名言DB

9412 人 / 110637 名言

亀田啓一郎の名言

twitter Facebook はてブ

亀田啓一郎のプロフィール

亀田啓一郎、かめだ・けいいちろう。日本の営業コンサルタント。リクルート、リクルートマネジメントソリューションズを経て独立。プロジェクトプロデュースを設立。著書に『売れる営業チームに育てる「シクミ」×「シカケ」』。

亀田啓一郎の名言 一覧

一番の条件は、ぎこちなくてもいいから自分の言葉で話し、自ら実行し始めること。本気でやる姿勢が人を惹きつけ、動かす。


プロジェクトが動き出し、少しずつ成果が出てきたら、そのプロセスを振り返り、活動の精度を上げていこう。リーダーがすべきことは、振り返り方をルール化し、さらに大きな成果につなげていくことだ。


大事なのは、皆で力を合わせて「経験学習サイクル」を何度も回し、チームの活動の精度を上げていくことだ。仕事のコツがどんどん蓄積され、効率良く成果を上げられるようになり、描いたスモールビジョンにより早く到達できる。


メンバーの活躍が一目で分かり、他部署からも注目を集めたら、営業メンバーは頑張らざるを得なくなる。周囲を巻き込むのが上手な人は、このような環境を作ることに長けている。


メンバーが自発的に動くようなシカケは、現場で働くメンバーが主体的に立案した方が「やらされ感」がなくなり、成果も上がる。中堅社員にこそ、このようなミドル・リーダーシップ力が求められている。


リーダーシップを発揮するには「対人影響力」が不可欠と言われている。対人影響力とは、自身の言動を通して人に与える影響力のことだ。ミドル・リーダーシップ力も同じ。仲間や部下たちに「この人はそこまで本気でやろうとしているのか。ならば協力しよう」と思ってもらう必要がある。そのためには「自分の言葉」で語ることが必須となる。


「自分が部長ならできるかもしれないけど、平社員じゃ無理だよ」などと諦めてはいけない。最初から諦めてしまったら、何ひとつ解決できないままだろう。


仕事を推し進めるためには、資料をまとめたり、人から話を聞いたり、上司を説得したりと、実に様々な作業がある。初めから、それらすべてに長けたビジネスパーソンなどいない。実現の途中で壁にぶち当たり、気持ちが萎えてしまう時もあるだろう。そんな時は、うまくやっている人をお手本にするのがいい。


成果を出している人は、「目指すゴール」の途中に「小さなゴール」を設定し、それをクリアしていくシナリオを持っていた。このやり方は他のメンバーも真似がしやすく、どんなお客様にも適用できる再現性の高いやり方だ。成果を出している人の行動を構造的に整理することで、活動の「勝ちパターン」が見えてくる。


中間管理職になると、上司から出された方針を、部下が共感できるように伝えなければならない。配布された会議資料や上司の言葉をそのまま伝えるだけでは、部下は納得しない。「部長がやれって言ってるから」「社長の方針だからね」と言うのでは単なる伝書鳩。官僚が書いた原稿を読み上げる政治家と同じで、聞いている人の心に響かない。


メンバーが自発的に動くようなシカケを作る必要がある。ポイントは3つある。1つ目は、そのシカケがメンバー全員で取り組むものであること。2つ目は「アメ」と「ムチ」を取り入れること。そして3つ目は期間を絞り、ゲーム性を持たせることだ。そうして皆に「頑張ってやってみよう! やらないわけにはいけない!」と思わせるのだ。


ロールモデルを見つけるには、スモールビジョンをしっかり固めることが大切。取り組むべきことが明確であればあるほど、それを達成するのに不足している自分のスキルが浮き彫りになる。そこで初めて、ロールモデルとなる人への関心も生まれる。仕事でうまくいかないことがあっても、1人で悩まないことだ。周りにいるお手本を積極的に真似て、少しずつスキルアップしていけばいい。


手本となる人を真似るには、個々の言動ではなく、言動の背後にある「意図・狙い」に着目することが重要だ。たとえば、上司の協力を取りつけるのがうまい先輩がいるとしよう。その人は、「結論は……」「その理由は……」などと、簡潔で分かりやすい話し方をする。確かに、この言動を真似れば要点を押さえた話し方にはなる。しかし、これだけでは上司の協力を取りつけるやり方を真似たことにはならない。ロールモデルとなる人の意図や狙いに着目することで、真似るべきポイントが見えてくる。


身近にいる優れたリーダーや先輩の良いところを観察しよう。上司の協力を取りつけるのがうまい先輩もいれば、分かりやすいプレゼン資料を作る人もいる。メンバーに方針を伝えたり、メンバーのモチベーションを高めるのがうまい上司もいるだろう。「この場面ではこの人のようになりたい」というお手本(ロールモデル)をとにかく探すのだ。1人に限定せず、いろいろなジャンルのロールモデルを持つといい。社外の人でも構わない。話術に長けたテレビ番組の司会者などもロールモデルになり得る。


