名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

亀岡剛の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

亀岡剛のプロフィール

亀岡剛、かめおか・つよし。日本の経営者。「昭和シェル石油」社長。兵庫県出身。関西学院大学経済学部卒業後、シェル石油に入社。製品貿易部長、理事近畿エリアマネジャー、執行役員、常務執行役員、執行役員副社長石油事業COO(最高執行責任者)などを経て社長に就任。

亀岡剛の名言 一覧

社長になってやるべきことは、大きな変化への対応。


近畿支店長時代、給油所を運営する特約店との関係も改めました。「特約店ではできないことを我々がやる。要望を言って欲しい」と伝え、改善につなげました。


近畿支店長になって直面したのが、組織内のコミュニケーション不足です。ガソリンや潤滑油など、製品ごとに販売担当が細かく分かれていました。しかも、当時の支店は6フロアに分かれており、各担当が密に連携を取ることが難しかったのです。そこで支店の移設を決め、皆が同じフロアで仕事ができるようにしました。クリスマスパーティーや運動会などのイベントを企画し、異なる部署の社員同士が顔なじみになるよう気を配りました。


亀岡剛の経歴・略歴

亀岡剛、かめおか・つよし。日本の経営者。「昭和シェル石油」社長。兵庫県出身。関西学院大学経済学部卒業後、シェル石油に入社。製品貿易部長、理事近畿エリアマネジャー、執行役員、常務執行役員、執行役員副社長石油事業COO(最高執行責任者)などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

ひろゆき(西村博之)

天才と変人って、僕の中では同ジャンルなんですよ。よくよく両者を見てみると、天才も変人も満足することができない欠陥があるんです。「ここら辺でもういいや」と考えて、楽な方に進めるのに進まない。でも、それは「進まない」じゃなくて、「進めない」んだと思うんですよ。天才と変人の違いって、世間に認められるパフォーマンスを出した場合には天才、認められない人は変人。つまり、世間から見た評価の違いだけなんですよね。


小倉昌男

長期的な視野で企業にいい循環をもたらそうと思ったら、大切なのは細かいことの積み重ねだ。今は悪くなっている企業も、そうなる前にはいい循環が起きていたはずで、それは一朝一夕に作られたものではない。多くの先輩たちが、地道にコツコツと日常的な作業を積み重ねてきたことが、いい循環の土壌になっている。それを取り戻すための近道はない。同じように、細かいことを一つ一つ積み上げていくしかない。企業活動の循環は山登りにも似ていると言えるだろう。


井上和幸(ヘッドハンター)

他人のよい習慣を目にしたり聞いたりしたら、取り入れてみることをお勧めします。たかが習慣と侮ることなかれ。イチロー選手はこういう名言を残しています。「小さいことを積み重ねるのが、とんでもないところへ行くただひとつの道」と。


出口治明

歴史を紐解けば、多くの人が、というよりも、ほぼすべての人が、左遷されるような挫折を味わっています。それを知れば、自分だけが不当な目に遭っているという見方が、いかに視野が狭いかがわかります。


名越康文

人間関係について会社だけという状況は危険です。仕事で思いつめたら、それを相談できるようなプライベートの人間関係はきちんと継続しておきたいところです。週に2日休みがあるなら、1日は本当に会いたい人と会うために使った方がいいでしょう。とにかく親身になって話を聞いてくれる人との時間を絶やさないことが重要です。


高村正彦

父は、日米戦争の回避を目指す第2・3次の近衛内閣で首相秘書官をしていました。開戦前に「近衛は戦争をする勇気がない」と批判していた同じ人が、戦後になると「近衛は戦争を止める勇気がなかった」と批判したそうです。


河合栄治郎

職業にあるものは多かれ少なかれ、分業の害悪をなめねばならない。彼は一生を通じて細かに切り刻まれた仕事に没頭して、一部分人としてしか成長し得ない危険に瀕する。


升田幸三

まぁ生まれ直す事があったらね、2つから3つぐらいまでに将棋を覚えて、もういっぺんやり直してみたいと。今度は丈夫な体でね、名人を角落ちぐらいでね、からかってみるのも面白いと、こう思う。


白岩直人

上場までの間、逆境もあり胃が痛い日が続きましたが、その中で生まれてくるものもある。


上西京一郎

キャスト(スタッフ)が仕事に誇りを持って働いてくれる職場にしていくことがすごく大切。


工藤真由美(コンサルタント)

年間スケジュールを組むと、計画を実行するにはお金が必要だと気がつくと思います。年間を通じてプライベートを楽しむにはいくら必要なのかを計算してみると、お金のやりくりもうまくなりますし、働く必然性も見えてくるのではないでしょうか。しかも、楽しみを実現させるためと思えば、モチベーションも維持できるはずです。


安達一彦

起業したのは、どうしても自分の考えを実現できる会社をつくりたかったから。