名言DB

9429 人 / 110879 名言

乗松伸幸(経営者)の名言

twitter Facebook はてブ

乗松伸幸(経営者)のプロフィール

乗松伸幸、のりまつ・のぶゆき。日本の技術者、経営者。「ア・ファン」社長。愛媛県出身。大学卒業後、ソニーのグループ会社を経てソニー本社に入社。長期間の海外駐在などを経て55歳で退職。その後、電化製品修理の「ア・ファン 匠工房」を設立。修理サポートが打ち切られたソニーのペットロボットAIBOの修理を多数手がけた。

乗松伸幸(経営者)の名言 一覧

55歳で早期退職を考えた時に、10年、20年先を考えて自分が正しいと思うところに軸足を置いて、自分らしく働きたいと思い、起業の道を選んだ。


弊社はどんなに難しい修理でも断らないようにしています。長年の経験から「ひとつひとつ解決していけばどこかに道がある」とわかっているから。


私はエンジニア一筋で40年働いてきましたが、前職のソニーでは中東やインドなどの新興国で15年ほど働いた経験があります。中には駐在員が私1人という国もあり、営業から修理の窓口までやりました。エンジニアでありながら、お客さんの声を聞く機会に恵まれたのです。


アイボの駆け込み寺として注目されるようになった弊社ですが、最初に依頼を受けた時は、修理に4か月以上かかりました。アイボにはソニー独自の技術や部品が多く、まったくのお手上げ状態。OBのエンジニアに話を聞いたり、オークションで部品を調達したりして、なんとかやり遂げることができました。当初は、対応できるエンジニアは1人でしたが、「お客さんが喜んでくれるのならやろう」と、進んで修理技術をマスターした結果、多くの依頼に対応できるようになったのです。


以前から、「部品の保有期間が終わったから」と、自社製品の修理を断るメーカーの姿勢に疑問を感じていました。いつまでも愛用してくれるお客さんの声に応えたいと思い、メーカーの修理期間を過ぎた製品を修理する会社、ア・ファンを立ち上げたのです。この仕事は優れた技術を持つリタイアしたエンジニアにも働く機会を提供することができます。お客さん、リタイアしたエンジニア共にウィンウィンで、社会貢献にもなるのです。


乗松伸幸(経営者)の経歴・略歴

乗松伸幸、のりまつ・のぶゆき。日本の技術者、経営者。「ア・ファン」社長。愛媛県出身。大学卒業後、ソニーのグループ会社を経てソニー本社に入社。長期間の海外駐在などを経て55歳で退職。その後、電化製品修理の「ア・ファン 匠工房」を設立。修理サポートが打ち切られたソニーのペットロボットAIBOの修理を多数手がけた。

他の記事も読んでみる

曽山哲人

企業文化こそが、これからの時代に求められる要素。当社は新卒の採用を非常に重視しています。まつさらな状態で入ってサイバーエージェントのカルチャーに溶け込んでもらい、一緒に戦ってもらう。そういう社風づくりを大事にしています。


上川隆也

何も考えていなかったというか、ただ芝居というものに関わっていたいという思いから大学を中退し、キャラメルボックスに入団したわけです。もちろん、役者で食っていけるなんて思ってもいませんでしたし、むしろ「食っていこう」という意識を持っている人がいることのほうがびっくりだったんです。


張瑞敏

企業として一番難しいのは、成功している現在の仕組みを壊して再建することにあります。


ジョセフ・ジューベル

妻の忍耐ほど、彼女の名誉となるものはない。
夫の忍耐ほど、妻の名誉になるものはない。


藤原和博

仕事の地肩(じかた)がついていない段階で、自分探しなんてことはしない方がいいと思います。それから、適職診断などもあまりあてにしない方がいい。自分の可能性がどこで花開くかは、20代ではわかりません。あれやこれや、業種は職種で悩む暇があったら、目の前の仕事に徹底的に取り組むべきです。


江川達也

マニュアル人間の弱点は、目的達成のために最小限のことしか考えないことだ。つまり、思考に余裕がないのだ。


加藤ゆか

(寺田)綾さんと(上田)春佳が側にいたことも大きい。トップレベルの2人が頑張っているから、私もこのままじゃいられないと思えました。切磋琢磨できる存在です。


川島正次郎

脇役としての生き方がある。主役は息が短いが、脇役は息が長いものだ。


大谷昭宏

どんなくだらない会社だと思っても、一人や二人は素晴らしい先輩がいるもの。仮に直属の上司とソリが合わないからといって、簡単に辞めるのはあまりにももったいないんじゃないかな。


日向野幹也

小さな成功体験の積み重ねが成長意欲につながる。よい面を必ず認めて、信頼関係を築いたうえで改善点を伝えるようにすべき。