名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

亀井忠夫の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

亀井忠夫のプロフィール

亀井忠夫、かめい・ただお。日本の経営者、建築家。「日建設計」社長。兵庫県出身。米ペンシルベニア大芸術学部大学院建築学科修士課程修了、早稲田大学大学院理工学研究科建設工学専攻修士課程修了。日建設計に入社。執行役員設計部門代表、常務執行役員、日建設計マネジメントソリューションズ社長などを経て日建設計社長に就任。東京スカイツリーの設計統括を担当した。

亀井忠夫の名言 一覧

これまで東京スカイツリーなどの話題作を設計した建築設計事務所として、見たことがないような空間を生み出したい。


建築設計者の武器は、最終的に出来上がる空間をイメージできること。これは、建築設計以外にも応用できるはずです。


私はアメリカでの留学や現地の組織設計事務所での勤務経験を通じて、物事を先入観で見ずに時代を越えた普遍的な価値をしっかりと判断する姿勢を身に付けました。帰国し、日建という大手設計会社に入社したのは様々なプロフェッショナルが多様性を保ち続け、チームとして良質な仕事を手掛ける伝統があったからこそです。


「社会環境デザインの先端を拓く」という意識は強く持ち続けていきます。社員の一人一人がこの考えを共有していますが、私自身もこの最終的な目的を考えながら、建築家としての信念は貫いていきます。


周囲の環境をしっかり考慮された建物は自然と残したくなるのではないでしょうか。日本は地震国として海外に比べて建物の寿命が短くなりがちとされてきましたが、近年は事情が変わりつつあります。


昔の建物を利活用しながら、経済的な価値もしっかり備えているような開発の仕方ができないか常に考えています。古い建物に宿った設計者の魂というのは引き継がれていきますから、それを残していくのは非常に大切なことです。もちろん、すべての建物を残せば良いというわけではありません。ただ、本当に価値がある建物を見極めつつ都市の財産として残すべきものは残すという見方が主流となれば、新しく建物を創る時にも芯のしっかりした建物をつくろうという気概が生まれてくる好循環が出てくると思います。


日建設計は近年、「ライフサイクルデザイン」という戦略を掲げています。設計だけでなく、川上である事業計画の立案や、建築後のメンテナンス、改修計画まで仕事の範囲を広ける取り組みです。


良いデザインを提供するだけが我々の仕事ではありません。社会が建築に求めるものは変わってきました。スクラップ・アンド・ビルドではなく、建物がストックとして捉えられるようになったうえ、人々が単なる空間ではなく、その場での新しい体験を欲するようになってきた。この状況で、建築設計のあり方も設計事務所という組織も大きく変わらなければなりません。


経営とクリエーティビティをしっかり両立させていくことが最も重要ですね。最終的に出来上がるハードとしての環境、空間づくりを大切にしていきたいです。時代が進むにつれ、設計に求められる役割は増えていきますが、単純なビジネスとして便利なだけの空間をつくるのでなく、原点に立って感動を与える空間を創りつづけていきます。


当社が目標として掲げる「社会環境デザインの先端を拓く」というのは、当社のそれぞれの分野の専門家たちが粘り強く対話を続けながら街が抱える課題を発見し、解決のための提案をしていくことにほかなりません。新たな都市計画の需要に応えながら「社会に本当に求められる建築」を突き詰め、実践していく常みが亜要となってきます。


虎ノ門のJTビルや秋葉原にあるYKKの本社ビルの設計などを手掛けました。これらの設計は顧客企業の要望に応え、伝統や扱っている商品まで考慮しています。発注者にご満足いただくのは当然として、何より街に暮らす人々が快適に過ごせるための配慮は欠かせません。過度なデザインを主張するのではなく、周囲の環境と調和し、利用者の立場に立った建築が求められています。


当社の強みの一つは、海外ではあまり例がない鉄道と建築物との複合開発です。当社の実績としては渋谷ヒカリエや東京駅八重洲口開発グランルーフや六本木の泉ガーデンが挙げられますね。公共交通と都市開発を一体化することで、より多くの人がスムーズに移動することができるようになり、高齢化が進む日本においてもこれらの取り組みは街の活性化につながります。東京はパリやニューヨークなど欧米の各都市と比べても鉄道網の整備が充実した公共交通先進都市として世界でもリードしているとされていますが、これらの長所をさらに発展させることが重要です。


