名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

亀山千広の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

亀山千広のプロフィール

亀山千広、かめやま・ちひろ。日本のテレビ・映画プロデューサー、経営者。フジテレビ社長。静岡県出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、フジテレビに入社。編成部に10年在籍したのち、第一制作部(のちのドラマ制作センター)に異動し、『あすなろ白書』『ロングバケーション』『ビーチボーイズ』『踊る大捜査線』など多数のヒットドラマのプロデュースを行った。その後、編集部部長、編成制作局長、フジテレビ映画事業局局長、執行役員、取締役、社長などを務め、『スウィングガールズ』『ローレライ』『踊る大捜査線 The Movie』などのヒット映画をプロデュースした。そのほか多数の会社の取締役を歴任した。

亀山千広の名言 一覧

仕事で一流になるために必要なことは、幸運やツキをモノにすることではないでしょうか。どんな人にも、必ずチャンスは来るんです。勝負はそれをモノにできるかどうかです。そういう意味では、やはり目の前の仕事できっちり結果を出すことが大事ですよね。そうすれば、次にもっと大きな仕事のチャンスが回ってきますから。


正直、映画の興行だけで儲けるというのは至難の業なんです。やはりその後のDVD販売などで稼がないと、制作費を回収できない。だから、映画そのものだけでなく、劇場公開後の展開をどうしていくかを考えるのも、プロデューサーの重要な仕事なんです。映画事業局のメンバーには、「企画を考えるときは点ではなく線で考えろ」とよく言っています。


どんなにいいビジョンを持っていても、それが伝えられなければ意味がありません。逆に、それができれば、優秀な人たちが集まってきて、自分一人の力ではできないことができるようになります。だからプレゼンテーションの能力は重要です。僕なんて、それだけで飯を食ってきたようなものですから(笑)。


厳しいけれど、会社では結果がすべてです。過程なんて誰も見てくれません。子供なら、逆上がりを3時間練習すれば、たとえできるようにならなくても、頑張ったねと頭を撫でてもらえます。でも会社では、そいつが努力して逆上がり出来るようになるか、逆上がりをしなくていい部署に異動させるかしかありません。若い人はその辺の認識が少し甘い気がします。


監督にとっては映画の公開初日がゴールなんですが、我々にとっては通過点に過ぎません。もし初日の成績が悪ければ、巻き返す策を講じなければなりませんし、逆に初日がよければお客さんを取りこぼさないためにはどうすればいいか考えなければなりません。


やっぱり最初は、監督や脚本家になりたかったんです。でも、周りには自分より才能のあるヤツがたくさんいました。それで思いっきり挫折したんですが、映画やドラマに関わる仕事はやっていきたい。そこで自分は、才能のある人たちの耳もとで自分のつくりたいもののイメージをささやいて、「興味ある」といったら、「じゃあやろうよ」というポジションで行くことにしたんです。
【覚書き|プロデューサーになった理由について語った言葉】


才能あるスタッフが「その気」になれば、きっといい作品に仕上がります。そういう意味では、プロデューサーの仕事というのは、スタッフを「その気」にさせた時点で、半分は終わったようなものなんです。


亀山千広の経歴・略歴

亀山千広、かめやま・ちひろ。日本のテレビ・映画プロデューサー、経営者。フジテレビ社長。静岡県出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、フジテレビに入社。編成部に10年在籍したのち、第一制作部(のちのドラマ制作センター)に異動し、『あすなろ白書』『ロングバケーション』『ビーチボーイズ』『踊る大捜査線』など多数のヒットドラマのプロデュースを行った。その後、編集部部長、編成制作局長、フジテレビ映画事業局局長、執行役員、取締役、社長などを務め、『スウィングガールズ』『ローレライ』『踊る大捜査線 The Movie』などのヒット映画をプロデュースした。そのほか多数の会社の取締役を歴任した。

他の記事も読んでみる

石渡美奈

経営が正しい方向に変われば、現場も変わるのは当然だし、変わりたくないという人は去って行っても仕方ないと思っています。


小路明善

ABインベブはすでに世界市場の3分の1を押さえました。ボリューム競争はもう終わったとみています。なので、プレミアム価格帯の中でトップブランドを取るべく、競争を仕掛けていきたいですね。この価格帯で世界のトップブランドであるハイネケン打倒を掲げて勝負することが私の使命です。プレミアム帯のシェアは最低でも10%は欲しいですね。そのあたりが、ブランドの存在価値があるかないかの分かれ目でしょう。


井口尊仁

プレゼンで伝えるのに難しい言葉は必要ない。むしろ平易な方がいい。


山内宏

かつての大蔵省では仕事の価値観も「国のためになるか」だけで十分でした。余計なことは考えなくてよかった。政治家や上司の機嫌が悪かろうが、自分が「国にとって良い」と考えれば、その仕事をやり遂げる。そんなことが許されたのです。
【覚書き|太平洋戦争敗戦直後の大蔵省での仕事について語った言葉】


村岡恵理

私たちは考えすぎたり、迷ったり、こだわっているうちに、いつのまにか頭も身体も停滞してしまうことがあります。わだかまった感情の流れを、自らの意志で断つ。次なる行動に向けて。「思い切る」とは、言わば心の断捨離です。


昆政彦

緊張感を持ちながら、あまり背伸びはせず、かといってあまり保守的にならずに、きちんと地固めをしていくことが、今は一番大事なことだろうと思います。


河盛好蔵

私は青年も自らの過失によってしたたかに傷つくことを、また傷つくことを恐れないことを希望したいのである。もし彼らの追求する目的が大きく高い場合には、彼らの流す血は実に美しく、そのような過失は断じて悔恨を伴うことはないはずである。それは若気の過ちなどではもちろんなく、青春時代の誇りということができよう。


藤田晋

パワハラやセクハラなどは、「自分にはどうにもできない問題」と我慢しがちで、すごく悩むと思いますが、やはり悩んでいても問題は解決しません。ここで大事なのは、「率直に話す」こと。相手の顔色をうかがって曖昧な表現を使ったり、余計なことを言ったりしないで、ストレートに問題点を指摘した方がいいと思います。例えば、上司の振る舞いに問題があるとしたら、「○○されることに悩んでいます」と伝える。たとえそこで上司の機嫌を損ねたとしても、事態は展開します。もちろん、指摘するタイミングを計る必要はありますが、やはり次の一手が打てるようになるわけです。


平岩外四

組織が人を動かす企業は活力を失い衰退していく。人が組織を動かす企業は発展成長する(平岩外四、ひらいわがいし、東京電力社長、第7代経団連会長、大英帝国勲章KBE受勲、電気事業連合会会長、宮内庁参与、愛知県出身)


西浦正親

チューリッヒ・インシュアランス・グループのコミットメントの一つである、コミュニティへの貢献を実現するため、コーポレートシチズンとしての責任を果たしていく。それが地域の明日につながり、私たちの発展になると確信しています。


辻野晃一郎

現場に行ってたくさんの人の話を聞き、それを取り入れて自分の考えを高めていく。そうした地道な行動を積み重ねることで、迷わない自分ができていくのではないのかと思います。


青野慶久

世の中の常識とされていることでも、それが本当に正しいことなのか一度疑ってみた方がいいでしょう。固定観念によって「事実」と、自分の「解釈」を履き違えている可能性を考えてみるべきです。