名言DB

9419 人 / 110788 名言

亀井民治の名言

twitter Facebook はてブ

亀井民治のプロフィール

亀井民治、かめい・たみはる。日本の経営コンサルタント。「システムジャパン」社長。鹿児島県出身。東京電機大学機械工学科卒業。環境整備器機製造販売会社エッチアンドケイを設立。その後、システムジャパン社長として企業研修や経営コンサルティングを行った。著書に『実践経営指南録』『掃除道』『ひとつ拾えば、ひとつだけきれいになる』『人間を磨く言葉』『困ったことばかりでも、何かひとつはよいことがある。』ほか。

亀井民治の名言 一覧

たとえ小さな達成感でも、体験すると自信になる。その自信が、人間を変えていく。


無駄の中でも、過剰在庫と不良在庫くらい会社の財務を圧迫するものはない。この過剰在庫と不良在庫こそが、会社における諸悪の根源となっている。


所詮その時に使わないものは、いつまで経っても使わない。大事なのは、「使える」か「使えない」かではなく、今「使っている」か「使っていない」か。


在庫管理に限らず、問題解決のコツは、まず現状を明確にすること。


掃除は感じる心、気づく心を培います。


やってみれば分かるのですが、人間は自分の利益に結びつかないことに一所懸命取り組んだとき、とても清々しい気持ちになるものです。


社員が会社を誇りにできるのはやはり、お客様や地域の方々から評価され喜ばれた時だ。社員が会社を誇りにできてこその会社経営である。


合同研修では各社持ち回りで会場になります。すると、会場になった会社は、外からお客様を迎えることになります。この「外から見られる」ということが、大きなポイントです。一般家庭でも、同じではないですか。普段は散らかっていても、誰かが家に来るとなれば、途端に部屋を片づけたり玄関を掃除したりします。外から人が来ると、人は言われなくてもきれいにするものです。


現状に愚痴や不満ばかりを言っていても、道がひらけることはない。みずから行動し、まず身近な相手が自慢したくなるような会社や自分になる以外に、活路を切りひらく方法はない。


会社がよくなるには、社長が有能で、社員が無能なことはあっても、その逆は絶対にありえない。社長のやる気をそのままにしておいて、社員のやる気を促すなどというのは、本末転倒もはなはだしい。


過剰在庫・不良在庫を抱えてしまう主な理由は3つ考えられる。ひとつめは、まとめ買いによる過剰在庫の常態化。2つめは、「いつか使うかもしれない」という未練。3つめが、整理・整頓されていない社内の実態によるもの。


社風がよくなれば、社内の連係プレーもスムーズになる。連係プレーがよくなることで、多岐にわたる仕事を組織として強力に機能させることができるようになる。同時に、業績アップへとつなげることができる。


社風をよくするためにしなければならないことは、さほど多くはない。乱雑な職場をきれいにして、元気な挨拶が飛び交う職場にする。これだけで、必ず社風はよくなるものだ。やるべき目の前のことを見過ごして疎かにし、あれこれ手をつけるから、結局遠回りすることになる。


掃除の実践を避けて通ることはできない。掃除をすれば、現状が明確になる。そうなると、次にやるべきことが見えてくる。当然、無駄なこと、余計なもの、使っていないものも見えてくる。この無駄なこと、余計なもの、使っていないものを整理しない以上、会社の業績が好転することはない。根本的な問題解決のためにも、掃除の実践こそがその第一歩になるのである。


せっかくの朝礼である。互いの意思疎通ができ、連絡事項が伝わらなければ意味がない。だが、ほとんどの会社では、朝礼が形式的に行なわれている。その結果、伝えたというだけで、何も伝わっていないのが実際のところだ。こうした弊害を破るためにも、本来あるべき朝礼にすることが大事。その第一が挨拶の徹底だ。こうした単純で小さなことでも、徹底すれば大きな力となる。徹底しないから、いつまでも定着せず、力にならないのだ。


亀井民治の経歴・略歴

亀井民治、かめい・たみはる。日本の経営コンサルタント。「システムジャパン」社長。鹿児島県出身。東京電機大学機械工学科卒業。環境整備器機製造販売会社エッチアンドケイを設立。その後、システムジャパン社長として企業研修や経営コンサルティングを行った。著書に『実践経営指南録』『掃除道』『ひとつ拾えば、ひとつだけきれいになる』『人間を磨く言葉』『困ったことばかりでも、何かひとつはよいことがある。』ほか。

他の記事も読んでみる

吉原義一

常に挑戦し、私の刀を手にして頂いた方々に絶対に悲しい思いをさせたくない。


安田道男

考える習慣と言っても、何も特別なことをしているわけではなく、常に仕事のことを考えるということです。質問にすぐに答えることができたり、他人が思いもよらない発想をする人のことを『頭の回転が速い』と表現しますが、それは頭の回転が速いのではなく、そのことを常に考えて準備しているから、すぐに答えることができるのでしょう。


カール・ルイス

誰かがやるはずだった。自分がその誰かになりたかった。


中本晃

競合がひしめく海外でどのように勝つのか。そのポイントは、1番にその市場に進出することです。最初に行けば、メーカーの名前も覚えてもらえます。


清水康一朗(清水康一郎)

私のセミナービジネスは知識や知恵、ノウハウを扱っています。今の世の中、そこにお金が集まると実感しています。


池口龍法

ひらめきに執着しすぎると何も浮かばない。


和田浩子

目的が明確でないと、あれもやらなきゃ、これもやらなきゃとプレッシャーを感じたり、あるいは優先順位の低い業務ばかりをこなして仕事をした気になったりします。それでは決して成果を出すことはできません。


金井英之

飲み会や接待で会話が続かない原因として、最も多いのが「話題がない、何を話していいのかわからない」というケースです。飲み会や接待の予定が入ったら、出席する人たちの顔を思い浮かべて、あらかじめ何を話すか考えておくといいでしょう。あまり難しく考える必要はありません。会社では真面目で、堅そうに見える人でも、私生活ではわりと自由な人が多いものです。飲み会の席では、柔らかい話題が喜ばれます。


内田和成

上司が常に正しい意思決定をするという前提は、捨てるべきでしょう。むしろいま、環境変化のスピードが速く、少し前には正しかった上司の意思決定が、もう通用しなくなっている可能性も高い。それ以前に、本当は上司だって正解がわかっていないのかもしれません。そんなときに、ただ上司の命令を受けて淡々と仕事をこなすだけでは、環境の変化についていけなくなる恐れがあります。


吉永泰之

大きな投資を伴う新工場建設は考えていません。クルマは少し足りないくらいがちょうどいい。新工場をつくって一気に数万台も生産台数が増えると、クルマが余ってしまう可能性もあります。余ったクルマを安売りすることだけは避けないといけません。大きな設備投資をしなくても、生産台数を増やす方策を考えています。