二子山親方(初代)の名言

二子山親方(初代)のプロフィール

花田勝治、はなだ・かつじ。初代若乃花、初代二子山親方。青森県出身。巡業の相撲大会に飛び入りで参加し、本職力士を複数破ったことをきっかけに二所ノ関部屋に入門。第45代横綱として活躍した。日本相撲協会理事を務めた。

二子山親方(初代)の名言 一覧

相撲道は辛抱して自分で切り開いていくもの、誰も手とり足とり教えてくれはしない。15尺の土俵。あの中にはなんでも落ちている。女房、金、ダイヤモンド、全てがある。全人生がある。


二子山親方(初代)の経歴・略歴

花田勝治、はなだ・かつじ。初代若乃花、初代二子山親方。青森県出身。巡業の相撲大会に飛び入りで参加し、本職力士を複数破ったことをきっかけに二所ノ関部屋に入門。第45代横綱として活躍した。日本相撲協会理事を務めた。

他の記事も読んでみる

道尾秀介

作家になれなかったときのことは正直、考えていませんでした。ただ、28歳になってさすがにヤバいなと思いはじめ、それで初めて長編を書いたんです。
【覚書き|19歳で小説家を志したのち、28歳でデビュー作『背の眼』を書いた当時を振り返っての発言。同作品はホラーサスペンス大賞特別賞を受賞した。】


池本慶且

水に関する素人だからよかったのかもしれません。慣例にとらわれることなく、安心で安全な水、命や環境を守るための水、つまり、人助けになるような「世界になくてはならない水を創る」その一心で商品の開発、改良を重ねました。


山田昇(ヤマダ電機)

仕事も、せっかくするのであれば高い目標を持つ。目標に挑戦して成功し、実績を積み上げれば自信になる。育てる側にすれば、達成感を与えることができる。これは教育には必要なことである。


野中正人

社員にとっていい会社であるために、しまむらは自由と公平を大切にしています。パート社員を含めて約14000人の社員からは、毎年4000件を超える改善提案があります。雇用形態に関わらず、あらゆる社員が自由な発想で提案できる風土があります。


朝倉千恵子

私は部下たちに、自分の家族を大切にする人になってほしいと願っています。自分の親や家族を大切に思う気持ちを持てない人が、同僚やお客様を真に大切にできるとは思えません。逆に、人を大切にできる人というのは、仕事の上でもプライベートでも、周りから愛されるに違いありません。


加藤清正

上一人の気持ちは、下万人に通ずる。
【覚書き:朝鮮出兵の帰路での発言、占領した地域にもう敵はいないのに清正が装備を整えていたのを見た人が、なぜ装備を外し身軽にならないのか問いかけたことに対する答え。自分が旅装を解いて身軽になって進んだ方が楽だが、油断をしてはいつ何が起こるかわからない。上の者が油断していれば、部下も全員油断する。だから自分は旅装を解かないのだという趣旨の発言】


水野敬也

僕は自分が好きな言葉を書いて壁に貼っているのですが、人が来ると外してしまいます。でも、大事な夢や目標を恥ずかしく感じるなんて矛盾していますよね。何とかしたい、何とかすべきだ、と考えました。共著者の長沼直樹と試行錯誤をして至ったのが、誰が見てもかわいらしい犬や猫の写真あって、それに合った言葉を付けた本です。
【覚え書き|ベストセラー『人生はワンチャンス!』『人生はニャンとかなる!』を企画したきっかけについて語った言葉】


三谷宏治

失敗して嫌だったと思う気持ちに「意味があるか」「価値があるか」と問い直してみましょう。悩んでも意味がないと思えば、嫌な感情は減っていくはずです。あるいは、失敗して嫌だったと思うこと自体は仕方のないこととして受け止め、反省することでこんなメリットがあると考えてみるのもひとつの方法です。


小林弘幸

人間というのは、やることが溜まれば溜まるほど、どんどん処理能力が落ちてしまうもの。なぜなら「小さな気がかり」は溜まれば溜まるほどストレスになり、自律神経のバランスを崩してしまうからです。「小さな気がかり」を増やさない。それが仕事全体のパフォーマンスアップにつながる。


丹生光

「守破離」という言葉をご存知だと思います。まず形を覚え、その後自分に合った技術を磨いていくということですが、これはビジネスの世界でもまったく同じです。まず基本を覚えてこそ、応用も利くようになる。この「形」こそがまさに、フレームワークだと言えます。


神津里季生

私が常々大事にしている判断基準は「世界に通用するか」「未来に通用するか」という視点。


山田敏夫

アパレルは、工場から消費者の手に渡るまで7つほどの業者を経ます。流通のほかに、広告費も大きい。中間マージンや広告費を省ければ、工場が利益を得つつ適正価格で消費者にお届けできる。


杉浦広一

私は、後輩に夫婦で経営しなさいと声を大にして言っています。公私混同にさえ注意すれば、これ以上のパートナーはありません。本当の意味での運命共同体です。


安西祐一郎

主体的に考え、行動できる人材の育成こそ大事。人口減少で将来訪れる危機は大変なものになります。これをカバーするためには人材の「質」しかありません。新しい時代に向けてチャレンジしていく若い人たちが出てきてくれないと、人口という「量」で低迷する日本を立て直すことはできません。ですから、当然、教育も変わらなければならない。


冨田和成

初対面の人と会話をする時、誠実な人だと思われたいなら終始丁寧な言葉遣いをするでしょう。逆に、距離を縮めたいならあえてフランクな話し方をするなど、目的に応じて言葉を使い分けているはずです。ファッションもコミュニケーションの手段の一つです。様々な引き出しを持っておいて、うまく使い分けることが肝心です。


ページの先頭へ