名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

乗松伸幸(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

乗松伸幸(経営者)のプロフィール

乗松伸幸、のりまつ・のぶゆき。日本の技術者、経営者。「ア・ファン」社長。愛媛県出身。大学卒業後、ソニーのグループ会社を経てソニー本社に入社。長期間の海外駐在などを経て55歳で退職。その後、電化製品修理の「ア・ファン 匠工房」を設立。修理サポートが打ち切られたソニーのペットロボットAIBOの修理を多数手がけた。

乗松伸幸(経営者)の名言 一覧

55歳で早期退職を考えた時に、10年、20年先を考えて自分が正しいと思うところに軸足を置いて、自分らしく働きたいと思い、起業の道を選んだ。


弊社はどんなに難しい修理でも断らないようにしています。長年の経験から「ひとつひとつ解決していけばどこかに道がある」とわかっているから。


私はエンジニア一筋で40年働いてきましたが、前職のソニーでは中東やインドなどの新興国で15年ほど働いた経験があります。中には駐在員が私1人という国もあり、営業から修理の窓口までやりました。エンジニアでありながら、お客さんの声を聞く機会に恵まれたのです。


アイボの駆け込み寺として注目されるようになった弊社ですが、最初に依頼を受けた時は、修理に4か月以上かかりました。アイボにはソニー独自の技術や部品が多く、まったくのお手上げ状態。OBのエンジニアに話を聞いたり、オークションで部品を調達したりして、なんとかやり遂げることができました。当初は、対応できるエンジニアは1人でしたが、「お客さんが喜んでくれるのならやろう」と、進んで修理技術をマスターした結果、多くの依頼に対応できるようになったのです。


以前から、「部品の保有期間が終わったから」と、自社製品の修理を断るメーカーの姿勢に疑問を感じていました。いつまでも愛用してくれるお客さんの声に応えたいと思い、メーカーの修理期間を過ぎた製品を修理する会社、ア・ファンを立ち上げたのです。この仕事は優れた技術を持つリタイアしたエンジニアにも働く機会を提供することができます。お客さん、リタイアしたエンジニア共にウィンウィンで、社会貢献にもなるのです。


乗松伸幸(経営者)の経歴・略歴

乗松伸幸、のりまつ・のぶゆき。日本の技術者、経営者。「ア・ファン」社長。愛媛県出身。大学卒業後、ソニーのグループ会社を経てソニー本社に入社。長期間の海外駐在などを経て55歳で退職。その後、電化製品修理の「ア・ファン 匠工房」を設立。修理サポートが打ち切られたソニーのペットロボットAIBOの修理を多数手がけた。

他の記事も読んでみる

小宮一慶

投資信託はうまく使わないと、投資信託運用会社、そしてそれを販売している証券会社や銀行が儲けるためだけの商品になってしまいます。彼らは損をしません。投資家が得をしても損をしても、とにかく販売すればするほど手数料が入るからです。下手に乗ってしまうと、手数料を取られて泣きを見るだけということになりかねません。


飯田久恵

整理と収納には、什器のレイアウト、動線の最短化、適切な収納用具選び、配置など、パズルのように緻密なプランニングが必要です。その「初期設定」をきちんとしてこそ、その後の片づいた状態の維持が可能になるということを、まずはしっかり意識しましょう。


椎木里佳

父が独立したとき私は2歳だったから、当時のことは何も覚えてないんです。ただ、父は家の倉庫で一人寂しくパソコンに向かっているのに、とても楽しそうだった。その姿を見てきたので、社長業はおもしろいと自然に考えていたところはあったと思います。


是枝裕和

いろいろな制約はあるけれど、その制約を通して何ができるか考えることで、自分も育つ。そうしてようやく、個性が見えてくる。


枝野幸男

立憲民主党が支持されたのは、国民の顕在化されていなかったニーズ――政治に対する不信・不満というものに応える、あるいは応えてくれるのではないかと期待される存在と、認めていたのではと思っています。


坂田浩一

経営者は孤独なものです。どんなに優れた参謀をそろえたとしても、最後に頼れるのは自分自身だけです。前向きに、挑戦心を持って、自分の判断を信じる。10年後の自分に恥じることのない決断を重ねていくしかないのだと思います。


菊原智明

相手が話したがっているときに「自分も……」と切り出すのはまさに「話題泥棒」で、営業では一番やってはいけないこと。カラオケでサビのところでマイクを奪って歌うようなものです(笑)。それよりは、何も知らないバカなふりしてひたすら聞いた方が確実に相手は気持ち良くなります。恋愛でも、聞き手にまわれる男はモテますよね。


佐々木正悟

業務終了時には受信フォルダにメールのない状態、つまりインボックス・ゼロにすることを目指しましょう。


裵英洙(医療機関再生コンサルタント)

休日にたくさん寝ることの良し悪しはいろいろと議論されています。私は、身体が疲れているなら、寝溜めもアリだと思います。安静にすることで、内臓の回復につながるはずです。


アル・ライズ

現代人はコミュニケーションそのものが問題である。米国は、世界で最も早くコミュニケーション過剰社会になってしまった。年ごとに発信は増えているが、受信しなくなっている。


林厚見

不動産プロデュースとは、投資銀行などから資金を調達、土地を見つけて企画を立て、ゼネコンや建築家を見つけ開発する仕掛け人です。たとえば、由緒ある古い建物を保存したくても、思いだけで「すばらしい建物を壊すなんて間違っている!」と反対運動をしても限界がある。でも、建物を残して不動産価値を上げる方法があります。ホテルとして再生して、住居も付加すれば、儲かります。プラン実行のため、この会社と組んで、金融はこうしましょう」と。おカネだけを考えるファンドの理屈だと、建物への愛着などは関係ない。それだと、均質的になって、世の中はつまらなくなる。


鈴木喬(経営者)

民主主義には意思決定に時間力掛かるという弊害もあります。やたらと会議が多くて、なかなか結論に至らないという経験があるでしょう。企業には本来そんなことをしている余裕はないはずです。市場という戦場で、ライバルと戦争しているのが民間企業です。常に戦時下なのに、社内の合意形成に時間を空費していては、あっという間にライバルにしてやられてしまいます。