名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

亀井勝一郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

亀井勝一郎のプロフィール

亀井勝一郎、かめい・かついちろう。昭和の文芸評論家。旧制山形高等学校(現:山形大学)を経て、東京帝国大学文学部美学科に入学するもマルクス、レーニンに傾倒し退学。治安維持法違反容疑で豊多摩刑務所に2年間投獄される。釈放後、同人雑誌「現実」「日本浪漫派」を創刊し評論活動に入る。『人間教育』で池谷賞、『日本人の精神研究』で日本芸術院賞、菊池寛賞受賞。死後、優れた文芸評論に贈られた亀井勝一郎賞が講談社主催で14年間行われた

亀井勝一郎の名言 一覧

明日とは、実は今日という一日のなかにある。


どんな権威であっても、ひとたびは疑ってみることだ。疑うということは取りも直さず、変革し破壊する力だ。


未完成の自覚をもって、絶えず努力をつづけていくところに青春がある。たとい若くても自己満足に陥っているなら、その人は老人にひとしい。


教養の真のあらわれは、その人の「はにかみ」にある。


徒党というものは一面からいえば孤独に耐え得ざる精神の休憩所だ。


読書とは一種の邂逅(かいこう)だ。読書の目的は、要するに自分の原点を発見するということに尽きる。


死そのものよりも、死についての想像の方が、遥かに我々を恐怖させる。


恋愛は激しいほど休憩を欲している。恋愛にも日曜日がなければならない。それがかろうじて永続させる方法であり、つまり忘却の逆用である。


人間と人間のつながりは、程度の差はあっても、誤解の上に成立しているものです。お互いに自分でもわからぬ謎をもって生きている以上、当然のことだと言っていいでしょう。善意の誤解の上に、恋愛や友情は成立すると言っていいと思います。


自己に絶望し、人生に絶望したからといって、人生を全面的に否定するのはあまりにも個人的ではないか。人生は無限に深い。我々の知らないどれほど多くの真理が、美が、あるいは人間が、隠れているかわからない。それを放棄してはならぬ。


亀井勝一郎の経歴・略歴

亀井勝一郎、かめい・かついちろう。昭和の文芸評論家。旧制山形高等学校(現:山形大学)を経て、東京帝国大学文学部美学科に入学するもマルクス、レーニンに傾倒し退学。治安維持法違反容疑で豊多摩刑務所に2年間投獄される。釈放後、同人雑誌「現実」「日本浪漫派」を創刊し評論活動に入る。『人間教育』で池谷賞、『日本人の精神研究』で日本芸術院賞、菊池寛賞受賞。死後、優れた文芸評論に贈られた亀井勝一郎賞が講談社主催で14年間行われた

他の記事も読んでみる

榊原英資

為替取引は一種の情報ゲームです。情報をどれだけ持っているか、あるいは自分の持っている情報を新しい事態の出現によってどれだけ修正していくか、そしてそれを今度はどう発信していくか。現代のような高度情報社会では、為替市場に限らず政治や行政も含めて社会のあらゆる活動が情報ゲーム的な側面を持つ。その意味では、戦争もまた勝つか負けるか、命をかけた究極の情報ゲームといえます。


成毛眞

「運鈍根」という言葉がありますよね。成功するためには、「幸運」と、「鈍さ」と、「根気」の3つが必要であるという意味の言葉です。「運」と「根気」が必要なのはわかりますが、なぜ「鈍」くなければいけないか。それは、鈍くない人は、成功すると有頂天になってしまって、それ以上考えなくなってしまうからです。一方で失敗すると、落ち込んだ気持ちを引きずって、嫌になってしまう。どちらにしても、仕事を続けられなくなってしまう。でも、鈍ければ、成功しても有頂天にまではなっていないから、もっと成功できるんじゃないかと考えるし、失敗しても引きずらない。そういう意味で、僕は幸い、「鈍い人」なんです。


矢内廣

ぴあの企業理念でもありますが、「ひとりひとりが生き生きと」できるような世の中を作っていきたいという思いがあります。生まれも育ちも違うのだから、一人ひとり違う嗜好性で生き生きと生きる時代になると、雑誌『ぴあ』の創刊時から思っていました。


笠真一

一生懸命仕事をやると仕事が楽しくなります。頑張るからこそ成功体験ができて、仕事が面白くなるのです。


澤田秀雄

自信が失せると能力も下がりますから、本当はできることまでできなくなってしまいます。失意泰然と言うように、ピンチのときはたとえ空元気でも明るくどっしりと構えていることが一番なのです。


佐藤廣士(経営者)

不易流行で変えてはいけないものは「極める」姿勢でしょう。原料は時代や価格の変動によって変わってもいいが、材料を加工して製品に仕上げるところは不易なのです。


シェイクスピア

嫉妬とは、自分ではらんで自分勝手に生まれる化け物なのです。


松本晃(経営者)

儲けとは、所詮はモノを売って売り上げからコストを引いた分をたくさん残すことですから、まず手を付けたのは製造原価を下げることでした。当時、カルビーの製造原価は65%で、2番手の競合会社より13%高かった。コストが高い原因がどこにあったかと言えば、実は製造拠点の稼働率が低かったんです。カルビーはかつてあちこちに工場を造ったのですが、稼働率は60%ぐらいでした。稼働率を上げるために、どのような仕組みを作ったらいいかということ考え、実践しました。


俣野成敏

社内ベンチャー事業募集に手をあげたのは、会社が責任をとるサラリーマンのうちにビジネスに挑戦するほうが「リスクが低い」と考えるように、思考を変えたから。


澤部肇

TDKでは国籍を超えて優秀な人材を活用しています。コストを下げるだけではなく、生み出す価値の方を増やすためです。


成毛眞

私が出資の相談を受けたとき、重要視するのは以下のことです。まず経営者の人柄で、私生活が乱れていないこと。分不相応な服装や所持品がないかどうか。浪費壁のある人はまず成功しません。地味でケチな方が見込みはあります。同様にギャンブルする人も向いていません。


徳重徹

起業するときは、自分は何が好きで、本当は何を目指したいのか――家族や住宅ローンなどの対外的な要因をいったん忘れ、ピュアに自分と向き合って深掘りすることが大切です。ただし、「解」はすぐには見つからないでしょう。でも、諦めずに考え続ければいい。それと掛け算して、明治時代や戦後の経営者たちの歴史を学び、世界のベンチャーを研究してみてください。