名言DB

9419 人 / 110788 名言

二子山親方(初代)の名言

twitter Facebook はてブ

二子山親方(初代)のプロフィール

花田勝治、はなだ・かつじ。初代若乃花、初代二子山親方。青森県出身。巡業の相撲大会に飛び入りで参加し、本職力士を複数破ったことをきっかけに二所ノ関部屋に入門。第45代横綱として活躍した。日本相撲協会理事を務めた。

二子山親方(初代)の名言 一覧

相撲道は辛抱して自分で切り開いていくもの、誰も手とり足とり教えてくれはしない。15尺の土俵。あの中にはなんでも落ちている。女房、金、ダイヤモンド、全てがある。全人生がある。


二子山親方(初代)の経歴・略歴

花田勝治、はなだ・かつじ。初代若乃花、初代二子山親方。青森県出身。巡業の相撲大会に飛び入りで参加し、本職力士を複数破ったことをきっかけに二所ノ関部屋に入門。第45代横綱として活躍した。日本相撲協会理事を務めた。

他の記事も読んでみる

柳澤大輔

一年前から「ぜんいん人事部」という制度を始めました。社員を全員人事部付にして、全員の名刺に「人事部」という肩書きを加えたのです。さらに、採用試験の書類選考を免除する「ファストパス」を持ち歩いてもらい、「これは!」と見込んだ人がいたら渡してもらうようにしました。たったこれだけのことなのですが、全員が採用担当者としての意識を持つことで、どんどん優れた人材を採用できるようになりました。それだけでなく、採用コストが25%ほど下がりました。


妹尾大

いまのようなモノ余りの時代には、ただ効率を追求するだけでなく、ほかにはない新しいモノを創り出す必要がある。


三橋規宏

企業家にとって時代の先を読む洞察力とは、隠れている需要、ニーズを掘り起こし、顕在化させ、無から有を創り出し、それをビジネス化させる能力のことである。過去に存在しない製品やサービス、システムだが、それが登場すると、なるほど便利だ、楽しい、健康に良い、省エネだなどと評価される。これが無から有を創り出すということである。


伊原保守

アイシングループには、中核企業が14社、その子会社なども含めると200以上もの会社があります。アイシンのDNAには昔から、小さなプロ集団を作ってどんどん決断するという良いカルチャーがあった。ところが、一体感がない。グループ内の企業で事業はダブっているし、リソースも分散していた。そこで良さを捨てないために既存の会社組織は残し、同時に「パワートレイン」「走行安全」などの新技術領域のバーチャルカンパニーを作り、開発の人間を会社の壁を越えて割り振った。これが機能して、意思決定のスピードが上がりました。


鈴木敏文

成功するリーダーというのは時代の変化を感じ取り、時には失敗してもいいから何度もチャレンジしていく。そして組織を成功に導いていく。


田中仁(経営者)

振り返ると、小さなヒットやバントを狙って行った施策は後に活きません。失敗した時の怪我も小さいからです。でもフルスイングして空振り三振すると、反省も大きくなります。だからこそ学びがあり次に繋がるので、中途半端はいけません。


柵山正樹

業績がよいときには、これ以上チェンジしないでいい、このままでいいという誤解を持ってしまう。私はこれが一番危ないと思うんです。


河内幸枝

経営数値を頭に叩き込めば、現場ですべきことは、おのずと見えてくる。


山崎元

若いときから残業はしないと意識してきました。自己投資をする時間を確保しなくてはいけないと考えていましたから。週末のうち、どちらか1日の半分は専門分野の本を読むことに使っていましたし、同じように平日の夜も勉強のための時間をつくっていました。


出雲充

「文系」「理系」という学問の分け方の是非は置いておいて、両方やっているとすごく楽しいですし、数学とか理系の分野に対する苦手意識もなくなる。