名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

亀谷誠一郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

亀谷誠一郎のプロフィール

亀谷誠一郎、かめたに・せいいちろう。日本のコンサルタント。「はこ」社長、「WEB行動心理学研究所」所長。福岡県出身。早稲田大学第一文学部卒業後、サイバー・コミュニケーションズに入社。九州支社を立ち上げ、九州エリア長を務めた。その後、BBDO J WEST上海事務室長などを経て「はこ」社長。

亀谷誠一郎の名言 一覧

思いついたら、目標を公言して即実行。チャンスやアイデアがあれば、常に飛びついて生きてきました。


相手はこちらの話なんて聞いていないことがわかった。つまり興味のあることしか聞いてない。このズレに気づいてから成績は上がった。


はじめはアピールしたいことばかりを考えて、大量の企画書を書いていましたが、相手には「相手が知りたいこと」しか伝わらないんだと気付いた。


今は自分の会社を立上げていますが、まだまだ世の中にはわからないことばかり。これからも新しいことに楽しみながらチャレンジし続け、より多くの事業に貢献していきたい。


どんな仕事でもはじめから上手くいくものはありません。はじめは失敗ばかりが続く苦しい時期があります。ただどんな仕事でもやると決めたら、時間がかかっても、怒鳴られまくっても、最後までやり続けてきました。


社会人はお勉強ができるよりも、どれだけ他の人がもっていない経験を積むかに意味があります。特に目線が狭く、効率的に働けない若い時期は、その視野を手に入れるためにも働けるだけ働いておきましょう。


今の世の中、どんなに大きな企業に入ろうとも将来まで食べていける保証はどこにもありません。今の仕事が明日にはない可能性すらあります。常に市場の動きを読み解き、必要な知識を学び続けどんどん上を目指していってください。


何にでも興味をもち、日々勉強し実行し続けること。私は、新人時代から鬼のような上司のもと、驚くほど働き続けてきました。終電、徹夜は当たり前。休みなんて全くなかったときもありました、今ではブラック企業と呼ばれてしまうかもしれませんが、体力のある若い間は、明確な目標をもって経験を時間で稼ぐことは良いことです。


企業が外注で求めているのは「余計な仕事を減らしてくれること」であることに注目。どの会社もやるような企業調査結果を話してもほとんど聞いてもらえません。それよりも、自分と一緒に仕事をすると目的を達成するまでの余計な仕事が減る、そこに特化してアピールしました。その結果、コンペで連勝することができました。


亀谷誠一郎の経歴・略歴

亀谷誠一郎、かめたに・せいいちろう。日本のコンサルタント。「はこ」社長、「WEB行動心理学研究所」所長。福岡県出身。早稲田大学第一文学部卒業後、サイバー・コミュニケーションズに入社。九州支社を立ち上げ、九州エリア長を務めた。その後、BBDO J WEST上海事務室長などを経て「はこ」社長。

他の記事も読んでみる

鈴木喬(経営者)

成功は「たまたま、偶然」の結果であることも多いものですが、失敗には必ず失敗につながった理由がありますから、学べることがたくさんあります。


山口貞一郎

ぼろぼろになった会社を父親から受け継いで、これを立て直すのは大変でした。1年365日、文字通り休みなく社員と一緒に働き、何年もかかって企業を再建させました。急な拡大はリスクの方が大きいというのが、このとき私が得た教訓です。


長嶋由紀子

異動のたびに私は、その理由を聞くのですが、現在のリクルートスタッフィングの社長になる時は「前任者に縛られず、先入観なく取り組むから」と言われました。それが私の特性なのだと。


小松易

先日、ある税理士さんから「読まずに溜まってしまった新聞をどうしたらいいか」と相談を受けました。事務所におうかがいすると、確かに新聞が積みあがっています。「片づけないといけないですね」「いや、まだ読んでいないんです」「どのくらいですか?」「一ヶ月くらいです」「一度捨てませんか?」「いい記事があるので、あとで読もうと思っているんです」こんな具合で、なかなか捨てられません。そこで、「いったんリセットするのも方法です。新聞を解約して、その代わりネットから情報をとるように切り替えてみてはどうでしょう」とアドバイスしました。


澤穂希

私は、苦手なことをなんとしてでも克服しようとは思っていません。もちろん、苦手なことに対しても努力はします。でも、無理に克服しようとしないで、「できないことはできない」と気持ちを切り替えるのです。できないことに引っかかり続けるよりも、得意なことを伸ばしていくほうがいいという発想です。


井上礼之

昨年買収した米グッドマン・グローバルを見ると、実行に焦点を当てたスピード経営を展開しています。グッドマンでは当社の役員が生産ラインのある改善提案をしたところ、翌朝には既に実行していて、「見てくれ」と言ってきたそうです。世界の勝ち組企業のスピード感はそれほどのものなのです。


越智直正

弊社の製品を高いと考える人もいるでしょうが、我々は、高品質の商品を適正な価格で販売しているという自負があります。一度、履いてみればその差は分かっていただけると確信しています。


和田完二

「人生に夢を持て。若人よ、開拓者たれ」。これは、私がいつも口にしている言葉である。言うまでもなく、私の青年期は、すでに遠い過去のものとなったが、人生に描く夢だけは、昔もいまも変わらないつもりでいる。


横山信弘

日々の仕事における決断で言えば、「この方法で正解なのか」などと迷うことなく、「仕事に即着手する」という決断をするよう心がけましょう。心理学に「未完了効果」という用語があります。人は納得できない、理解しない、腑に落ちないまま手をつけたほうが、学習効果が高まるということで、これは仕事にも当てはまります。


松井忠三

「下手の考え休むに似たり」。同じ会社の人間が頭を寄せ集めて議論しても、いいアイデアはなかなか出ない。世の中には、自分が悩んでいる問題を既に解決している人や会社が必ずあります。他人の知恵を借りるのも1つの手です。


堀口智顕

ありがたいことに人が人を、客が客を呼んでくれる。クチコミで紹介してくださるから、広告宣伝費は低いですよ。そうやって選んでもらえるのは尽くして尽くして尽くしまくるという利他の心のおかげでしょう。


近藤良平

「変わらない美学」みたいなものは、すごくあると思います。今年で結成15年なんですけど、10年ぐらい前にメンバーが面白がっていたことと、今面白がっていることを、基本的に同じようにしていたいと、メンバー自身が思ってますから。そりゃあ個人個人で言ったら、この10年で結婚したり、子供が産まれたり、前よりも儲かるようになったり、ならなかったり、それぞれいろいろ変わってますよ。でもだからこそ、「コンドルズは昔と変わらないスタンスでやりたい」という気持ちが、前よりもストレートになっている気がします。