名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

亀山敬司の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

亀山敬司のプロフィール

亀山敬司、かめやま・けいし。日本の経営者。「DMM.com」創業者。石川県出身。高校卒業後、露天商、雀荘、レンタルビデオ店経営などを経てアダルトビデオ版権ビジネスを開始。その後、デジタルメディアマート(のちのDMM)を設立し急成長させた。

亀山敬司の名言 一覧

技術革新が業界の常識を変えていく。新しい技術に資金を投入し、そのユーザーの利用や購入データを分析することで新しいニーズが見えてくる。


商人(あきんど)は表現者じゃなくて実行者。


新しい事業を探してどんどん「変態」していけば、会社の寿命は延びます。俺が死んだあとDMMはたくあんを売っていてもロケットを売っていてもいいわけです。


面白いのはこういう場を作ると情報が集まってくることですね。情報が集まると次のアイデアが出る。
【覚え書き|DMM.make AKIBAについての発言】


喧嘩は相手を見てやるし、やるなら勝たなきゃ。


やってみて、分析して、うまく行けば続けるし、ダメなら撤退する。今やってる事業の10倍くらい失敗したものもありますよ。でもやってみないと分からないことも多い。


大企業の人たちは正規軍の兵隊さんかな。優秀だけど命令に従うだけで自分の思考は止めている。


俺らは戦争で言うとゲリラだからね。どこに隠れて、いつ撃って、どう逃げるか、全部、自分で考え、自分で決断する。間違えたら死んじゃうから必死です。


社内を見渡せば死屍累々ですよ。失敗ばっかり。でもうちは未公開企業だから、ある意味赤字の方がいい。どっかの大企業みたいに粉飾する必要もない。ちょっとくらいの赤字なら構わない。


事業の寿命と会社の寿命は違うと思っています。事業の寿命は人間よりも短くて、例えばDVDが売れなくなったら太陽光パネルを売らせる。ちゃんと商品知識を与えれば太陽光パネルもしっかり売ってきます。太陽光がダメなら次は何を売るか。働き場所を探してあげられるのが経営。


仕組み作りが面白い。


将来僕が引退するときは、会社を誰かに売却して、それで得た資金はボランティアなのか、贄沢なのかは分からないけど、全部使ってしまうのが理想。もともと子どもに会社を継がせるつもりはないし、財産を残すつもりもない。無理して入れても幸せになれるか分からないし、自分の手で何かを作り上げたほうが本人のためでしょう。


上場企業では社運を賭けた大プロジェクトなんて誰も望まない。無事、次の人にバトンを渡すのが良い経営者なわけです。「イノベーション」と言った途端に「そんな金があるなら配当しろ」と株主に怒られる。


どれが成功するかは分からないけど、ダメなのは分かる。アイデアは面白いけど、それ本当に君がやれるの、と聞くと、黙って下向いちゃったり。アップルやアマゾンがこう攻めてきたらどうするの、と聞くと、答えられなかったり。


アダルトビデオの制作を始めた時は、ビデオ店への売り切りが常識だった業界の中で、あえて委託販売を行いました。当然、売れ残ったビデオは返品されますが、その数でどんな内容のビデオが売れたかを分析、売れるビデオを制作しました。分析によって返品率が減り、売れるビデオも増えてきました。


亀山敬司の経歴・略歴

亀山敬司、かめやま・けいし。日本の経営者。「DMM.com」創業者。石川県出身。高校卒業後、露天商、雀荘、レンタルビデオ店経営などを経てアダルトビデオ版権ビジネスを開始。その後、デジタルメディアマート(のちのDMM)を設立し急成長させた。

他の記事も読んでみる

ケリー・マクゴニガル

一般的に、人が緊張し「闘争・逃走反応」モードに入ったときは、呼吸が速くなり、心拍数や血圧が急上昇します。そういうときにするべきことは、まずそのときに得られる最高の結果に思いをいたすことです。何が欲しいのか、どこを目指しているのか、それを完了すればどのように世界がよくなるのか、という前向きな思考にしていくことです。2つ目にすべきことは、そういった場面で感じるストレスは、実はあなたのエネルギー・原動力になるのだと知ることです。ここを乗り越えればさらに一段上に行けると認識すること、ストレスそのものがあなたを強くする力があるのだと知っておくことです。


