名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

亀井勝一郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

亀井勝一郎のプロフィール

亀井勝一郎、かめい・かついちろう。昭和の文芸評論家。旧制山形高等学校(現:山形大学)を経て、東京帝国大学文学部美学科に入学するもマルクス、レーニンに傾倒し退学。治安維持法違反容疑で豊多摩刑務所に2年間投獄される。釈放後、同人雑誌「現実」「日本浪漫派」を創刊し評論活動に入る。『人間教育』で池谷賞、『日本人の精神研究』で日本芸術院賞、菊池寛賞受賞。死後、優れた文芸評論に贈られた亀井勝一郎賞が講談社主催で14年間行われた

亀井勝一郎の名言 一覧

明日とは、実は今日という一日のなかにある。


どんな権威であっても、ひとたびは疑ってみることだ。疑うということは取りも直さず、変革し破壊する力だ。


未完成の自覚をもって、絶えず努力をつづけていくところに青春がある。たとい若くても自己満足に陥っているなら、その人は老人にひとしい。


教養の真のあらわれは、その人の「はにかみ」にある。


徒党というものは一面からいえば孤独に耐え得ざる精神の休憩所だ。


読書とは一種の邂逅(かいこう)だ。読書の目的は、要するに自分の原点を発見するということに尽きる。


死そのものよりも、死についての想像の方が、遥かに我々を恐怖させる。


恋愛は激しいほど休憩を欲している。恋愛にも日曜日がなければならない。それがかろうじて永続させる方法であり、つまり忘却の逆用である。


人間と人間のつながりは、程度の差はあっても、誤解の上に成立しているものです。お互いに自分でもわからぬ謎をもって生きている以上、当然のことだと言っていいでしょう。善意の誤解の上に、恋愛や友情は成立すると言っていいと思います。


自己に絶望し、人生に絶望したからといって、人生を全面的に否定するのはあまりにも個人的ではないか。人生は無限に深い。我々の知らないどれほど多くの真理が、美が、あるいは人間が、隠れているかわからない。それを放棄してはならぬ。


亀井勝一郎の経歴・略歴

亀井勝一郎、かめい・かついちろう。昭和の文芸評論家。旧制山形高等学校(現:山形大学)を経て、東京帝国大学文学部美学科に入学するもマルクス、レーニンに傾倒し退学。治安維持法違反容疑で豊多摩刑務所に2年間投獄される。釈放後、同人雑誌「現実」「日本浪漫派」を創刊し評論活動に入る。『人間教育』で池谷賞、『日本人の精神研究』で日本芸術院賞、菊池寛賞受賞。死後、優れた文芸評論に贈られた亀井勝一郎賞が講談社主催で14年間行われた

他の記事も読んでみる

朝長哲

お客様に対する説明責任を果たすためには、自分たちで品質の管理、監査を行える体制や技術を持たなければなりません。我々自身が独自のチェック体制を敷き、そのためのノウハウを積み重ねてきたことは、いまになって大きな財産になっています。


テリー伊藤

自分がパートナーに何を求めているのかを知るのが、すごく大切。恥ずかしいかもしれないけれど、普段から価値観を言葉にして話しておくといいよ。自分の価値観を再認識できるし、他人の価値観もわかるしね。


池森賢二

文章を上手に書けるようになるには、人の文章を注意深く読むことも大切。


ヴィクトール・フランクル(ビクター・フランクル)

苦悩があるから、成熟する。苦悩したからこそ、新しく成長できる。喪失、艱難(かんなん)、苦悩は、人に豊かなものを与えてくれる。


貝原益軒

疑いを人に問うは知を求むる道なり。自ら心に道理を思うは知を開くもとなり。


佐々木かをり

仕事をしていくうえで、一番重要なのは人を大切にすることです。じつはすべてを運んで来てくれるのは、人なんです。人を大切にして仲間を増やしていくというのは、起業する場合でも会社員でも同じなんですが、これがうまく楽しく仕事をしていくためのコツだと思います。


安中千絵

理想は、旬の野菜や魚、肉、卵、きのこ、海藻などいろいろな食材が含まれている食事。たとえば鍋は理想的ですね。一方、丼ものやラーメンなどは栄養素が偏りがちなので、毎日そればかりという人は要注意です。


松岡正剛

編集とは雑誌や書籍やテレビなどで使われる言葉ですが、本来はもっと広いものを含みます。一見関係のない事柄に、新たな関係性の軸を見つけ、交換し、結びつける。このようにして「編集」の中から新しい発想や斬新なアイデアは生まれる。そのスタートは既存のパターンに縛られないこと。


若林正恭

僕はヘコみやすいので、「仕事一つ」ではなく、「その日の仕事」で考えるようにしています。昼間の仕事でスベっても、夜の仕事がウケればOK。


出口治明

仕事とプライベートの比重を間違えないということも重要です。人生で過ごす時間において、働いているのは3割に達しません。大切なのは仕事ではなく、食べて寝て、家族や友人と楽しく過ごす時間です。仕事なんてどうでもいいと割り切れたら、八方美人になったり上司にゴマをすることがバカバカしくなります。絶対に譲れないと思うときは上司を打ち負かすつもりで臨めます。本当にいい仕事ができるのです。


西任暁子(西任白鵠)

否定が怖い人は、「意見を否定されること」=「人格を否定されること」と捉えがち。意見やアイデアを否定されたとしても、それは自分自身を否定されたことではない、ということに気づくことが大切。


後藤亘

社員たちとのコミュニケーションを図るうえで心がけたのは、わからないことを納得するまで突き詰めること。トップが「よくわからないから任せる」では何もできない。