亀井民治の名言

亀井民治のプロフィール

亀井民治、かめい・たみはる。日本の経営コンサルタント。「システムジャパン」社長。鹿児島県出身。東京電機大学機械工学科卒業。環境整備器機製造販売会社エッチアンドケイを設立。その後、システムジャパン社長として企業研修や経営コンサルティングを行った。著書に『実践経営指南録』『掃除道』『ひとつ拾えば、ひとつだけきれいになる』『人間を磨く言葉』『困ったことばかりでも、何かひとつはよいことがある。』ほか。

亀井民治の名言 一覧

たとえ小さな達成感でも、体験すると自信になる。その自信が、人間を変えていく。


無駄の中でも、過剰在庫と不良在庫くらい会社の財務を圧迫するものはない。この過剰在庫と不良在庫こそが、会社における諸悪の根源となっている。


所詮その時に使わないものは、いつまで経っても使わない。大事なのは、「使える」か「使えない」かではなく、今「使っている」か「使っていない」か。


在庫管理に限らず、問題解決のコツは、まず現状を明確にすること。


掃除は感じる心、気づく心を培います。


やってみれば分かるのですが、人間は自分の利益に結びつかないことに一所懸命取り組んだとき、とても清々しい気持ちになるものです。


社員が会社を誇りにできるのはやはり、お客様や地域の方々から評価され喜ばれた時だ。社員が会社を誇りにできてこその会社経営である。


合同研修では各社持ち回りで会場になります。すると、会場になった会社は、外からお客様を迎えることになります。この「外から見られる」ということが、大きなポイントです。一般家庭でも、同じではないですか。普段は散らかっていても、誰かが家に来るとなれば、途端に部屋を片づけたり玄関を掃除したりします。外から人が来ると、人は言われなくてもきれいにするものです。


現状に愚痴や不満ばかりを言っていても、道がひらけることはない。みずから行動し、まず身近な相手が自慢したくなるような会社や自分になる以外に、活路を切りひらく方法はない。


会社がよくなるには、社長が有能で、社員が無能なことはあっても、その逆は絶対にありえない。社長のやる気をそのままにしておいて、社員のやる気を促すなどというのは、本末転倒もはなはだしい。


過剰在庫・不良在庫を抱えてしまう主な理由は3つ考えられる。ひとつめは、まとめ買いによる過剰在庫の常態化。2つめは、「いつか使うかもしれない」という未練。3つめが、整理・整頓されていない社内の実態によるもの。


社風がよくなれば、社内の連係プレーもスムーズになる。連係プレーがよくなることで、多岐にわたる仕事を組織として強力に機能させることができるようになる。同時に、業績アップへとつなげることができる。


社風をよくするためにしなければならないことは、さほど多くはない。乱雑な職場をきれいにして、元気な挨拶が飛び交う職場にする。これだけで、必ず社風はよくなるものだ。やるべき目の前のことを見過ごして疎かにし、あれこれ手をつけるから、結局遠回りすることになる。


掃除の実践を避けて通ることはできない。掃除をすれば、現状が明確になる。そうなると、次にやるべきことが見えてくる。当然、無駄なこと、余計なもの、使っていないものも見えてくる。この無駄なこと、余計なもの、使っていないものを整理しない以上、会社の業績が好転することはない。根本的な問題解決のためにも、掃除の実践こそがその第一歩になるのである。


せっかくの朝礼である。互いの意思疎通ができ、連絡事項が伝わらなければ意味がない。だが、ほとんどの会社では、朝礼が形式的に行なわれている。その結果、伝えたというだけで、何も伝わっていないのが実際のところだ。こうした弊害を破るためにも、本来あるべき朝礼にすることが大事。その第一が挨拶の徹底だ。こうした単純で小さなことでも、徹底すれば大きな力となる。徹底しないから、いつまでも定着せず、力にならないのだ。


亀井民治の経歴・略歴

亀井民治、かめい・たみはる。日本の経営コンサルタント。「システムジャパン」社長。鹿児島県出身。東京電機大学機械工学科卒業。環境整備器機製造販売会社エッチアンドケイを設立。その後、システムジャパン社長として企業研修や経営コンサルティングを行った。著書に『実践経営指南録』『掃除道』『ひとつ拾えば、ひとつだけきれいになる』『人間を磨く言葉』『困ったことばかりでも、何かひとつはよいことがある。』ほか。

