亀岡剛の名言

亀岡剛のプロフィール

亀岡剛、かめおか・つよし。日本の経営者。「昭和シェル石油」社長。兵庫県出身。関西学院大学経済学部卒業後、シェル石油に入社。製品貿易部長、理事近畿エリアマネジャー、執行役員、常務執行役員、執行役員副社長石油事業COO(最高執行責任者)などを経て社長に就任。

亀岡剛の名言 一覧

社長になってやるべきことは、大きな変化への対応。


近畿支店長時代、給油所を運営する特約店との関係も改めました。「特約店ではできないことを我々がやる。要望を言って欲しい」と伝え、改善につなげました。


近畿支店長になって直面したのが、組織内のコミュニケーション不足です。ガソリンや潤滑油など、製品ごとに販売担当が細かく分かれていました。しかも、当時の支店は6フロアに分かれており、各担当が密に連携を取ることが難しかったのです。そこで支店の移設を決め、皆が同じフロアで仕事ができるようにしました。クリスマスパーティーや運動会などのイベントを企画し、異なる部署の社員同士が顔なじみになるよう気を配りました。


亀岡剛の経歴・略歴

亀岡剛、かめおか・つよし。日本の経営者。「昭和シェル石油」社長。兵庫県出身。関西学院大学経済学部卒業後、シェル石油に入社。製品貿易部長、理事近畿エリアマネジャー、執行役員、常務執行役員、執行役員副社長石油事業COO(最高執行責任者)などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

坂本孝

失敗から学んだ教訓は、「すでに誰かがやっていることを真似ても勝てない」ということ。


辻範明

一度死んだ会社が生まれ変わり、今はよちよち歩きを始めたところ。今後3年は自己資本を積み上げていきます。その後は将来を見据えて勝負をかけなければいけません。守りだけでは勝てません。


田中良和(GREE)

逆境は確かにつらい。ただ、グリーという会社は逆境の中で、常に耐え、常に新しいものを生み出してきました。それが私たちの歴史です。


檀れい

私自身はまだまだ未熟。今でも新人時代のように、日々もがいているんです。だからこそ、昨日より今日、今日より明日は、1ミリでも成長できるよう、自分を磨いていきます。


徳重徹

僕は以前、シリコンバレーでベンチャー企業の起業支援の仕事をしていたんですよ。米国の起業家たちを見ていると、いろいろ準備をして「6割方、行けそうだ」と思ったら資金調達に動き出す。出資する側も、それを分かっているんですよ。当社の出資者の皆さんは、米国流のやり方に理解がある人たちなんです。


上村光弼

40代前半なら、定年まで20年弱の時間が残されています。この年代の方にお勧めしたいのは、「自分はどういう存在になりたいのか」という問いを考え直してみるということです。


日和佐信子

現場の判断に任せるという姿勢だけでは社員は本当につらいと思います。ルールに対して明確なメッセージをわかりやすく発信するのがトップの務めです。


籠屋邦夫

推進派に反対派の立場から課題に言及してもらう、または逆もしかりという技法も有効です。なぜならば、当事者意識があればあるほど、自分たちの戦略構想の穴や心配点は熟知しています。それをあえて出してもらうことで、企業の目的に向けて互いにニュートラルな視点を持ってもらうのが狙いです。こうして抽出された論点が、決断にあたって有効な素材として生きてくるのです。


松本正義

私が報告書で鍛えられたのは、5年間のシカゴ駐在でアメリカ中西部を一人で担当したときのことです。当時、日本とのコミュニケーション手段は手紙、国際電話、テレックスの3つしかありません。国際電話は料金が非常に高く、ローマ字表記のテレックスは、ちょっとした連絡でもロール紙が長々と吐き出され、膨大な量になりました。そのためほとんどが手紙の往復でした。そこで無駄を省き、長文にならぬよう心がけました。


山本梁介

理念を唱えているだけでは不十分で、それを実践できるようになって初めて理念が浸透したと言えるでしょう。


藤田晋

スマートフォンが出てきて、我々にもチャンスはあると思っています。また新しい「よーい、ドン」が始まったんです。我々はこの2年で、会社をスマートフォン企業に入れ替えました。いま年商1600億のうちの1000億はスマートフォン。そこでトップになれる可能性があるなと。


笠井伸啓

技術的な優位性を維持するために、当社では売上高の15%以上を研究開発投資に回しています。比率こそほぼ一定ですが、事業の伸びに伴って投資の絶対額も伸びており、そうした圧倒的な技術開発力こそが他社に対する競争力の源泉になっています。


和地孝

頻繁に人が入れ替わっていたのでは、いいモノづくりはできません。モノづくりをするうえでは、仕事に愛着を持っている、モノづくりの好きな人材の蓄積が重要です。だからこそ、人を財産と考え、長期雇用を維持することが経営の合理性だと思うのです。


菅井敏之

たとえ借金だとしても、絶対に手元に現金があったほうがいいんですよ。結局、倒産する会社はお金を借りすぎているわけじゃなく、手元に現金がなさすぎて倒産している。これは家計にも言えること。


ジャン=パスカル・トリコワ

知り合いの経営者に話を聞くと、自分の会社のITに関するコストは把握しているのですが、会社としていくら電気代を支払っているのか知らない人が多い。実際には、ITに投じているコストより、エネルギーコストの方が大きい場合が多い。乱高下するエネルギー価格に事業を依存するリスクは非常に大きい。事業や製品の競争力を高める上で、エネルギーの効率化は不可欠。


ページの先頭へ