名言DB

9429 人 / 110879 名言

亀山郁夫の名言

twitter Facebook はてブ

亀山郁夫のプロフィール

亀山郁夫、かめやま・いくお。日本のロシア文学者、翻訳家。専門はロシアの文化と文学。栃木県出身。東京外国語大学外国語学部ロシヤ語学科卒業、同大学大学院外国語学研究科修士課程修了、東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学。天理大学外国語学部助手・講師・助教授、ソ連科学アカデミー世界文学研究所日本学術振興会派遣、同志社大学法学部助教授、東京外国語大学国語学部助教授・教授、東京外国語大学附属図書館長、東京外国語大学学長、名古屋外国語大学学長などを務めた。主な受賞に木村彰一賞、大佛次郎賞、毎日出版文化賞特別賞、プーシキン賞、読売文学賞研究・翻訳賞ほか。

亀山郁夫の名言 一覧

日常の殻をほんのちょっと破ってみる。そこに、あなたの中に潜んでいるもう一人の自分を見出せるはずです。それを楽しむことが教養を高め、個性を磨くことにつながると思います。こういう冒険は何歳からでもできる。その先に、未知なる自分がいると信じています。


40代から教養力を高めるにはどうするか。私は「気にかけていながら遠ざけてきたもの」に挑む小さな冒険をお勧めします。「気にかけながら遠ざけてきたもの」への取り組みは、何でも構わないと思います。これまで聞いたことのないジャンルの音楽を聴く、見たいと思いながら見逃してきた名作映画を見る、憧れの楽器を手にする、自分史を書いてみる、等々です。


学生にもよく話しますが、教養は世界共通で、投資の負担も小さい最高のブランドです。仕事における交渉ごとなどでも、業務の知識や技術を持っているのが当たり前だとすれば、次に差となるのは人間性や信頼性です。これを表すのが実は、その人の教養の高さなのです。


40代で大切なのは、スキルよりむしろ教養力を高めることだと思っています。20代でも30代でも、人はそれなりの教養を身につけてきてはいます。しかし、ここでいう40代からの教養は、いわば「自分をよりよく変えていくための知的行動」。人間的な幅を広げていくための新たな基盤づくりともいえるものです。


40代に入ってわが身を振り返ると、「自分はこのままでいいのか」などと焦りや迷いが生じがちです。しかしその一方で、気力・体力・知力も充実し、人生の中では最も恵まれた年代でもあります。その充実期に足りないものがあるとすれば、50代以降に自分を伸ばすための糧を蓄える時間的、精神的な余裕がなかなか持てないことではないでしょうか。しかし、これは大きな課題です。私の経験から言えば、40代の生き方で50代が決まり、50代の生き方が60代を決めたという感触があります。働き盛りの一番忙しい時期に、プラスαの自分をどう再発見するか。これは後の人生を左右するとても大きな要素です。


亀山郁夫の経歴・略歴

亀山郁夫、かめやま・いくお。日本のロシア文学者、翻訳家。専門はロシアの文化と文学。栃木県出身。東京外国語大学外国語学部ロシヤ語学科卒業、同大学大学院外国語学研究科修士課程修了、東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学。天理大学外国語学部助手・講師・助教授、ソ連科学アカデミー世界文学研究所日本学術振興会派遣、同志社大学法学部助教授、東京外国語大学国語学部助教授・教授、東京外国語大学附属図書館長、東京外国語大学学長、名古屋外国語大学学長などを務めた。主な受賞に木村彰一賞、大佛次郎賞、毎日出版文化賞特別賞、プーシキン賞、読売文学賞研究・翻訳賞ほか。

他の記事も読んでみる

津田大介

通常のマスメディアは、政策審議が国会に行った段階でアレコレ言いますが、国会はプログラムでいえば「バグ取り」くらいの役割しかありません。それでは遅すぎる。国会でもまれる前の政策決定過程で、世論を巻き込み、騒ぐことが重要です。


橘フクシマ咲江

相手に理解してもらえる話し方をすることが非常に重要です。実は、これが一番難しいのです。社長をしているとき、この点でとても苦労しました。わかりやすく話しているつもりでも、部下がさらにその部下へと話を伝えるプロセスで、内容がどんどん変わっていくのです。


北村森

商品作りには物語が大事だと言われていますが、私は反対です。物語は自分から作るものでなく、第三者が感じるべきもの。その材料を的確に示すのが作り手の役割です。


平林実

お金を出す以上、お客様目線では、同じものなら価格は同じ、飲食店だから高く、物販店だから安いという言い訳は関係ありません。たとえば、近所のスーパーなら300円弱で買えるビールが、飲食店で飲むと500円。いままでの価格設定は、我々の身勝手にすぎません。居酒屋を水商売ではなく、産業化するためには、お客様目線で価格破壊をしなきゃいけないのです。


小林和之

僕は営業にいけと言われたので、それだったら辞めると。そうしたら当時の社長が「お前、面白いな」と。希望を聞かれて「自分は制作以外にはいきたくない」と答えました。すると「それもわかるけれど、エンドユーザー(商品の購入者)を理解するために営業はやったほうがいい」と。それで6か月間、制作と営業兼務になりました。1日、1~2時間しか寝ない日もあった。営業をやったことで、売り方を考えなければダメだなというのはよくわかりましたね。


サミュエル・スマイルズ

間違いを犯さなかったものは決して何かを発見したことはない。我々はしばしば、どうしてうまく行かないのかを見出すことで、どうすればうまく行くのかを発見する。おそらく、失敗経験のない人は、そのような発見をしたこともないだろう。


和田秀樹

トラブルを楽しんで次に生かすのがお金持ち。落ち込むだけで終わってしまうのが貧乏になる人。経験は次に活かさないと。


中村獅童(二代目)

育てられる側の若手も、ただ待っているだけではダメ。目の前を見渡せば、「尊敬できるな」と思える上司や先輩がきっといる。そういう人に自分から積極的に交わって学び、成長する。その醍醐味を味わってほしい。


木村達央

私は数年で変わる顧客の彼女たちの姿をとらえきれませんでした。ですから私は社長時代、早々に白旗をあげたんです。「わからないことはわからない。だったらわかる人に任せよう」。それが社長時代の私の経営哲学でした。


三枝利行

会社は一つの組織なので規範を持つことは大切ですが、物事を前に進めるときは、社内のルールではなくグローバルなルールというか、もっと高い位置からの視点を持って取り組むべきだと思うのです。アクセルは外側の目で踏んで、ブレーキは内側の目で踏むという感じがいいと思いますね。