名言DB

9425 人 / 110833 名言

亀田高志の名言

twitter Facebook はてブ

亀田高志のプロフィール

亀田高志、かめだ・たかし。日本の医師、経営者。「(株)健康企業」「産業医大ソリューションズ」社長。産業医科大学医学部卒業。大手企業産業医、産業医科大学講師などを経て産業医科大学が設立したベンチャー「産業医大ソリューションズ」社長に就任。

亀田高志の名言 一覧

どんな社会的地位にあっても、職業に就いていても、血圧とコレステロールが高く、肥満気味の人は要注意。太い血管が詰まり、心筋梗塞や脳梗塞を起こします。命は取り留めても半身不随になる、言葉が話せなくなるといった障害に悩む人もいます。いきいきと働くためには生活習慣を整え、早期からのケアが必要です。


怖いのは生活習慣病のツケが20年後、25年後にあらわれることです。40代で医者から「糖尿病です」と言われても、最初は自覚症状がありません。放置したままだと60歳、65歳の頃には目が見えなくなったり、腎不全になって透析を受けなければならなくなったりと、一気に健康にダメージが出るのです。


日系企業と外資系企業だと、外資系のほうが成果を出さないとクビになるので相当ストレスがかかっているだろうと思われる人も多いでしょう。確かに環境に適応しきれずにうつになる人もいます。ですが、外資系は結果が求められる半面、いろいろな裁量が大きいので割と元気に仕事をしている人が多いのも特徴です。とりわけ夏休みに2~3週間と長く仕事を離れ、伸び伸びと過ごせる場合はストレス軽減につながります。一見、安定はしているけれど仕事の裁量が少ない日本企業のほうが危ないといえるでしょう。


ストレスの重さは「仕事の裁量権」の大きさによって変わります。私は大手の外資系企業や日本企業の産業医・専門コンサルタントとして20年以上にわたり、ビジネスマンの健康状態を診てきました。ビジネスマンは出世するほど自分の仕事をコントロールできるようになります。仕事の裁量が増え、ストレスが減る傾向が見られます。メタボになりにくいし、心の病にもかかりにくい。これは海外の研究機関でも実証されています。もちろん役員になったとたん権力闘争に明け暮れて疲れてしまう人もいますが、総じてビジネスマンは出世したほうが健康であるといっていいでしょう。役員に出世して経済的に豊かになれば、プライベートでも自由度が上がり、さらにストレスは減るでしょう。逆に仕事の裁量が少なく自由が利かない人にはストレスが強くかかり、メタボなど生活習慣病になりやすい。


亀田高志の経歴・略歴

亀田高志、かめだ・たかし。日本の医師、経営者。「(株)健康企業」「産業医大ソリューションズ」社長。産業医科大学医学部卒業。大手企業産業医、産業医科大学講師などを経て産業医科大学が設立したベンチャー「産業医大ソリューションズ」社長に就任。

他の記事も読んでみる

理央周

値下げをするのがいけないのは、「ブランド」が毀損されてしまうからだ。


窪田健一(経営者)

平均すると、ご注文いただいてから提供までは11分程度。そこの部分を縮めるのは、メニュー数とも関係するので現実的には難しいです。当社はファストフードではありませんからね。確かに昔の大戸屋なら、カレーライスはテーブルに座ったら1分で出てきましたよ。ご飯を盛ってカレーをかければいい。でもそれは大量生産・大量消費時代の話。現代の人は、本当に時間がないならコンビニのおにぎりで済ませてしまうのではないでしょうか。あえて提供スピードばかりを追求する必要はないと思っています。


赤羽雄二

頭の中のモヤモヤをなくすために、私が推奨する方法は、「頭に浮かんだもの」を次々と紙に書き出すやり方。モヤモヤした内容を言語化して書き出せば、問題点や優先順位が明確になります。


弘兼憲史

組織のトップである以上、「部下のミスは、上司の責任」と考えるべきです。事態を収拾するよりも、自己保身のために言い訳を並べたり、他人事のように振る舞ったりするのは、決してかっこいいとは言えない。


森川亮

野球は、すごく計画的ですよね。まず打順が決まっていて、自分が何番目に打つのかわかります。ポジションも決まっていて、ピッチャーがキャッチャーをやったりもしません。そのようにフォーマットとかプロセスがきっちり決まっているのは、大企業的な文化だと思います。一方、サッカーは状況に応じてパスするのもシュートするのも自由。場合によってゴールキーパーがシュートを打ってもいい。僕たちのように変化が速い会社は、野球よりサッカーのやり方が合っています。


菊原智明

数字はちょっとした使い方の違いで胡散臭くなったり、真実味を持ったりするということを営業マンは心得ておくべきです。これは私が経験したことですが、無理に値引きをして建物価格の見積もりを2000万円ピッタリにして出したことがあります。ですがこのお客様からは断られてしまいました。その理由は意外なことに「2000万円ちょうどというのがなんだか信用できなかった」というものでした。2000万円ちょうどの見積もりはどんぶり勘定で、端数が表記してある方がキッチリ計算してあるように感じられたのでしょう。


最首英裕

社長は貪欲さを忘れてはならない。


川村元気

メンバーにアイデアをとことん出してもらい、ギリギリまで迷います。100個以上出たところで、「やっぱり7個目でいこう」などと後戻りすることもあります。最新のアイデアがベストとは限らないので、戻る勇気も必要。


藤井佐和子

安定して高いモチベーションを保つためには、ストレスのない環境が絶対に必要です。その環境も自分の働きかけ次第でつくることができます。相手が気持ちいい、あるいは安心する伝え方を心がけることで、あなたは間違いなく職場で尊重され、自分も周りの人のモチベーションも、グンと高めることができるでしょう。


古森重隆

私は若いときから終始一貫、会社のために何ができるか、会社にとって一番いいことは何かを考えて仕事に取り組んできた。自分のためより会社のためのほうが、ハードルははるかに高い、だからこそ、やらなければならないという使命感が生まれ、それが仕事に迫力をもたらすのだ。