海外の建造物と比較して、日本は「キメの細かな」建築を得意としていますが、これは写真だけで伝わるものではありません。実際に現地に立って実物に触れて、初めてその良さを体感できるものです。たとえばYKKの本社ビルに関しては、オフィスの中の空間を快適化するために、窓の外面全体にスクリーンのようなアルミ押出形材による繊細な簾を配し日射を遮りました。混沌とした街並みが魅力的な秋葉原ですが、同じような雰囲気のビルを作るよりも、清涼剤のようなスッキリとした佇まいの建物が良いと考えたのです。建物のすぐ目の前が道路となっているのですが、その狭いスペースにも植物を植え、緑の少ない秋葉原の街に映えるようにしています。この土地はもともと、大名である藤堂家の屋敷があったこともあり、ゆかりのある樹木を植えました。興味を持つ人も多く、受付まで訪ねてくる人には樹木のパンフレットを渡していますので、社会貢献に力を注ぐYKKの企業姿勢も一般の方に伝わります。


亀井忠夫の経歴・略歴

亀井忠夫、かめい・ただお。日本の経営者、建築家。「日建設計」社長。兵庫県出身。米ペンシルベニア大芸術学部大学院建築学科修士課程修了、早稲田大学大学院理工学研究科建設工学専攻修士課程修了。日建設計に入社。執行役員設計部門代表、常務執行役員、日建設計マネジメントソリューションズ社長などを経て日建設計社長に就任。東京スカイツリーの設計統括を担当した。

他の記事も読んでみる

一宮忠男

近くに何店もつくれば自社競争になってしまうという意見もありますが、私たちの出店戦略は点ではなく面での展開です。私たちは覇権主義ではありません。マーケットの100%のシェアを取ろうとは思っていません。最大公約数のお客様の期待にしっかり応えていきたいのです。


新浪剛史

ビームサントリーなど買収した会社にいる、優秀な人材をいかに活用するか。外から採らなくても、海外の子会社に人材がたくさんいる。そういう人たちを例えばホールディングスに連れてきて、人材の流動性をつくっていく。


平井伯昌

褒めることと過保護にすることは違います。過保護が選手を良い結果に導くとは思えません。


楠めぐみ

最初は前職を辞めた時期に、「ちょっとやってみた」という感じでした。知人の家庭にホストになってもらい、一方でご縁のあった旅行社にゲストを紹介してもらって、試験的に4組のホームビジットをセットしたんです。ゲスト側は大喜びでしたが、気がかりだったのはホスト側の反応。実施後にヒアリングしたところ、意外にも「視野が広がった」とか「外国に対する見方が変わった」など、人間的な成長につながったとの声をいただけたんです。実は私が「ホームビジット」に込めた期待もそこにあったので、これを自分の事業にしたいと思うようになりました。


小倉広

その会社で働くことを選んだのは誰でもない、自分自身です。まずは「いまここにいるのは自分の意思なのだ」と自覚すること。そうすれば、毎日の仕事が「やらされ仕事」ではなく「やりたい仕事」になるし、気持ちが晴れて漠然とした不安や苦しみから抜け出せます。


並木昭憲(経営者)

お客さんに感動を与えるには、従業員がまず感動しなければダメ。


柳井正

こんな時代にどうやって希望を持てばいいのかと思っているかもしれませんが、希望を持たないと生きていけない。それも、社会にではなく、自分に対して希望を持つこと。


日覺昭廣

合弁会社にすると、互いに相手の懐に手を突っ込みたがるでしょう。うまくいかない時なんかは特にそう。せっかくの関係が崩壊してしまいます。それよりも別会社という形を維持したまま、強い者同士が手を組んだ方が相手の領域を委ねられ、より力を発揮できると思います。


佐藤章(経営者)

どこ(の部署)からでも声をかけてもらえるように心がけ、事業のディテールを知っておくことが大切。でなければイザというときに決断ができないからだ。


三池崇史

悪い評判は自分にとって壁ですから。壁は多い方がいいですよ。それを崩していくのか、上から乗り越えるのか、中をくぐるのか、方法は様々ですが、とにかく避けてはいけない。


大倉忠司

私どもも30年以上やってきましたから、既存店売上高が落ち込む経験は、過去に何度もしてきました。リーマンショックの少し後に、低価格居酒屋が乱立したときもそうです。客単価が3000円以上の店が急に苦しくなって、均一価格にかなり参入してきたんです。これはもう外食の宿命です。その結果、2010~11年ごろは既存店売上高が前年同月の95%くらいで低迷しました。ただそれも、1年半くらいかけて回復していきました。お客様が戻ってきてくれたんです。特別なことをしたわけではありません。慌てず、ブレずに、しっかりとした品質の商品・サービスを提供し続けた。それだけです。当社の歴史を振り返ると、そんなことの繰り返しです。


山田淳

僕には「同期の飲み会には参加しない」という持論があります。仲間と愚痴や他愛もない話をする時間を過ごすよりも、自分を高めてくれる人と過ごしたいという思いが強い。