名言DB

9412 人 / 110637 名言

九鬼政人の名言

twitter Facebook はてブ

九鬼政人のプロフィール

九鬼政人、くき・まさと。日本のコンサルタント、経営者。和歌山県出身。戦略コンサルティング会社を含む数社を経営。大腸ガンを抱えながらも会社を切り盛りし、社長がいなくても動く組織を確立。経営の傍ら多くのビジネスマンに、無駄な忙しさを排しバタバタ貧乏から脱出する方法を教えた。主な著書に『愛のバタバタ貧乏脱出大作戦』など。

九鬼政人の名言 一覧

会社のため、お客様のため、家族のためなど、忙しさの大義名分は人それぞれでしょうが、仕事での成果が出ていないのであれば、一刻も早くここから抜け出さなくてはなりません。


仕事の効率化で余った時間を何に使うべきかといえば、仕事のシステム化です。たとえば営業の使いやすい提案書の雛形づくりなどです。こうした作業には、いくら時間をかけても構いません。できれば、それを自分だけでなくみんなが使えるものにしましょう。


朝一番は重要な仕事から取りかかるのではなく、まず昨日リストアップしたリストの中から、とにかく簡単に早く終わる「作業」から順にとりかかります。できれば本番の前の始業前からです。そして、ひとつの仕事が終わるごとにTODOリストに線を引き消していきます。どんな重要な仕事も簡単な作業もリストの上では同じ一行ですから、どんどんはかどっているような、いい意味での錯覚を脳に与えることができます。


仕事の優先順位ですが、取引先に自分のつくった契約書を確認してもらうなど、自分一人では完結できない仕事の依頼こそ最優先させるべきです。それが最大のコツです。相手に自分の仕事を早めに預けておけば、その間は同時進行で自分一人でしかできない仕事に専念できます。また、締め切り間際に相手に依頼してしまうと、大抵はギリギリで回答してくるため、待ち時間ができ、その間落ち着いて仕事ができなくなるからです。


明日の仕事で成果をあげたいなら、一日の仕事が終わったらそのまま帰るのではなく、その日の成果や反省、そこからの学びをノートするなどして、一日の仕事にはっきり区切りをつけましょう。そして翌日のためにやるべきことを細かくリストアップするのです。翌日の段取りをしながらも、ノートに翌日の仕事を預けておくことができるので、頭の中はスッキリします。


普通に考えれば、上司の目を気にするよりは、お客の目を気にする方が、会社にとっても自分にとっても長期的に見て有利なはずです。お客はあなたによりよい商品、よりよいサービスを求めているのであって、一生懸命頑張ったことは関係ありませんし、何の言い訳にもなりません。


そもそも、なぜバタバタ忙しいのに全然儲からず貧乏している「バタ貧」に陥ってしまうのかを考えてみましょう。多くの場合は、会社や上司の評価基準が「バタバタ忙しそうにしているほどいい」と思い込んでいるからにすぎません。なぜならバタ貧の人は、結果を問われることを何よりも恐れているからです。


突き詰めてみれば、「お金」と「時間」こそが、人間誰もが持っている資源だと言えるのではないでしょうか。


九鬼政人の経歴・略歴

九鬼政人、くき・まさと。日本のコンサルタント、経営者。和歌山県出身。戦略コンサルティング会社を含む数社を経営。大腸ガンを抱えながらも会社を切り盛りし、社長がいなくても動く組織を確立。経営の傍ら多くのビジネスマンに、無駄な忙しさを排しバタバタ貧乏から脱出する方法を教えた。主な著書に『愛のバタバタ貧乏脱出大作戦』など。

他の記事も読んでみる

平田満

舞台の上で魅力がなくなったら、ほかでもきっと自分の魅力はなくなってしまうんだろうと思えるようになりました。舞台じゃなきゃできないことができたり、舞台じゃなきゃ出会えない人と出会えたりするというのが、いまの僕にとってはいちばん幸せな状態なんだろうなと。


前川洋一郎

ある老舗トップが、「私たちは好きで老舗経営にしがみついているのではないです。しかし駅伝経営の走者となった運命から逃れることはできません」と述懐していた。しかも老舗の駅伝競走は10区間10人で終わらない、永続すればするほど続く、ゴールのない駅伝で、競走が終わるのは閉店、廃業の時である。だから当事者である老舗トップのストレスは観客(顧客)や周辺の関係者(ステークホルダー)には想像だにできないものである。


