亀谷誠一郎の名言

亀谷誠一郎のプロフィール

亀谷誠一郎、かめたに・せいいちろう。日本のコンサルタント。「はこ」社長、「WEB行動心理学研究所」所長。福岡県出身。早稲田大学第一文学部卒業後、サイバー・コミュニケーションズに入社。九州支社を立ち上げ、九州エリア長を務めた。その後、BBDO J WEST上海事務室長などを経て「はこ」社長。

亀谷誠一郎の名言 一覧

思いついたら、目標を公言して即実行。チャンスやアイデアがあれば、常に飛びついて生きてきました。


相手はこちらの話なんて聞いていないことがわかった。つまり興味のあることしか聞いてない。このズレに気づいてから成績は上がった。


はじめはアピールしたいことばかりを考えて、大量の企画書を書いていましたが、相手には「相手が知りたいこと」しか伝わらないんだと気付いた。


今は自分の会社を立上げていますが、まだまだ世の中にはわからないことばかり。これからも新しいことに楽しみながらチャレンジし続け、より多くの事業に貢献していきたい。


どんな仕事でもはじめから上手くいくものはありません。はじめは失敗ばかりが続く苦しい時期があります。ただどんな仕事でもやると決めたら、時間がかかっても、怒鳴られまくっても、最後までやり続けてきました。


社会人はお勉強ができるよりも、どれだけ他の人がもっていない経験を積むかに意味があります。特に目線が狭く、効率的に働けない若い時期は、その視野を手に入れるためにも働けるだけ働いておきましょう。


今の世の中、どんなに大きな企業に入ろうとも将来まで食べていける保証はどこにもありません。今の仕事が明日にはない可能性すらあります。常に市場の動きを読み解き、必要な知識を学び続けどんどん上を目指していってください。


何にでも興味をもち、日々勉強し実行し続けること。私は、新人時代から鬼のような上司のもと、驚くほど働き続けてきました。終電、徹夜は当たり前。休みなんて全くなかったときもありました、今ではブラック企業と呼ばれてしまうかもしれませんが、体力のある若い間は、明確な目標をもって経験を時間で稼ぐことは良いことです。


企業が外注で求めているのは「余計な仕事を減らしてくれること」であることに注目。どの会社もやるような企業調査結果を話してもほとんど聞いてもらえません。それよりも、自分と一緒に仕事をすると目的を達成するまでの余計な仕事が減る、そこに特化してアピールしました。その結果、コンペで連勝することができました。


亀谷誠一郎の経歴・略歴

亀谷誠一郎、かめたに・せいいちろう。日本のコンサルタント。「はこ」社長、「WEB行動心理学研究所」所長。福岡県出身。早稲田大学第一文学部卒業後、サイバー・コミュニケーションズに入社。九州支社を立ち上げ、九州エリア長を務めた。その後、BBDO J WEST上海事務室長などを経て「はこ」社長。

他の記事も読んでみる

南佳孝

音楽も今、予定調和で「どっかで聴いた音だな」ばっかり。売れ線で作ってるというか、音楽「ビジネス」になってるんだよね。でも本当はそうじゃなくて、例えば高校生の頃、友達の家でああでもない、こうでもないって1日中ギター弾いて過ごせたじゃない。そういうものだよ、音楽って。今はパソコンで打ち込みすれば1人でバンドでも何でもできるし、僕もそれに凝ったこともあるけど、それより4人くらいで集まって「せーの」で演奏した方が、よほど気持ちいい。いまは音楽も人とのコミュニケーションも、バーチャルだけだと「ちょっと違うんじゃない?」って思うね。


宮内義彦

会社の行く末は、経営者が握っています。ヘタをして事業に失敗すると、会社は潰れてしまう。その恐怖から逃れるためには、会社を「伸びる会社」にするしかありません。


出井伸之

他人と異なる強みを持つことができれば、社外からも必要とされる人材になれる。


高橋祥子

小学生のときに弟に大好きなアイスを食べられて以来気づいたのですが、その時は凄い頭に来ても、一週間経てばすっかり忘れますよね。それと一緒で、どんな危機的状況であってもどんなに怖くても、未来の自分からしたら何も大したことないんですよ。未来の自分が「こんなこともあったな」と笑い飛ばしている場面を想像してみると、心が落ち着いて何だってできます。こうやって、未来へタイムスリップして今の自分を客観視するのをマスターすると、何かに挑戦するハードルを低くして何でも行動できると思います。


西本智実

楽団員は一人ひとりがプロで、プライドもあります。ですから、冷静な会話を意識しています。ネイティブのように各国の言語を話せなくても、「こうしたい」という明確な指針を持っていれば、必ず伝わります。


渡部肇史

環境変化もさまざまで、立場によって異なることもある。互いが見ている「変化の像」を共有してこそ、組織としての環境適応力は向上する。そのため、まず経営陣が現場へどんどん出向き、現場での変化を肌感覚で知ること。あわせて現場のメンバーに経営レベルで注視している環境変化を伝えること。こうしたコミュニケーションの粘り強い繰り返しが重要。


太田大介

気分転換としての運動の習慣を身につけるのは、それほど難しいことではないでしょう。体力増強が目的ではないので、一回あたりの時間や、週に何回するかといったルールを決めることなく、楽しんでやればいいと思います。


小笹芳央

上手な報告は、次のような構成になっています。まず「全体の見取り図を、事実を基に示す」。その後、「相手の関心が高いテーマについての詳細を説明する」。最後に、「自分なりの考察や意見を述べる」。


土井英司

自分の得意ではないジャンルの本の場合、良し悪しの判断が難しい。そんなときは、専門家に聞くのが一番。営業術の本なら営業職の人に聞けば、正しい評価がわかります。専門家が書いているブックレビューを参考にするのもオススメです。


戸塚隆将

他人との競争が目的になってしまうのは本末転倒。


孫正義

人類社会がこの地球上で、他の生命体に比べて最も繁栄し拡大し続けた理由は人類が助け合うという機能を持っているからです。ソフトバンクグループも、助け合うことで長く大きく繁栄するベースを作れると思います。


尾藤克之

ゴマすりでいいんです。ゴマすりだって、やりたいことが通って評価も上がり、さらには会社の業績がよくなるのであれば万々歳ですよね。そもそも立場が上の人にただお願いするだけでは、うまくいくはずがありません。「自慢話をひたすら聞く」という普通の人がいやがることを徹底でき、いい気持ちにさせるから気に入られるのです。


樋口一

悪徳業者が増加した時に当社の成約率が高まるという現象も起きました。きちんとした会社であることを理解していただき、実際の商談まで進めば当社に任せていただけるケースが多いのです。


石川朋之

学生を対象にスタートしましたが、会社に入って元気をなくしたら意味がない。そこで企業も元気にしたい。企業が成長すれば地域が潤う。人の成長を軸に、地域が活性化するサイクルをつくっていきたい。


田中稔哉

アイデンティティを持っていないと環境に左右されるだけのカメレオン的存在になってしまう。


ページの先頭へ