名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

乘京正弘(乗京正弘)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

乘京正弘(乗京正弘)のプロフィール

乘京正弘、のりきょう・まさひろ。日本の経営者。「飛島建設」社長。大阪府出身。京都大学大学院工学研究科修了後、飛島建設に入社。取締役、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。

乘京正弘(乗京正弘)の名言 一覧

やはり腹を割って話さないと現場の円滑な進行はできない。


我々の会社は現場でいいものをつくり、お客様に納めることで対価をいただいて成り立っています。ですから現場を大切にすることが最も大事なことだと考えています。


試合中にハドル(作戦会議)を選手で行うのですが、そこでの指示が曖昧であったり、自信なさげであると絶対にプレーはうまくいきません。自信を持って「これで行く」となると絶対にうまくいくんです。そのことをアメフトで学びました。


トンネルの現場は燃えています。特に当社の人間は真面目で、難しい山が好きなんです(笑)。過去の案件で有名なところでは、東海北陸自動車道で最難関となった「飛騨トンネル」です。今でも発注者さんとお話していると話題に出ます。


私はオフェンスでしたが、1人では何もできません。プレーをするのに11人のメンバーが動くわけですが、1人ひとりがきちんとした動きをして、ようやく一つのプレーになるんです。もし、1人に脚光が当たったとしても、それはみんながやり切ってくれたからです。会社に入り、現場でも働いてくれる方々がいるからだと思えるようになったのは、アメフトでチームプレーを学んだからだと思います。


当社は建設を核に、点検・維持・補修の技術はありますが、運営や企画の力を強化する必要があります。同時に、その分野に強みのある企業との連携で、新たな発注方式に対応することを考えています。我々の足りない部分を補完できる企業との連携はすでに模索しています。


当社は真面目な分、お客様のご要望には真摯にお応えするけれども、自ら提案ができなかったり、そのメニューを持っていないという面がありました。最近、土木では技術提案が増えてきましたが、それでもまだメニューが少ないですから、早くそれをたくさん持てるようになろうと言っています。今、技術研究所を中心に取り組んでおります。


当社では3か年の新中期経営計画がすでに始まっており、社長としてすべきことは、この計画を先頭に立って遂行し、お約束した数字を達成することです。もう一つは「働き方改革」です。改革をしなければ当社のみならず建設業自体が衰退の一途だという危機感もあります。絶対やらなければならないと思っています。


建築はブルネイ、パキスタン、土木もパキスタンを中心にパラオや東ティモールなど、皆さんがあまり行かない国に先鞭をつけて仕事をさせてもらっています。その実績を糧に、さらに隣の国に行くという形で進めています。国内需要が少なくなる中で、海外にもある程度の規模を求めなければなりませんが、手堅く、実績を積み重ねていく方針です。


すでに当社では数年前から「建設コンシェルジュ」という部門を設け、お客様のニーズに応えていこうとしています。これは業界でも初めての試みだと思います。建設コンシェルジュを中心に取り組んだ案件も出ています。当社のネットワークから、お客様の細かいご要望に適したコンサルタントや設備会社をご紹介して、それぞれの得意分野を生かして仕事を完成させる。プロジェクトにおいて多くの引き出しを持っている者を建設コンシェルジュとしています。若手を送り込んで、早く一人前のコンシェルジュに育つようにしていきます。


飛島建設という社名ですから、主に建設の分野でモノをつくることが中心の仕事で来ました。当社の実質的創業者である飛嶋文吉翁が言われた「利他利己」の精神で、真摯にお客様のご要望にお応えしてきたという歴史がありますが、どちらかと言えば受け身の立場でした。今後も建設事業は続けていきますが、設計・企画からメンテナンス・運営まで事業の幅を広げようと考えています。


乘京正弘(乗京正弘)の経歴・略歴

乘京正弘、のりきょう・まさひろ。日本の経営者。「飛島建設」社長。大阪府出身。京都大学大学院工学研究科修了後、飛島建設に入社。取締役、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

松下正幸

若い頃は、どうしても虚勢を張るところがありますよね。でも、歳を取ってくると、だんだん自然体になってくる。


宇佐美進典

強みは人、組織、カルチャー(企業文化)ですね。これらがあるから事業を柔軟に創り、前に進めることができます。課題は、採用を厳選しているため、一緒に働きたいと思う人がなかなか増やせないこと。そこがボトルネックになり、新しい事業に取り組む際にできることが限られてしまっています。自社の魅力を伝える部分がまだまだ弱いですね。


近藤太香巳

目標を公言することで、「言った以上、絶対やるぞ!」という気迫も生まれますし、「それをやりきれなかったら、自分は終わる」というプレッシャーをかけることで自分を奮い立たせています。


中田康雄

専属契約農家からのポテトチップス用のジャガイモは、形や大きさ、栽培方法や収穫方法を工夫しているので、その分、価格は市販のものよりも高くなります。ですが「歩留まり」を考慮すれば、値段は高くても形や大きさが揃ったジャガイモの方が、原料費を含めた製造コストは低くなります。このように高品質のものを使ってローコストを実現しています。


二宮尊徳(二宮金次郎)

可愛くば 5つ数えて 3つ褒め 2つ叱って 良き人となせ


片倉兼太郎(初代)

天職を全うすれば、その結果自然と発生する報酬を受けることができる。


西川世一

いまでこそ、小ロット生産に協力してくれる工場が増えたが、最初はコストが見合わないことを理由に提携を断られる日々が続いた。大手企業や自治体など、実績を少しずつ積み上げてきたことがいまにつながっている。


中村比呂志

最初は地道な作業に終始しました。全国のホテルに「我々は全国チェーンを目指しています。経営が厳しいホテルでも我々は必ず再生できます」といった文面のDMを発送しました。このDMを手掛かりに車1台で、北は青森から南は四国まで縦断して駆け回り、ホテルオーナーと面談することが最初のスタートでした。


千本倖生

「千本さんだからできたのでは」と言われることもあります。ただ、大きな志と、世の中の常識にとらわれない心を持てば、必ず一歩を踏み出せます。


小川栄一

インテリは弱いものである。自分の理論が敗れると即座に退散する。昔の戦国時代の人間は、最後の一兵卒になるまでその城を枕に討ち死にするという執念と深いがめつさがあった。それに比べれば、いまの人の若い強さはインスタントな強さで、自分の理論が崩れたらガタガタと行きやすい。滅びざる過去の20年、30年の伝統が一朝一夕に滅びるはずがないというふうには思わないらしい。


田中耕一

イノベーションを起こすために、新しく特別な場を設ける必要が本当にあるでしょうか。特別な場所ではなく、気張らずに意見交換できる場所でいいんです。むしろ正式な会議にすると、固まった思考になってしまいます。ちょっとコーヒーを飲んでリラックスしたときに「最近、仕事でこういったことを悩んでいるんだ」と他部署の人に打ち明けられるような場所ならどこでもいい。


須田将啓

ウェブサービスの場合、重要なのは立ち上げよりも運用です。アイデアを出すだけでなく、チームまで集めてあれば、思いつきではないことも伝わります。