名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

亀谷誠一郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

亀谷誠一郎のプロフィール

亀谷誠一郎、かめたに・せいいちろう。日本のコンサルタント。「はこ」社長、「WEB行動心理学研究所」所長。福岡県出身。早稲田大学第一文学部卒業後、サイバー・コミュニケーションズに入社。九州支社を立ち上げ、九州エリア長を務めた。その後、BBDO J WEST上海事務室長などを経て「はこ」社長。

亀谷誠一郎の名言 一覧

思いついたら、目標を公言して即実行。チャンスやアイデアがあれば、常に飛びついて生きてきました。


相手はこちらの話なんて聞いていないことがわかった。つまり興味のあることしか聞いてない。このズレに気づいてから成績は上がった。


はじめはアピールしたいことばかりを考えて、大量の企画書を書いていましたが、相手には「相手が知りたいこと」しか伝わらないんだと気付いた。


今は自分の会社を立上げていますが、まだまだ世の中にはわからないことばかり。これからも新しいことに楽しみながらチャレンジし続け、より多くの事業に貢献していきたい。


どんな仕事でもはじめから上手くいくものはありません。はじめは失敗ばかりが続く苦しい時期があります。ただどんな仕事でもやると決めたら、時間がかかっても、怒鳴られまくっても、最後までやり続けてきました。


社会人はお勉強ができるよりも、どれだけ他の人がもっていない経験を積むかに意味があります。特に目線が狭く、効率的に働けない若い時期は、その視野を手に入れるためにも働けるだけ働いておきましょう。


今の世の中、どんなに大きな企業に入ろうとも将来まで食べていける保証はどこにもありません。今の仕事が明日にはない可能性すらあります。常に市場の動きを読み解き、必要な知識を学び続けどんどん上を目指していってください。


何にでも興味をもち、日々勉強し実行し続けること。私は、新人時代から鬼のような上司のもと、驚くほど働き続けてきました。終電、徹夜は当たり前。休みなんて全くなかったときもありました、今ではブラック企業と呼ばれてしまうかもしれませんが、体力のある若い間は、明確な目標をもって経験を時間で稼ぐことは良いことです。


企業が外注で求めているのは「余計な仕事を減らしてくれること」であることに注目。どの会社もやるような企業調査結果を話してもほとんど聞いてもらえません。それよりも、自分と一緒に仕事をすると目的を達成するまでの余計な仕事が減る、そこに特化してアピールしました。その結果、コンペで連勝することができました。


亀谷誠一郎の経歴・略歴

亀谷誠一郎、かめたに・せいいちろう。日本のコンサルタント。「はこ」社長、「WEB行動心理学研究所」所長。福岡県出身。早稲田大学第一文学部卒業後、サイバー・コミュニケーションズに入社。九州支社を立ち上げ、九州エリア長を務めた。その後、BBDO J WEST上海事務室長などを経て「はこ」社長。

他の記事も読んでみる

出原洋三

前例のない困難なことに取り組む際は、ブレないビジョンと危機意識が人に強い力を与えます。だからこそリーダーになる人に強い危機感を持ってもらわないといけません。


ウィリアム・フォスター

最初の計画が低い目標しか目指していなかったら、達成できるのはそれ以下だろう。


保志忠彦

余人をもって代え難し。周囲にそうささやかれたからか、あるいは本人がそう思い込んだからか、最近、トップの座に長く居座って老醜をさらしてしまう経営者が目立ちます。とくに創業者の場合、いかにタイミングよく身を引くかは大切なことです。外から見て早すぎると思われる時期に、決断しないといけない。


河野英太郎

考え事をする時間などは、移動時間やお風呂に入っている時間など、どんなときでもいいと思います。


最上悠

上からものを言われてカチンと来たときには、短期的な満足か、長期的な満足か、どちらをとるのか計算するといいでしょう。もともと「いいひと」には人からどう思われているのかがとても気になる対人不安を抱えている人のほか、自分を良く見せたいという思いから自己顕示欲が強い人もいます。短期的に自己顕示欲を満たそうとすると、焦って自滅することがあるので注意したほうがいいでしょう。


畑村洋太郎

経営トップも人間なのだから、間違いを犯す。怠ってはいけないのは、社員が発した重要なサインを見逃さないこと。「まさか」と思うことであっても、自分の考えが間違っているのではないかという度量を持つことが必要。


西多昌規

扁桃体は恐怖や不安、緊張などに反応します。心理的には、自分の思うようにならないときに怒りが生まれます。渋滞にはまったりすると、だんだん機嫌が悪くなる。仕事でも対人関係でも同じで、その程度が大きくなると怒りにつながります。


弘兼憲史

若い人にとって、年配者の話は、「昔の話」「時流に合わない」と感じることもあるでしょう。しかし実は、豊富な経験を持った「ジジ話」には、普遍的なビジネスのヒントが多いものです。頭ごなしに否定する前に、一度自分の中に落としてみると、意外な気つきが見えてくるかもしれません。


ムーギー・キム(金武貴)

メディアの報道は往々にして、既得権益側を守るためのものが多い。これを知ることがメディアリテラシーの基本だ。官僚にしても有力議員にしても、ブラックジャーナリストから大手マスメディアまで懇意にしている記者がいるので、散々あることないことを流して既得権益への挑戦者をつぶしにかかる。逆に、官僚の言うことを聞き、おとなしくしている大臣は、政策通として祭り上げられ、すっかりからめ捕られてしまうのだ。


森川宏平

我々は、収益性と安定性を高いレベルで維持できる事業を「個性派事業」と定義しています。化学には数百というセグメントがありますが、各セグメントでプレーヤーの寡占化が起きています。それは、トップメーカーでないと生き残れないからです。だからこそ、各々の事業を個性派事業へと変貌させ、セグメントトップになりたいという考え方です。黒鉛電極事業もこの考えの下にM&Aを行い、世界トップシェアになりました。他の事業でも、有機的成長かM&Aか、状況に合わせてトップになるための手を打っていきます。


澤村諭

最近では、社会における価値と企業から見た価値を両立させながら、事業活動を通じて社会が抱える課題を解決することを目指すCSVという理念を重視する機運が企業の間で高まっています。ロームも、社会とのかかわりを常に意識しながら事業を進めています。


谷原誠

私たち弁護士にとって、依頼人とのやり取りや法廷の尋問で質問することが欠かせません。いわば弁護士は質問のプロです。それはたくさんの質問をしているだけではなく、目的を明確にしたうえで訓練をしているからです。たとえば法廷での尋問には、「依頼人にとって有利な情報を引き出す」という明確な目的があります。この目的を意識して実践を繰り返すから質問力が磨かれるのです。ですから、質問力を高めるためにまずやるべきなのは、自分にとっての質問の目的をはっきりさせることです。