名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

九鬼政人の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

九鬼政人のプロフィール

九鬼政人、くき・まさと。日本のコンサルタント、経営者。和歌山県出身。戦略コンサルティング会社を含む数社を経営。大腸ガンを抱えながらも会社を切り盛りし、社長がいなくても動く組織を確立。経営の傍ら多くのビジネスマンに、無駄な忙しさを排しバタバタ貧乏から脱出する方法を教えた。主な著書に『愛のバタバタ貧乏脱出大作戦』など。

九鬼政人の名言 一覧

会社のため、お客様のため、家族のためなど、忙しさの大義名分は人それぞれでしょうが、仕事での成果が出ていないのであれば、一刻も早くここから抜け出さなくてはなりません。


仕事の効率化で余った時間を何に使うべきかといえば、仕事のシステム化です。たとえば営業の使いやすい提案書の雛形づくりなどです。こうした作業には、いくら時間をかけても構いません。できれば、それを自分だけでなくみんなが使えるものにしましょう。


朝一番は重要な仕事から取りかかるのではなく、まず昨日リストアップしたリストの中から、とにかく簡単に早く終わる「作業」から順にとりかかります。できれば本番の前の始業前からです。そして、ひとつの仕事が終わるごとにTODOリストに線を引き消していきます。どんな重要な仕事も簡単な作業もリストの上では同じ一行ですから、どんどんはかどっているような、いい意味での錯覚を脳に与えることができます。


仕事の優先順位ですが、取引先に自分のつくった契約書を確認してもらうなど、自分一人では完結できない仕事の依頼こそ最優先させるべきです。それが最大のコツです。相手に自分の仕事を早めに預けておけば、その間は同時進行で自分一人でしかできない仕事に専念できます。また、締め切り間際に相手に依頼してしまうと、大抵はギリギリで回答してくるため、待ち時間ができ、その間落ち着いて仕事ができなくなるからです。


明日の仕事で成果をあげたいなら、一日の仕事が終わったらそのまま帰るのではなく、その日の成果や反省、そこからの学びをノートするなどして、一日の仕事にはっきり区切りをつけましょう。そして翌日のためにやるべきことを細かくリストアップするのです。翌日の段取りをしながらも、ノートに翌日の仕事を預けておくことができるので、頭の中はスッキリします。


普通に考えれば、上司の目を気にするよりは、お客の目を気にする方が、会社にとっても自分にとっても長期的に見て有利なはずです。お客はあなたによりよい商品、よりよいサービスを求めているのであって、一生懸命頑張ったことは関係ありませんし、何の言い訳にもなりません。


そもそも、なぜバタバタ忙しいのに全然儲からず貧乏している「バタ貧」に陥ってしまうのかを考えてみましょう。多くの場合は、会社や上司の評価基準が「バタバタ忙しそうにしているほどいい」と思い込んでいるからにすぎません。なぜならバタ貧の人は、結果を問われることを何よりも恐れているからです。


突き詰めてみれば、「お金」と「時間」こそが、人間誰もが持っている資源だと言えるのではないでしょうか。


九鬼政人の経歴・略歴

九鬼政人、くき・まさと。日本のコンサルタント、経営者。和歌山県出身。戦略コンサルティング会社を含む数社を経営。大腸ガンを抱えながらも会社を切り盛りし、社長がいなくても動く組織を確立。経営の傍ら多くのビジネスマンに、無駄な忙しさを排しバタバタ貧乏から脱出する方法を教えた。主な著書に『愛のバタバタ貧乏脱出大作戦』など。

他の記事も読んでみる

星野佳路

魅力を常に進化させていくことは絶対に必要。進化が止まれば成長も止まり、顧客に飽きられ、競合にも追いつかれてしまう。


上原明

ついつい人は短期的な成果を求めてしまいがちであり、しっかりと中長期的視点を優先した判断をしなければならない。


米内光正

俗語を使いまして恐れ入りますが、ジリ貧を避けんとしてドカ貧にならないようご注意を願いたいと思います。
【覚書き:太平洋戦争開戦直前に昭和天皇に献じた進言。当時日本はアメリカの経済封鎖で経済的にジリジリと窮地に陥っていっていた。】


包行均

子供の頃、家の手伝いで草刈りをやらされるのが嫌で嫌で、ゴーカートに乗って走り回っているうちに草が刈れたらいいなと思っていたんですよ。


中野勘治

科学的なマーケティング分析だけに頼っても失敗します。技術者が自らの技術に酔ってプロダクトアウト型の商品を開発してしまうのと同じで、マーケティング担当者も分析に酔ってしまいがちです。もちろん数字や検証は大事なのですが、それだけで答えが出せるわけではありません。要は感性と科学的マーケティングのバランスが重要なのです。


南場智子

創業者である私もいずれ能力が衰える。他にもっと相応しい人がいたら、当然その人に代わる。そういうチームにしたかった。それを創業者が率先してやれば、確実に次もやってくれると。


ケリー・マクゴニガル

挑戦や失敗に前向きであることは、成功の階段を上っていくのに不可欠。


唐池恒二

鉄道ファンには怒られてしまいますが、実は私はそもそも鉄道があまり好きではないのです。旧国鉄に入ったのも、先に国鉄に就職していた柔道部の先輩に餃子を大量におごってもらったから。今思えばずいぶん安い契約金でした(笑)。ただ、だからこそ鉄道好きではない人の気持ちがわかる。たとえばSLを復活させるにあたり、鉄道ファンからは「昔のままの姿で」と要望が来るわけですが、私は鉄道ファンではないから聞き流してしまう。むしろ「どうしたら若い女性や親子連れに乗ってもらえるか」を考え、現代風にリニューアルするわけです。


馬渡晃

まずは、なにか目標を決め、自分でルールをつくり、実践してみましょう。目標は、大きなものよりも、達成できそうな小さなものを。やるべきことをイメージしやすいし、達成感も味わうことができる。自分で仕組みを作る楽しさに気づくはずです。


高橋俊介

組織の壁を超えて駆けずり回り、関係者全員を説得し倒す。あるいは、上下関係のないところで、自分とはまったく違う価値観を持った人たちと信頼関係を築き上げる。そのような能力がいま重要になってきている。


守安功

「自分が頑張れば会社は変わるんだ」と思っている人、会社と自分が一体になっている人が多い会社ほど強いと思います。逆に、「自分一人が何をいっても会社は変わらない」という人ばかりが集まると、本当に会社は変われなくなってしまいます。


辻野晃一郎

事業や会社の方針転換、秘策を打つためのアイデア出しなど、より本音の話し合いが必要な際は、合宿のような手段も有効だと思っています。先日も北鎌倉の古民家で日帰りの合宿を行いました。ソニー時代にも、葉山のショールームのフロアを借りて幹部合宿をやったり、同じ場所をグーグルでも使わせてもらいました。そもそも、「裸の付き合い」や「同じ釜の飯を食う」ことの大事さを、昔から日本人は知っていたんです。