名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

亀岡剛の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

亀岡剛のプロフィール

亀岡剛、かめおか・つよし。日本の経営者。「昭和シェル石油」社長。兵庫県出身。関西学院大学経済学部卒業後、シェル石油に入社。製品貿易部長、理事近畿エリアマネジャー、執行役員、常務執行役員、執行役員副社長石油事業COO(最高執行責任者)などを経て社長に就任。

亀岡剛の名言 一覧

社長になってやるべきことは、大きな変化への対応。


近畿支店長時代、給油所を運営する特約店との関係も改めました。「特約店ではできないことを我々がやる。要望を言って欲しい」と伝え、改善につなげました。


近畿支店長になって直面したのが、組織内のコミュニケーション不足です。ガソリンや潤滑油など、製品ごとに販売担当が細かく分かれていました。しかも、当時の支店は6フロアに分かれており、各担当が密に連携を取ることが難しかったのです。そこで支店の移設を決め、皆が同じフロアで仕事ができるようにしました。クリスマスパーティーや運動会などのイベントを企画し、異なる部署の社員同士が顔なじみになるよう気を配りました。


亀岡剛の経歴・略歴

亀岡剛、かめおか・つよし。日本の経営者。「昭和シェル石油」社長。兵庫県出身。関西学院大学経済学部卒業後、シェル石油に入社。製品貿易部長、理事近畿エリアマネジャー、執行役員、常務執行役員、執行役員副社長石油事業COO(最高執行責任者)などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

杉田隆史

「いつか、何かのきっかけが訪れた時、自分はきっと変わることができる」。そんな風に考えている人が多い。でも、間違いなく言えることは、自分を変えてくれるような都合のいい出来事は、待っていても起こらないということです。


村形聡

最初は順調に業容を拡大していたのですが、社員が15人になったとき、突然、人が辞め出したのです。どんなに補充してもすぐに辞めてしまう。クライアントでも同じような症状が出ている中小企業がありました。そして、悩みぬいた結論として、大企業のように仕事のルールが、きちんと定められていないことが原因だとわかりました。


藤田寛之

大きな刺激を受け、うまくなりたいと痛感する。そこで、どうするか。また、何年かかけて積み重ねていくしかないな、と。自分の中でもう一段、目的意識が変わった。


有森裕子

何もしなければ、なんとかなるなんてことはないし、奇跡も起きるはずがない。自分の目標が明確になっているなら、あとはやるかやらないか。結果を出せるかどうかはその差でしかない。努力は絶対に裏切りませんから。


田中辰巳

危機管理の4つのフェーズがある。

  1. 知覚…まず何が起きたか事実を正確に掌握して、そのうえでそれが危機であることを感じ取る。
  2. 解析…どういう罪なのか、どのくらい重い罪なのかを分析して判断する。今後の展開の予測もする。
  3. 解毒…謝罪の言葉、厳しい処分、再発防止策を行う。
  4. 再生…傷ついた人間関係や失った信頼を回復するための活動をする。

越智直正

大学の経営学の先生に「先生、友人が不渡りを出しました。こんなときどうしたらいいんですか」と聞きました。そうしたら、先生は「それは私の専門じゃありません」と答えた。ぼく、たまげましたわ。絶句した。会社というものは、設立して30年たったら99パーセントが倒産するといわれています。つまり、経営学というのは倒産学なのです。99パーセントが倒産するということは、戦争にたとえるなら玉砕。そのときの策を知らない経営学なんてありますか。剣術でも柔術でも、守りや受け身というものがある。自分だけは打たれない、投げられない、そんな状況を前提とした戦いなんて存在しません。いくら防いでも、やられるときはやられます。倒産したときに、どう手を打つか分からない経営学なんか意味がありません。


赤塚保正

柿安にとって「おいしいものをお値打ちに提供する」は絶対に譲れない価値観。そうでないと、社員が誇りを持って仕事ができなくなる可能性があるからです。


植木義晴

社員が一丸となるためには、明確な目標が必要です。企業理念が最終到達地ではありますが、もう少しわかりやすく会社の進む道を示したものが、中期経営計画です。この中期経営計画を会社のトップが勝手につくった目標と捉えるのではなく、社員全員が自分の目標に落とし込むことが大切です。


スウィフト

大事件も大河の源流のように、ごく些細なことから発生する。


木村英文(木村飲料)

「わさびラムネ」を発売すると決めたとき、あえてまずいものを作ろうというのですから、社内は開発段階から大反対です。でも、強行して作ってみたら面白がって置いてくれるお店がありました。いつでも売れる冬眠しないラムネであることがわかったのです。お客さんは「あいつに飲ませてやろう」とパーティーの罰ゲームグッズのような感覚でシーズン問わず買っていくようです。「わさびラムネ」を買っていくお客さんには味はそんなに関係ないんです。
【覚書き|わさびは同社がある静岡県の特産品のひとつ】


永守重信

得意な商売をやっていてもこれだけ苦労しているわけです。一番得意な分野で勝負しても競争には負けることがあります。だから不得意な分野に進出して成功するとはなかなか思えません。それが得意分野に特化している理由のひとつです。


弘兼憲史

仕事において僕は、「相手のため」という目線を忘れないことを大切にしています。例えば資料やファイルを渡す時でも、相手に分かりやすい工夫や、作業しやすくなる配慮をしたうえで渡す。その積み重ねが評価につながり、自分も気持ちよく仕事ができます。