亀田啓一郎の経歴・略歴

亀田啓一郎、かめだ・けいいちろう。日本の営業コンサルタント。リクルート、リクルートマネジメントソリューションズを経て独立。プロジェクトプロデュースを設立。著書に『売れる営業チームに育てる「シクミ」×「シカケ」』。

他の記事も読んでみる

諸富祥彦

おすすめしたいのは「NotToDoリスト(しないことリスト)」をつくること。「ToDoリスト」は多くの人がつくります。しかしこれをつくると、人生がリストをこなすための単なる手段になり下がります。本当にしたいかどうかわからないことを「すべき」と考えてしているうちに、ずっとし続けることになりがちです。やがて「本当に今自分がしたいことは何なのか」が自分でも見えなくなってしまいます。まず「心の空きスペース」をつくること。人生は時間もエネルギーも有限です。後悔しない人生を生きるためにも「したいのかどうかわからないことをしない」ことを目指したいですね。


岸見一郎

優れた人間になりたいと思うこと自体は、間違ったことではありません。アドラーはそれを「優越性の追求」という言葉で表現しています。ただ、優越性には、「健全な優越性」と「不健全な優越性」があり、「不健全な優越性」に惑わされると、他者との競争が気になるあまり、「不正をしてもバレなければ良い」「結果さえ出せば良い」といった考え方に囚われてしまいます。他方、「健全な優越性」の追求には、他者との競争は無縁です。昨日の自分よりも優れた自分になる。あるいは前回の仕事よりも今回は良い仕事にしようといった具合に、他者との比較ではなく、自分自身と競うことで、実力を高めることができるのです。


ウィル・ロジャース

博打はするな。全財産を使ってもよい株を買い、上がるまで待ってから売れ。もしその株が上がらないとしたら・・・そんな株は買うな。


ロバート・キヨサキ

凡庸な教師はただしゃべる。よい教師は説明する。優れた教師は自らやってみせる。そして、偉大な教師は心に火をつける。学ぶために働く。


中山均

金融機関はあくまでも自立すべきで、絶対に政党色を持ってはいかん。というのがいまに変わらぬ私の信念である。だから私は政治家にはなれないし、またなりたいとも思わない。厳正中立であるべき金融機関が、政党政派に関係することは断じて避けねばならん。


柳生宗矩

刀剣短くば一歩を進めて長くすべし。


ウィンストン・チャーチル

決して、あきらめるな、絶対に、絶対に、絶対にだ。


石川康晴

社員に求めているのはアントレプレナーシップを持つことです。これは起業に限ったことではなく、「新しい仕事を作りたい」「挑戦したい」というマインドでいい。この低成長の時代において必要なのは、新しい市場を生み出すイノベーションを起こし、牽引する力です。それこそが「稼ぐ力」の源泉で、その有無が企業の命運を握っています。


三田紀房

投資というと金儲けだけに注目されすぎる。もちろん、資産形成も大きな目的ですが、株でも土地でも投資をすると、何より経済や歴史を学べるんです。また、世界中の名投資家たちが、引き際の大切さを名言として残すことを知ると、いかに損切りが難しいかという人間心理が怖いほどわかる。そんな知識と大局観のようなものが投資で身につく。それは仕事や人生そのものを潤す力になる。


中山哲也

世間の常識を鵜呑みにせず、いかに自分たちのアイデアで仕組みをつくっていくか。今の企業にはそこが問われている。


高田明(ジャパネットたかた)

内部留保したい気持ちもわかりますが、貯めたものは還元すべきだと思います。お金は循環してこそ成長につながる。


葉山有樹

歴史を勉強することも必要です。図柄の背景には何があるのか、どのような意味でその図柄が使われてきたのかを知らなければ、やはり本物にはならない。だから歴史の本を読んだり古典にあたったりして、それぞれの図柄に古来から人々のどのような宇宙観がこめられていたのかを、できるだけ理解したいと思っています。


臼井由妃

たとえ自己紹介といっても、相手の立場で考えて話すのは大前提です。自分の情報を与えることばかり考えず、相手にストレスを感じさせていないかという配慮が必要なのです。


金川千尋

国家の支援を受けるような状態になったら事業はおしまいです。国の指示を受けていては、仕事になりません。やはり自立自助でやっていくことが大切。


中村獅童(二代目)

絶好の機会はいつも転がっているわけじゃない。だから、狙ったものを100%つかまえるために研鑽を重ねる。これが大事。