他の記事も読んでみる

町田勝彦

様々な分野の技術を融合させなければ、独創的な製品はできない。社員にはどんな場面にでも対応できる能力が要求される。専門分野を極めるのはもちろんだが、それに加えて、幅広い知識やスキルが身についた人間になるためにも好奇心が必要なのである。好奇心がなければ大成しない。


宗次徳二

私が社長を務めていたころは、お客様アンケートのハガキが1日1000通。月で約3万通が本部に届いていました。月に200万円ほどのハガキ代を使っていたことになります。本部に届いたハガキは、すべて私が直接拝見していました。1000通読むのにおよそ3時間。午前中はほぼそれだけで仕事が終わります。即対応が必要な内容があれば、すぐに担当部署に伝えて対応。お客様にお詫びにうかがったり、店長に指導をしたりすることになります。お客様からのクレームがあれば、それは成長のきっかけになります。


米山久

お客様の一番近くにいるのがバイト店員。僕らよりお客様を感動させるアイデアが湧きやすい。


北尾吉孝

私は全部が全部成功するとは思っていません。失敗した場合のリスクをミニマムすることを考え、軽い失敗をしても大きな失敗はしないようにあらかじめ準備しておく。これが非常に大事です。はじめからそういう考えであれば、失敗しても笑っていられます。


柳井正

最も重要なのが顧客だ。顧客が不在なら、そもそもビジネスは成立しないからだ。


石倉洋子

経営者は「この事業に見切りをつけないと会社全体が揺らぐ」「この人に辞めてもらわなければ、組織改革は実現できない」と見なしたら腹をくくって「新しいビジョンに賛成し、その実現に努力できないなら辞めてくれ」と、きっぱりと切り出さなければなりません。駄目になるのがわかっているのに、見捨てられない経営者は失格だと言えます。


佐藤達哉(サトウタツヤ)

価値が共有できていれば、記号(言葉や文字など)を見たときの理解は容易だし、他者の行為の理解もたやすい。逆に自分の持つ価値に固執すれば、それまで見たことのない行為を見ただけで拒絶してしまう。


高橋智隆

新しい産業が生まれる順番が、一昔前とは逆になったことを認識すべきです。例えば米国では、優秀な学生やクリエーターが面白い発明品を作ってユーチューブなどで公開し、大勢の人の興味を引きつけています。それに出資する人が現れ、ベンチャー企業ができる。でも、その用途やどうやって利益を生むのか、などは二の次のまま。すると普及した後に、こういう時に役に立つ、こういうビジネスに結びついてお金を生むだろうなどと、使い道が生まれてくる。ツイッターもフェイスブックもそう。この流れを作れるのは、経済的、文化的に豊かな国。これこそが日本のような先進国がやるべきことです。


横田雅俊

飛び込みやテレアポによって数を稼いで売らせるという方法では、ぜんぜん能力がなくてもタイミングがよければ売れることがある。すると、経験が生きないのですぐにまた売れなくなる。タイミングが合わない場合は、潜在的に力があっても、それを発揮できずに「売れない営業マン」のレッテルを貼られてしまうこともある。


長谷川閑史

武田はこれまでも単に短期的利益に目を向けるのではなく、中長期的な視野から研究開発に投資を続けてきた。毎年売上高の20%以上を研究開発費に投じる企業は世界の製薬トップ20社の中でも2~3社ぐらいだろう。


長門正貢

株主の方々はお客様でもあり、彼らの声が一番の市場の声。


高山善司(髙山善司)

プラットフォームとして成立するためには、ブランド力や技術力、資金力が必要になる。


井上勝弘

「あさイチ」は朝8時台の番組なので、視聴者の多くは主婦。「あさイチ」は特に40代の主婦をメーンターゲットに据えました。この層はNHK離れが進み、局全体にも大きな危機感があった。何に関心があるのかを正しく把握するため、約50人の制作スタッフの半分を女性にし、番組で扱うテーマに彼女たちの意見を積極的に反映させました。


柳内光子

私の仕事に対する姿勢は自分の仕事に寄り添いながらも、仕事相手を褒めて思いやるというやり方なんです。反対に相手が怒っているときは一緒になって怒る。たとえその人が悪くても一緒になって怒るんです。心を寄せ合うことが大事なのです。そうすれば、相手も理解し、怒りも収まります。


横山信弘

「リスクなく確実にうまくいく方法」なんて存在しません。プロの意見などの確実な情報を仕入れ、やるべきことを明確にし、期限を区切ること。そこまでしたら、取りかかる決断をしましょう。


ページの先頭へ