名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

乗松伸幸(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

乗松伸幸(経営者)のプロフィール

乗松伸幸、のりまつ・のぶゆき。日本の技術者、経営者。「ア・ファン」社長。愛媛県出身。大学卒業後、ソニーのグループ会社を経てソニー本社に入社。長期間の海外駐在などを経て55歳で退職。その後、電化製品修理の「ア・ファン 匠工房」を設立。修理サポートが打ち切られたソニーのペットロボットAIBOの修理を多数手がけた。

乗松伸幸(経営者)の名言 一覧

55歳で早期退職を考えた時に、10年、20年先を考えて自分が正しいと思うところに軸足を置いて、自分らしく働きたいと思い、起業の道を選んだ。


弊社はどんなに難しい修理でも断らないようにしています。長年の経験から「ひとつひとつ解決していけばどこかに道がある」とわかっているから。


私はエンジニア一筋で40年働いてきましたが、前職のソニーでは中東やインドなどの新興国で15年ほど働いた経験があります。中には駐在員が私1人という国もあり、営業から修理の窓口までやりました。エンジニアでありながら、お客さんの声を聞く機会に恵まれたのです。


アイボの駆け込み寺として注目されるようになった弊社ですが、最初に依頼を受けた時は、修理に4か月以上かかりました。アイボにはソニー独自の技術や部品が多く、まったくのお手上げ状態。OBのエンジニアに話を聞いたり、オークションで部品を調達したりして、なんとかやり遂げることができました。当初は、対応できるエンジニアは1人でしたが、「お客さんが喜んでくれるのならやろう」と、進んで修理技術をマスターした結果、多くの依頼に対応できるようになったのです。


以前から、「部品の保有期間が終わったから」と、自社製品の修理を断るメーカーの姿勢に疑問を感じていました。いつまでも愛用してくれるお客さんの声に応えたいと思い、メーカーの修理期間を過ぎた製品を修理する会社、ア・ファンを立ち上げたのです。この仕事は優れた技術を持つリタイアしたエンジニアにも働く機会を提供することができます。お客さん、リタイアしたエンジニア共にウィンウィンで、社会貢献にもなるのです。


乗松伸幸(経営者)の経歴・略歴

乗松伸幸、のりまつ・のぶゆき。日本の技術者、経営者。「ア・ファン」社長。愛媛県出身。大学卒業後、ソニーのグループ会社を経てソニー本社に入社。長期間の海外駐在などを経て55歳で退職。その後、電化製品修理の「ア・ファン 匠工房」を設立。修理サポートが打ち切られたソニーのペットロボットAIBOの修理を多数手がけた。

他の記事も読んでみる

須磨久善

自信を持つと同時に、自分に100点をつけないことが大切です。手術に2時間半かかったら、どうやれば2時間にできるかを考える。手術の傷が3cmだったら、次回、どうすれば2cmに抑えられるかを考える。結果オーライでものごとを評価するのではなく、常により良い方法はないかと探究していくのです。そうすると、必ず答えは見つかるものです。


長谷川健太

一生懸命に教えているうちに、自然と厳しい口調になっていることがときにはあるということだと思います。
【覚え書き|選手から怖い監督だと言われることについて】


ベント・リトリ

いま発売しているモデルは完全な製品であり何も不足はないと自負していますが、もし日本ならではのニーズがあって、それを満たすことが消費者のためになるなら製品に修正を加えることも考えています。日本とヨーロッパとでは基盤とする文化が違います。これからも、様々な点を謙虚に学んでいきたいと思っています。


ローレンス・サマーズ

長期的に考えれば日本経済復活のカギは教育、そう、勉強することにあると思います。


ジム・ロジャーズ

中国人は朝から晩までよく働く、そればかりか収入の30%以上を貯蓄や投資に回す。それに引きかえ私たちアメリカ人はたったの1%だ。中国経済の成長が米国経済よりも速いのは、彼らがよく働き、よく貯蓄するからなのだ。


魚谷雅彦

マーケティングは企業経営そのもの。


森田勉(経営者)

成功の秘訣はあきらめないことですね。絶対にあきらめない。これがすべてです。『99%は営業で決まる』という本にも書きましたけど、それが営業の極意です。よく、名刺の渡し方だの服装だの座り方だのなんて言う人がいますけれど、そんなことよりあきらめないことが大事です。


丹下大

当社の強みはとにかくテストの部分を入念に行うところです。むしろ入念過ぎて顧客から「そんなテストしなくていいよ」と言われるぐらいです(笑)。


北尾吉孝

人は様々な原因で落ち込みます。しかし、そういうときに「これは自分への試練だ。天が与えてくれた試練だ。これを克服してこそ、より強い自分になれる。そういうチャンスなんだ」と考えればどうでしょう。こう考えればストレスなど溜まりません。


古森重隆

経営トップになることが偉いわけではないのです。なってから何をするかが大事なんです。


福原裕一

事業のタネを見つけるべく、バングラデシュへ向かいました。現地の人と接すると、彼らはわたしを「すでに夢の叶った人」と見ていました。日本という豊かな国に生まれ、恵まれた環境で生活していたからです。その現状を知ると「恵まれた環境ならば、なおさら後悔したくない」と成功への思いを強くしました。


盛田昌夫

子供の頃、父・盛田昭夫は何も教えてくれなかった。「昌夫どう思う?」と言って答えを言わない。「自分で考えてみなさい」で終わり。高校時代は英語もしゃべれないまま海外に留学しました。最初はトイレも行けず、ご飯にもありつけない。日本に戻ってくる時も「一番安い方法で帰ってこい」だけでした。でも、それが面白いんですね。それに、やればなんとかなる。おかげで生き延びるために必要な行動力と楽観的な考え方を身につけることができたと思っています。