田浩毅

私は今年の手帳と去年の手帳の2冊を持ち歩いています。去年の手帳も持っていれば、過去のスケジュールを見ながら、重要な案件が入らない時期を予測できます。


山内溥

僕らみたいな仕事をしていると、いろいろ迷うんです。これしようとか、あれしようとか。ところが、あれしてもだめ、これしてもだめだということになっていくと、だんだん自分のやれる範囲が絞られてくる。だから、私は何も新しいものを求めていたんでも何でもなくて、考えていくうちに、もうこのへんしかないと。任天堂の行くところは、それしかないと思わざるを得なかったんです。消去法でいけばそうなるんです。


佐渡島庸平

漫画家は世間の人が思う以上に厳しい職業。朝早くから深夜まで、作品にずっとかかりっきりです。苦しくても、自分の心に鞭を打ち、作品のレベルを上げていける。それが天才たるゆえんだと思います。


長谷川和廣

駄目な会社に出向くと、そこには見事なまでに共通点があります。多くの社員が利益に関心を持っておらず、真剣なのはほんの一握りの人たちだけということです。しかも、社内には不平、不満が渦巻いている。その原因はトップが役割を果たしていないことや、明確な理念や目標がないことなどです。


ドナルド・トランプ

ビジネスはリレー競走に似ている。優秀なチーム、勝てるチームをつくるには、後れを取る人間を入れるわけにはいかない。その人に全員が足を引っ張られるからだ。自分が流れを止めて皆を待たせる人間にならないよう、気をつけよう。明快さを求められたときに全力疾走できるようになろう。


孫正義

時価総額なんて、影絵のようなもの。大きくもなれば小さくもなる。


酒井将

最初はイチからのスタートでしたが、ここにきて急速に育ってきました。弁護士の教育にはいろいろなやり方がありますが、一番はなんといっても事件を通した経験です。それによってノウハウを取得できます。


松本徹三

いまだに思い出すのもつらい、どん底の経験でしたが、この失敗を契機に、私の仕事に対する考え方は大きく変わりました。それまでの私はどちらかというと情熱任せに突っ走る傾向がありましたが、一転して常に最悪のケースを想定し、リスクを厳しく管理することを心がけました。
【覚書き|伊藤忠商事社員時代、ニューヨーク駐在をしていた頃の失敗について振り返っての発言】


宮嶋宏幸

私が入社した頃はまだ店舗数が2店。来店客であふれ、毎年前年の数字を更新していた時代でした。業態自体が若く、まさにベンチャーだった。我々は創業者の新しいチャレンジに臨むパワーやアイデアのすごさに直接触れられた世代。その精神を次世代に引き継がなければという思いは強いです。