名言DB

9419 人 / 110788 名言

亀山敬司の名言

twitter Facebook はてブ

亀山敬司のプロフィール

亀山敬司、かめやま・けいし。日本の経営者。「DMM.com」創業者。石川県出身。高校卒業後、露天商、雀荘、レンタルビデオ店経営などを経てアダルトビデオ版権ビジネスを開始。その後、デジタルメディアマート(のちのDMM)を設立し急成長させた。

亀山敬司の名言 一覧

技術革新が業界の常識を変えていく。新しい技術に資金を投入し、そのユーザーの利用や購入データを分析することで新しいニーズが見えてくる。


商人(あきんど)は表現者じゃなくて実行者。


新しい事業を探してどんどん「変態」していけば、会社の寿命は延びます。俺が死んだあとDMMはたくあんを売っていてもロケットを売っていてもいいわけです。


面白いのはこういう場を作ると情報が集まってくることですね。情報が集まると次のアイデアが出る。
【覚え書き|DMM.make AKIBAについての発言】


喧嘩は相手を見てやるし、やるなら勝たなきゃ。


やってみて、分析して、うまく行けば続けるし、ダメなら撤退する。今やってる事業の10倍くらい失敗したものもありますよ。でもやってみないと分からないことも多い。


大企業の人たちは正規軍の兵隊さんかな。優秀だけど命令に従うだけで自分の思考は止めている。


俺らは戦争で言うとゲリラだからね。どこに隠れて、いつ撃って、どう逃げるか、全部、自分で考え、自分で決断する。間違えたら死んじゃうから必死です。


社内を見渡せば死屍累々ですよ。失敗ばっかり。でもうちは未公開企業だから、ある意味赤字の方がいい。どっかの大企業みたいに粉飾する必要もない。ちょっとくらいの赤字なら構わない。


事業の寿命と会社の寿命は違うと思っています。事業の寿命は人間よりも短くて、例えばDVDが売れなくなったら太陽光パネルを売らせる。ちゃんと商品知識を与えれば太陽光パネルもしっかり売ってきます。太陽光がダメなら次は何を売るか。働き場所を探してあげられるのが経営。


仕組み作りが面白い。


将来僕が引退するときは、会社を誰かに売却して、それで得た資金はボランティアなのか、贄沢なのかは分からないけど、全部使ってしまうのが理想。もともと子どもに会社を継がせるつもりはないし、財産を残すつもりもない。無理して入れても幸せになれるか分からないし、自分の手で何かを作り上げたほうが本人のためでしょう。


上場企業では社運を賭けた大プロジェクトなんて誰も望まない。無事、次の人にバトンを渡すのが良い経営者なわけです。「イノベーション」と言った途端に「そんな金があるなら配当しろ」と株主に怒られる。


どれが成功するかは分からないけど、ダメなのは分かる。アイデアは面白いけど、それ本当に君がやれるの、と聞くと、黙って下向いちゃったり。アップルやアマゾンがこう攻めてきたらどうするの、と聞くと、答えられなかったり。


アダルトビデオの制作を始めた時は、ビデオ店への売り切りが常識だった業界の中で、あえて委託販売を行いました。当然、売れ残ったビデオは返品されますが、その数でどんな内容のビデオが売れたかを分析、売れるビデオを制作しました。分析によって返品率が減り、売れるビデオも増えてきました。


亀山敬司の経歴・略歴

亀山敬司、かめやま・けいし。日本の経営者。「DMM.com」創業者。石川県出身。高校卒業後、露天商、雀荘、レンタルビデオ店経営などを経てアダルトビデオ版権ビジネスを開始。その後、デジタルメディアマート(のちのDMM)を設立し急成長させた。

他の記事も読んでみる

森澤紳勝

社内でもよく言いますが、時間管理がルーズな人がビジネスで成功するはずがない。時間にルーズな社員がいたら叱り飛ばします。


御手洗冨士夫

外国の工場というのは丁寧な開発、精密で微妙な対話や認識を共有しようとしても言葉の制約があったりしてね。単にレーバー(賃金)コストが安いから海外へ出ていく時代はもう過ぎた。


藤川太(ファイナンシャルプランナー)

多くのお金持ちも教育については熱心ですが、普通の人と違うのは、意識しているかいないかは別として、子供たちが将来お金に不自由しないように教育をする傾向があることです。そして、そのための投資は惜しみません。


遠藤宏治

女性用も大きな市場です。実は販売金額で言えば男女比は50:50くらいなのです。考え方は「カミソリもお化粧周りの一部」です。例えば顔のうぶ毛を剃るというのは日本独自の習慣だったそうですが、専門家によると顔を剃るとお化粧の乗りがよくなり、肌にもいいそうです。このことを訴えていくことで、さらに世界でも市場が広がると見ています。


塚越寛

この社是「いい会社をつくりましょう」を掲げたのは、いまから10年ほど前になりますが、会社を任された当初から、いい会社をつくりたいという思いは常に持っていました。目先の利益を追い求めるのではなく、長期的な視野に立って会社を運営していこうと考えていました。それが企業の陣容が次第に整い、ようやく目指す姿を描きやすくなってきたということです。


金児昭

信越化学工業でやってきたのは、様々な事業案件の責任者に経理財務の視点を持ってもらうように促し続けることでした。たとえば、私は経理部長から経理財務担当常務のころまでに約30件のM&Aに関わりましたが、交渉の際、事業部長に「アフターM&A(買収の後)を考えましょう」と言い続けました。海外企業などの買収案件が持ち上がると、買収価格の算定や事業内容の点検などを行いますが、その最中に「買収後も、買収先企業の大口の取引先は継続するのか」「原材料の購買先を複数にするなど、何かあったときに対応できる仕組みになっているか」といったことを言い続けるのです。


岩田弘三

人間は自分一人の力で生きているわけではない。いろいろな人たちに生かされている。だから感謝の気持ちを忘れてはいけない。


本田宗一郎

発明考案にしても、人より一分でも一秒でも早ければ、特許になる。すべてスピードじゃないですか。だから、スピードを否定したら、発明的創意工夫もないし、そこにウィットもないはずです。


岩瀬昌美

私はアメリカで29年間働いてきましたが、ワークライフバランスなんてなかったです。日本の人と仕事するとき、初めて会った人に趣味は何ですかと必ず聞かれるのですが、こちらでは聞かれたことがないです。何をもって趣味というんだろう、といつも考えてしまいます。はっきり言って、私に趣味はありません。ジムも別に好きで通っているのではなく、スーツをピシッと着て、印象をよくしたいから行っている。それは仕事のためです。ひとつ言えるのは、仕事=趣味みたいなものです。エリート層はだいたいこんな考えを持っているでしょう。これだけ仕事をして、家族との時間を大切にしたら、それ以外の時間なんてほとんどないです。


末木紳也

まず将来独立するのか、会社の中でキャリアを積むのか、自分がこうなりたいというイメージを持つことが大切です。そうすればどの資格が必要なのか、おのずとわかってきます。