名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

亀田高志の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

亀田高志のプロフィール

亀田高志、かめだ・たかし。日本の医師、経営者。「(株)健康企業」「産業医大ソリューションズ」社長。産業医科大学医学部卒業。大手企業産業医、産業医科大学講師などを経て産業医科大学が設立したベンチャー「産業医大ソリューションズ」社長に就任。

亀田高志の名言 一覧

どんな社会的地位にあっても、職業に就いていても、血圧とコレステロールが高く、肥満気味の人は要注意。太い血管が詰まり、心筋梗塞や脳梗塞を起こします。命は取り留めても半身不随になる、言葉が話せなくなるといった障害に悩む人もいます。いきいきと働くためには生活習慣を整え、早期からのケアが必要です。


怖いのは生活習慣病のツケが20年後、25年後にあらわれることです。40代で医者から「糖尿病です」と言われても、最初は自覚症状がありません。放置したままだと60歳、65歳の頃には目が見えなくなったり、腎不全になって透析を受けなければならなくなったりと、一気に健康にダメージが出るのです。


日系企業と外資系企業だと、外資系のほうが成果を出さないとクビになるので相当ストレスがかかっているだろうと思われる人も多いでしょう。確かに環境に適応しきれずにうつになる人もいます。ですが、外資系は結果が求められる半面、いろいろな裁量が大きいので割と元気に仕事をしている人が多いのも特徴です。とりわけ夏休みに2~3週間と長く仕事を離れ、伸び伸びと過ごせる場合はストレス軽減につながります。一見、安定はしているけれど仕事の裁量が少ない日本企業のほうが危ないといえるでしょう。


ストレスの重さは「仕事の裁量権」の大きさによって変わります。私は大手の外資系企業や日本企業の産業医・専門コンサルタントとして20年以上にわたり、ビジネスマンの健康状態を診てきました。ビジネスマンは出世するほど自分の仕事をコントロールできるようになります。仕事の裁量が増え、ストレスが減る傾向が見られます。メタボになりにくいし、心の病にもかかりにくい。これは海外の研究機関でも実証されています。もちろん役員になったとたん権力闘争に明け暮れて疲れてしまう人もいますが、総じてビジネスマンは出世したほうが健康であるといっていいでしょう。役員に出世して経済的に豊かになれば、プライベートでも自由度が上がり、さらにストレスは減るでしょう。逆に仕事の裁量が少なく自由が利かない人にはストレスが強くかかり、メタボなど生活習慣病になりやすい。


亀田高志の経歴・略歴

亀田高志、かめだ・たかし。日本の医師、経営者。「(株)健康企業」「産業医大ソリューションズ」社長。産業医科大学医学部卒業。大手企業産業医、産業医科大学講師などを経て産業医科大学が設立したベンチャー「産業医大ソリューションズ」社長に就任。

他の記事も読んでみる

土井健資

新しい商品や事業に挑戦するにあたっては、自分たちが歩んできたストーリー性をしっかり持たせて、「らしさ」のあるコンセプトを軸に据えることが極めて重要です。逆にそれさえできていれば、どんな新奇なものでも、どんどん取り入れていったらいいと思っています。


藤田晋

ビジネスの場合、「終わった」と思ったところからが本当の勝負。そこで満足しているようでは、「その他大勢の人」と変わりがない。


北山禎介

若かったころは、経験あふれる年上の方々と関わることで、多くのことを学びました。いまは逆に、若い人との触れ合いで得るものがたくさんあります。


三田紀房

周囲の期待や要求に応えていくとき「ボランティア精神が大切」とか、「本当はイヤだけど仕方なく」という気持ちでやろうとすると、それは続かなくなります。そうではなくて、こちらのリターンも考えるんです。たとえば、講演会で1時間なり1時間半なり直接顔を突き合わせて話せば、その場にいる人たちの心に強い印象を残すことができます。そのうちの何人かは僕に親近感を抱いてくれて、読者になってくれることもあるでしょう。つまり、相手の立場に立って、その期待に応えることで、自分も何らかの価値を手に入れられるわけです。そんなふうにドライに捉えた方が人付き合いは楽になるのではないかと思います。


岡本正善

本来人間のメンタルは強いもの。弱気の人はその強い自分に気が付いていないか、それを引き出せていないだけ。本来の強さを出すのに大切なのが「自然体」。一流選手になるほど、自然体になれば自ずと結果が出ることがわかっている。弱気の人は失敗してしまうのではと意識過剰になって、結果として無意識のパワーにブレーキをかけてしまう。


今井敬

本来、個人、企業が自由に活力を発揮するのが経済で、そこには政治が介入しないほうがいい。


奥山清行

日本の車メーカーは新型車をデザインする際、実物大模型を粘土でつくります。盛ったり削ったり、修正しやすいからです。ところがイタリアだけはエポキシ樹脂でできた「エポウッド」という硬い素材を、ノミやカンナで削って模型を作るんです。やり直しが利かない真剣勝負で、まるで彫刻を彫るように模型を削っていく。こうした職人の力量の高さもウォンツを生む要因かもしれません。


木下彰二

チェック時間を多めに余裕を持って取ることが大前提。時間がない中でチェックするとどうしても焦ってしまい、間違いを見逃してしまう。自分の体調や精神状態、作業環境に問題がないか、注意を払うことも大切。


岩崎裕美子

会議や打ち合わせの時間。以前は会議をだらだらと脱線させながら、2時間くらいかけてやっていました。社員の提案で試しに30分でやってみたら、何の問題もありません。事前に資料を配って読み込んできてもらえば、短時間でも濃い議論ができることが分かりました。


大前研一

たとえばビジネス・ブレークスルー大学では、生徒に東京ガールズコレクションの会場へ足を運ばせる。そして「あなたがこの会社の社長なら、次の一手に何を施す?」と提案させます。教科書通りの答えを言い出す生徒にはチョークが飛ぶよ(笑)。


羽生善治

将棋は二人で指すものなので、相手との駆け引きの中で自分を表現していく。その意味では、相手は敵であると同時に、作品の共同制作者でもあり、自分の個性を引き出してくれる人ともいえます。


稲山嘉寛

特殊な知識や技能で身を立てる人は別だが管理者の立場に立って、企業経営に参加しようとするならば、わずか大学時代の専門に自らを釘付けにしないで、社会へ出てから、理科系の人は法律や経営の常識を、また経済系の人は理科系の一般常識を身につける必要がある。