名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

乗松伸幸(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

乗松伸幸(経営者)のプロフィール

乗松伸幸、のりまつ・のぶゆき。日本の技術者、経営者。「ア・ファン」社長。愛媛県出身。大学卒業後、ソニーのグループ会社を経てソニー本社に入社。長期間の海外駐在などを経て55歳で退職。その後、電化製品修理の「ア・ファン 匠工房」を設立。修理サポートが打ち切られたソニーのペットロボットAIBOの修理を多数手がけた。

乗松伸幸(経営者)の名言 一覧

55歳で早期退職を考えた時に、10年、20年先を考えて自分が正しいと思うところに軸足を置いて、自分らしく働きたいと思い、起業の道を選んだ。


弊社はどんなに難しい修理でも断らないようにしています。長年の経験から「ひとつひとつ解決していけばどこかに道がある」とわかっているから。


私はエンジニア一筋で40年働いてきましたが、前職のソニーでは中東やインドなどの新興国で15年ほど働いた経験があります。中には駐在員が私1人という国もあり、営業から修理の窓口までやりました。エンジニアでありながら、お客さんの声を聞く機会に恵まれたのです。


アイボの駆け込み寺として注目されるようになった弊社ですが、最初に依頼を受けた時は、修理に4か月以上かかりました。アイボにはソニー独自の技術や部品が多く、まったくのお手上げ状態。OBのエンジニアに話を聞いたり、オークションで部品を調達したりして、なんとかやり遂げることができました。当初は、対応できるエンジニアは1人でしたが、「お客さんが喜んでくれるのならやろう」と、進んで修理技術をマスターした結果、多くの依頼に対応できるようになったのです。


以前から、「部品の保有期間が終わったから」と、自社製品の修理を断るメーカーの姿勢に疑問を感じていました。いつまでも愛用してくれるお客さんの声に応えたいと思い、メーカーの修理期間を過ぎた製品を修理する会社、ア・ファンを立ち上げたのです。この仕事は優れた技術を持つリタイアしたエンジニアにも働く機会を提供することができます。お客さん、リタイアしたエンジニア共にウィンウィンで、社会貢献にもなるのです。


乗松伸幸(経営者)の経歴・略歴

乗松伸幸、のりまつ・のぶゆき。日本の技術者、経営者。「ア・ファン」社長。愛媛県出身。大学卒業後、ソニーのグループ会社を経てソニー本社に入社。長期間の海外駐在などを経て55歳で退職。その後、電化製品修理の「ア・ファン 匠工房」を設立。修理サポートが打ち切られたソニーのペットロボットAIBOの修理を多数手がけた。

他の記事も読んでみる

永山嘉昭

伝えたい情報を、読み手が頭を使わなくても理解できるようになる。それがグラフの効能。ただし、それぞれの用途を間違えてしまうと、むしろわかりにくくなってしまうので注意。たとえば、「推移を示す」折れ線グラフを、何かの量を比較する際に使ってしまったりするケースです。


大前研一

多くの人間と、さまざまなタスクを動かしながら、納期までに全体を完成させるプロジェクトがうまくいくかどうかは、まさに段取りが命運を握っているといってもいい。


石黒不二代

シリコンバレーでは、周囲の学生はほとんど起業のことしか考えていませんでした。男性も女性も全く関係ありません。それまで知らなかった景色が見えて、起業のほうが自分を生かせるのではないかと思いました。


上阪徹

取材ノートは平積みで置き、3~4か月過ぎれば捨てます。ライターはアウトプットの原稿がすべて。どんなに使い込んでもノートに思い入れを持ちません。


石村和彦

お客様が最も大切に思っていることを見極めることが大切です。顧客満足が大切なのは言うまでもないことですが、それは何かの指標を基にレーダーチャートをつくって、それを完璧にするということではないと思うのです。たとえば、メーカーでは一般的に「お客様が何よりも重視するのは品質だ」と考えるものですが、必ずしもそうではない場合もあります。私がエレクトロニクス事業の責任者だったとき、「品質はもちろん大切だが、それ以上に納期を優先してほしい」というお客様の声が大きかったのです。


南部靖之

パソナ本社に飾られている絵は、すべて障害者の方々が、自由に描いたものです。何も知らず、会社を訪問する方々の中には、「絵を譲ってほしい」と言う人もいます。障害者の人が、何事にも一心不乱に集中して作業し、人並み外れた才能を発揮するように、天は違う才能を与えています。才能を引き出すため、福祉施設に隔離するのではなく、企業としても何か、自主的な仕組みを構築するべきです。


宗岡正二

最後はマーケットの変化が背中を押してくれました。マーケットの変化を考えれば、合併をいまやらなければいけないと。


飯田勧

会社を成長させるには、社員のやる気を高めることも大切です。当社は毎年3から5店舗を新たにオープンしているので、人材確保は重要な課題です。単に待遇がいいというだけではありません。やりがいのある職場づくりが必要です。


土井香苗

私たちに党派性はありません。誰であろうと平和的な手段で自分たちの意見を言っている限りは、それを弾圧してはダメ、という立場です。エジプトの大統領派であるモルシ派でも反大統領派でも、人権侵害があれば調査したうえで止めるよう圧力をかけています。


廣瀬光雄

「Our Credo(クレド)」において、会社が拠って立つ上で一番大事なものは顧客であるとしています。そして2番目に大事なものが社員に対する責任です。ジョンソン・エンド・ジョンソンでは株主よりも社員が優先順位で上に来ます。株主より社員を上に位置付ける会社というのは、あまりないでしょう。


加瀬豊

上司は「問いかけ」をするのが仕事です。問いかけをしなければ仕事をしていないとさえいえます。実際、部下に課題やノルマを与えるとき、私はいつも「3つの問いかけ」をするように努めています。まず、最初の問いかけは「なぜそうなったの?」。第二の問いかけは「それで、君自身どう思ってるの?」です。そして最後は「では、どうしたいの?」です。


進藤晶弘

起業家というのは、たんに事業を興すだけの人ではありません。その特徴は、やりたいことをやり抜くことです。だから、会社を大きくすることには、あまり興味がない。やりたいことを達成できればそれでいいのです。