乘京正弘(乗京正弘)の名言

乘京正弘(乗京正弘)のプロフィール

乘京正弘、のりきょう・まさひろ。日本の経営者。「飛島建設」社長。大阪府出身。京都大学大学院工学研究科修了後、飛島建設に入社。取締役、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。

乘京正弘(乗京正弘)の名言 一覧

やはり腹を割って話さないと現場の円滑な進行はできない。


我々の会社は現場でいいものをつくり、お客様に納めることで対価をいただいて成り立っています。ですから現場を大切にすることが最も大事なことだと考えています。


試合中にハドル(作戦会議)を選手で行うのですが、そこでの指示が曖昧であったり、自信なさげであると絶対にプレーはうまくいきません。自信を持って「これで行く」となると絶対にうまくいくんです。そのことをアメフトで学びました。


トンネルの現場は燃えています。特に当社の人間は真面目で、難しい山が好きなんです(笑)。過去の案件で有名なところでは、東海北陸自動車道で最難関となった「飛騨トンネル」です。今でも発注者さんとお話していると話題に出ます。


私はオフェンスでしたが、1人では何もできません。プレーをするのに11人のメンバーが動くわけですが、1人ひとりがきちんとした動きをして、ようやく一つのプレーになるんです。もし、1人に脚光が当たったとしても、それはみんながやり切ってくれたからです。会社に入り、現場でも働いてくれる方々がいるからだと思えるようになったのは、アメフトでチームプレーを学んだからだと思います。


当社は建設を核に、点検・維持・補修の技術はありますが、運営や企画の力を強化する必要があります。同時に、その分野に強みのある企業との連携で、新たな発注方式に対応することを考えています。我々の足りない部分を補完できる企業との連携はすでに模索しています。


当社は真面目な分、お客様のご要望には真摯にお応えするけれども、自ら提案ができなかったり、そのメニューを持っていないという面がありました。最近、土木では技術提案が増えてきましたが、それでもまだメニューが少ないですから、早くそれをたくさん持てるようになろうと言っています。今、技術研究所を中心に取り組んでおります。


当社では3か年の新中期経営計画がすでに始まっており、社長としてすべきことは、この計画を先頭に立って遂行し、お約束した数字を達成することです。もう一つは「働き方改革」です。改革をしなければ当社のみならず建設業自体が衰退の一途だという危機感もあります。絶対やらなければならないと思っています。


建築はブルネイ、パキスタン、土木もパキスタンを中心にパラオや東ティモールなど、皆さんがあまり行かない国に先鞭をつけて仕事をさせてもらっています。その実績を糧に、さらに隣の国に行くという形で進めています。国内需要が少なくなる中で、海外にもある程度の規模を求めなければなりませんが、手堅く、実績を積み重ねていく方針です。


すでに当社では数年前から「建設コンシェルジュ」という部門を設け、お客様のニーズに応えていこうとしています。これは業界でも初めての試みだと思います。建設コンシェルジュを中心に取り組んだ案件も出ています。当社のネットワークから、お客様の細かいご要望に適したコンサルタントや設備会社をご紹介して、それぞれの得意分野を生かして仕事を完成させる。プロジェクトにおいて多くの引き出しを持っている者を建設コンシェルジュとしています。若手を送り込んで、早く一人前のコンシェルジュに育つようにしていきます。


飛島建設という社名ですから、主に建設の分野でモノをつくることが中心の仕事で来ました。当社の実質的創業者である飛嶋文吉翁が言われた「利他利己」の精神で、真摯にお客様のご要望にお応えしてきたという歴史がありますが、どちらかと言えば受け身の立場でした。今後も建設事業は続けていきますが、設計・企画からメンテナンス・運営まで事業の幅を広げようと考えています。


乘京正弘(乗京正弘)の経歴・略歴

乘京正弘、のりきょう・まさひろ。日本の経営者。「飛島建設」社長。大阪府出身。京都大学大学院工学研究科修了後、飛島建設に入社。取締役、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

