名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

亀山郁夫の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

亀山郁夫のプロフィール

亀山郁夫、かめやま・いくお。日本のロシア文学者、翻訳家。専門はロシアの文化と文学。栃木県出身。東京外国語大学外国語学部ロシヤ語学科卒業、同大学大学院外国語学研究科修士課程修了、東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学。天理大学外国語学部助手・講師・助教授、ソ連科学アカデミー世界文学研究所日本学術振興会派遣、同志社大学法学部助教授、東京外国語大学国語学部助教授・教授、東京外国語大学附属図書館長、東京外国語大学学長、名古屋外国語大学学長などを務めた。主な受賞に木村彰一賞、大佛次郎賞、毎日出版文化賞特別賞、プーシキン賞、読売文学賞研究・翻訳賞ほか。

亀山郁夫の名言 一覧

日常の殻をほんのちょっと破ってみる。そこに、あなたの中に潜んでいるもう一人の自分を見出せるはずです。それを楽しむことが教養を高め、個性を磨くことにつながると思います。こういう冒険は何歳からでもできる。その先に、未知なる自分がいると信じています。


40代から教養力を高めるにはどうするか。私は「気にかけていながら遠ざけてきたもの」に挑む小さな冒険をお勧めします。「気にかけながら遠ざけてきたもの」への取り組みは、何でも構わないと思います。これまで聞いたことのないジャンルの音楽を聴く、見たいと思いながら見逃してきた名作映画を見る、憧れの楽器を手にする、自分史を書いてみる、等々です。


学生にもよく話しますが、教養は世界共通で、投資の負担も小さい最高のブランドです。仕事における交渉ごとなどでも、業務の知識や技術を持っているのが当たり前だとすれば、次に差となるのは人間性や信頼性です。これを表すのが実は、その人の教養の高さなのです。


40代で大切なのは、スキルよりむしろ教養力を高めることだと思っています。20代でも30代でも、人はそれなりの教養を身につけてきてはいます。しかし、ここでいう40代からの教養は、いわば「自分をよりよく変えていくための知的行動」。人間的な幅を広げていくための新たな基盤づくりともいえるものです。


40代に入ってわが身を振り返ると、「自分はこのままでいいのか」などと焦りや迷いが生じがちです。しかしその一方で、気力・体力・知力も充実し、人生の中では最も恵まれた年代でもあります。その充実期に足りないものがあるとすれば、50代以降に自分を伸ばすための糧を蓄える時間的、精神的な余裕がなかなか持てないことではないでしょうか。しかし、これは大きな課題です。私の経験から言えば、40代の生き方で50代が決まり、50代の生き方が60代を決めたという感触があります。働き盛りの一番忙しい時期に、プラスαの自分をどう再発見するか。これは後の人生を左右するとても大きな要素です。


亀山郁夫の経歴・略歴

亀山郁夫、かめやま・いくお。日本のロシア文学者、翻訳家。専門はロシアの文化と文学。栃木県出身。東京外国語大学外国語学部ロシヤ語学科卒業、同大学大学院外国語学研究科修士課程修了、東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学。天理大学外国語学部助手・講師・助教授、ソ連科学アカデミー世界文学研究所日本学術振興会派遣、同志社大学法学部助教授、東京外国語大学国語学部助教授・教授、東京外国語大学附属図書館長、東京外国語大学学長、名古屋外国語大学学長などを務めた。主な受賞に木村彰一賞、大佛次郎賞、毎日出版文化賞特別賞、プーシキン賞、読売文学賞研究・翻訳賞ほか。

他の記事も読んでみる

大竹美喜

経営者は孤独です。夜も安眠できないほど苦しむこともあるかと思いますが、朝は必ず来ます。ですから、希望を絶対に捨てないでほしい。会社倒産という最悪の状態になっても、嘆かないでほしい。再起は可能です。


町田勝彦

私はその形(AQUOS一号機のテレビらしくないデザイン)にこだわった。液晶モニターと区別するためには、中途半端なデザインでは、売り場で明確なメッセージを発信することができない。注目されなければ、名前とデザインを変えた意味がない。物議を醸すということは、それだけインパクトがある証拠なのだ。


高橋新

主力の基幹部品以外の車体や足回り開発の専門部隊を発足させました。新たな部隊は、各自動車メーカーの意図と求める機能を理解するとともに、アルミ化における市場動向や技術情報などを横断的に集約する独立チームとして立ち上げました。「とにかく出したくない、という人材を出せ」と号令をかけ、営業、設計、生産技術などの部各門から精鋭を集めました。


鳥飼茜

お悩み相談って難しくて、正解はないと思うんですね。人それぞれに自分の正義があって、そこに正解も不正解もない。だから、結局私ならこうしますよ、というところをお伝えするしかないのかなあと。


真田茂人

現在のように変化が激しい環境では有能なリーダーが自分の経験に基づいて決断を下しても、経験した時点とは状況が変化しており、「ちょっと前なら正しかったが……」という事態が頻繁に起こる。従業員の話を真摯に聞かないでいると、顧客や市場の変化に気付くのが遅れ、打ち出す方向性にズレが生じやすくなる。その点、聴く力に優れたリーダーは環境に変化が生じても素早く察知することができ、方同性を間違えるリスクが少ない。「話を聞いてもらえた」という気持ちから、従業員のコミットメントも引き出しやすい。


鎌田富久

海外の企業が作るロボットもカッコいいのですが、あまり可愛らしい製品は多くないですよね。少し首を振るとか、しっぽを揺らすといった、ちょっとした可愛さの感覚は、日本人の得意分野でしょう。


北村正志

カメラを売った日から、キタムラとお客様との繋がりが始まります。売って終わりではないのが、カメラのキタムラなのです。


川島永嗣

若い頃から年1回、英語圏の国に旅行に行くと決めていたぐらい、僕自身海外旅行が好きだったんです。他国の文化を知りたい、もっといろんな考え方に触れたいという欲求や興味が大きかったので。


原田曜平

企業が若者を見る努力をしなくなった一方、今もトレンドを生み出すのは若者。それをメディアや広告会社が後追いする「主従の逆転」がこの5年くらいで起きている。だからこそ、若者の研究は未来を占う意味で、かつてないほど重要になっている。


渡邊文矢

70年で獲得してきた信頼は、他社にはない強みです。


柴田英寿

副業を単なる日銭を稼ぐ手段と捉えていては、その意義は半減します。副業を自分を鍛え上げる手段だと考えれば、目先の稼ぎにもとらわれなくなります。そうしてじっくり着実に取り組む人の方が、長い目で見れば稼げるようになるはずです。


庄司充

工夫にたどりついたのは、「お客様に信頼されるにはどうすればいいか」という問題意識を持っていたから。売らんかなの意識で検証していたら、気づかなかったでしょう。