名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

亀田隆明の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

亀田隆明のプロフィール

亀田隆明、かめだ・たかあき。日本の医師、病院経営者。亀田総合病院理事長。千葉県出身。日本医科大学卒業、日本医科大学付属病院勤務、順天堂大学医学部胸部外科教室大学院修了・医学博士号取得。亀田総合病院心臓外科医、医療法人鉄蕉会(亀田総合病院)副理事長、東京医科歯科大学理事、東京医科歯科大学客員教授などを経て鉄蕉会理事長に就任。

亀田隆明の名言 一覧

職員には、常に向上心を持って固定概念にとらわれないチャレンジをしてほしいと願っていますが、そのためによく強調するのが「Do & Think」、考えるよりも先にまず実行せよということです。いくら頭で考えても、実際にやってみなければ物事は分からないし、課題も見えてきません。いたずらに時間がかかるだけで何も進まないのです。まずやってみる。そしてやりながら考える。これが「Do & Think」です。


院内にレベルの高い科がひとつできると周囲にも影響を及ぼし、他の科も高い水準をめざすようになります。すると、そこで学びたいという若くて優秀な人材も集まってきます。


プロにとって最高の環境とは、歩むべき道を自由に選べることでもあります。私たちはむしろ、優秀な人材がここから巣立ち、多様な現場で活躍することを応援しようというスタンスです。


いくら高邁な理念を掲げたとしても、それだけでこの過疎地に若い人材や優秀な医師、看護師などがスタッフとして集まってくることはありません。亀田なら最新の医療設備が充実していてそれらを存分に使える、最先端の高度医療技術を身につけることができる、自分のやりたいことにチャレンジできる、そういう魅力的な環境があるからこそ、優秀な人材が集まってくれるのです。


患者さまをはじめとした外部の方々に対する広報が大切なことは言うまでもありませんが、それと同様、あるいはそれ以上に大切なのが、内部の人たちに対する広報です。看護師の有効求人倍率は3倍、医師は6倍です。そういう状況の中でクオリティの高い医療を提供していくためには、「患者さま第一主義」と同じレベルで「職員第一主義」が必要だと考えています。


当院では、日本や世界で前例がないことでも、必要だと思えばいち早く取り組んで成果を上げてきました。もし、先に考えることから始めていたら、「できない理由」が次々と出てしまって、何ひとつ実現しなかったでしょう。ひたすら「Do & Think(考える前に実行)」を続けてきたからこそ、今の亀田メディカルセンターの姿があります。


危機対応の際、議論したり会議をしたりしても命を救うことはできません。過去に例のないことだとしても、場合によっては平常時の規則を逸脱してでも、やるべきことは信念に基づいてすばやく行動することが求められます。誰かが勇気を持って一歩を踏み出さなければ、物事は動かない。


これは医師の世界だけではないかもしれませんが、これまでの日本のシステムは画一的で、ひとつのやり方、つまりお役所が決めたやり方しか認められない。そこから外れた人間には懲罰的なペナルティが科されてしまう。このスタイルは、これからは通用しないと思います。


以前から来院者の受付や院内の問い合わせに答える部署はありましたが、仕事の範囲を決めてしまうと、範囲外の事案が発生したとき、よその部署にたらい回ししたり、断ってしまったりするという問題を抱えていました。そこで、「カスタマーリレーション部」という病院全体のサービスを高める専門の部署をつくり、コンシェルジュという專門スタッフを置くことにしたのです。


病院という場所は、「あれもダメ、これもダメ」と、とかく規制が多いイメージがあります。しかし、何か相談されたときに、「規則だからできません」と答えてしまえば、そこで思考は停止します。そこから何かが生まれる可能性はありません。そうではなく、本当にできないのかどうか、まずは考えてみようということが、このキャッチフレーズ「Always Say YES!」の意味です。「すぐに”NO”とは言わない」という意識があるからこそ、「どうすればできるだろうか」「どこまでならやれるだろうか」という発想が生まれます。


亀田メディカルセンターは患者さまのために存在するものであり、「患者さまのために全てを優先して貢献すること」が、私たちが最も尊ぶ価値観です。ですから、患者さまから何か要望されたときには、まず「YES!」と答えることをモットーにしています。


国内だけに目を向けた医療ではこの先、不十分で、世界標準で通用する医療でないと真の高度医療とは言えない。


世界に先駆けて電子カルテを導入したのは、1995年のことでした。当時、電子カルテというものは世界中のどこにも存在しませんでした。しかし、私たちは患者さまのためには早晩カルテの電子化は必要になるという確信のもと、多額の費用と膨大なエネルギーを費やして実現しました。結果、患者さまの診察および会計の待ち時間は大幅に短縮されました。現在ではさらに情報化が進み、最適な医療のためにデータが統合的に生かされるとともに、患者さまが自分のカルテを自由に閲覧できるシステムにも活用されています。


