名言DB

9413 人 / 110706 名言

亀田隆明の名言

twitter Facebook はてブ

亀田隆明のプロフィール

亀田隆明、かめだ・たかあき。日本の医師、病院経営者。亀田総合病院理事長。千葉県出身。日本医科大学卒業、日本医科大学付属病院勤務、順天堂大学医学部胸部外科教室大学院修了・医学博士号取得。亀田総合病院心臓外科医、医療法人鉄蕉会(亀田総合病院)副理事長、東京医科歯科大学理事、東京医科歯科大学客員教授などを経て鉄蕉会理事長に就任。

亀田隆明の名言 一覧

職員には、常に向上心を持って固定概念にとらわれないチャレンジをしてほしいと願っていますが、そのためによく強調するのが「Do & Think」、考えるよりも先にまず実行せよということです。いくら頭で考えても、実際にやってみなければ物事は分からないし、課題も見えてきません。いたずらに時間がかかるだけで何も進まないのです。まずやってみる。そしてやりながら考える。これが「Do & Think」です。


院内にレベルの高い科がひとつできると周囲にも影響を及ぼし、他の科も高い水準をめざすようになります。すると、そこで学びたいという若くて優秀な人材も集まってきます。


プロにとって最高の環境とは、歩むべき道を自由に選べることでもあります。私たちはむしろ、優秀な人材がここから巣立ち、多様な現場で活躍することを応援しようというスタンスです。


いくら高邁な理念を掲げたとしても、それだけでこの過疎地に若い人材や優秀な医師、看護師などがスタッフとして集まってくることはありません。亀田なら最新の医療設備が充実していてそれらを存分に使える、最先端の高度医療技術を身につけることができる、自分のやりたいことにチャレンジできる、そういう魅力的な環境があるからこそ、優秀な人材が集まってくれるのです。


患者さまをはじめとした外部の方々に対する広報が大切なことは言うまでもありませんが、それと同様、あるいはそれ以上に大切なのが、内部の人たちに対する広報です。看護師の有効求人倍率は3倍、医師は6倍です。そういう状況の中でクオリティの高い医療を提供していくためには、「患者さま第一主義」と同じレベルで「職員第一主義」が必要だと考えています。


当院では、日本や世界で前例がないことでも、必要だと思えばいち早く取り組んで成果を上げてきました。もし、先に考えることから始めていたら、「できない理由」が次々と出てしまって、何ひとつ実現しなかったでしょう。ひたすら「Do & Think(考える前に実行)」を続けてきたからこそ、今の亀田メディカルセンターの姿があります。


危機対応の際、議論したり会議をしたりしても命を救うことはできません。過去に例のないことだとしても、場合によっては平常時の規則を逸脱してでも、やるべきことは信念に基づいてすばやく行動することが求められます。誰かが勇気を持って一歩を踏み出さなければ、物事は動かない。


これは医師の世界だけではないかもしれませんが、これまでの日本のシステムは画一的で、ひとつのやり方、つまりお役所が決めたやり方しか認められない。そこから外れた人間には懲罰的なペナルティが科されてしまう。このスタイルは、これからは通用しないと思います。


以前から来院者の受付や院内の問い合わせに答える部署はありましたが、仕事の範囲を決めてしまうと、範囲外の事案が発生したとき、よその部署にたらい回ししたり、断ってしまったりするという問題を抱えていました。そこで、「カスタマーリレーション部」という病院全体のサービスを高める専門の部署をつくり、コンシェルジュという專門スタッフを置くことにしたのです。


病院という場所は、「あれもダメ、これもダメ」と、とかく規制が多いイメージがあります。しかし、何か相談されたときに、「規則だからできません」と答えてしまえば、そこで思考は停止します。そこから何かが生まれる可能性はありません。そうではなく、本当にできないのかどうか、まずは考えてみようということが、このキャッチフレーズ「Always Say YES!」の意味です。「すぐに”NO”とは言わない」という意識があるからこそ、「どうすればできるだろうか」「どこまでならやれるだろうか」という発想が生まれます。


亀田メディカルセンターは患者さまのために存在するものであり、「患者さまのために全てを優先して貢献すること」が、私たちが最も尊ぶ価値観です。ですから、患者さまから何か要望されたときには、まず「YES!」と答えることをモットーにしています。


国内だけに目を向けた医療ではこの先、不十分で、世界標準で通用する医療でないと真の高度医療とは言えない。


世界に先駆けて電子カルテを導入したのは、1995年のことでした。当時、電子カルテというものは世界中のどこにも存在しませんでした。しかし、私たちは患者さまのためには早晩カルテの電子化は必要になるという確信のもと、多額の費用と膨大なエネルギーを費やして実現しました。結果、患者さまの診察および会計の待ち時間は大幅に短縮されました。現在ではさらに情報化が進み、最適な医療のためにデータが統合的に生かされるとともに、患者さまが自分のカルテを自由に閲覧できるシステムにも活用されています。


優秀な人材が外部に流出するのは当院にとって痛手である一方で、そういった人たちが活躍すればするほど、また新しい優秀な人が集まる要因にもなります。亀田では、ここでの活動のモチベーションをアップさせるためにさまざまな工夫をしていますが、ここからさらに羽ばたいていけるということも、大きなインセンティブのひとつだと考えています。


