名言DB

9412 人 / 110637 名言

亀山千広の名言

twitter Facebook はてブ

亀山千広のプロフィール

亀山千広、かめやま・ちひろ。日本のテレビ・映画プロデューサー、経営者。フジテレビ社長。静岡県出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、フジテレビに入社。編成部に10年在籍したのち、第一制作部(のちのドラマ制作センター)に異動し、『あすなろ白書』『ロングバケーション』『ビーチボーイズ』『踊る大捜査線』など多数のヒットドラマのプロデュースを行った。その後、編集部部長、編成制作局長、フジテレビ映画事業局局長、執行役員、取締役、社長などを務め、『スウィングガールズ』『ローレライ』『踊る大捜査線 The Movie』などのヒット映画をプロデュースした。そのほか多数の会社の取締役を歴任した。

亀山千広の名言 一覧

仕事で一流になるために必要なことは、幸運やツキをモノにすることではないでしょうか。どんな人にも、必ずチャンスは来るんです。勝負はそれをモノにできるかどうかです。そういう意味では、やはり目の前の仕事できっちり結果を出すことが大事ですよね。そうすれば、次にもっと大きな仕事のチャンスが回ってきますから。


正直、映画の興行だけで儲けるというのは至難の業なんです。やはりその後のDVD販売などで稼がないと、制作費を回収できない。だから、映画そのものだけでなく、劇場公開後の展開をどうしていくかを考えるのも、プロデューサーの重要な仕事なんです。映画事業局のメンバーには、「企画を考えるときは点ではなく線で考えろ」とよく言っています。


どんなにいいビジョンを持っていても、それが伝えられなければ意味がありません。逆に、それができれば、優秀な人たちが集まってきて、自分一人の力ではできないことができるようになります。だからプレゼンテーションの能力は重要です。僕なんて、それだけで飯を食ってきたようなものですから(笑)。


厳しいけれど、会社では結果がすべてです。過程なんて誰も見てくれません。子供なら、逆上がりを3時間練習すれば、たとえできるようにならなくても、頑張ったねと頭を撫でてもらえます。でも会社では、そいつが努力して逆上がり出来るようになるか、逆上がりをしなくていい部署に異動させるかしかありません。若い人はその辺の認識が少し甘い気がします。


監督にとっては映画の公開初日がゴールなんですが、我々にとっては通過点に過ぎません。もし初日の成績が悪ければ、巻き返す策を講じなければなりませんし、逆に初日がよければお客さんを取りこぼさないためにはどうすればいいか考えなければなりません。


やっぱり最初は、監督や脚本家になりたかったんです。でも、周りには自分より才能のあるヤツがたくさんいました。それで思いっきり挫折したんですが、映画やドラマに関わる仕事はやっていきたい。そこで自分は、才能のある人たちの耳もとで自分のつくりたいもののイメージをささやいて、「興味ある」といったら、「じゃあやろうよ」というポジションで行くことにしたんです。
【覚書き|プロデューサーになった理由について語った言葉】


才能あるスタッフが「その気」になれば、きっといい作品に仕上がります。そういう意味では、プロデューサーの仕事というのは、スタッフを「その気」にさせた時点で、半分は終わったようなものなんです。


亀山千広の経歴・略歴

亀山千広、かめやま・ちひろ。日本のテレビ・映画プロデューサー、経営者。フジテレビ社長。静岡県出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、フジテレビに入社。編成部に10年在籍したのち、第一制作部(のちのドラマ制作センター)に異動し、『あすなろ白書』『ロングバケーション』『ビーチボーイズ』『踊る大捜査線』など多数のヒットドラマのプロデュースを行った。その後、編集部部長、編成制作局長、フジテレビ映画事業局局長、執行役員、取締役、社長などを務め、『スウィングガールズ』『ローレライ』『踊る大捜査線 The Movie』などのヒット映画をプロデュースした。そのほか多数の会社の取締役を歴任した。

