名言DB

9419 人 / 110788 名言

亀谷誠一郎の名言

twitter Facebook はてブ

亀谷誠一郎のプロフィール

亀谷誠一郎、かめたに・せいいちろう。日本のコンサルタント。「はこ」社長、「WEB行動心理学研究所」所長。福岡県出身。早稲田大学第一文学部卒業後、サイバー・コミュニケーションズに入社。九州支社を立ち上げ、九州エリア長を務めた。その後、BBDO J WEST上海事務室長などを経て「はこ」社長。

亀谷誠一郎の名言 一覧

思いついたら、目標を公言して即実行。チャンスやアイデアがあれば、常に飛びついて生きてきました。


相手はこちらの話なんて聞いていないことがわかった。つまり興味のあることしか聞いてない。このズレに気づいてから成績は上がった。


はじめはアピールしたいことばかりを考えて、大量の企画書を書いていましたが、相手には「相手が知りたいこと」しか伝わらないんだと気付いた。


今は自分の会社を立上げていますが、まだまだ世の中にはわからないことばかり。これからも新しいことに楽しみながらチャレンジし続け、より多くの事業に貢献していきたい。


どんな仕事でもはじめから上手くいくものはありません。はじめは失敗ばかりが続く苦しい時期があります。ただどんな仕事でもやると決めたら、時間がかかっても、怒鳴られまくっても、最後までやり続けてきました。


社会人はお勉強ができるよりも、どれだけ他の人がもっていない経験を積むかに意味があります。特に目線が狭く、効率的に働けない若い時期は、その視野を手に入れるためにも働けるだけ働いておきましょう。


今の世の中、どんなに大きな企業に入ろうとも将来まで食べていける保証はどこにもありません。今の仕事が明日にはない可能性すらあります。常に市場の動きを読み解き、必要な知識を学び続けどんどん上を目指していってください。


何にでも興味をもち、日々勉強し実行し続けること。私は、新人時代から鬼のような上司のもと、驚くほど働き続けてきました。終電、徹夜は当たり前。休みなんて全くなかったときもありました、今ではブラック企業と呼ばれてしまうかもしれませんが、体力のある若い間は、明確な目標をもって経験を時間で稼ぐことは良いことです。


企業が外注で求めているのは「余計な仕事を減らしてくれること」であることに注目。どの会社もやるような企業調査結果を話してもほとんど聞いてもらえません。それよりも、自分と一緒に仕事をすると目的を達成するまでの余計な仕事が減る、そこに特化してアピールしました。その結果、コンペで連勝することができました。


亀谷誠一郎の経歴・略歴

亀谷誠一郎、かめたに・せいいちろう。日本のコンサルタント。「はこ」社長、「WEB行動心理学研究所」所長。福岡県出身。早稲田大学第一文学部卒業後、サイバー・コミュニケーションズに入社。九州支社を立ち上げ、九州エリア長を務めた。その後、BBDO J WEST上海事務室長などを経て「はこ」社長。

他の記事も読んでみる

村石久二

出会いというのは力がつけば、相応に巡ってくる。


熊谷眞一

ゴールを設定し、その実現を妨げている困難をどう克服するかと考えていたからこそ、日常の情景からもヒントを得ることができます。経営者がゴールを思い描くこと。それは詩人が詩を書くことと同じだと、私は思っています。


中田亨

「情報は盗まれるもの」「パスワードは破られるもの」という前提で情報機器を使うべきでしょう。むやみに会員登録しないのはもちろん、あまり重要でないサイトに登録する際の「捨てパスワード」を持っておくのも手です。


本田宗一郎

人生は冒険、仕事も冒険、そして生きるのも冒険。


前川あゆ

ファッションやリビング用品といった消費財のマーケットをリードするのは、トレンドに敏感な女性たちです。また多くの家庭において、実際に財布のひもを握っているのは、家計をやりくりする奥さん。家具・家電から車、家にいたるまで、買い物については奥さんに主導権のあるケースがほとんどです。営業成績を上げるには、女性の心をつかむことが重要です。


鈴木喬(経営者)

商品開発にも民主主義はそぐいません。次に出す新商品を合議で決めれば、結果として、つまらないものばかりが量産されることになります。あれほど議論に時間を掛けたのに、ありきたりの結論しか出なかった。そんな経験を持つ人は少なくないはずです。


山口一朗

社会的に意味のあることなら、時間がかかっても必ず大きな花が開くはず。


佐野眞一(ノンフィクション作家)

肝心なのは与えられた情報に右往左往して踊らされないことだ。そして「自分の視点でモノを考え、ちゃんと生きる」ことを続けて欲しい。


佐藤章(経営者)

異なる個性の人たちとチームを組むからこそ、最適解は見付かる。


野中正人

しまむらがブランドになるための絶対的な必要条件とは何か。それは、安さです。つまり「しまむら安心価格」が大前提です。しまむらは20年以上前から、いわゆる消し札(値下げの札)を一切使わずに、「この品質でこの値段だったら、絶対に安いと感じてもらえる」という値付けをしてきました。いくら高品質でも、価格が高ければ、しまむらの存在価値はなくなってしまうでしょう。