名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

亀田啓一郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

亀田啓一郎のプロフィール

亀田啓一郎、かめだ・けいいちろう。日本の営業コンサルタント。リクルート、リクルートマネジメントソリューションズを経て独立。プロジェクトプロデュースを設立。著書に『売れる営業チームに育てる「シクミ」×「シカケ」』。

亀田啓一郎の名言 一覧

一番の条件は、ぎこちなくてもいいから自分の言葉で話し、自ら実行し始めること。本気でやる姿勢が人を惹きつけ、動かす。


プロジェクトが動き出し、少しずつ成果が出てきたら、そのプロセスを振り返り、活動の精度を上げていこう。リーダーがすべきことは、振り返り方をルール化し、さらに大きな成果につなげていくことだ。


大事なのは、皆で力を合わせて「経験学習サイクル」を何度も回し、チームの活動の精度を上げていくことだ。仕事のコツがどんどん蓄積され、効率良く成果を上げられるようになり、描いたスモールビジョンにより早く到達できる。


メンバーの活躍が一目で分かり、他部署からも注目を集めたら、営業メンバーは頑張らざるを得なくなる。周囲を巻き込むのが上手な人は、このような環境を作ることに長けている。


メンバーが自発的に動くようなシカケは、現場で働くメンバーが主体的に立案した方が「やらされ感」がなくなり、成果も上がる。中堅社員にこそ、このようなミドル・リーダーシップ力が求められている。


リーダーシップを発揮するには「対人影響力」が不可欠と言われている。対人影響力とは、自身の言動を通して人に与える影響力のことだ。ミドル・リーダーシップ力も同じ。仲間や部下たちに「この人はそこまで本気でやろうとしているのか。ならば協力しよう」と思ってもらう必要がある。そのためには「自分の言葉」で語ることが必須となる。


「自分が部長ならできるかもしれないけど、平社員じゃ無理だよ」などと諦めてはいけない。最初から諦めてしまったら、何ひとつ解決できないままだろう。


仕事を推し進めるためには、資料をまとめたり、人から話を聞いたり、上司を説得したりと、実に様々な作業がある。初めから、それらすべてに長けたビジネスパーソンなどいない。実現の途中で壁にぶち当たり、気持ちが萎えてしまう時もあるだろう。そんな時は、うまくやっている人をお手本にするのがいい。


成果を出している人は、「目指すゴール」の途中に「小さなゴール」を設定し、それをクリアしていくシナリオを持っていた。このやり方は他のメンバーも真似がしやすく、どんなお客様にも適用できる再現性の高いやり方だ。成果を出している人の行動を構造的に整理することで、活動の「勝ちパターン」が見えてくる。


中間管理職になると、上司から出された方針を、部下が共感できるように伝えなければならない。配布された会議資料や上司の言葉をそのまま伝えるだけでは、部下は納得しない。「部長がやれって言ってるから」「社長の方針だからね」と言うのでは単なる伝書鳩。官僚が書いた原稿を読み上げる政治家と同じで、聞いている人の心に響かない。


メンバーが自発的に動くようなシカケを作る必要がある。ポイントは3つある。1つ目は、そのシカケがメンバー全員で取り組むものであること。2つ目は「アメ」と「ムチ」を取り入れること。そして3つ目は期間を絞り、ゲーム性を持たせることだ。そうして皆に「頑張ってやってみよう! やらないわけにはいけない!」と思わせるのだ。


ロールモデルを見つけるには、スモールビジョンをしっかり固めることが大切。取り組むべきことが明確であればあるほど、それを達成するのに不足している自分のスキルが浮き彫りになる。そこで初めて、ロールモデルとなる人への関心も生まれる。仕事でうまくいかないことがあっても、1人で悩まないことだ。周りにいるお手本を積極的に真似て、少しずつスキルアップしていけばいい。


手本となる人を真似るには、個々の言動ではなく、言動の背後にある「意図・狙い」に着目することが重要だ。たとえば、上司の協力を取りつけるのがうまい先輩がいるとしよう。その人は、「結論は……」「その理由は……」などと、簡潔で分かりやすい話し方をする。確かに、この言動を真似れば要点を押さえた話し方にはなる。しかし、これだけでは上司の協力を取りつけるやり方を真似たことにはならない。ロールモデルとなる人の意図や狙いに着目することで、真似るべきポイントが見えてくる。