優秀な人材が外部に流出するのは当院にとって痛手である一方で、そういった人たちが活躍すればするほど、また新しい優秀な人が集まる要因にもなります。亀田では、ここでの活動のモチベーションをアップさせるためにさまざまな工夫をしていますが、ここからさらに羽ばたいていけるということも、大きなインセンティブのひとつだと考えています。


医療は人が要の事業ですから、そこにトップクラスの人材が集まらないかぎり、幅広い顧客のニーズに応えることはできません。すなわち、高度医療の充実がなければ、本当の意味での地域医療はできないのです。ですから私たちは、常に最高レベルの医療水準を目指すという意志を持って歩んできました。


私たちは、医療というのは基本的な社会基盤であり、警察や消防に近いインフラだと考えています。ですから、この地域の医療を守ることが私たちの大きな使命のひとつであり、これまで取り組んできたことはすべて、そのためにやってきたと言っても過言ではありません。


亀田隆明の経歴・略歴

亀田隆明、かめだ・たかあき。日本の医師、病院経営者。亀田総合病院理事長。千葉県出身。日本医科大学卒業、日本医科大学付属病院勤務、順天堂大学医学部胸部外科教室大学院修了・医学博士号取得。亀田総合病院心臓外科医、医療法人鉄蕉会(亀田総合病院)副理事長、東京医科歯科大学理事、東京医科歯科大学客員教授などを経て鉄蕉会理事長に就任。

他の記事も読んでみる

実藤裕史

目の前の壁もよーく見れば意外と穴が開いている。突破法を考えると楽しくなってくる。


小泉進次郎

好きか嫌いかの問題ではありません。農家のみなさんが幸せになるんだったらそれでいい。好き嫌いの発想はどうでもいい。農家のみなさんがJA(農協)のみなさんありがとうと思っていたらそれでいいし、そう思っていなかったらまずい。単純にそこだけです。団体のことを好き嫌いという判断は僕にはありません。


渡辺光一郎(渡邉光一郎)

保険ショップに行く若い世代など、これまで逃していた顧客に接触度を高める仕組み作りもしてきた。人口減少が進む国内が縮小市場なのは事実だが、工夫次第でまだ成長の余地はある。


村田恒夫

最新技術の動向を誰よりも早くつかみ、他社に先駆けて最先端部品を開発できたことが競合他社との差異化につながりました。顧客である端末メーカーの目まぐるしい変化にも、うまく対応できたことで、好循環を作り出すことができたと自負しています。


高橋理一郎

未知への挑戦が人間のすごさでありパワーのはずなのに、日本人留学生の減少や海外勤務敬遠などは本当に寂しい話です。多様性、異文化の実際は行かないと分からない。


唐池恒二

お客様が少しでも心地よくなる、手間を惜しまない姿勢が高い付加価値となり、感動につながる。それこそが、ななつ星ブランドの真髄。


小山信康

苦労を伴うような節約は長続きしません。挫折した後は、それまでのストレス発散とばかりに無駄遣いをしてしまう。まさにやってはいけない節約術です。節約とダイエットはよく似ています。間違った節約、やってはいけない節約を続けても、結果は伴わず、リバウンドを招いて一気に浪費に走ってしまう。その結果、節約する前より蓄え(預貯金など)が減ったり、借金を増やしたり、ということにもなりかねません。


内海善雄

日本では、欧米を知ることが国際通であるかのように言う人もいますが、それは間違った認識です。本当の国際通はそれぞれの世界に通用するルールを十分理解した上で、相手がどういう人なのかを見極めて臨機応変に対応できる能力を持つ人のことを言うのです。外国人でも能力のある人はそうした切り替えができるものです。


遠藤信博

会社は働く人にとって社会貢献の場で、継続することが重要です。それには、市場が要求する変化を我々が常に感知し、価値を創造し続けないといけません。市場の変化をくみ取りながら、どう貢献していくかを考えていく。このプロセスが文化として社内に根づくか。ここが大切なところです。


鎌田實

行動パターンを変えることでも、人は変わることができる。手っ取り早いのは起床と就寝時間を変えること。早起きを習慣化するのもひとつの方法。


熊谷正寿

思い返せば、06年から2年間は、人生最大の危機でした。会社が倒産寸前に陥ったのです。買収を受け入れれば、僕個人はお金も入り悠々自適に暮らせますよ。でも、理念を持って起業し、共鳴した仲間が命を削って毎日働いているわけです。そんな彼らを裏切るわけにはいかなかった。


板坂直樹

本業が順調だからこそ、異業種の事業も展開できる。