森川亮

従業員に対し、会社はなるべく余計なことをしないことがベストです。


岸田一郎

編集者は、個人的な自己表現でなく、きちんとしたビジネスの戦略に沿って雑誌をつくっていく。そのためにも、まず利益をあげることを念頭に置き、雑誌のポジショニングはこれ、ターゲットはここと定めて、その戦略に沿ったテーマ、企画を選んで雑誌に載せていくべきです。そういった意味では、『LEON』編集部が求める人材は、クリエイターより、編集長である私の出版設計図を理解してくれるビジネスマンの方が適材だといえます。


木村博紀(経営者)

私の健康法は、気分転換も兼ねたスポーツジム通いです。40歳を超えた頃、少し健康のことを考えなければならないと感じ始めたことをきっかけに、スポーツジム通いを始めました。最近は土曜日、日曜日のどちらか1回くらいしか行くことはできませんが、疲れている時でも運動をして一汗かくと疲れが取れることがわかりました。その点でも健康にいいのだろうということが実感できます。


清水喜彦

私が考えるお客様本位が何かといえばまずお客様のことを徹底的にリサーチ、つまりよく調べて、よく知ること。次に、今、お客様が求めているものは何なのか。このニーズをイメージ、想像すること。そして、このお客様はきっとこういう商品が欲しいんだろうなという商品をクリエイト、創造する。私はこの3つだと思っています。


佐々木正悟

ストレスがなにもなければいいかというと、決してそうではありません。パフォーマンスが最も高くなるのは、ほどよい緊張感があるとき。これはヤーキーズ=ドッドソンの法則といって生理心理学の基本法則として知られています。


櫻川七好

特に、馴染みの浅いお客様が相手のときは、個人の信条にかかわる政治や宗教の話題は避けること。それに、特定の会社や商品を無闇に褒めたり、貶(けな)したりしてはいけません。私は昔、とあるプロ野球チームの悪口をうっかりいってしまったところ、同じお座敷に系列会社の社長がいらして、冷や汗をかいたことがあります。


芦田昭充

私は言いたいことをどんどんぶつける直球型ですが、もっと粘り強く説得するアプローチがあってもよかったと反省しています。


クリス・アンダーソン

私たちは、自分たちがまだ十分に持っていないものに高い価値を付ける。たとえば、職場で無料のコーヒーを好きなだけ飲めることで、よりおいしいコーヒーの需要を呼び覚まし、喜んでそれに高い料金を払う。そして、一流シェフの料理からブランド飲料水まで、プレミアム商品は安価なコモディティの海から浮かび上がってくる。


橘フクシマ咲江

自分が社長だったらとの意識を持って仕事をするか、ただ漫然とタスクをこなすかでは、数年で、歴然たる差が出ます。自分の仕事がどこに繋がっているかわかっている人は、その受け手にとっていかに便利な形でそれを提供するかを考えられるからです。


吉田忠裕

これまで中国が重要な供給拠点だったのですが、人件費の高騰により、縫製市場が他のアジアにシフトしています。この動きに合わせて、当社もアジアでの供給体制を整え対応しています。加えて、中国や他のアジアの内需市場も重要になってきているのです。このような市場の変化に対応し、スタンダード向けの商品やものづくりに挑戦しています。開発体制も強化し、それぞれの地域でお客様の要望により迅速に対応できる体制も築いています。


磯崎功典

なかには跳ねっ返りの枝みたいなのがあってどうなるかと心配していると、いつの間にか最もいい実がなるエース級の枝に育っていたり。逆に絶対に育つと思った枝にまったく実がならないこともあります。そもそも、枝の良し悪し以前に、土壌をよくしてやらないと絶対にいいミカンはできません。人材育成にも通じるものがあるな……などと考えながら手入れをしています。人間だって、40代、50代で伸びる人はいると思います。
【覚書き|社長業のかたわら本格的に育てている40本ほどのミカンの木と人材育成について語った言葉】