名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

亀井民治の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

亀井民治のプロフィール

亀井民治、かめい・たみはる。日本の経営コンサルタント。「システムジャパン」社長。鹿児島県出身。東京電機大学機械工学科卒業。環境整備器機製造販売会社エッチアンドケイを設立。その後、システムジャパン社長として企業研修や経営コンサルティングを行った。著書に『実践経営指南録』『掃除道』『ひとつ拾えば、ひとつだけきれいになる』『人間を磨く言葉』『困ったことばかりでも、何かひとつはよいことがある。』ほか。

亀井民治の名言 一覧

人から評価されれば、自信になる。自信ができれば、自然と人を惹きつける魅力が生まれてくる。


結果だけを急ぐと、生き方そのものに誠意がこもらなくなる。誠意の伴わない生き方は、一時は脚光を浴びることがあったとしても、いつか必ず転落する。これは、社員教育や会社経営にも言えることである。手っ取り早いものに、心は宿らないからだ。


すぐに結果を期待すると、どうしても目先の損得に振り回されがちだ。そうなれば、手段や過程を無視した強引な生き方にならざるをえない。しまいには、周囲の人を追い落とし、人の心を傷つけることになる。


たとえ小さな達成感でも、体験すると自信になる。その自信が、人間を変えていく。


無駄の中でも、過剰在庫と不良在庫くらい会社の財務を圧迫するものはない。この過剰在庫と不良在庫こそが、会社における諸悪の根源となっている。


所詮その時に使わないものは、いつまで経っても使わない。大事なのは、「使える」か「使えない」かではなく、今「使っている」か「使っていない」か。


在庫管理に限らず、問題解決のコツは、まず現状を明確にすること。


掃除は感じる心、気づく心を培います。


やってみれば分かるのですが、人間は自分の利益に結びつかないことに一所懸命取り組んだとき、とても清々しい気持ちになるものです。


社員が会社を誇りにできるのはやはり、お客様や地域の方々から評価され喜ばれた時だ。社員が会社を誇りにできてこその会社経営である。


「掃除をすることで、社員の人間性向上に顕著な変化が見られる」これは、「5S(整理、整頓、清掃、清潔、躾)」に取り組んできたほとんどの会社から聞こえてくる感想である。掃除をすると、職場がきれいになるだけではなく、それと並行して、社員もまちがいなく心が磨かれ人間性が向上するのだという。


合同研修では各社持ち回りで会場になります。すると、会場になった会社は、外からお客様を迎えることになります。この「外から見られる」ということが、大きなポイントです。一般家庭でも、同じではないですか。普段は散らかっていても、誰かが家に来るとなれば、途端に部屋を片づけたり玄関を掃除したりします。外から人が来ると、人は言われなくてもきれいにするものです。


現状に愚痴や不満ばかりを言っていても、道がひらけることはない。みずから行動し、まず身近な相手が自慢したくなるような会社や自分になる以外に、活路を切りひらく方法はない。


会社がよくなるには、社長が有能で、社員が無能なことはあっても、その逆は絶対にありえない。社長のやる気をそのままにしておいて、社員のやる気を促すなどというのは、本末転倒もはなはだしい。


過剰在庫・不良在庫を抱えてしまう主な理由は3つ考えられる。ひとつめは、まとめ買いによる過剰在庫の常態化。2つめは、「いつか使うかもしれない」という未練。3つめが、整理・整頓されていない社内の実態によるもの。


社風がよくなれば、社内の連係プレーもスムーズになる。連係プレーがよくなることで、多岐にわたる仕事を組織として強力に機能させることができるようになる。同時に、業績アップへとつなげることができる。


社風をよくするためにしなければならないことは、さほど多くはない。乱雑な職場をきれいにして、元気な挨拶が飛び交う職場にする。これだけで、必ず社風はよくなるものだ。やるべき目の前のことを見過ごして疎かにし、あれこれ手をつけるから、結局遠回りすることになる。


掃除の実践を避けて通ることはできない。掃除をすれば、現状が明確になる。そうなると、次にやるべきことが見えてくる。当然、無駄なこと、余計なもの、使っていないものも見えてくる。この無駄なこと、余計なもの、使っていないものを整理しない以上、会社の業績が好転することはない。根本的な問題解決のためにも、掃除の実践こそがその第一歩になるのである。