他の記事も読んでみる

森本紀行

意思決定は、不確実な未来に対する賭け。だからこそ、死の覚悟が必要。


山崎将志

最近は、部門や会社をまたいだ会議が頻繁になってきています。そうした言葉の解釈にズレが生じやすい会議では、ホワイトボードを使って言葉の確認作業を行うことが、より必要になってくるでしょう。


内田恒二

瞬間に判断するには明確な目的志向と判断基準が必要であり、私の場合、ラインを止めないことを最大目的に100%の確証はなくとも自分の責任範囲内で「6分正しい」と思ったら決断する。生産現場ではそのくらいの基準で判断して間違いなく回った。その権限を与えられていた。
【覚書き|福島の一眼レフ工場の課長時代を振り返っての発言】


鷲北貴史

今の自分を作り上げたのは失敗に次ぐ失敗の経験。世間では挫折と思われる経験もしました。でも落ち込むことはもうありません。失敗を前向きに捉えられるようになったからです。


上野和典

若いころは無駄に思える仕事も積極的に引き受けていました。一見無駄でも、実際にやってみると自分の幅を広げてくれることが多いからです。


裵英洙(医療機関再生コンサルタント)

私は、疲労のマネジメントでまず重要なのは肝臓を守ることだと考えています。疲れたら肝臓を労わること。つまり、血流を良くして、十分な水分と良質なタンパク質を摂取することが基本です。


荒川詔四

タイの工場ではバーツ下落に備えて過剰なほどの為替による損失に備えた対策をうちました。金利が高かった当時、そこまでのリスク回避をする会社もなかったため「さすがブリヂストンさんは石橋をたたいても渡りませんね」と日系の他社から笑われたほどです。しかしその後のアジア通貨危機でもほとんど損失を被らなかったのです。


パク・ジョアン・スックチャ

同じワーキングマザーだからといって、全員が仕事量をセーブしたいとか、早く帰りたいと考えているわけじゃない。もしあなたが上司なら、相手を先入観でひとくくりにしたりせず、どんな環境を整えたり、どんな葉をかけてあげたら相手やりがいを感じるかを模索しながら、個別に対応する必要があります。


平野次郎

歴史的な人物について学ぶ場合、書物を通して、その人物に関する論評を読むことも有効です。でももし、本人の生の言葉に触れることができるのならば、そこから得られる情報は貴重です。その人自身の言葉こそ、その人を如実に物語るものだからです。


すはらひろこ

衣類はかさばるし、季節モノがある。そのため、何をどれだけ持っているか把握しにくく、同じようなものを複数買ってしまいがち。持っている点数が多いと、1点ごとの損傷が少なく「もったいない」と感じ、なかなか捨てられない……。衣類は最も整理の難易度が高い対象と言えます。衣類が片づけば、家の中は8割片づいたと考えてもいいでしょう。


冨田和成

常に雇い主の庇護下にいて自分が提供する役務の対価としてお金をもらう。それが当たり前だと思っていると、大半の人はいざお金を稼ごうと思っても時給を上げることか、仕事を掛け持ちすることしか思い付かないのが実態。


ネルソン・マンデラ

私の人間性を痛々しくも試された暗黒の時期もありましたが、私は自分を絶望させることはできませんでしたし、しませんでした。絶望は、敗退と死を意味したからです。


渋沢健(渋澤健)

以前、「モノ言う株主」が注目されましたが、株式価値を上げるためには厳しい姿勢も辞さないというスタンスでは、言う方も聞く方も精神的にまいるのではないでしょうか。「企業は株主の所有物であるから、その意見を聞け」というのはロジックとして間違ってはいませんが、お互いの考えや立場を理解する対話を通じて、企業価値の向上を図った方がずっと建設的です。これこそが本当の「ガバナンス」だと思います。


小枝至

大きな成果をあげた改革のキーワードは透明性。


樫尾和雄

カシオが今後も競争力を維持するためにはイノベーションを起こし続けることが最も大切だ。