身近にいる優れたリーダーや先輩の良いところを観察しよう。上司の協力を取りつけるのがうまい先輩もいれば、分かりやすいプレゼン資料を作る人もいる。メンバーに方針を伝えたり、メンバーのモチベーションを高めるのがうまい上司もいるだろう。「この場面ではこの人のようになりたい」というお手本(ロールモデル)をとにかく探すのだ。1人に限定せず、いろいろなジャンルのロールモデルを持つといい。社外の人でも構わない。話術に長けたテレビ番組の司会者などもロールモデルになり得る。


亀田啓一郎の経歴・略歴

亀田啓一郎、かめだ・けいいちろう。日本の営業コンサルタント。リクルート、リクルートマネジメントソリューションズを経て独立。プロジェクトプロデュースを設立。著書に『売れる営業チームに育てる「シクミ」×「シカケ」』。

他の記事も読んでみる

和崎信哉

一人一人と話したわけではありませんが、チームマネジメントの中で、軋轢が起こったチームのスタッフとは、膝をつき合わせて話し合いました。会社の改革でも番組作りでも、意識の共有、想いを同じにすることが大事。


草野仁

従来のやり方というものは、今まで続いてきたからには、正しい部分がかなりあるのだと思います。しかし、100%正しいわけではない。常に疑う姿勢を忘れてはいけません。


鎌田英治

変革・混迷の難しい時代の只中にある今、自分の代までは良いが、次の社長は自分を超える存在でなければ会社が生き残れないという危機感を抱いている経営者は多い。しかし、今の社長を超える人材は、突然変異でも起きない限り、社内から生まれてこない。社内で後継者育成に取り組むだけではなく、他流試合を通じ、外に刺激を求める必要が生じている。


アルボムッレ・スマナサーラ

いまこの1秒に悩みがなければ、一生悩みがないということ。いまだけを見れば何も悩みがないはずです。


太田光

僕は何事も、面白いか面白くないかで決めるんです。だから、リスクの多い選択も散々してきて、その結果、誰が一番迷惑したかっていうと、うちのカミさんなんです(笑)。だから、絶対にお勧めできませんが。


松本大

世界を見回しても、皆が皆、きちんとした英語を使っているわけではありません。たとえば、米国のブッシュ大統領(ジョージ・ウォーカー・ブッシュ)の英語なんて、それはもうひどい。「三単現のS」などまずつかないし、明らかな単語の誤用も少なくありません。しかし、その英語力で国連やG7などの国際舞台で堂々と話しているわけです。ネイティブのブッシュ大統領ですらこうなのですから、みなさんがビジネスの場で多少発音や文法を間違えたところで問題はないはず。


西川八一行(西川康行)

消費者に認めてもらうブランドを自社で作らないと、ビジネスが立ち行かなくなる。


松橋良紀

相手が話しているときの動きと、自分の動きのペースを合わせることも重要です。人は自分と同じペースで動く人に親近感を持ちます。とくに重要なのが「アゴの動きを合わせる」こと。このリズムが合っていないと相手は不快に感じまます。たとえば、ゆっくりと話しているのに、「ウンウンウン」と小刻みにうなずくと、相手は急かされているような気分になるものです。アゴの動きを同じペースにするだけで好感度は劇的に上がります。


内藤誼人

ある小学校のクラスでは、連絡帳を使って毎日教師と児童がコミュニケーションを取っていました。担任教師は、児童の日々の行動への注意を書いていたのですが、改善されませんでした。そこで、一人ひとりの児童について「一日ひとつ、必ず褒める」ことをルールとして決めたのです。すると、褒めることで問題のあった児童の普段の行動は改まり、クラスの雰囲気もよくなったのです。会社でも同じこと。褒めることをルールにすることで、部下の嫌なところではなく、いいところが見えてくる。それを会話に活かすことで、コミュニケーションを改善できます。


井上高志

部下に仕事を頼むときは、自分から相手のもとへ行くということが大事です。イレギュラーな仕事を頼むのに「井上君、ちょっと来てくれ」はまずいでしょう。自分の席に呼ぶのではなく、逆に自分から相手の方へ近づいていって「ちょっと、いまいいかな?」と語りかける。そういう気配りも必要だと思います。


白石康次郎

海に出れば、船が壊れそうな嵐や、まったく風の吹かない日があるのは当たり前で、どちらも避けることはできません。しかし、これまで収まらない嵐はなかったし、風の吹かない日もありませんでした。つらいときは、この言葉を思い出してください。


安田隆夫

私がつくったドン・キホーテという店と組織を何が何でも守り、絶対に毀損させないぞという執念が、異常なまでの頑張りと予想もつかない知恵や発想を生んだ。それが新たな「大福」を引き寄せる誘い水になったということだろう。