名言DB

9490 人 / 112001 名言

亀山敬司の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

亀山敬司のプロフィール

亀山敬司、かめやま・けいし。日本の経営者。「DMM.com」創業者。石川県出身。高校卒業後、露天商、雀荘、レンタルビデオ店経営などを経てアダルトビデオ版権ビジネスを開始。その後、デジタルメディアマート(のちのDMM)を設立し急成長させた。

亀山敬司の名言 一覧

技術革新が業界の常識を変えていく。新しい技術に資金を投入し、そのユーザーの利用や購入データを分析することで新しいニーズが見えてくる。


商人(あきんど)は表現者じゃなくて実行者。


新しい事業を探してどんどん「変態」していけば、会社の寿命は延びます。俺が死んだあとDMMはたくあんを売っていてもロケットを売っていてもいいわけです。


面白いのはこういう場を作ると情報が集まってくることですね。情報が集まると次のアイデアが出る。
【覚え書き|DMM.make AKIBAについての発言】


喧嘩は相手を見てやるし、やるなら勝たなきゃ。


やってみて、分析して、うまく行けば続けるし、ダメなら撤退する。今やってる事業の10倍くらい失敗したものもありますよ。でもやってみないと分からないことも多い。


大企業の人たちは正規軍の兵隊さんかな。優秀だけど命令に従うだけで自分の思考は止めている。


俺らは戦争で言うとゲリラだからね。どこに隠れて、いつ撃って、どう逃げるか、全部、自分で考え、自分で決断する。間違えたら死んじゃうから必死です。


社内を見渡せば死屍累々ですよ。失敗ばっかり。でもうちは未公開企業だから、ある意味赤字の方がいい。どっかの大企業みたいに粉飾する必要もない。ちょっとくらいの赤字なら構わない。


事業の寿命と会社の寿命は違うと思っています。事業の寿命は人間よりも短くて、例えばDVDが売れなくなったら太陽光パネルを売らせる。ちゃんと商品知識を与えれば太陽光パネルもしっかり売ってきます。太陽光がダメなら次は何を売るか。働き場所を探してあげられるのが経営。


仕組み作りが面白い。


将来僕が引退するときは、会社を誰かに売却して、それで得た資金はボランティアなのか、贄沢なのかは分からないけど、全部使ってしまうのが理想。もともと子どもに会社を継がせるつもりはないし、財産を残すつもりもない。無理して入れても幸せになれるか分からないし、自分の手で何かを作り上げたほうが本人のためでしょう。


上場企業では社運を賭けた大プロジェクトなんて誰も望まない。無事、次の人にバトンを渡すのが良い経営者なわけです。「イノベーション」と言った途端に「そんな金があるなら配当しろ」と株主に怒られる。


どれが成功するかは分からないけど、ダメなのは分かる。アイデアは面白いけど、それ本当に君がやれるの、と聞くと、黙って下向いちゃったり。アップルやアマゾンがこう攻めてきたらどうするの、と聞くと、答えられなかったり。


アダルトビデオの制作を始めた時は、ビデオ店への売り切りが常識だった業界の中で、あえて委託販売を行いました。当然、売れ残ったビデオは返品されますが、その数でどんな内容のビデオが売れたかを分析、売れるビデオを制作しました。分析によって返品率が減り、売れるビデオも増えてきました。


亀山敬司の経歴・略歴

亀山敬司、かめやま・けいし。日本の経営者。「DMM.com」創業者。石川県出身。高校卒業後、露天商、雀荘、レンタルビデオ店経営などを経てアダルトビデオ版権ビジネスを開始。その後、デジタルメディアマート(のちのDMM)を設立し急成長させた。

他の記事も読んでみる

藤川太(ファイナンシャルプランナー)

お金は寂しがり屋だから、お金がたくさんあるところに集まる習性がある。


佐渡島庸平

とにかく真剣な気持ちを持つことが大事。そうすれば会っていない時でも、「作家さんは何をしているかな」「この資料が役に立つかもしれないな」と自然に考える。絶えず気にかけていると、間柄がより親密になります。だから、一緒に仕事をしている時と同じくらい、顔を合わせていない時も重要です。