佐々木正悟

ストレスがなにもなければいいかというと、決してそうではありません。パフォーマンスが最も高くなるのは、ほどよい緊張感があるとき。これはヤーキーズ=ドッドソンの法則といって生理心理学の基本法則として知られています。


J・P・モルガン

どこかにたどり着きたいと欲するならば、今いるところには留まらないことを決心しなければならない。


高城幸司

仕事が動き出したあとは、反対者も出てくるでしょう。この場面で押さえるべきはもちろん、決定権を持つ反対者。とくに、数は少なくても強硬な反対者には要注意です。だいたいのメンバーが賛成の方向に動いても、一人が声高に反対すれば決定できないこともあるからです。こうした相手には、「拳の下ろしどころ」を用意するのが得策。「勉強になります」「そうしたご意見があってこそ、我々は極端に走らずにすんでいます」などと言って相手を立てること。そうすれば矛先を鈍らせることができるだけでなく、相手の存在意義を強調することで反対者ですら当事者意識も喚起できます。これもまた、「巻き込み」のひとつのかたちですね。


五十嵐茂樹

リーマンショック以降、客単価の高い「北海道」は厳しい状況にありましたが、客単価を下げず我慢してきました。客単価の高い店は、それなりに店舗費も掛かります。これらの店を強引に低価格店に置き換えたチェーンは、現状は厳しいと想定されます。逆に弊社としては、単価の高い他店が減少したことで、その受け皿となり高いメリットを享受できました。


堺屋太一

歴史はその最終段階だけが重要なのではない。経営者の評価や財界人としての基準も変わった。80年代までのヒーローの中にも「墜ちた偶像」が何人もいた。その一方でまた、新しい経済のスターが現れつつある。没落した経営者が、その得意の絶頂で何を語り、何を誇ったか、それを読むのもまた興味深い。


藤原作弥

私は中央銀行を称して「職業的嫌われ者」と言っています。誰かの得になることは、反対に損をする人もいるということです。すべての人が喜ぶ政策はあり得ません。しかし、人が嫌がることを言う存在がなければ組織は成り立たないでしょう。例えば、財政というのは放漫に向かいがちですが、常にその先に思いを至す組織が必要なのです。それが中央銀行というものです。公の利益とは何かを考え続けた、日銀副総裁としての5年間でした。


佐藤康博

毎日、多くのお客様とお会いしますが、ここから得られる情報は、非常に大切なものです。


伊藤羊一

プレゼンの目的は相手を動かすことで、そのために話術も使うし、資料も使う。プレゼンはエンターテインメント。いわばライブみたいなものだから、トークはボーカル、資料は楽器、ひとつのパートみたいなものですよ。楽器だとすると、当然、テクニックも必要です。音程が正確でリズムも狂わないみたいなこともいいけれど、大事なのは、演奏が聴衆の心を捉えるかどうかでしょう。


金田一秀穂

世の中には、ムダなことなど、ひとつもありません。私なんて大学を卒業した後3年間、就職もせずぶらぶらと過ごしていましたからね。朝遅く起き、パチンコに行き、稼いだお金で本を買い、読みふける日々。じつにムダに見えますよね。けれど、そのムダが、今にいたる道を開いた。「このままじゃ腐ってしまうなあ」と危機感を抱いて、「えいや!」と日本を脱出。アメリカや中国で日本語教師となり、それを機に日本語にさらに強い興味を抱くようになりました。


加藤照和

とにかく何でもいいから売れるものをつくるのではなくて、自分たちが売るべき薬とは何かを深く考える、すなわち「良薬を追求し、さらに進化させる」という信念を大切にしています。


マーガレット・サッチャー

言ってほしいことがあれば、男に頼みなさい。やってほしいことがあれば、女に頼みなさい。
【覚書き|男性には強力な発言権があるが、女性には高い実務能力あるという意味合いの言葉】


松本洋(コンサルタント)

組織力と業績を上げ、個人の仕事の質を高めるには、自責の思考が必要です。この場合の自責とは、自分を責めて悲しい気持ちになることではなく、問題を解決し、発生を未然に防ぐ責任は自分にあるのだと考えて行動する態度です。


前田正博(官僚)

教育も大事ですが、それ以上にやる気や気迫、情熱が重要なんです。そういうものは研修では身に付きません。