医療は人が要の事業ですから、そこにトップクラスの人材が集まらないかぎり、幅広い顧客のニーズに応えることはできません。すなわち、高度医療の充実がなければ、本当の意味での地域医療はできないのです。ですから私たちは、常に最高レベルの医療水準を目指すという意志を持って歩んできました。


私たちは、医療というのは基本的な社会基盤であり、警察や消防に近いインフラだと考えています。ですから、この地域の医療を守ることが私たちの大きな使命のひとつであり、これまで取り組んできたことはすべて、そのためにやってきたと言っても過言ではありません。


亀田隆明の経歴・略歴

亀田隆明、かめだ・たかあき。日本の医師、病院経営者。亀田総合病院理事長。千葉県出身。日本医科大学卒業、日本医科大学付属病院勤務、順天堂大学医学部胸部外科教室大学院修了・医学博士号取得。亀田総合病院心臓外科医、医療法人鉄蕉会(亀田総合病院)副理事長、東京医科歯科大学理事、東京医科歯科大学客員教授などを経て鉄蕉会理事長に就任。

他の記事も読んでみる

織田大蔵

会社に事件が発生し、非常事態になったとする。このときぐらい人を見分ける絶好のチャンスはない。人というものは、平穏無事のときには、なかなかその尻尾を出さない。ところが、いったん火災とか、取引先の倒産、大きな交通事故、会社の乗っ取り、国税局の査察など、いろいろな大事件や非常事態が発生すると、どうしてもその人間の地金が出る。付け焼刃はすぐはがれてしまう。


マイケル・ポーター

企業は地域の団体を支援し続けるべきですし、従業員がボランティアをしたり社会運動に参加したりすることを許容すべきです。このように良き市民であることは企業にとって必要なのです。ですが、それだけでは十分ではありません。事業戦略と社会との間に強い関係を築くことが不可能な分野に企業は最も力を入れるべきです。


棚橋弘至

試合を一生懸命やるのは当たり前ですけど、やっぱり人を呼んでこそのチャンピオンだと思ったので、プロモーション活動からはじめたんです。営業の社員と一緒に、試合会場となる日本各地を回って。試合後の食事会はもちろん、地元の新聞、ラジオ、ダウン誌……、とにかく出してもらえそうなところにはどこでも足を運びましたね。


朝倉千恵子

厳しくしつけると、いい人財が育つ。甘くすると、楽なことを好む人だけが残る。それでは会社の将来性がなくなってしまいます。


小田豊(経営者)

私が編集長となって社内新聞「六輪」を発行しています。毎日出し続けた結果、発行号は既に9000を超えました。従業員から寄せられたメッセージを載せています。社内のネットワークを通じて毎日600~700通の「1日1情報」が集まり、その中から自分で新聞に載せる120~130通を選びます。ほとんど毎日、午前中はメッセージの選定作業に充てています。


東平豊三

暴利をむさぼることには反対です。お客様の目線で価格を設定し、そのうえで利益を上げられるやり方を考えなければならない。暴利をむさぼろうと思わないのは、自分の人間性や品位を傷つけるからです。私は自分に恥じない生き方をしたい。


槍田松瑩

思い切って、自分のやりたいことを見極めて、勇気をもってどんどんチャレンジしてもらいたい。みんなの価値観に合わせて、同じものを追い求める姿では、最終的に自分が納得するような人生を歩めないのではないか。


金子靖代

今の私がいるのは、育て、磨いてくれた方たちがいたから。本当に感謝していますし、私も人に対してそうでなければいけないと思っています。


林文子

クロージングでは、ここで決めたい、契約を取り付けたいと自分の側だけの都合で考えては駄目です。むしろお客様の重荷を取り除いてあげたいという気持ちで臨むこと。お客様というのは、ほとんどが非常に迷っています。楽しいはずの買い物が、ときに重荷にさえなってしまう。そこでタイミングを見計らって背中をポンと押して差し上げるのです。


ジェームズ・アレン(自己啓発)

失敗は、それまで自分が描いていた理想を、より洗練された実現の方向に描き直すためにあるのです。


出光佐三

  1. 黄金の奴隷になるな。
  2. 学問の奴隷になるな。
  3. 法律、組織、機構の奴隷になるな。
  4. 権力の奴隷になるな。
  5. 数、理論の奴隷になるな。
  6. 主義の奴隷になるな。
  7. モラルの奴隷になるな。

本田圭佑

うまくいかなかったところばかりだったけれど、それが分かったことがうまくいったこと。


宮田孝一

グローバル化が進む中で、自分の国の歴史や文化、価値観を理解できていなければ、異文化の人々の立場を的確に認識できないと思います。


秋元久雄

元請けのゼネコンや住宅会社は原価を知らないから、下請けに対して「値段を下げろ」と根拠無く要求してくる。下請けは泣く泣く請け負うか手を抜くしかない。けど、うちはすべてが社内だから「ならば素材はこちらで対応しよう」「この作業を同時にして工期を短縮させよう」と創意工夫でもって論理的なコストダウンが出来る。仕事全体を俯瞰で見てすべてを覚えているから、そんな発想も出てくるわけだ。


後藤忠治

水泳を本格的に始めたのは大学時代からです。どうすれば他の選手を追い越せるか。そればかり考えていた。人より泳いだ時間が少なかったのですから、人一倍泳ぐしかなかった。