名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

乘京正弘(乗京正弘)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

乘京正弘(乗京正弘)のプロフィール

乘京正弘、のりきょう・まさひろ。日本の経営者。「飛島建設」社長。大阪府出身。京都大学大学院工学研究科修了後、飛島建設に入社。取締役、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。

乘京正弘(乗京正弘)の名言 一覧

やはり腹を割って話さないと現場の円滑な進行はできない。


我々の会社は現場でいいものをつくり、お客様に納めることで対価をいただいて成り立っています。ですから現場を大切にすることが最も大事なことだと考えています。


試合中にハドル(作戦会議)を選手で行うのですが、そこでの指示が曖昧であったり、自信なさげであると絶対にプレーはうまくいきません。自信を持って「これで行く」となると絶対にうまくいくんです。そのことをアメフトで学びました。


トンネルの現場は燃えています。特に当社の人間は真面目で、難しい山が好きなんです(笑)。過去の案件で有名なところでは、東海北陸自動車道で最難関となった「飛騨トンネル」です。今でも発注者さんとお話していると話題に出ます。


私はオフェンスでしたが、1人では何もできません。プレーをするのに11人のメンバーが動くわけですが、1人ひとりがきちんとした動きをして、ようやく一つのプレーになるんです。もし、1人に脚光が当たったとしても、それはみんながやり切ってくれたからです。会社に入り、現場でも働いてくれる方々がいるからだと思えるようになったのは、アメフトでチームプレーを学んだからだと思います。


当社は建設を核に、点検・維持・補修の技術はありますが、運営や企画の力を強化する必要があります。同時に、その分野に強みのある企業との連携で、新たな発注方式に対応することを考えています。我々の足りない部分を補完できる企業との連携はすでに模索しています。


当社は真面目な分、お客様のご要望には真摯にお応えするけれども、自ら提案ができなかったり、そのメニューを持っていないという面がありました。最近、土木では技術提案が増えてきましたが、それでもまだメニューが少ないですから、早くそれをたくさん持てるようになろうと言っています。今、技術研究所を中心に取り組んでおります。


当社では3か年の新中期経営計画がすでに始まっており、社長としてすべきことは、この計画を先頭に立って遂行し、お約束した数字を達成することです。もう一つは「働き方改革」です。改革をしなければ当社のみならず建設業自体が衰退の一途だという危機感もあります。絶対やらなければならないと思っています。


建築はブルネイ、パキスタン、土木もパキスタンを中心にパラオや東ティモールなど、皆さんがあまり行かない国に先鞭をつけて仕事をさせてもらっています。その実績を糧に、さらに隣の国に行くという形で進めています。国内需要が少なくなる中で、海外にもある程度の規模を求めなければなりませんが、手堅く、実績を積み重ねていく方針です。


すでに当社では数年前から「建設コンシェルジュ」という部門を設け、お客様のニーズに応えていこうとしています。これは業界でも初めての試みだと思います。建設コンシェルジュを中心に取り組んだ案件も出ています。当社のネットワークから、お客様の細かいご要望に適したコンサルタントや設備会社をご紹介して、それぞれの得意分野を生かして仕事を完成させる。プロジェクトにおいて多くの引き出しを持っている者を建設コンシェルジュとしています。若手を送り込んで、早く一人前のコンシェルジュに育つようにしていきます。


飛島建設という社名ですから、主に建設の分野でモノをつくることが中心の仕事で来ました。当社の実質的創業者である飛嶋文吉翁が言われた「利他利己」の精神で、真摯にお客様のご要望にお応えしてきたという歴史がありますが、どちらかと言えば受け身の立場でした。今後も建設事業は続けていきますが、設計・企画からメンテナンス・運営まで事業の幅を広げようと考えています。


乘京正弘(乗京正弘)の経歴・略歴

乘京正弘、のりきょう・まさひろ。日本の経営者。「飛島建設」社長。大阪府出身。京都大学大学院工学研究科修了後、飛島建設に入社。取締役、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

望月圭一郎

悩むなら、お客様のために悩もう。


山本梁介

些細なことでも上司が長所として認めてあげれば、社員に自信が芽生えてくるはず。自信ができれば夢を持つことにつながり、仕事への腰の入り方も違ってくる。自律型感動人間の素地は、ここから生まれてくる。


諸戸清六(初代)

馬鹿になれば利口、利口になればまた馬鹿。馬鹿になって物事を尋ね、馬鹿になって商売せよ。


弘兼憲史

失敗しても、いい勉強になった。このおかげで次からは失敗しなくなると考えればいいんです。どんな状況でも前向きに仕事に打ち込む人が、組織の階段を上っていけるはずです。


宮本洋一

かつて、ゼネコンは騒音やゴミ、事故など周囲への悪影響が多く、それをどう抑えるか頭を悩ませました。造ることに必死だった時代のことです。しかし、右肩上がりの経済が終わった社会では、今ある家屋やビルをいかに使い続けるのか、どうメンテナンスするのか、そんな「継続性」が問われます。


松澤大之

学習内容の再現には暗記が大前提です。それは理解するうえでも有効です。理解したから暗記できたとえうのでなく、暗記したから理解できたとえうことが学習ではよく起こります。効率よく学習を進めていきたいのであれば、暗記→理解という流れで勉強を進めていくことをお勧めします。


山村章

我々の強みは市場規模の小ささにある。我々の事業はどれも数十億円の市場です。ただ、そこでトップシェアを握っているので大手が入り込みにくい。これが何千億円という市場規模なら多くの企業が参入するでしょう。


上土達哉

求職者に条件を提示してもらい、企業側にオファーを出してもらうことで、マッチング数が増えるということが起きています。たとえば、火曜日と木曜日の午後のシフトに人がいないという飲食店があったとします。このときは週3日以上で働ける人を募集という求人を出すケースが多い。そうすれば大体火曜と木曜は埋まるだろうと考えてのものだと思います。しかし、火曜だけ、または木曜だけ働けるという人がばらばらにいたら、2人採用してもいいし、火曜と木曜は学校が休校だからバイトは可能という人がいたら、マッチングは成立します。たとえば朝だけの仕事など1つの仕事を切り分けるといったことも一法でしょう。双方の条件をすり合わせることで、機会損失を減らすことが可能となるのです。


中室牧子

リーダーシップのような能力は、IQや学力で数値化できる「認知能力」と区別して、「非認知能力」と呼ばれます。自制心や勤勉性などの非認知能力が学力などの認知能力を改善することは示されていますが、その逆――認知能力が非認知能力を改善するというエビデンス(証拠)はありません。


高橋フミアキ

伝える側は、ついメインメッセージを先に語りたくなりますが、読み手の気持ちが向いていない段階で伝えても、意味がありません。本題に入る前にも再度、相手(の感情)を刺激する内容を持ってくるのがコツです。


大矢浩二

無駄を省くという点に関しては、まだまだできることは多く、理想と現実の間には大きな差があります。


湯浅和夫

仮需(仮需要)で動いていた供給活動を、実需(実需用)で動く供給活動へ。そうすれば、隠れていた利益が見えてきます。これがロジスティクスが生む、企業の新たな利潤源になるのです。