名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

亀井正夫の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

亀井正夫のプロフィール

亀井正夫、かめい・まさお。日本の経営者。「住友電気工業」社長・会長。東京大学卒業後、住友本体に入社。その後、住友電気工業に移り、社長・会長を務めた。

亀井正夫の名言 一覧

困ったときほど人間は知恵が働くものだ。


長所を見て配置する。責任をとる決断が部下を動かす。部下の家族関係を知る。公私の別は率先垂範する。常々現場の状況を把握する。


無名でも芸術性があると思った絵は買えばいい。名のある画家でも芸術性がないのはダメだ。


人事で難しいのは、潜在能力を見抜くことだ。課長で優秀でも部長で優秀とは限らず、部長で優秀でも役員で優秀とは限らない。軍隊でいえば、連隊長は任せられるが、司令官は務まらないということだ。


亀井正夫の経歴・略歴

亀井正夫、かめい・まさお。日本の経営者。「住友電気工業」社長・会長。東京大学卒業後、住友本体に入社。その後、住友電気工業に移り、社長・会長を務めた。

他の記事も読んでみる

三森久実(三森久實)

海外店舗の成功の秘訣は、日本人が食べて美味しいと言われる店をつくること。日本人は世界で一番味にうるさい。その日本人に評価されなければ繁盛店はつくれない。


久水宏之

現実を作るのは人間の意識、心だが、その心の奥には、魂という愛に満ちた智慧と意志の次元がある。そういう私達の内側にある魂の力を鍛え、磨くことが、この世界に生を受けている私たちにとって最も大切なことなのだと思われる。


川邊健太郎

物事を決める際には、自分一人で考え込まずに議論をすることも大事です。それも、できれば自分と立場の違う人がいい。同じ会社の同じくらいの階層の人では、視点が同じになりやすいからです。社外の人との交流を持っておくことは、意思決定の速度を高める意味でも重要だと思います。


渡辺喜美

なぜ官僚たちが小手先の処方箋しか出せないのか。答えは明確、「責任を問われない」からです。不況でも公務員の給料は民間ほど下がらず、クビにもならない。おまけにデフレ経済化では格差が広がる。失業者が増え、自殺者が増える。すると景気対策や自殺者対策といった官僚の仕事自体はどんどん増える。危機感を実感できないまま、抜本的な改革を施そうなんて思えませんよ。しかも、官僚任せにしていた結果、問題解決がまったくできない国になっていた、というわけです。私が自民党を飛び出したのは、こうした状況を変えるためだった。


米村でんじろう(米村傳治郎)

研究室に配属されてもダメな自分に対するコンプレックスはなかなか払拭されませんでした。そんななか、小さな転機となったのは導入されたばかりのパソコンです。教授に頼まれ、教材のプログラムを作るうち、気づいたことがありました。パソコンはぽつぽつとプログラムを打ち込むと、正直に応えてくれますよね。1字でも間違えれば、バグで動かない。その明瞭さがよかった。当時、雑にしか物事をやっていなかった僕は、丁寧に時間をかければ、やった分だけ伸びること、積み上げる大切さを学んだ。そして、自分のペースで物事に取り組めば、人の役に立てるんだ、とも気づけたんですね。


河盛好蔵

私は青年も自らの過失によってしたたかに傷つくことを、また傷つくことを恐れないことを希望したいのである。もし彼らの追求する目的が大きく高い場合には、彼らの流す血は実に美しく、そのような過失は断じて悔恨を伴うことはないはずである。それは若気の過ちなどではもちろんなく、青春時代の誇りということができよう。


むのたけじ

始めに終わりがある。抵抗するなら最初に抵抗せよ。歓喜するなら最後に歓喜せよ。途中で泣くな、途中で笑うな。


木川眞

ヤマトグループの歴史は、新しい需要をつくり続けたという点に尽きます。お客様の目線で新しいサービスを次々に生み出した。だから需要がつくり上げられた。


林野宏

私がクレディセゾン(旧西武クレジット)に転籍した当時、社内は下を向いている社員ばかりでした。無理もありません。前身の緑屋は経営危機に陥り、セゾングループに入った後も再建がスムーズに進んでおらず、連戦連敗でした。こうした社内の空気を変えるために、私は「日本一のカード会社になる」というビジョンを掲げました。社員が下を向いてしまうのは夢や希望がないからで、顔を上に向かせるためには視線を向ける対象が必要だったからです。この目標を、月10万枚のカード発行という数字で示しました。1年で120万枚。当時、業界トップだったJCBのカード有効会員数は約700万人。JCBが現状維持なら計算上は6年で抜けます。一見、無謀ですが、具体的な数字に落とし込めば、決して手が届かないものではないとわかります。


富野由悠季

頼るべきは原理原則。


西村克己

一番効果的なトレーニングは、常に「もしも」を自分に問いかけること。即断即決できないのは、何か問題が起きたときにその場で考えているから。あらかじめ準備しておくことが大切。日頃から「もし、こうなったらどうする?」を問い続けて、起こりうる問題にそなえる先読みを鍛えることが、ひいては即断即決力を養う良いトレーニングになるわけです。


瀧本哲史

パラダイム論を提唱したトーマス・クーンの研究によれば、「天動説と地動説」のように支配的な学説が一気に変わる要因は、論争による勝利より、学者の世代交代です。