亀谷誠一郎の名言

亀谷誠一郎のプロフィール

亀谷誠一郎、かめたに・せいいちろう。日本のコンサルタント。「はこ」社長、「WEB行動心理学研究所」所長。福岡県出身。早稲田大学第一文学部卒業後、サイバー・コミュニケーションズに入社。九州支社を立ち上げ、九州エリア長を務めた。その後、BBDO J WEST上海事務室長などを経て「はこ」社長。

亀谷誠一郎の名言 一覧

思いついたら、目標を公言して即実行。チャンスやアイデアがあれば、常に飛びついて生きてきました。

相手はこちらの話なんて聞いていないことがわかった。つまり興味のあることしか聞いてない。このズレに気づいてから成績は上がった。

はじめはアピールしたいことばかりを考えて、大量の企画書を書いていましたが、相手には「相手が知りたいこと」しか伝わらないんだと気付いた。

今は自分の会社を立上げていますが、まだまだ世の中にはわからないことばかり。これからも新しいことに楽しみながらチャレンジし続け、より多くの事業に貢献していきたい。

どんな仕事でもはじめから上手くいくものはありません。はじめは失敗ばかりが続く苦しい時期があります。ただどんな仕事でもやると決めたら、時間がかかっても、怒鳴られまくっても、最後までやり続けてきました。

社会人はお勉強ができるよりも、どれだけ他の人がもっていない経験を積むかに意味があります。特に目線が狭く、効率的に働けない若い時期は、その視野を手に入れるためにも働けるだけ働いておきましょう。

今の世の中、どんなに大きな企業に入ろうとも将来まで食べていける保証はどこにもありません。今の仕事が明日にはない可能性すらあります。常に市場の動きを読み解き、必要な知識を学び続けどんどん上を目指していってください。

何にでも興味をもち、日々勉強し実行し続けること。私は、新人時代から鬼のような上司のもと、驚くほど働き続けてきました。終電、徹夜は当たり前。休みなんて全くなかったときもありました、今ではブラック企業と呼ばれてしまうかもしれませんが、体力のある若い間は、明確な目標をもって経験を時間で稼ぐことは良いことです。

企業が外注で求めているのは「余計な仕事を減らしてくれること」であることに注目。どの会社もやるような企業調査結果を話してもほとんど聞いてもらえません。それよりも、自分と一緒に仕事をすると目的を達成するまでの余計な仕事が減る、そこに特化してアピールしました。その結果、コンペで連勝することができました。

亀谷誠一郎の経歴・略歴

亀谷誠一郎、かめたに・せいいちろう。日本のコンサルタント。「はこ」社長、「WEB行動心理学研究所」所長。福岡県出身。早稲田大学第一文学部卒業後、サイバー・コミュニケーションズに入社。九州支社を立ち上げ、九州エリア長を務めた。その後、BBDO J WEST上海事務室長などを経て「はこ」社長。

ページの先頭へ