亀井智英の名言

亀井智英のプロフィール

亀井智英、かめい・ともひで。日本の経営者。「トーキョー・オタク・モード」会長。大学卒業後、サイバー・コミュニケーションズに入社。NTTアド、CGMマーケティング/デジタルガレージ、電通デジタルなどに出向後、トーキョー・オタク・モードをアメリカで創業。

亀井智英の名言 一覧

まずはマネタイズのことを考えないで、見てくれる人たちに喜んでもらえたらいいかなと。規模が大きくなれば、そのうち収益化できるだろうと、のんびり考えていました。


日本向けについては、いまは考えていないです。日本はすでに市場が大きくて、僕たちが頑張らなくてもいい。メーカーやコンテンツホルダーの人たちからも、海外の市場を開拓してほしいと期待されています。実際、収益源はほぼ100%海外ですね。


取り扱い商品が約3万種類あって、オリジナルは一部です。オリジナルはリスクが高いので積極的にできないところがある。いまは受注してから発注するモデルや、クラウドファンディング型で注文が集まったら商品化するモデルが中心です。


最初は何が売れるのかよくわからなかったので、フェイスブックでユーザーに聞いたり、自分たちで買ってきたものを出して反応を見てみたり。アニメの絵柄が印刷された缶詰にパンだけが入っているパン缶という商品を売ったりもしました。


「日本のオタクコンテンツは海外で人気が高い」と聞いていましたが、本当に人気があるのかどうかはよくわからなかったんです。それでとりあえず実験的にやり始めました。フェイスブックだからお金もかからないし、週末起業みたいな軽いノリでした。


海外の人たちは本物にこだわります。たとえば人形を買っても、タグをつけっぱなしにしている人が多い。タグを取らないのは、面倒だからではなく、本物だという証し。中にはタグをシールでガチガチに固めて取れないようにしている人もいる。一種の血統書みたいなものです。


Tokyo Otaku Modeをブランドにする必要があると考えています。単純なEコマースだけだと、アイテム数や価格の競争になるので、いまはよくてもいつかジリ貧になりかねない。ブランドになれば、ここでしか買いたくないというロイヤルティも生まれるし、ほかのビジネスが展開できるかもしれません。


Tokyo Otaku Modeで販売しているものはたいていほかのECサイトでも売られています。ただ、メーカーの許可を取っていないケースがほとんどではないでしょうか。僕たちはメーカーに確認をしたうえで販売しています。確認の作業は大変ですが、権利者を守ることについてはこだわってやっています。僕たちが何かのキャラを使ったオリジナル商品を企画するケースもあります。普段からきちんと許可を取ってやっていると、そのとき権利を貸してくださいと言いやすいんです。勝手にやっていると、「きみたちは普段無視してるじゃないか」と言われてしまいますから。


電通にいたころ、人材・転職ビジネスをやっているビズリーチに話を聞きにいきました。すると、社長の南壮一郎さんから「亀井君ならいつでも転職できる。その前にうちの新規事業を手伝ってくれないか」と誘われまして。いずれ起業したいと考えていた僕にとって、事業をゼロからつくる経験は魅力的。引き受けて、南さんが集めた仲間と一緒にゼロをイチにするところまでやりました。イチになったら、その事業にフルコミットできる人たちが新しく入ってきて、僕たちは卒業することに。今度は自分たちでという話になり、Tokyo Otaku Modeにつながっていきます。


大学時代、イベントスタッフのアルバイトに熱中していました。コンサートやライブの会場設営です。自分たちがゼロから携わって、ステージにアーティストが来て演奏して、それを見て喜んだり感動して泣いている人がいて。ああ、人の心を動かす仕事って面白いなと。このバイトを通じて、僕もできたら人の心を動かす仕事をしたいなと思うようになりました。


亀井智英の経歴・略歴

亀井智英、かめい・ともひで。日本の経営者。「トーキョー・オタク・モード」会長。大学卒業後、サイバー・コミュニケーションズに入社。NTTアド、CGMマーケティング/デジタルガレージ、電通デジタルなどに出向後、トーキョー・オタク・モードをアメリカで創業。

