名言DB

9425 人 / 110833 名言

亀井静香の名言

twitter Facebook はてブ

亀井静香のプロフィール

亀井静香、かめい・しずか。日本の政治家、官僚(警察)。広島県出身。東京大学経済学部卒業後、別府化学工業(のちの住友精化)を経て警察庁に入庁。鳥取県警察本部警務部長、埼玉県警察本部刑事部捜査第二課長、警察庁警備局公安第一課理事官、警察庁長官官房調査官などを経て政治家に転身。運輸大臣、建設大臣、内閣特命担当大臣(金融担当)などを務めた。

亀井静香の名言 一覧

いままでの政治は政治家同士の関係ばかりを気にしていた。だからこの国は混乱してしまったんだよ。オレは「交友関係」なんて知ったこっちゃない。政治は国のため、国民のためにしているんだから、能力のある人が上に立つべきだし、派閥なんて関係ない。


運輸大臣や建設大臣もやったけど、一度も大臣席に座ったことがない。この応接セットの椅子が一番落ち着きます。


簡単に言えばね、良いことならできるんだよ。時流に合うことをやれば、天馬空を行くがごとくに、形になるんです。


自宅では油絵を描いて過ごすことが多い。仕事の合間を縫って描く絵は心の絵日記のようなものだ。


経団連の御手洗冨士夫会長を怒鳴りつけてやりましたよ。「大企業が、下請けの中小、零細企業に儲かりもしない仕事を押しつけておいて、テメエ(一部の大企業)のとこだけ儲けを奪っているなんて、おかしいだろう!」って(笑)。

【覚え書き|金融担当大臣時の発言】


広島の山間の貧乏な農家に生まれましたけど、両親には本当に感謝してますよ。それこそ両親は村一番の働き者で、2人が寝ている姿は見たことがなかったですから。そんなに貧乏だったのに、一度も不幸だと感じたことがないんです。


オレは警察官僚時代から、自分が言った発言を取り消したことは一度もないんだよ。


脱官僚、政治家主導とは、なにも官僚を使わないということじゃない。「こういうことをやるんだ」と方向性を示し、その結果に「責任をとる」のが政治家の仕事なので、実行には優秀な官僚たちの力を使っていかなくてはならないのですよ。


威張るわけじゃないけどね、37年間、私は役人の面倒を徹底して見ていますからね。だから、自民党を出ようが、野党になろうが、今みたいに一匹狼になろうが各省庁の役人は「亀井さんにはお世話になった」と言って、一生懸命聞くんです。


政治資金報告を見てください。私は37年間で個人で250億円以上集めています。でもそのお金は、ひたすら散らすばかりで、自分のために使ったことはない。これは私の力というよりも、私を当選させてきてくれた人たちの思いがそれだけ積もってきたということです。


衆議院で勤続25年の表彰を受けたとき、「勤続25年。人生68年。功無きを恥ず。これからの一生の生きざまで自分の人生を総括する」と、反省とお詫び、そして改めて一生、政治家として戦い続けることを宣言しました。だって、オレが政治家になってから世の中がよくなったか? 逆に悪くなっているんじゃないかと思っていますからね。


警察に入ったら、あさま山荘事件やテルアビブでの銃乱射事件とか、血なまぐさい事件の担当にばっかりなった。正直いって、家庭を顧みる余裕もなかったんだよな。そうこうするうち女房に逃げられ……、可愛い盛りの子供がいたこともあって、京浜急行に二度ほど飛び込もうと思ったこともありました。そんな生活を15年ほど続けるうち、またしても唐突に思ったんだよ。いくら警察で頑張っても、しょせんは社会の「ゴミ掃除だ」と。社会にゴミを出さないようにするには政治家になるしかないって。とはいっても、地盤もお金もない。それこそ断崖絶壁から、いろんな人の支えでここまで這い上がってこられたんだから、いまここで政治の世界から降りるわけにはいかない。


日本郵政の新社長に元大蔵省の事務次官・斎藤次郎さんを起用すると発表したら、大新聞は一斉に「元次官に郵政を託す『脱官僚』」とか「民から官へ、逆流ですか」って皮肉って批判したでしょう。だから記者会見のときに、記者たちに向かって言ってやったんだよ。「斎藤次郎さんの就任について反対のヤツは、手を挙げろ!」と。そしたら記者たちはだれも挙げなかった(笑)。だいたい10年以上も前に官僚だったからといって、「官僚支配の復活だ」みたいに騒ぐほうがおかしいでしょう。官僚だって、いい人材がいれば使えばいいんだよ。まあ、マスコミにあおられるまま、役人をバッシングしていれば国民にも拍手されるかもしれないけどね。


亀井静香の経歴・略歴

亀井静香、かめい・しずか。日本の政治家、官僚(警察)。広島県出身。東京大学経済学部卒業後、別府化学工業(のちの住友精化)を経て警察庁に入庁。鳥取県警察本部警務部長、埼玉県警察本部刑事部捜査第二課長、警察庁警備局公安第一課理事官、警察庁長官官房調査官などを経て政治家に転身。運輸大臣、建設大臣、内閣特命担当大臣(金融担当)などを務めた。

他の記事も読んでみる

坂根正弘

私には、いい友人がいた。時代の流れや、そのほか自分だけではわからないことを教えてくれた。そのお陰でなんとかここまで来ることができた。


伊藤邦雄

これまで日本企業は成果主義や社内カンパニー制度の導入で、中間管理職などは自分の成果や利益を優先し、視野が狭くなりがちでした。しかし、日本企業の本当の強さはチームワーク。部分最適の考え方ではなく、社内全体を融合し、世界市場を見据えた世界最適を達成する経営改革が必要になってくるでしょうね。


青野慶久

私のTODOリストは「今日やること」「今日やらないこと」「当面やらないこと」の3つの項目があって、「今日やること」に載っている仕事の必要性を判断して、「今日やらないこと」にどんどん移動していきます。そうして1日の仕事のスリム化を図っていきます。「今日やること」から「やらなくていいこと」を探しているわけですから、私のTODOリストはむしろ、「NOT TODOリスト」といった方がふさわしいかもしれません。


大山健太郎

我々も闇雲に飛び込んでいるわけではありません。全国にある1万8千店舗のデータが集まっているので、今何が売れているかを把握できます。それを継続的に分析すれば、次に何が売れるかも見えてくる。だからこそ、すぐに行動することができるのです。


石川朋之

メカニックがミスをする。チームがそういう状態になるのは、すべて自分の考えや行動がつくり出している。


津賀一宏

自分たちの強みがなければ、何のために事業をやっているのかわからなくなる。


佐々木かをり

ワーク・ライフ・バランスを考えるのは、パートナーや家族ができたり、健康を考える年代になってからでも遅くありません。


渡辺捷昭

部下にどんどん課題を提案させる。その提案がダメだったら、上司はそのときに「ダメだ」と言えばいい。時には食い下がって、上司と部下が仲良くケンカすればいい。


高橋一生(俳優)

意図的に中立な目線で世界を見るようにはしています。ちょっと重心を置く場所を変えるだけで、世界の見え方は変わってしまう。素晴らしい世界とクソみたいな世界、俳優として、どちらを表現することになるかはわからないから、真ん中に立っていたい。常に「清濁ある」状態が、僕にとっていいのではないかと思います。


岩本哲夫

当社がここまで成長できたのは「人」の育成に注力してきたからです。