亀岡保夫の名言

亀岡保夫のプロフィール

亀岡保夫、かめおか・やすお。日本の公認会計士。大光監査法人理事長。愛媛県出身。創価大学経済学部卒業。大光監査法人理事長、日本公認会計士協会常務理事などを務めた。

亀岡保夫の名言 一覧

いくら専門性に秀でていても顧客の「思い」を共有できなければ、サービスから喜びや感動といった新たな価値は生まれない。


私どもは顧客の方々の声にできる限り耳を傾け、誠実に真正面から向き合うよう所員に対して、ことあるごとに話をしています。


亀岡保夫の経歴・略歴

亀岡保夫、かめおか・やすお。日本の公認会計士。大光監査法人理事長。愛媛県出身。創価大学経済学部卒業。大光監査法人理事長、日本公認会計士協会常務理事などを務めた。

他の記事も読んでみる

山本直美(チャイルド・ファミリーコンサルタント)

大人は心にいろいろ抱えることが多いために、無意識に険しい顔になってしまいがちです。けれど、見回してみてください。きっと素敵だと感じる経営者の表情は、どこか子どもの笑顔に近いのではないでしょうか。周囲の人に「不安」ではなく、「安心」を与える経営者には、素敵なことがたくさん待っているように感じるのです。


島地勝彦

笑顔は相手の心を開かせるマスターキー。こぼれるような笑顔で「はじめまして」って言ったら、きっと相手も打ち解けてくれるよ。


原田泳幸

記者が「もういい」と言うまで、記者会見を毎日開きました。問題点は徹底的に調べて説明する。改善点も報告する。逃げも隠れもしません。しかも、赤いネクタイをしていきました。謝罪会見では、落ち着いた青系のネクタイを締めた役員一同が、ずらりと並んで頭を下げる。それがリスクマネジメントのセオリーです。でも、そうしなかった。浮足立って不安になっている社員やクルーたちをますます不安にさせるだけだと思ったのです。
【覚書き|フランチャイズ加盟店1社がサラダの賞味期限シールを勝手に貼りかえるという事件が起こったときを振り返っての発言】


山本正明(営業マン)

お客様に喜んで契約していただくには、お客様の事前の期待値をほんのちょっとだけ上回ればいい。


横山信弘

そもそも、顧客のためにならない会議を開く必要はありません。「その会議はお客様のためになるのか」を考えてみたとき、目的が内向きだったり、曖昧な場合は出る必要がないのです。ただし、議事録には確実に目を通すようにしましょう。これは、会議に参加しなかった人の最低限のマナーです。また、日頃から上司や役員とのコミュニケーションを大切にしておくことで、ムダな会議の芽を摘むのも手です。なぜなら、彼らがムダな会議を開くのは、下から報告が上がってこないから。であれば、こちらから逐一進捗を報告し、情報を提供・共有することで、ムダな報告会を阻止することができるのです。


入山章栄

イーベイの創始者、ピエール・オミディアは疑問が浮かんだり、物事に迷ったりした場合、自分の頭で考えるよりも先に、「この問題は誰に聞くべきか」を考えるそうです。成功した起業家も他人のアイデアを借りることに長けているのです。


大江英樹

起業は目的と自分ができることを明確にして臨まなければ、まず失敗する。


鈴木喬(経営者)

理論ばかり振り回すお利口さんのトップは信用できない。頭でっかちでは駄目。だから「勉強は体に良くない」といつも言っている。


稲盛和夫

人間死ぬとき、地位も、名誉も、財産も持っていけない。あの世へ持っていけるのは自分の魂だけなんです。魂が生まれたときに比べ、どれくらい美しくなったかということが、最も重要と考えるようになりました。


井上亮(オリックス)

仕事をしていくなかで、わからない言葉や用語が出てくると思います。とくに若いころはいろいろと覚えなくてはならないことが多いものです。最近の若い人は、わからないことをわからないままで済ましてしまう。だから、ひとつの案件を担当しても、表面だけを見て、深く考えずに進めてしまう。運よく案件を成立させたとしても、知識やノウハウが蓄えられないので、次に同じような案件を任せられたときに上手く対応できないのです。


桜田厚(櫻田厚)

どの会社も創業者はパワフルで、才能も情熱も持っています。しかし、いくら創業者がカリスマでも、会社のために一人でできることは限られています。売り上げ100億円を超えていく会社ならなおさらです。


波戸内啓介

スピードが求められる時代に、わずかの期間で、企業・組織を大きく変革させる方法があります。それは、外部から強力な経営者を招くことです。


和田一浩

自分を丸ごと受け入れられるようになったのは40歳を過ぎてから。それまでは、できない自分ばかりを見て無理していた気がします。


西田弘次

日本人は、人の変化を敏感に察知する能力に長けています。これまで挨拶などしなかった上司が目を見て「おはよう!」と言ったり、コピーを取っても無言だった上司が笑顔で「ありがとう」と言ったりするようになれば、部下はそれだけで「職場にいやすくなった」と感じるもの。部下のモチベーションを上げるには、ここで手を抜かないことです。


川俣喜昭

自分もかつて、仕事でうまくいかなかったとき、不平を言ったら、ある上司から「ならお前は納得するまで動いたのか」と言われ、戒められた。


ページの先頭へ