名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

亀山郁夫の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

亀山郁夫のプロフィール

亀山郁夫、かめやま・いくお。日本のロシア文学者、翻訳家。専門はロシアの文化と文学。栃木県出身。東京外国語大学外国語学部ロシヤ語学科卒業、同大学大学院外国語学研究科修士課程修了、東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学。天理大学外国語学部助手・講師・助教授、ソ連科学アカデミー世界文学研究所日本学術振興会派遣、同志社大学法学部助教授、東京外国語大学国語学部助教授・教授、東京外国語大学附属図書館長、東京外国語大学学長、名古屋外国語大学学長などを務めた。主な受賞に木村彰一賞、大佛次郎賞、毎日出版文化賞特別賞、プーシキン賞、読売文学賞研究・翻訳賞ほか。

亀山郁夫の名言 一覧

日常の殻をほんのちょっと破ってみる。そこに、あなたの中に潜んでいるもう一人の自分を見出せるはずです。それを楽しむことが教養を高め、個性を磨くことにつながると思います。こういう冒険は何歳からでもできる。その先に、未知なる自分がいると信じています。


40代から教養力を高めるにはどうするか。私は「気にかけていながら遠ざけてきたもの」に挑む小さな冒険をお勧めします。「気にかけながら遠ざけてきたもの」への取り組みは、何でも構わないと思います。これまで聞いたことのないジャンルの音楽を聴く、見たいと思いながら見逃してきた名作映画を見る、憧れの楽器を手にする、自分史を書いてみる、等々です。


学生にもよく話しますが、教養は世界共通で、投資の負担も小さい最高のブランドです。仕事における交渉ごとなどでも、業務の知識や技術を持っているのが当たり前だとすれば、次に差となるのは人間性や信頼性です。これを表すのが実は、その人の教養の高さなのです。


40代で大切なのは、スキルよりむしろ教養力を高めることだと思っています。20代でも30代でも、人はそれなりの教養を身につけてきてはいます。しかし、ここでいう40代からの教養は、いわば「自分をよりよく変えていくための知的行動」。人間的な幅を広げていくための新たな基盤づくりともいえるものです。


40代に入ってわが身を振り返ると、「自分はこのままでいいのか」などと焦りや迷いが生じがちです。しかしその一方で、気力・体力・知力も充実し、人生の中では最も恵まれた年代でもあります。その充実期に足りないものがあるとすれば、50代以降に自分を伸ばすための糧を蓄える時間的、精神的な余裕がなかなか持てないことではないでしょうか。しかし、これは大きな課題です。私の経験から言えば、40代の生き方で50代が決まり、50代の生き方が60代を決めたという感触があります。働き盛りの一番忙しい時期に、プラスαの自分をどう再発見するか。これは後の人生を左右するとても大きな要素です。


亀山郁夫の経歴・略歴

亀山郁夫、かめやま・いくお。日本のロシア文学者、翻訳家。専門はロシアの文化と文学。栃木県出身。東京外国語大学外国語学部ロシヤ語学科卒業、同大学大学院外国語学研究科修士課程修了、東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学。天理大学外国語学部助手・講師・助教授、ソ連科学アカデミー世界文学研究所日本学術振興会派遣、同志社大学法学部助教授、東京外国語大学国語学部助教授・教授、東京外国語大学附属図書館長、東京外国語大学学長、名古屋外国語大学学長などを務めた。主な受賞に木村彰一賞、大佛次郎賞、毎日出版文化賞特別賞、プーシキン賞、読売文学賞研究・翻訳賞ほか。

他の記事も読んでみる

池谷裕二

空腹のときに、海馬をはじめとした脳が活性化するため、仕事効率が高まるのではないでしょうか。自然界を見ても、昼間活動する動物は、朝と夕方に活発に動き、満腹になった午後はのんびいりとしている。ライオンだって朝と夕方しか狩りをしない。人間も同じだと思いますよ。


松田雅也

弊社の強みのひとつは、流通のシステムを作って発注用の顧客向けアプリに落とし込み、iPadごと飲食店に貸し出したこと。そうして現場をIT化してしまったのです。実際、パソコンは嫌いだという料理人も、iPhoneは持っていたりします。使いやすい機械であれば誰でも使う、ということです。


佐藤義雄

会社経営においては常に、その時代に合った技術論や方法論が持てはやされるものです。むろんそれも必要なこともあるでしょうが、どれほど時代が変わっても普遍的な価値観を忘れてはならないと思っています。


熊坂隆光

産経の歴代のキャッチコピーというのがあるのですが、最初は「新聞はみな同じではありません」でした。それから「産経新聞はものを言う新聞です」というものがあり、それからしばらくして「新聞を疑え」、その後に「群れない逃げない」という、コピーがありました。今もまさに、そのとおりだと思います。


出口治明

幅広い視野を持つと、大きな流れを感知できる。


ピョートル・フェリクス・グジバチ

グーグルは「誰でも気楽に質問できる」という文化を、社長自らがロールモデルになって体制として定着させている。


近藤史朗

鉄壁を誇ったビジネスモデルも、いずれは大きく方向が変わることも考えながら進まなければいけません。


杉良太郎

社会奉仕の活動は自分としては、特に目的や理由があってやっているわけではないんです。気がついたら動いているのだから、もう「性(さが)」のようなもの。一時期は、「福祉病という病気にかかってしまったんです」と説明していました。この病気は治らないけど、人に感染することもない。「まあ、病気ですから、ちょっと大目に見てください」と。でも、それもあまり通用しなくなったので、最近は、「自分で勝手な妄想を抱いてやっていることですから」と説明しています。


横須賀てるひさ(横須賀輝尚)

マイナーな資格は取得者が限られているため、競争相手も少なく、お客さんを獲得しやすい。


青野慶久

会議資料やメールなどでちゃんとした文章を考える時間がなかったら、思いきって箇条書き中心でポイントだけまとめる。図表なども、プレゼンテーションソフトを使ってきれいにつくらなくてもいい。会議当日にホワイトボードにササッと手描きしても、言いたいことは十分伝わりますよね。「こうしなければいけない」と思い込んでいるだけで、じつは品質を落としても問題がない場面は結構あるはずです。


アンディ・ジャシー

クラウドを導入すると、アイデアが浮かんでから実現するまでの時間が極めて短くなる。何千台というサーバーを数分間で用意でき、必要なくなったら余計な料金は支払わなくてよい。試行錯誤のスピードが速まれば、それだけ競合より先を走れる。


大隅良典

多くの大学人が感じていることですが、大学は本当に貧しい状況です。国立大学が法人化されて以降、運営費交付金は長い間、減少を続けてきました。それが今、ボディーブローのように大学を苦しめています。大学は運営費を賄うために、研究費を稼げる研究者を求めるようになった。評価されるのはサイエンスの質ではなくなってしまった。研究者も「成果を上げなければ首になってしまう」と危機感を募らせています。名高い雑誌に論文を載せようと思ったら、はやりのテーマをやるしかない。それで、成果が出るかどうか分からない。チャレンジングな研究がやりにくくなっています。