名言DB

9425 人 / 110833 名言

亀井勝一郎の名言

twitter Facebook はてブ

亀井勝一郎のプロフィール

亀井勝一郎、かめい・かついちろう。昭和の文芸評論家。旧制山形高等学校(現:山形大学)を経て、東京帝国大学文学部美学科に入学するもマルクス、レーニンに傾倒し退学。治安維持法違反容疑で豊多摩刑務所に2年間投獄される。釈放後、同人雑誌「現実」「日本浪漫派」を創刊し評論活動に入る。『人間教育』で池谷賞、『日本人の精神研究』で日本芸術院賞、菊池寛賞受賞。死後、優れた文芸評論に贈られた亀井勝一郎賞が講談社主催で14年間行われた

亀井勝一郎の名言 一覧

明日とは、実は今日という一日のなかにある。


どんな権威であっても、ひとたびは疑ってみることだ。疑うということは取りも直さず、変革し破壊する力だ。


未完成の自覚をもって、絶えず努力をつづけていくところに青春がある。たとい若くても自己満足に陥っているなら、その人は老人にひとしい。


教養の真のあらわれは、その人の「はにかみ」にある。


徒党というものは一面からいえば孤独に耐え得ざる精神の休憩所だ。


読書とは一種の邂逅(かいこう)だ。読書の目的は、要するに自分の原点を発見するということに尽きる。


死そのものよりも、死についての想像の方が、遥かに我々を恐怖させる。


恋愛は激しいほど休憩を欲している。恋愛にも日曜日がなければならない。それがかろうじて永続させる方法であり、つまり忘却の逆用である。


人間と人間のつながりは、程度の差はあっても、誤解の上に成立しているものです。お互いに自分でもわからぬ謎をもって生きている以上、当然のことだと言っていいでしょう。善意の誤解の上に、恋愛や友情は成立すると言っていいと思います。


自己に絶望し、人生に絶望したからといって、人生を全面的に否定するのはあまりにも個人的ではないか。人生は無限に深い。我々の知らないどれほど多くの真理が、美が、あるいは人間が、隠れているかわからない。それを放棄してはならぬ。


亀井勝一郎の経歴・略歴

亀井勝一郎、かめい・かついちろう。昭和の文芸評論家。旧制山形高等学校(現:山形大学)を経て、東京帝国大学文学部美学科に入学するもマルクス、レーニンに傾倒し退学。治安維持法違反容疑で豊多摩刑務所に2年間投獄される。釈放後、同人雑誌「現実」「日本浪漫派」を創刊し評論活動に入る。『人間教育』で池谷賞、『日本人の精神研究』で日本芸術院賞、菊池寛賞受賞。死後、優れた文芸評論に贈られた亀井勝一郎賞が講談社主催で14年間行われた

他の記事も読んでみる

茂木啓三郎

衛生を心掛け、食事は麦飯に汁一椀にせよ。使用人と同じ品に限る。


横須賀てるひさ(横須賀輝尚)

メジャーな資格というのは、それだけ競争相手も多いもの。そのなかで差別化を図るのが大変。一方、マイナーな資格は、ニッチなぶん、ライバルが少ないのがメリット。つまり「メジャーだから稼げる、マイナーだから稼げない」という発想自体が大きな間違い。


魔裟斗

強くなりたければ、自分の一番嫌いな練習や苦手な練習をやった方がいい。好きなことや楽なことばかりやっていたら、強くなれるわけがありません。


松田元(経営者)

フェラーリに乗ったり六本木ヒルズに住むことに興味はありません。僕がお金を贅沢に使うのは会社の買収くらいでしょうか。興味のある事業があれば会社ごと購入。最初は門外漢がオーナーになるので現場も混乱しますが、一生懸命勉強して何とか立て直して、必ずエグジットさせます。もちろんエグジットすれば利益が出ますが、儲けることよりも事業を再生させることのほうが楽しい。ほとんど趣味のようなものです。


亀田隆明

国内だけに目を向けた医療ではこの先、不十分で、世界標準で通用する医療でないと真の高度医療とは言えない。


江上治

とてつもなく稼ぐ人とは、ミスのない完璧な人間ではない。前向きに物事をとらえ、間違ったらすぐに謝り、反省し次の行動を変える。それを繰り返しているだけなのだ。


大垣尚司

住宅ローンは、消費者が欲しい住宅に寄り添う形で、自然に売ればいいのです。だから住宅の営業マンに売ってもらうのが、正しいと考えました。
【覚書き|大手住宅メーカーと提携し、販売委託をした理由について】


北尾吉孝

金融マーケットをウオッチする習慣を身につけましょう。為替と株式市場の両方は必須です。推移を見続けるのはお金の相場観を養ういい勉強になります。個別の株式を購入するなら、ハイリスク・ハイリターンを避け、短期で利益を出すことを目指さない。「上昇している」から買うのではなく、「割安なもの」に注目して買うのです。割安な銘柄を探すにも、PER、PBRなどの指標を理解する必要がある。やはり勉強ですね。


小田兼利

日本の中小企業の悪いところは出ていかないところ。「英語が苦手だから……」なんて言ってないで、見て触れて現地を知れば「何が問題で、何がビジネスになりそうか」見える。同時にね、強みも見えてくるんです。「うちのような浄水技術を持つ会社は世界にも無い」とね。一律に閉塞感が漂っている日本だと気づけないけど、外に出ると、すごい力が備わっていることに相対的に気づけるわけです。


津田純嗣

日本で産業用ロボットが発展したのは、自動車メーカーをはじめとする多くのユーザーが使い込んできたからです。有事対応のロボットは、日本でも国のプロジェクトなどで作られたことはありましたが、結局使い込んでいない。だから(東日本大震災や福島第1原子力発電所の事故で)使えませんでした。米国のようにアフガニスタンに持っていけば使いますよね。同じことはできないにしても、例えば消防署などが、いろいろな場面を想定して使い込むということを常にやっていかないと。