藤吉泰晴

売り上げを求めるのではなく、機能を追求し、その結果として売り上げがついて来る。


星野佳路

会議で発言するとき、私は「アイデア出し」をするだけで、決定事項を伝えているつもりはまったくない。しかし上意下達に慣れきった人たちにとっては、社長の言葉は指示であり、決裁であり、絶対の命令である。だから息を詰めるようにして聞いている。ところが次回の会議で私がまったく違う意見を言うことがある。「なんだ、社長の話は思いつきだったのか」。そう気が付いたところで、それぞれが自分でも思い付きをどんどんしゃべれるようになるし、私の発言を絶対視しないようになる。


臼井由妃

効率的に時間を使うには、「捨てる」ことも重要です。私は人からの頼まれごとでパンクしそうになっているときに、8秒ルールと呼ぶ自分なりの規則を決めました。たとえば、仕事に関して必要な情報が入ってきたとき、その情報が「MOST(最大限に必要)」か「MUST(絶対必要)」である場合、瞬時に判断して取りおきます。それ以外は、「アクティブに行動しないと成果は出ない」「抱えているものが多いと成果は出ない」「アクティブになるには捨てるしかない」と呪文を唱えて8秒以内に捨てるのです。


堀之内九一郎

ムリをして善人ぶる必要はありませんが、相手の立場を考慮し、気持ちを察することのできる人でなければ、腰の低い人ではなく、慇懃無礼な人にしかなれない。頼み事をするときだけ、腰が低い人。みなさんの周りにもいるでしょ。そういう人は成功しませんから、まともに相手しちゃ駄目ですよ(笑)。


小倉昌男

富の再分配という救いの手を差しのべられている割には、ゆとりのある暮らしをしている人間がいる。みんながみんなそうだとは言わないが、たとえば公的な補助金を受け、税金もあまり払っていないと思われる農家のガレージに自家用車が二台も三台も並んでいたりすれば釈然としないのも当然だろう。公営住宅でも年収の上限があってお金持ちは住めないことになっているにもかかわらず羽振りよさげに高級な外車を乗り回している人間が居座って出て行こうとしないといったことが良くあるらしい。弱者を保護する社会の仕組みを逆手にとってうまい汁を吸っている人間が大勢いるわけだ。


佐藤和則(経営者)

大学卒業後、好きな英語を活かせると思ったので、外資系企業に就職し、その後も外資を渡り歩きました。会社はプロジェクトを変わるくらいの意識しかありませんでした(笑)。


佐藤富雄

緊張していると呼吸が浅くなりがちなので、「勇気を吸ってー」と言いながら息を深く吸い、「不安を吐いてー」と言いながら息をたっぷり吐く。これを5回くらい繰り返すと効果的です。


ウォーレン・バフェット

分散投資は、無知に対する防衛策だ。


吉田憲一郎

決めるべきことを決めるべきタイミングで決めて、責任をとることが重要だ。逆に、自分で決めなくてもいいことは下に任せる。


植村直己

怖いがゆえ、死にたくないがゆえに、自分の技術以上のことをやらないよう、自分に言い聞かせている。


青木功

勝った喜びを分かち合ってくれる家族、一緒に戦ってくれるキャディーの協力など、ある意味ではゴルフもチーム戦なんです。


古川裕倫

転職するときには、自分を採用してくれた人以外からは、「なんだこいつは」という目で見られていると考えた方がいい。まったく違う世界から来たわけですからこれは当然なことです。ホリプロでもまずは柔軟に、謙虚に学ぶことを心がけました。


向山孝一

何もしなくていい点を取るより、むしろしなければならない時に何かをやって失敗する方を評価したい。何かをやって失敗するリスクより、何もやらないリスクの方が大きい。減点主義は嫌いだ。


宮坂学

生き物も組織も絶対に老化する。成長と老化の曲線はきれいな放物線ではなくて、一気にピークまで来て、それから徐々に落ちていく。


城山三郎

若い医師から癌と宣告された。幸い一週間にわたる検診の最終結果は、若い医師の宣告とちがったものになり、私は命拾いした。それ以降、何でもない一日もまた、というより、その一日こそかけがえのない人生の一日であり、その一日以外に人生はないと、強く思うようになった。明日のことは考えず、今日一日生きている私を大切にしようと。


ページの先頭へ