せっかくの朝礼である。互いの意思疎通ができ、連絡事項が伝わらなければ意味がない。だが、ほとんどの会社では、朝礼が形式的に行なわれている。その結果、伝えたというだけで、何も伝わっていないのが実際のところだ。こうした弊害を破るためにも、本来あるべき朝礼にすることが大事。その第一が挨拶の徹底だ。こうした単純で小さなことでも、徹底すれば大きな力となる。徹底しないから、いつまでも定着せず、力にならないのだ。


亀井民治の経歴・略歴

亀井民治、かめい・たみはる。日本の経営コンサルタント。「システムジャパン」社長。鹿児島県出身。東京電機大学機械工学科卒業。環境整備器機製造販売会社エッチアンドケイを設立。その後、システムジャパン社長として企業研修や経営コンサルティングを行った。著書に『実践経営指南録』『掃除道』『ひとつ拾えば、ひとつだけきれいになる』『人間を磨く言葉』『困ったことばかりでも、何かひとつはよいことがある。』ほか。

他の記事も読んでみる

河村亮

あまりにネタが多すぎるのも情報に溺れてしまい良くない。あらかじめ取捨選択をしておくことも大切。


鎌田富久

私も随時アドバイスはしますが、基本的に経営陣が動かなければ始まらないので、あくまで選択肢を増やすだけです。実行するかどうかは経営陣が決めること。特に必要だと感じた時には強めに言いますが、色々と事情も優先度もあります。本当に腹落ちしたことでなければ、上手く行きませんからね。


本田圭佑

自分より上の選手は、自分より努力しているだけ。責任はすべて自分にある。そこをDNAのせいにはしたくない。


竹田陽一

利益そのものを目標にするよりも、利益を生むものをつくりだすことに集中したほうが早く成果が出る。企業の目標は利益の追求ではなく、お客作りに関係することで一位を作ることにある。


出雲充

自分のことを意志が強いと思ったことはない。どちらかというと弱いほうだと思う。仲間の二人と、このミドリムシで世界を救う仕事をしようと約束をした。ミドリムシの大量培養があまりに難しいので途中で投げ出したかったのは正直なところだが、二人が一所懸命やっている。仲間として一緒にやろうと決めて始めたのだから、一人だけやめるとは言えなかった。


ゲーテ

どんな場合にも口論なんぞする気になるな。賢い人でも無知な者と争うと、無知に陥ってしまう。


荒木義朗

企業のトップやリーダーは、まず身体が丈夫でなければなりません。体が弱ければ、必ず気も弱くなる。それと若い頃から全速力で走ること。息が切れるようじゃ上に進む資格はない。


水口和彦

自分の仕事を整理する際に、仕事を「アポ」と「タスク」に分けて考えることが必要です。「アポ」は約束した打ち合わせや会議など、時間が固定された仕事のことです。「タスク」は時間が固定されていない仕事です。残業を減らすためには、このアポとタスクを整理して見える化し、自分が抱えている仕事量を管理できるようになればいいわけです。


遠藤功

頑張っても成果が出ないときは、クヨクヨしたっていい。でも、同時に自分がそもそも何をしたかったのか、目標を思い出してほしい。そして、それを紙に書くなり、口にするなり、とにかく言葉にして外に出す。そうすれば、現在の苦労は目標達成までのプロセスに過ぎないとわかるでしょう。


澤上篤人

世界の市場でファンドマネージャーが10人いたら、10年後に生き残っているのは1人か2人です。15年たったら、1人生き残っていたら良いほうです。淘汰されたファンドマネージャーたちを観察していると、1つの真理が見えてきました。それは「運用をする人間は贅沢をすると駄目になる」ということです。どんなに優秀な投資家も、贅沢を覚えると脱落します。そうなる前に引退するか、贅沢をしない、あるいは引退してから贅沢をするしかありません。


大串亜由美

上司に報告するときに手ぶらは厳禁。たとえマイナスな内容の報告をした後でも「○○できません」ではなく「××でしたら、すぐできます」と代替案を提示しましょう。


野村克也

「野村の野球」とは、結果ではなくプロセスを大事にすること。目標を掲げ、そのために何を考え、何をするかが大事なんだ。すべてそうでしょ。