板倉雄一郎

どんなに精査して、どんなに立派なビジネスプランを作っても、最終的にはやってみなければわかりません。お金が集まらないから起業しないという人は、彼女ができない出会いがないって言っているのと同じで、動かないからできないんです。それができないとなると、仮にお金が集まったとしてもどうやってお客さんを集めたらいいんですかっていうことになってしまいます。


安田佳生

企業は人なりといいます。どんな製品やサービスも、それをつくるのは人であり、売るのも人です。そこで、多くの経営者は、ビジネスマンなど最前線で働く人たちをイメージして社員を採用しようとします。しかし私は、勝負のカギは中間層が握っていると考えています。いわば30代前半のマネジャークラスです。大手と中小企業では、この層の厚さが違います。私は長年、中小企業を中心とした採用活動をサポートして核になる人物をつかんだ会社が伸びるということを実感しています。


緒方健介

実は偉くなるほど「褒め業務」は増えます。その一方、自分は褒めてもらえなくなる。きちんとやって当然となってしまうんですね。上司も人の子です。例えば、自分の決断で仕事がうまくいったら、その貢献度を誰かに認めてほしいわけです。だから、部下はすかさず言うべきです。「○○さん、さすがですね!」と。本当は部下の粘り強い交渉がよかったのかもしれないけれど、その「さすが」の一言を伝えた部下に対して上司は「俺のことをよく見ている」と高く評価し、「いや、君のおかげだよ」と返答するかもしれません。


前田安正

わかりにくい文章の問題点として多いのが、「骨格がおかしい」ということです。文章は、「骨格」と「肉」で構成されます。
「今年の夏は、例年より平均気温が低く、寒かった」
この文なら、「今年の夏は~寒かった」が「骨格」で、他は理由や状況を説明する「肉」の部分です。この骨格さえしっかり組み立てられていれば、文章はわかりやすくなります。まずは短い文章で骨格を書き、そこから肉を付け足していくのが、わかりやすい文章を書く基本です。


濱田秀彦

褒め言葉を言ったあとに「落とす」のもよくあるミス。「きれいに仕上げてくれたね!」のあと、「これでスピードも早ければ完璧なんだが……」などと言うと効果はゼロに。照れ隠しのつもりでも相手はガッカリします。


樋口武男

俳優の役所広司さんが出演している「なんで大和ハウスなんだ?」って言う、あのCMシリーズあるでしょ? けっこう人気が高いんです。特に関東での知名度がぐんとあがった。実は担当したのは数年前まで支店長だった元営業マン。ずっと「宣伝をやりたい」と言ってきた彼を抜擢したんです。広告代理店とは相当にやりあったらしいけど、だからこそ記憶に残るCMができたんですよ。つまり能力の差よりも「やる気」が勝ったというわけ。


ビル・ゲイツ

私は、エキゾチックな環境の下で開かれる会議には偏見を持っている。その場所が魅力的であればあるほど、仕事の能率は低くなると思うからだ。


トーマス・クーン

いついかなる分野においても、科学者というのは世の中の動きについての基本的な見方を共有するものだ。その見方はその時点で支配的なパラダイムなのである。ほとんどの実験は、その見方の枠内で行われいくつかの小さな進歩が生まれる。


茂木友三郎

異文化に順応するのではなく、適応することが必要だ。適応性は順応性と違う。順応性というのは、一応適応はするが、元に戻らなくなってしまうことを指す。たとえば、アメリカに住んだらアメリカ人になってしまうということだ。適応性とは相手が変われば、それに応じて自分も柔軟に適応できる能力のことである。アメリカに住めばアメリカの文化に、ヨーロッパに行けばヨーロッパの文化に適応できる人でなくてはならない。


谷所健一郎

「人は会社の財産」と口では言っても、本当に理解する人は少ないものです。人で会社がつぶれることもある、という危機意識が必要です。そうでなければ、なまじ応募者が集まってしまうと、かえって危険な方向へ作用してしまいます。