名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

亀谷誠一郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

亀谷誠一郎のプロフィール

亀谷誠一郎、かめたに・せいいちろう。日本のコンサルタント。「はこ」社長、「WEB行動心理学研究所」所長。福岡県出身。早稲田大学第一文学部卒業後、サイバー・コミュニケーションズに入社。九州支社を立ち上げ、九州エリア長を務めた。その後、BBDO J WEST上海事務室長などを経て「はこ」社長。

亀谷誠一郎の名言 一覧

思いついたら、目標を公言して即実行。チャンスやアイデアがあれば、常に飛びついて生きてきました。


相手はこちらの話なんて聞いていないことがわかった。つまり興味のあることしか聞いてない。このズレに気づいてから成績は上がった。


はじめはアピールしたいことばかりを考えて、大量の企画書を書いていましたが、相手には「相手が知りたいこと」しか伝わらないんだと気付いた。


今は自分の会社を立上げていますが、まだまだ世の中にはわからないことばかり。これからも新しいことに楽しみながらチャレンジし続け、より多くの事業に貢献していきたい。


どんな仕事でもはじめから上手くいくものはありません。はじめは失敗ばかりが続く苦しい時期があります。ただどんな仕事でもやると決めたら、時間がかかっても、怒鳴られまくっても、最後までやり続けてきました。


社会人はお勉強ができるよりも、どれだけ他の人がもっていない経験を積むかに意味があります。特に目線が狭く、効率的に働けない若い時期は、その視野を手に入れるためにも働けるだけ働いておきましょう。


今の世の中、どんなに大きな企業に入ろうとも将来まで食べていける保証はどこにもありません。今の仕事が明日にはない可能性すらあります。常に市場の動きを読み解き、必要な知識を学び続けどんどん上を目指していってください。


何にでも興味をもち、日々勉強し実行し続けること。私は、新人時代から鬼のような上司のもと、驚くほど働き続けてきました。終電、徹夜は当たり前。休みなんて全くなかったときもありました、今ではブラック企業と呼ばれてしまうかもしれませんが、体力のある若い間は、明確な目標をもって経験を時間で稼ぐことは良いことです。


企業が外注で求めているのは「余計な仕事を減らしてくれること」であることに注目。どの会社もやるような企業調査結果を話してもほとんど聞いてもらえません。それよりも、自分と一緒に仕事をすると目的を達成するまでの余計な仕事が減る、そこに特化してアピールしました。その結果、コンペで連勝することができました。


亀谷誠一郎の経歴・略歴

亀谷誠一郎、かめたに・せいいちろう。日本のコンサルタント。「はこ」社長、「WEB行動心理学研究所」所長。福岡県出身。早稲田大学第一文学部卒業後、サイバー・コミュニケーションズに入社。九州支社を立ち上げ、九州エリア長を務めた。その後、BBDO J WEST上海事務室長などを経て「はこ」社長。

他の記事も読んでみる

増沢隆太

ミスを隠さず、ミスから逃げず、きちんと報告する部下は組織の宝。


エリック・シュミット

マーケティング予算は企業国家アメリカで、最後まで説明のつかない支出である。


田口佳史

私が思うのは、時代の流れに沿って学問が細分化されてきましたよね。でも、これだけ西洋の近代主義が行き詰まっている時に、経済学や法学など、現在の縦割り学習では割り切れない問題が世の中にはいっぱいあるわけですよ。江戸期の幼年教育で重視した中国の古典思想「四書五経」には、法律論もあれば、戦略論も人生論も入っている。それが戦後のGHQ(連合国軍最高司令官総司令部)によって、規範形成教育がカットされてしまった。これが戦後70年経って、徐々に社会全体がおかしくなってきた原因だと思いますね。私がこうした話をすると皆さん、納得してくれるんです。だから、まだ復活のチャンスはあると思っています。


三浦善司

私は「trust and self-verify」という言葉が好きで、部下によく使います。あなたに任せていますから自分で自分を評価してくださいという意味です。この言葉をきちんと理解してくれる方に仕事を任せてきましたし、後継者もこれを基準に指名してきました。


ジョージ・イーストマン

不良品の対策を終えたあと、会社には1ドルも残っていなかった。しかし、それよりもはるかに大切なものが残った。それは世間の評判だ。
【覚え書き|創業当時に大量の不良品を無料交換したことを振り返っての発言】


杉山武史

今、当社には8つの主力事業があるが、4年後もその8つが強い保証はない。自社技術だけでは戦えないところは他社とアライアンス(提携)を組めばいい。デルクリマ(伊)のような大型M&Aは今後もありうるし、現場は自分たちの事業を自己変革してほしい。


森下篤史

「社長自らそこまでやるか!」と言われるけれど、目標に向かって死ぬほど頑張ることがオレには生き甲斐なんです。山登りと一緒。必死に登ることが幸せであって、ヘリコプターでラクに頂上へ行っても何の満足感もない。


宮永俊一

MRJ(三菱リージョナルジェット)など個別に残存する問題にはケリをつけないといけない。そこはある程度、私が責任を取ります。それ以外のことは若い人にどんどん任せたいと思っています。MRJ開発では私が主催する委員会を立ち上げ、月に2度くらい報告を受けています。週報はこの1年くらいすべて読んでいますよ。何が起こっているのかを把握し、納得ができ、課題も見えてきた。これならいける、と感じています。こういう難しいプロジェクトは指揮命令系統が1つでないといけない。コストオーバーを繰り返すと、みんな萎縮してしまいます。それを私主導にしたことでクリアになった。もやは晴れました。


ポール・ビソネット

相手との「力関係」に配慮した表現をすることが、相手を動かす英文メールの重要ポイントなのです。


深町秋生

10年前のノウハウなんて、ITの進歩や新たな法律ができて、まったく通用しなくなることがよくあるんです。警察もアウトローも、とどまることなく進化し続けている。こればかりは一朝一夕ではどうにもならないので、ネットから新書、カストリ雑誌に至るまで、様々なものに目を通し、日々、情報収集に励んでいます。


鎌田浩毅

世界に通用する専門家となるには、どの土俵で戦うかをよく考えなければなりません。競合が多い分野では、いくら努力してもなかなか成果が出ないからです。逆に競合が少なければ成果が出やすい。


齋藤孝(教育学者)

真に「できる人」は、決しておごらず、媚びたりせず、「できる」「できない」の境界線を知っている。これが、様々な業種・業界の「できる人」を見てきた私の印象だ。