他の記事も読んでみる

辻野晃一郎

私はグーグルを辞めたあと、会社を立ち上げました。この会社を世界的にも有名な企業にするのが夢です。なにせスタートアップなので、何か問題が起きれば自分たちで解決するしかありません。日々頭と体でスピーディに学んでいかないと組織がつぶれてしまうという危機感があります。


山崎元

お金の不安をなくすには、何よりもまず「現状を把握する」ことです。老後にはいくら必要で、そのためにはいくら貯蓄すべきかを知る。そうして将来を計算することができれば、余計な不安に苛(さいな)まれなくなります。


マリッサ・メイヤー

リスクを取るという恐怖心を乗り越えれば、本当に素晴らしいことが起こる。


田村潤

本来、数値はそれ自体が目標ではなく、自分の仕事の状況を客観的に見るための指標にすぎない。


岡本欣也

数字には、見る人に現実を突きつける力があります。ただし、実感を伴わせるのが難しい場合もある。そんな時は光景が浮かぶ言葉を、数字から導き出すのも1つの手です。


松井忠三

会長に就任してからも、人材育成委員会の委員として、課長・部長・役員クラスの意識改革に努めました。部下を育てるために何をすべきかを彼らに指示する。ただ、口で言うだけでは、彼らは忙しさを理由に後回しにします。そこで、部下の育成計画を提出してもらうだけでなく、2か月に1回などの間隔で進捗状況を報告する仕組みにしました。デッドラインを設けたのです。


ベンジャミン・グレアム

銘柄選択に関してわれわれが強調してきたアドバイスは「除外すること」だ。つまり、そうとわかるほど質の劣った銘柄を「除外」し、また優良銘柄であっても株価が高く投機色が強いものは「除外」せよということである。


ウィリアム・オッカム

陛下、私を剣で守ってください。私は陛下をペンで守ります。


坂本勇人

ピンチのときには、自分の所に飛んでこいって気持ちで守っています。


水野学

若いころは流行を追いかけることによってセンスが更新されていきますが、年を重ねると、それまでに培ってきたセンスをもとにものごとを判断するようになっていきます。その曲がり角はだいたい20代半ばなのではないでしょうか。ですから僕自身は、自分の着たいものではなく、いま流行っているものを意識して着るようにしています。食にしても、インテリアにしても同じです。自分が食べたいものよりも、話題になっているお店にいくことを優先するようにしています。


可児武夫

変化することはスキーと同じです。変化に富んだ山はどこにリスクが潜んでいるかわからない。しかし、リスクを上手に管理し思い切ってダウンヒルすれば、素晴らしい世界が見えてきます。


鍵山秀三郎

目先の損得にこだわる振る舞いは、私から見れば将来確実に不幸になる行動と言えます。なぜならそこには、人として高邁に生きようという美意識がなくなっているからです。そして、そのような美意識のない人物が大成した例を、私は見たことがありません。それは、今までにたくさんの人を見てきた私の、間違いのない法則です。


本谷有希子

20代の頃は、何者かにならなくてはと焦燥感に駆られて仕事ばかり。思い返してみると、遊んだ記憶はほとんどないんです。このまま同じ創作の仕方を続けていたら、いつか頭打ちになってしまう。そう思ったのと、結婚・出産のタイミングが重なって、ここ数年は意識してだらだらしたり、遊びに出かけるようになりました。


村木厚子

「一生懸命やっても、なかなか結果が出ない」。そんな時ってあると思うんです。もっと頑張らないといけないのかと辛く感じられるかもしれませんが、そんな時は無理せず、ゆっくり歩けばいい。


石坂泰三

大学卒業間際、同級生が校庭で円陣をつくって、学校を出たらどこへ入ると希望を語り合っていたとき、「誰がどこに入るか、ひとつくじ引きをやって占ってみようじゃないか」という話が出た。私はそのとき偶然逓信省が当たったのだが、あとでよく考えたうえ、逓信省に出願した。大蔵省や内務省でも入れないことはなかったと思うが、鶏頭の方が牛後よりもいいと考えて選んだわけである。


ページの先頭へ